for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社アドバンテスト

6857.T

現在値

5,610.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

3,335.00

 - 

7,030.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
5,610.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
42.40
高値
--
安値
--
52週高値
7,030.00
52週安値
3,335.00
発行済株式数
198.63
時価総額
1,107,596.00
予想PER
--
配当利回り
1.48

次のエベント

Q2 2021 Advantest Corp Earnings Release

適時開示

その他

Advantest lowers conversion price for 2019 due euro-yen denominated convertible bonds to 1626.2 yen per share

R&I affirms Advantest's rating at "A-" and says stable outlook -R&I

Advantest Corp's FY 2018 Operating Profit To Reach 20 Bln Yen - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社アドバンテストとは

アドバンテストグループは、半導体・部品テストシステムの製品群及びメカトロニクス関連製品群の製造・販売を主な事業内容とし、その他にこれらに関連する研究開発及び保守・サービス等の事業を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。半導体・部品テストシステム事業部門は、半導体・電子部品産業において、システムオンチップ(SoC)半導体デバイス向けのSoCテスト・システム及びメモリ半導体デバイス向けのメモリ・テスト・システム等のテストシステム製品を提供する。メカトロニクス関連事業部門は、半導体デバイスをハンドリングするメカトロニクス応用製品のテスト・ハンドラ、被測定物とのインタフェースであるデバイス・インタフェース及びナノテクノロジー関連の製品を提供する。サービス他部門は、総合的な顧客ソリューション、ソリッドステートドライブ(SSD)等のシステムレベルテストのソリューション、サポート・サービス、中古販売及び装置リース事業等を行う。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

Shin Marunouchi Center Bldg.

1-6-2, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-0005

Japan

+81.3.32147500

https://www.advantest.com/ja/

エグゼクティブリーダーシップ

Yoshiaki Yoshida

Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Soichi Tsukakoshi

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Production, Director

Kimiya Sakamoto

Managing Executive Officer, Chief Director of Sales

Atsushi Fujita

Managing Executive Officer, Chief Director of Administration, Director

Douglas Lefever

Managing Executive Officer, President & Chief Executive Officer of Subsidiary, Director

統計

1.95 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

0.2K

2019

0.3K

2020

0.3K

2021(E)

0.3K
EPS (JPY)

2018

101.940

2019

302.350

2020

270.120

2021(E)

212.450
株価売上高倍率(過去12カ月)
21.27
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.01
株価純資産倍率(四半期)
4.71
株価キャッシュフロー倍率
17.54
総負債/総資本(四半期)
4.58
長期負債/資本(四半期)
3.61
投資利益率(過去12カ月)
19.20
自己資本利益率(過去12カ月)
15.53

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線にサポートされるが上値重い

<16:05> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線にサポートされるが上値重い 日経平均・日足は長い上ヒゲと短いしたヒゲを伴う「小陰線」となった。前日は心理的な戻りの目安と なる2万3700円を回復したが、この日はすかさず押し戻されたほか、ローソク足の形状も「上影陰線」 と不安定な状態にあると感じさせている。終値は依然として5日移動平均線(2万3556円55銭=20 日現在)にサポートされながらも、上値に重さも同時に感じさせるところだ。 9日高値2万3725円58銭を捉え切れずに反落したことで、当面は同高値が上値のメドとして強く 意識される...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、短期資金が人気株に向かう

<15:35> 新興株市場は続伸、短期資金が人気株に向かう 新興株市場は続伸。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに堅調な展開となった。市場から は「東証1部の閑散相場が続く中で、短期資金が新興市場の人気株に向かっている」(国内証券)との声が 聞かれる。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.32%高。個別では、ウェッジホールディングス が商 いを伴い大幅高となったほか、リバーエレテック が一時ストップ高、No.1 も堅調だっ たが、直近IPOのアースインフィニティ がストップ安に沈み、ストリームメディアコーポレーシ ョン も大幅安...

〔マーケットアイ〕株式:安値もみあい、日経平均の後場振れ幅は54円47銭

<14:15> 安値もみあい、日経平均の後場振れ幅は54円47銭 日経平均は安値もみあい。見送りムードが強く、売り買いともに手控えられている様子。後場に入って 午後2時15分までの振れ幅は上下にわずか54円47銭にすぎない。東証1部の売買代金も1兆2404 億4100万円と極端に細っている。市場関係者によると「商いの細り具合が、今の市場の状況を示してい る。最大のイベントである米大統領選挙が終了するまで見送られそうだ」(国内証券)という。 <12:55> 日経平均はマイナス圏、利益確定売り先行で下げ拡大 日経平均は後場もマイナス圏でもみあい...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏、利益確定売り先行で下げ拡大

<12:55> 日経平均はマイナス圏、利益確定売り先行で下げ拡大 日経平均は後場もマイナス圏でもみあい、前営業日比100円ほど安い2万3500円台半ばで推移し ている。市場からは、米国の追加経済対策を巡る協議や月末にかけて企業決算を控える中、投資家の様子見 姿勢が強まっているとの見方が出ている。「日経平均は2万3500円を超えるあたりから利益確定売りも 出やすく、下げ幅が拡大しているのではないか。きょうも商いは閑散としており、上値を追うような展開に はなりづらい。後場はこのままマイナス圏でもみあう可能性が高い」(国内証券)との声が聞かれた...

