for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社アドバンテスト

6857.T

現在値

--

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

--

 - 

--

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
--
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
37.42
高値
--
安値
--
52週高値
--
52週安値
--
発行済株式数
189.91
時価総額
1,738,013.00
予想PER
14.90
配当利回り
1.38

次のエベント

Advantest Corp Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

STMicroelectronics Partners With Advantest On Advanced Automated Test Cell

Advantest lowers conversion price for 2019 due euro-yen denominated convertible bonds to 1626.2 yen per share

R&I affirms Advantest's rating at "A-" and says stable outlook -R&I

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社アドバンテストとは

アドバンテストグループは、半導体・部品テストシステムの製品群及びメカトロニクス関連製品群の製造・販売を主な事業内容とし、その他にこれらに関連する研究開発及び保守・サービス等の事業を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。半導体・部品テストシステム事業部門は、半導体・電子部品産業において、システムオンチップ(SoC)半導体デバイス向けのSoCテスト・システム及びメモリ半導体デバイス向けのメモリ・テスト・システム等のテストシステム製品を提供する。メカトロニクス関連事業部門は、半導体デバイスをハンドリングするメカトロニクス応用製品のテスト・ハンドラ、被測定物とのインタフェースであるデバイス・インタフェース及びナノテクノロジー関連の製品を提供する。サービス他部門は、総合的な顧客ソリューション、ソリッドステートドライブ(SSD)等のシステムレベルテストのソリューション、サポート・サービス、中古販売及び装置リース事業等を行う。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

Shin Marunouchi Center Bldg.

1-6-2, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-0005

Japan

+81.3.32147500

https://www.advantest.com/ja/

エグゼクティブリーダーシップ

Yoshiaki Yoshida

Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Atsushi Fujita

Chief Financial Officer, Chief Compliance Officer, Executive Officer, Chief Director of Administration, Director

Koichi Tsukui

Chief Technology Officer, Executive Officer, Director

Sanjeev Mohan

Chief Marketing Officer, Executive Officer, Deputy Chief Director of Sales

Kimiya Sakamoto

Executive Officer, Chief Customer Relations Officer, Chief Director of Sales

統計

2.16 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.3K

2021

0.3K

2022

0.4K

2023(E)

0.5K
EPS (JPY)

2020

270.120

2021

353.870

2022

449.557

2023(E)

584.580
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.40
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.17
株価純資産倍率(四半期)
5.61
株価キャッシュフロー倍率
16.99
総負債/総資本(四半期)
14.75
長期負債/資本(四半期)
7.53
投資利益率(過去12カ月)
25.80
自己資本利益率(過去12カ月)
19.03

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陽線」、25日線が上向きに転じる

<15:50> 日経平均・日足は「短陽線」、25日線が上向きに転じる 日経平均・日足は長い下ヒゲと短い上ヒゲを伴う「短陽線」となった。新たにマドを 空けたうえに、下方硬直性の強い足を引き、戻り基調を鮮明にしている。これまで下落ト レンドにあった25日移動平均線(2万6730円20銭=23日)が上向きに転じたこ とが、心理的に強気にさせるところだ。 ただ、同時に、直近の戻りにおいて跳ね返されてきた2万7000円が、抵抗線とし て意識されている。マド空けで強さを感じさせる今回の足は、目先天井を警戒させる「首 つり足」のパターンであり、翌日に...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はマザーズ総合が続伸、動き良い銘柄を値幅取り狙い

<15:05> 新興株式市場はマザーズ総合が続伸、動き良い銘柄を値幅取り狙い 新興株式市場は、マザーズ総合が続伸した。動きの良い銘柄に値幅取りを狙う動きが 活発になり、「底打ちと感じられるようになってきた」(国内証券)という。 マザーズ総合は前営業日比2.67%高の674.82ポイント。シンバイオ製薬<4 582.T>が一時ストップ高となったほか、HENNGE、JTOWERな どが上値を追う展開。半面、メルカリは年初来安値更新となった。 <14:30> 日経平均は強もちあい、2万7000円を心理的に意識 日経平均は強もちあい。引き続き時間取引...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もちあい、2万7000円を意識

<14:30> 日経平均は強もちあい、2万7000円を心理的に意識 日経平均は強もちあい。引き続き時間取引で米株先物が堅調に推移していることが安 心感を誘っているが、2万7000円が上値の抵抗線として意識されており、その手前で 一進一退となっている。 市場では「日米首脳会談の内容が明らかになってきたが、これに関しては大きな材料 となっていないようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 <13:00> 日経平均は前場レンジで一進一退、アジア株安と円高で上値重い 日経平均は前場のレンジ内で一進一退の値動きとなっている。足元の株価は前営業日 比150...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は前場レンジで一進一退、アジア株安と円高で上値重い

