for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社富士通ゼネラル

6755.T

前日終値

2,035.00JPY

変化

25.00(+1.24%)

出来高

145,400

本日のレンジ

2,020.00

 - 

2,045.00

52週レンジ

1,264.00

 - 

2,045.00

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,010.00
始値
2,024.00
出来高
145,400
3か月平均出来高
7.99
高値
2,045.00
安値
2,020.00
52週高値
2,045.00
52週安値
1,264.00
発行済株式数
104.63
時価総額
219,647.40
予想PER
17.47
配当利回り
1.34

次のエベント

Dividend For 6755.T - 14.0000 JPY

適時開示

その他

R&I affirms Fujitsu General's rating at "BBB+" and says outlook changes to positive – R&I

Fujitsu General plans to file lawsuit against Japan Fair Trade Commission

Fujitsu General receives cease-and-desist order and surcharge order

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社富士通ゼネラルとは

富士通ゼネラル及び子会社29社は、空調機、情報通信・電子デバイスの両部門において、製品及び部品の開発、製造、販売並びにサービスの提供を主な事業とする。【事業内容】同社は、空調機及び情報通信・電子デバイスの2つの事業セグメントを運営する。空調機部門においては、主な製品・サービスは、エアコン、ビル用マルチエアコン(VRF)、ヒートポンプ式温水暖房システム(ATW)及び空調関連商品を含む。情報通信部門においては、主な製品・サービスは、消防システム、防災システム、販売時点管理(POS)システム、映像システム、車載カメラ、電子部品、ユニット製品を含む。上記の他、主に同社に対し、富士エコサイクルが家電製品のリサイクル事業を、富士通ゼネラルイーエムシー研究所が電磁波障害に関する測定及びコンサルティング業務を、エフイーエスがリース及び保有不動産の運営管理を、富士通ゼネラルキャリアプロモートが人材派遣事業、業務処理の請負及びコンサルティング等を、富士通ゼネラルハートウエアが物品管理業務等の請負を、清和会が主に同グループの従業員に対し、売店の運営、保険の斡旋等のサービスを、それぞれ行う。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

3-3-17, Suenaga, Takatsu-ku

+81.44.8661111

https://www.fujitsu-general.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Junichi Murashima

Chairman of the Board

Etsuro Saito

President, Executive President, Chief Director of Overseas Sales, Representative Director

Yoshinobu Miyajima

Managing Executive Officer, Senior Director of Finance & Accounting

Hiroshi Niwayama

Executive Vice President, Vice President, Representative Director

Tsunenao Kosuda

Executive Vice President, Chief Director of Domestic Consumer Sales, Director

統計

2.67 mean rating - 6 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

0.3K

2018

0.3K

2019

0.3K

2020(E)

0.3K
EPS (JPY)

2017

95.880

2018

122.860

2019

84.990

2020(E)

115.050
株価売上高倍率(過去12カ月)
26.18
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.84
株価純資産倍率(四半期)
1.92
株価キャッシュフロー倍率
15.41
総負債/総資本(四半期)
2.78
長期負債/資本(四半期)
0.13
投資利益率(過去12カ月)
6.69
自己資本利益率(過去12カ月)
4.23

最新ニュース

最新ニュース

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=28日

0.93%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 岩崎通信機 18.40 02 幸楽苑HLDG 22.10 03 ミロク情報サービス 23.05 04 乾汽船 24.04 05 マーベラス 26.06 06 レシップHLDG 26.37 07 リズム時計工業 26.71 08 アドバネクス 26.93 09 SOMPO HLDG 27.19 10 ブレインパッド 27.80 11 中国工業 27.98 12 SBテクノロジー 28.04 13 日東富士製粉 28.72 14 PR TIMES 28.72 15 メディアドゥHLDG 29.50...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、直近高値を上抜け

<16:20> 日経平均・日足は「小陽線」、直近高値を上抜け 日経平均・日足は上ヒゲを伴う「小陽線」。7月2日の直近高値(2万1784円2 2銭)を上抜き、新たな上昇波動入りへの期待を高める形状となった。5月7日と8日に 空けたマド上限値(2万1875円11銭)が次の上値めどであり、これを埋め切ると4 月24日の年初来高値(2万2362円92銭)が視野に入ってくる。ボリンジャーバン ドは拡散の兆しが出ている。明確なトレンドが出てくれば上昇に弾みが付く可能性もある 。 <15:30> 新興株市場は堅調、ジャスダック・マザーズが3日続伸 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、ジャスダック・マザーズが3日続伸