午前の日経平均は反落、米追加経済政策巡り様子見ムード強く

20日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比74円64銭安の2万3596円49銭となり、反落した。前日の米国株式相場は追加の新型コロナウイルス経済対策を巡る不透明感で主要3指数が下落し、日本株市場も朝方から軟調な展開となった。米株先物が堅調に推移したことから、日経平均は一時プラス転換する場面もあったが、再び下げ幅を拡大し幅広い業種で売りが先行した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線がサポート

<16:10> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線がサポート 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。上値は5日移動平均線(2万3 582円82銭=15日)に抑えられる格好となったものの、下値は25日移動平均線( 2万3386円54銭=同)がサポートし底堅い印象を受ける。ただ、米大統領選を来月 3日に控えていることもあり、当面は引き続き薄商いのなか、方向性を探る足取りとなり そうだ。 <15:56> 新興株市場は反落、米大統領選控えリスクオフの地合い強まる 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、米大統領選控えリスクオフの地合い強まる

<15:56> 新興株市場は反落、米大統領選控えリスクオフの地合い強まる 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した 。ここのところ堅調に推移していた新興株市場も日経平均が軟調な動きとなる中、マイナ ス圏でもみあう展開となった。市場からは「米国の大統領選前に投資家のリスク許容度の 低下が少しずつ目立ち始めたのではないか」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は0.50%安。個別では、GMOアドパートナーズ<4784.T >、テーオーホールディングス が年初来高値を更新。ストップ高比例配分で...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、押し目買いで下値堅い 引き続き薄商い

<14:45> 日経平均はもみあい、押し目買い で下値堅い 引き続き薄商い 日経平均は前営業日比100円ほど安い2万3500円近辺でのもみあい。一時16 8円30銭安の2万3458円43銭まで下げ幅を拡大したが、押し目買いが入っている ようだ。午後2時45分現在、東証1部の売買代金は1兆3885億2700万円。見送 りムードが続き、商いは閑散となっている。 市場では「きょうはファーストリテイリング などが決算を控えていることも あり、見送りムードが強まりやすい」(国内証券)との声が出ていた。 <12:57> 日経平均は後場マイナス圏、中国経済...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場マイナス圏、中国経済の回復鈍化懸念で下げ拡大

<12:57> 日経平均は後場マイナス圏、中国経済の回復鈍化懸念で下げ拡大 後場の日経平均はマイナス圏でもみあい、2万3400円台半後半で推移している。 前場中に、中国国家統計局が発表した9月の中国の卸売物価指数(PPI)、消費者物価 指数(CPI)がいずれも市場予想を下回る結果だと伝わり、中国経済の回復鈍化懸念が 広まったようだ。市場からは「2万3500円を割っているので、この後、きちんと買い が入り下落幅が縮小するかかどうか注目だ」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は反落、米株下落を嫌気し終始売り優勢に...

前場の日経平均は反落、米株下落を嫌気し終始売り優勢に

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比109円10銭安の2万3517円63銭となり、反落した。前日の米国株式市場が下落したことが嫌気され、終始売り優勢の展開。

〔マーケットアイ〕株式:安値もみあい、東証1部売買代金は2兆円割れのペースに

<11:15> 安値もみあい、東証1部売買代金は2兆円割れのペースに 日経平均は安値もみあい。見送りムードが続き商いも閑散。午前11時15分現在で 東証1部の売買代金は8000億円台で、きょうも2兆円を下回るペースとなっている。 市場では「先週に外国人投資家が大量に買ったことで安心感が出ているが、この薄商いで は新規に買うのは難しい」(国内証券)との声が聞かれた。 <10:05> 日経平均は安値圏で小動き、不透明要因で動きづらい 日経平均は前営業日比90円ほど安い2万3500円台半ば。方向感に乏しい展開で 、値幅は上下41円程度にとどまっている...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏で小動き、不透明要因で動きづらい

<10:05> 日経平均は安値圏で小動き、不透 明要因で動きづらい 日経平均は前営業日比90円ほど安い2万3500円台半ば。方向感に乏しい展開で 、値幅は上下41円程度にとどまっている。市場では「米大統領選や追加の新型コロナウ イルス経済対策の不透明感で積極的にポジションを傾けづらい。短期筋の売買が中心とな っているだろう」(国内証券)との声が出ていた。 個別では、東京エレクトロン 、アドバンテスト などの半導体製造装 置関連銘柄が軟調。日経平均を約28円押し下げる要因となっている。 <09:06> 寄り付きの日経平均は反落、米国株安の...