<13:00> 日経平均は前場レンジで一進一退、アジア株安と円高で上値重い 日経平均は前場のレンジ内で一進一退の値動きとなっている。足元の株価は前営業日 比150円ほど高い2万6900円近辺。時間外取引での米株先物の上昇一服に加え、ア ジア株安や外為市場での円高基調が重しとなり、上値が重い。 市場では「2万7000円からは買い手が少なく上値が重い。米国株が不安定な動き となる中、底打ちへの確証がなかなか持てない」(国内証券)との声が聞かれる。 午後1時現在の東証プライム市場の売買代金は1兆6238億円。東証33業種では 、保険業、海運業...

午前の日経平均は続伸、一時2万7000円回復 戻り鈍く

23日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比132円98銭高の2万6872円01銭と、続伸した。時間外取引の米株先物高や国内での経済再開(リオープン)への期待感が相場を支援した。ただ、中盤以降は戻り相場への警戒感もあり伸び悩んだ。

ホットストック:半導体関連が上値重い、米アプライドは市場予想下回る

半導体関連株は上値が重い。前日に大幅に下落したものの、反動による買い戻しの動きは限定的となっている。個別では、東京エレクトロン、アドバンテスト、SUMCO、レーザーテックが小幅高で推移する中、信越化学工業、ディスコなどはマイナス圏。市場では「米アプライド・マテリアルズの決算を受け、慎重にならざるを得ない。サプライチェーンを巡る懸念が引き続き重し」(国内証券)との声が聞かれる。

日経平均は続落、米株高への期待感で下げ止まる

東京株式市場で日経平均は152円24銭安の2万6167円10銭と、続落した。前日の米株急落の流れを受け、朝方は心理的節目の2万6000円台を割り込む場面がみられたが、その後下げ渋った。時間外取引で米株先物がしっかりと推移したことを受け、米国株の下げ止まりや反発への期待が支えとなった。

日経平均は小幅反落、FOMC前に手仕舞い売り 連休要因も

東京株式市場で日経平均は29円37銭安の2万6818円53銭と、小幅に反落した。大型連休の谷間であるほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、手仕舞い売りが優勢となった。ただ、前週末に好決算を発表した企業の一角には買いが集中したほか、為替の円安基調も下支え要因となり、日経平均、TOPIXともに小幅な下落にとどまった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、目先的に底打ち感 5日線を上回る

<15:55> 日経平均・日足は「大陽線」、目先的に底打ち感 5日線を上回る 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「大陽線」となった。終値は2万6847円 90銭。前日に長い下ヒゲが特徴の「たくり線」を引いて下方硬直性を感じさせたのに続 き、上値追いを鮮明にする動きとなったことで目先底打ち感が台頭している。 終値が5日移動平均線(2万6726円14銭=28日)を上回ったことも好材料。 きょうの段階では自律反発の印象が強いものの、同線が上向きに転じる、あるいはこのま ま25日移動平均線(2万7242円46銭=同)を上抜けば、本格反騰の期待...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が続落、IPOは高値発進後に乱高下

<15:10> 新興株はマザーズ総合が続落、IPOは高値発進後に乱高下 新興株式市場は、マザーズ総合が続落した。「大型連休を前にして積極的に買う投資 家が少なく、見送りムードが強い」(国内証券)という。 きょうグロース市場に新規上場したクリアルは公開価格を72.04%上回 る1600円で、ペットゴーは公開価格の2.35倍となる1295円でそれぞ れ初値を付け、いずれも寄り付いた後は乱高下した。 マザーズ総合は前営業日比0.68%安。セルソースがストップ安となった ほか、メルカリ、JTOWERなどがさえない。一方、前日に新規上場 したモイ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、大型連休を前に買い戻し活発化

<14:20> 日経平均は上げ幅拡大、大型連休を前に買い戻し活発化 日経平均は上げ幅を拡大。前日比で400円高前後の水準で推移している。市場では 日銀政策決定後の円安が好感された格好となったが、買い戻しが中心という。 市場では「円安で上がったというより、今週は売りから入った投資家が多いため、大 型連休を前に買い戻しが活発化したようだ。連休明け後の上昇を読む関係者も多い」(国 内証券)との声が聞かれた。 <12:38> 後場の日経平均250円超高、円安追い風 日銀は現状維持決定 日経平均は後場に入り上げ幅を拡大し、前営業日比250円超高の...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均250円超高、円安追い風 日銀は現状維持決定