<15:30> 新興株市場は堅調、ジャスダック・マザーズが3日続伸 新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに3日続伸した 。ジャスダック平均は4月17日以来の高値水準で引けた。市場では「薄商いが続く中、 軽量で材料性のある銘柄に個人の短期資金が入った」(国内証券)という。高橋カーテン ウォール工業 がストップ高まで買われ、シルバーエッグ・テクノロジー 、テラプローブ も堅調だった。半面、イメージ情報開発 が安く、アクセ ルマーク もさえない。 <14:12> 日経平均は堅調もみあい、戻り待ちの売りも 日経平均は堅調...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調もみあい、戻り待ちの売りも

<14:12> 日経平均は堅調もみあい、戻り待ちの売りも 日経平均は堅調もみあい。2万1700円台後半の狭いレンジで推移している。アド バンテスト 、ディスコ などの半導体関連株は堅調持続。市場では「2万 1800円付近では戻り待ちの売りが出やすい。半導体関連は強いが、それ以外のセクタ ーに物色が広がっていない」(国内証券)との声が出ていた。 <11:52> 前場の日経平均は続伸、一時2カ月半ぶり高値 企業決算見極め 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比72円28銭高の2万1781円85 銭となり、続伸した。米国株市場でS&P総合...

前場の日経平均は続伸、一時2カ月半ぶり高値 企業決算見極め

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比72円28銭高の2万1781円85銭となり、続伸した。米国株市場でS&P総合500種とナスダック総合が終値で最高値を更新。投資家心理は上向き、朝方から買いが先行した。ソフトバンクグループ<9984.T>やアドバンテスト<6857.T>など指数寄与度の高い銘柄が堅調に推移したことも支援し、取引時間中として5月7日以来約2カ月半ぶりの高値をつけた。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=18日

RIC 銘柄名 01 アスクル 02 ハウス食品グループ本社 03 ミヨシ油脂 04 ペプチドリーム 05 日精樹脂工業 06 SANKYO 07 セガサミーHLDG 08 東洋電機製造 09 ヒロセ電機 10 山陽電気鉄道  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=4日

RIC 銘柄名 01 ピーエス三菱 02 トラスト・テック 03 スターティアHLDG 04 TOKYO BASE 05 サツドラHLDG 06 小松マテーレ 07 コーエーテクモHLDG 08 セレス 09 信越化学工業 10 参天製薬 11 豊田自動織機 12 住友精密工業 13 CKD 14 日本金銭機械 15 グローリー 16 三菱電機 17 山洋電気 18 富士通ゼネラル 19 フタバ産業 20 ナガイレーベン 21 アドヴァン 22 ニフコ 23 ルックHLDG 24 三益半導体工業 25 ジャフコ 26 富士急行 27 日本郵船...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=25日

1.49%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 コメリ 12.31 02 東光高岳 18.70 03 大豊工業 23.40 04 ユニプレス 24.31 05 田辺三菱製薬 24.65 06 キヤノン 24.91 07 小野測器 25.93 08 チェンジ 26.07 09 ダイドーリミテッド 26.40 10 ヤマトインターナショナル 26.60 11 日東製網 27.13 12 エス・サイエンス 27.27 13 GMOインターネット 27.29 14 SMK 27.62 15 スタンレー電気 27.65 (*):RSIが70以上、...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=28日

RIC 銘柄名 01 ホウスイ 02 東海カーボン 03 ニッパツ 04 フリュー 05 永大産業 06 松井証券  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=28日

2.74%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ダイドーグループHLDG 21.83 02 北日本銀行 22.79 03 大幸薬品 23.12 04 森永製菓 23.56 05 ロック・フィールド 23.90 06 宮崎銀行 25.03 07 長野銀行 25.14 08 伊藤園 優 25.86 09 東和銀行 25.96 10 沖縄銀行 26.25 11 ハマキョウレックス 26.56 12 テレビ朝日HLDG 26.62 13 極東証券 26.72 14 第一屋製パン 26.75 15 富士通ゼネラル 26.81 (*):RSIが70...