ホットストック:半導体製造装置は軟調、蘭ASMLの株価に連れ安

東京エレクトロン、アドバンテスト、SCREENホールディングスなどの半導体製造装置関連銘柄は軟調。オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLホールディングの株価下落に伴い、利益確定売りが先行する展開となっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、連日の「カラカサ」出現で警戒感も

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、連日の「カラカサ」出現で警戒感も 日経平均・日足は下ヒゲを伴う寄り付きが「坊主」の「小陰線」。引き続き5日移動平均線(2万35 70円01銭=13日現在)にサポートされる形で高値もみあいとなっているものの、「カラカサ」の形状 となる足を2日続けて引いたことで警戒感も生じている。「カラカサ」は上値で出現すると売りサインにな ると言われ、9日に決定的な売りのシグナルである「カブセ線」を引いた後だけに、目先は上値に対して慎 重な場面が続きそうだ。 <15:15> 新興株市場は7日ぶり小反落、連騰への...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は7日ぶり小反落、連騰への警戒で利益確定売り

<15:15> 新興株市場は7日ぶり小反落、連騰への警戒で利益確定売り 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに7日ぶりに小反落となった 。市場では「連騰に対する警戒感が強かったため、全体的に利益確定売りが広がっている」(国内証券)と の声が出ている。 きょうマザーズ市場に新規上場した日通システムの初値は5500円となり、公開価格を83.33% 上回ったが、初値を付けた後は利益確定売りに押された。 日経ジャスダック平均は0.12%安。個別では、ブロードバンドタワー が商いを伴ってスト ップ高となったほか、旭化学工業...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高でもみあい、材料不足で商いは低調

<14:25> 日経平均は小幅高でもみあい、材料不足で商いは低調 日経平均は小幅高の水準でもみあっている。材料不足となる中で商いは低調。午後2時25分現在で東 証1部売買代金は1兆3000億円台にすぎない。市場関係者によると「全体のトレンドとしては右肩上が りに変わってきたので、安心感は生じているものの、売り買いともに細っているため方向感がない。新たな 材料を待っている状況だ」(SBI証券・投資調査部長の鈴木英之氏)という。 <13:15> 日経平均はプラス転換し小幅高、様子見ムード強まり薄商い 日経平均は後場プラス転換し、前営業日比20...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス転換し小幅高、様子見ムード強まり薄商い

<13:15> 日経平均はプラス転換し小幅高、様子見ムード強ま り薄商い 日経平均は後場プラス転換し、前営業日比20円ほど高い2万3500円台後半での推移となっている 。市場では「特段な材料はないが、日経平均は直近で下がっていたので、2万3500円からは買い戻しが 入りやすい」(国内証券)との声が出ていた。 午後1時15分時点での東証1部の売買代金は1兆1325億7500万円と低水準。「ジョンソン・ エンド・ジョンソン(J&J) の臨床試験停止という不安材料もあり、今晩の米国株式市場への影 響を見極めたいとの様子見ムードが強まっている」...

ホットストック:半導体関連が堅調、米SOX指数は史上最高値更新

SUMCO、SCREENホールディングス、アドバンテスト、東京エレクトロンなどの半導体関連は堅調。前週末の米国株市場で、半導体ザイリンクスは14.1%高となり、半導体指数が史上最高値更新となったことが好感されている。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、競合大手アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)がザイリンクス買収に向け協議を進めており、買収額は300億ドル強に上る可能性があるという。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線を上回る

<16:36>  日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線を上 回る 日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陽線」。先高見込みを暗示している。買い圧力が 強く、終値は5日移動平均線(2万3302円17銭=28日)を上回って取引を終えるとともに、下値は 25日移動平均線(2万3245円58銭=同)がサポートとして機能した。 <16:20> 新興株はまちまち、rakumoは初日値付かず 新興株市場で日経ジャスダックは小幅続伸、東証マザーズ指数は反落した。日経平均が上昇した流れを 受け、ジャスダック市場では時価総額上位銘柄などを...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はまちまち、rakumoは初日値付かず

<16:20> 新興株はまちまち、rakumoは初日値付かず 新興株市場で日経ジャスダックは小幅続伸、東証マザーズ指数は反落した。日経平均が上昇した流れを 受け、ジャスダック市場では時価総額上位銘柄などを中心に買われたものの、マザーズ市場では直近IPO 銘柄などを中心に売られた。きょうマザーズ市場に上場したrakumo は初日値付かず、287 5円買い気配で取引を終了した。 ジャスダック市場では、ワークマン 、まぐまぐ 、テラ が買われた半面、グラ フィコ 、エブレン 、出前館 が売られた。 マザーズ市場ではニューラルポケット 、Sun...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up