<12:38> 後場の日経平均250円超高、円安追 い風 日銀は現状維持決定 日経平均は後場に入り上げ幅を拡大し、前営業日比250円超高の2万6600円台 半ばで推移している。為替の円安を追い風に上値を追う展開となっている。 日銀は金融政策決定会合で政策の現状維持を決定。外為市場ではドル/円が一時12 9.88円まで円安に振れる場面があった。 日銀は、現行の長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)付き量的・質的金融 緩和政策の継続を賛成多数で決めた。連続指し値オペの運用を明確化し、明らかに応札が 見込まれない場合を除き、10年物国債金利...

前場の日経平均は反発、米先物や好決算銘柄が下支え

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比162円19銭高の2万6548円82銭と反発した。前日の米国株式市場はまちまちとなったが、時間外取引での米ナスダック先物の底堅い値動きや企業決算を材料視した個別物色が指数を下支えした。国内では明日から大型連休に入るため、上値追いには消極的だった。

再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅を拡大、外部環境に落ち着きの兆し

(余分な文字を削りました) [東京 28日 ロイター] - <11:15> 日経平均は上げ幅を拡大、外部環 境に落ち着きの兆し 日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比150円超高の2万6500円半ばを推移し ている。時間外取引の米株先物が底堅く推移する中、企業決算を材料視した個別物色が指 数を支えている。 市場では「これまで米やアジア市場の軟調な動きに連れ安する展開が続いていたが、 落ち着きを見せている。ただ、ゴールデンウィーク休暇前で上値が重い」(国内証券)と の声が聞かれた。 <10:25> 日経平均はプラス圏、米株先物の堅調な推移が...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス圏、米株先物の堅調な推移が支援

<10:25> 日経平均はプラス圏、米株先物の堅調な推移が支援 日経平均はプラス圏で小動きとなっている。市場では「米国市場で株価が底堅い動き となったことで、ひとまず安心感が出ている」(国内証券)との声が出ている。米株先物 は堅調な推移となっている。 東証33業種では、値上がりは鉱業やその他金融業、ガラス・土石製品など29業種 で、値下がりはサービス業や陸運業、その他製品など4業種。東証プライム市場の騰落数 は、値上がりが1221銘柄(66%)、値下がりは581銘柄(31%)、変わらずは 35銘柄(1%)となっている。 <09:08> ...

寄り付きの日経平均は反発スタート、自律反発期待の買い先行 一時マイナスも

  寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比43円65銭高の2万6430円28銭と、反発してスタートした。自律反発を期待した買いが先行した。その後は一時マイナスに沈んでおり、前日終値を挟んだ動きとなっている。

ホットストック:アドバンテストが軟調、好決算発表も利益確定売りが先行

アドバンテストが軟調な始まりとなった。同社は27日、2023年3月期の連結(国際会計基準)で、売上高・利益とも3年連続で過去最高を見込む好決算を発表したが、利益確定売りが先行している。

アドテストの今期、3年連続の最高益見込む 部材不足は下期改善

アドバンテストは27日、2023年3月期の連結業績(国際会計基準)について、売上高・利益とも3年連続で過去最高を見込むと発表した。部材不足が重しとなるが、半導体の旺盛な需要と高性能化を背景に、検査装置も強い引き合いが続くとみている。

アドテストの今期予想、営業利益3割増の1500億円 市場予測上回る

アドバンテストは27日、2023年3月期業績(国際会計基準)で連結営業利益が前年比30.7%増の1500億円になりそうだと発表した。

UPDATE 1-今日の株式見通し=大幅反落、米株急落で日経2万6000円割れか

(詳細を追加して更新します。) [東京 27日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、大幅な反 落が想定されている。26日の米国株式市場でナスダック総合が4%近く急落した流れを 受け、日本株も全面的に売りが先行するとみられている。日経平均は心理的節目の2万6 000円を下回る場面がありそうだ。 日経平均の予想レンジは2万5900円─2万6400円。 26日の米国株式市場は、主要3株価指数が急落し、ナスダック総合が3.95%安 の1万2490ドルと終値として2020年12月以来の安値を記録した。世界経済の成 長鈍化や米連邦準備理事会...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up