日経平均は反落、為替に連動 様子見姿勢も強い

東京株式市場で日経平均は反落した。米連邦準備理事会(FRB)が金融政策の正常化ペースを鈍化させるとの思惑から円高が進行。為替に連動する先物売りで下げ幅を拡大した。午後は日銀のETF(上場投資信託)買いへの期待などで下げ渋る場面もあったが、重要日程を控えて様子見姿勢が強く、大引けにかけて午前の安値を下回った。

ホットストック:富士通ゼネラルが売り気配、19年3月期予想を下方修正

富士通ゼネラルが売り気配で始まっている。25日に発表した2019年3月期業績予想の下方修正を嫌気した。連結純利益は従来予想の130億円から100億円に引き下げ、一転減益となる。中東向け空調機等の販売が想定を下回るほか、生産地国通貨高が急激に進むなどコスト環境も想定より厳しい状況にあるという。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=6日

RIC 銘柄名 01 昭和産業 02 シップヘルスケアHLDG 03 オンリー 04 フィックスターズ 05 ティーガイア 06 日華化学 07 JCU 08 オカモト 09 日本山村硝子 10 マキタ 11 マクセルHLDG 12 ほくほくFG 13 広島銀行 14 大東銀行  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=22日

RIC 銘柄名 01 新日本建設 02 神戸物産 03 スタートトゥデイ 04 丸善CHI HLDG 05 RS Technologie s 06 ブイキューブ 07 アイビーシー 08 日本特殊塗料 09 日本エンタープライズ 10 オハラ 11 コロナ 12 アルインコ 13 セガサミーHLDG 14 富士通ゼネラル 15 尾家産業 16 VT HLDG 17 JMS 18 フランスベッドHLDG 19 萩原工業 20 ピジョン 21 タカラスタンダード 22 日本空港ビルデング 23 SCSK  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=1日

RIC 銘柄名 01 サンヨーホームズ 02 明治HLDG 03 宝HLDG 04 ヨシムラ・フード・HLDG 05 八洲電機 06 参天製薬 07 クリエートメディック 08 横河ブリッジHLDG 09 東光高岳 10 不二電機工業 11 日本エム・ディ・エム 12 壱番屋 13 高島屋 14 東京海上HLDG 15 神戸電鉄 16 山九 17 ミスミグループ本社  

ホットストック:富士通ゼネラルがプラス転換、猛暑でエアコン販売増加と伝わる

富士通ゼネラルが一時5%を超す下げとなった。同社が24日発表した2018年4─6月期の連結業績は、営業利益が前年比64.8%減の23億8200万円だった。空調機器部門は海外向けの売上高が10.7%減。一部地域での在庫適正化に向けた出荷抑制が響いた。大幅減益を嫌気した売りが先行した。一方、猛暑の影響で7月下旬までの1カ月間で家庭用エアコンの国内販売が大幅に伸びたとも伝わっており、売り一巡後は押し目買いが入った。

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=5日

92.80%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ローツェ -23.62 02 ソルクシーズ -22.49 03 アドバネクス -21.62 04 ニホンフラッシュ -21.18 05 ランドコンピュータ -20.85 06 ゴルフダイジェスト・オンライ -20.63 ン 07 田淵電機 -20.45 08 大同工業 -20.40 09 あらた -20.10 10 フリービット -20.02 11 KLab -19.68 12 山一電機 -19.53 13 TATERU -19.45 14 マツオカコーポレーション -19.41 15...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=3日

12.57%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 大同工業 14.25 02 AOKI HLDG 17.38 03 ラサ商事 20.16 04 新日本科学 20.58 05 タマホーム 20.72 06 イワキ 20.98 07 日本フイルコン 21.09 08 シチズン時計 21.58 09 三栄建築設計 21.86 10 オンリー 22.08 11 古河電気工業 22.40 12 たけびし 22.48 13 日華化学 22.55 14 パスコ 22.62 15 アイフィスジャパン 22.67 (*):RSIが70以上、または30以下...

ホットストック:猛暑関連銘柄が堅調、過去最も早い関東甲信の梅雨明けで思惑

アサヒグループホールディングス、キリンホールディングスなどビール・飲料関連の一角がしっかり。空調機器の富士通ゼネラルや、制汗剤を手掛けるマンダム、蚊取り線香のアース製薬、アイス製品の森永製菓などが堅調に推移している。気象庁は29日、関東甲信が梅雨明けしたとみられると発表した。共同通信によると、関東甲信が6月に梅雨明けするのは統計を始めた1951年以降で初めてで、平年より22日早い。猛暑になれば消費が喚起されるとの思惑で、関連銘柄に買いが入った。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=7日

1.55%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 アダストリア 13.87 02 LIXILビバ 19.02 03 JUKI 19.43 04 エフピコ 20.32 05 日本ライフライン 22.73 06 伊藤忠テクノソリューションズ 25.89 07 日油 26.27 08 ヴィンクス 26.42 09 日成ビルド工業 26.74 10 極東証券 26.87 11 富士通ゼネラル 27.28 12 ソフトバンク・テクノロジー 27.34 13 アイ・オー・データ機器 27.42 14 東洋ゴム工業 28.12 15 JCU 28.46...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up