for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社キーエンス

6861.T

現在値

47,900.00JPY

変化

-1,350.00(-2.74%)

出来高

797,300

本日のレンジ

47,850.00

 - 

48,650.00

52週レンジ

44,880.00

 - 

75,090.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
49,250.00
始値
48,110.00
出来高
797,300
3か月平均出来高
12.04
高値
48,650.00
安値
47,850.00
52週高値
75,090.00
52週安値
44,880.00
発行済株式数
242.53
時価総額
11,995,000.00
予想PER
35.16
配当利回り
0.41

次のエベント

Q2 2023 Keyence Corp Earnings Release

適時開示

その他

KEYENCE to change fiscal year end date

KEYENCE to change fiscal year end date

KEYENCE announces resignation of chairman

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社キーエンスとは

キーエンスグループは、ファクトリー・オートメーション(FA)用センサをはじめとする、ファクトリー・オートメーションの総合メーカーである。【事業内容】同社は、電子応用機器商品の開発、製造及び販売を行うほか、同社商品のソフトウェアの開発を行う。同社は北米、中南米で子会社を通じて販売も行う。その他の事業は、不動産業、広告・マーケティング業を行う。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

1-3-14

Higashi-Nakajima, Higashiyodogawa-ku

OSAKA-SHI, OSK

533-8555

Japan

+81.6.63791111

https://www.keyence.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Takemitsu Takizaki

Honorary Chairman, Director

Yu Nakata

President, Representative Director

Hiroaki Yamamoto

Director of Business Support, Manager of Business Information Office, Director

Masayuki Miki

Manager of Organizational Audit Team, Director

Akiji Yamaguchi

Director of Development Promotion, Director

統計

1.90 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.6K

2021

0.5K

2022

0.8K

2023(E)

0.9K
EPS (JPY)

2020

816.910

2021

813.470

2022

1,250.830

2023(E)

1,424.692
株価売上高倍率(過去12カ月)
37.92
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.43
株価純資産倍率(四半期)
5.34
株価キャッシュフロー倍率
36.95
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
14.99
自己資本利益率(過去12カ月)
14.39

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、マイナス2シグマでバンドウォーク

日経平均・日足は「中陰線」となった。終値は2万5937円21銭。再び、心理的節目2万6000円を割り込み、5日移動平均線(2万6307円33銭=30日)に届かなかった。ボリンジャーバンドのマイナス2シグマ(2万6084円81銭=同)でバンドウォークとなっており、下値模索の継続が警戒される。一方、25日線からの下方乖離率など売られ過ぎの示唆も根強い。目先の下値めど6月20日安値(2万5520円23銭)で下げ止まるかが焦点。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ反落、ポーターズとグッピーズは公開価格上回る

新興株式市場は、マザーズ総合は1.35%安の695.35ポイントと反落した。東証グロース市場指数は前営業日比1.36%安の883.66ポイントだった。米金利上昇が警戒される中、グロース(成長)株への投資家の慎重姿勢が強まった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は日中安値を更新、値がさ株の一角が下げ拡大

後場の日経平均は、2万5800円台前半へと徐々に水準を切り下げ、日中の安値を更新している。値がさの東京エレクトロン、信越化学工業といった半導体関連の一角やファーストリテイリングなどが、前引け時点に比べ下げ幅を広げている。

午前の日経平均は急反落、米株軟化を嫌気し再び2万6000円割れ

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比442円30銭安の2万5979円75銭と、急反落した。前日の米国株式市場の軟化を嫌気し幅広く売りが出て、再び2万6000円を割り込んだ。週末とあって見送りムードが強く、薄商いの中を下値模索の展開となった。後場は、28日に付けた直近安値2万5938円36銭の攻防になるとの見方が出ている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、再び2万6000円大台の攻防に

日経平均は下げ幅を拡大している。週末で見送りムードが強い中で、まばらの売りに押され2万6000円台を割り込む場面もあった。再び大台の攻防となっている。東京エレクトロンなど半導体関連株のほか、ファーストリテイリングなど指数寄与度が大きい銘柄の値下がりが目立つ。

寄り付きの日経平均は反落、米ナスダック安嫌気し幅広い売り

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比182円05銭安の2万6240円00銭と、反落してスタート。前日の米国株式市場、とりわけナスダックが下落したことが嫌気され、主力銘柄を中心に幅広く売られている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、トヨタ自動車など主力銘柄が売り優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、ソニーグループ、キーエンス、NTTなどの主力銘柄が売り優勢。指数寄与度の大きい東京エレクトロン、ファーストリテイリングなども売り優勢となっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、売られ過ぎの修正との印象

日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万6422円05銭。前日の長い下ヒゲが底入れのサインになることを追随、自律反発に対する期待を膨らませている。25日移動平均線(2万7681円70銭=29日)とのかい離率は約4.5%と広がっているため、売られ過ぎの修正との印象が強い。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は反発、米ハイテク株堅調を好感

新興株式市場は反発。マザーズ総合が前営業日比2.38%高の704.84ポイントと、700ポイントをすかさず回復した。東証グロース市場指数は同2.38%高の895.85ポイントで取引を終えた。「米国株式市場でハイテク株が堅調に推移したことが好感された」(国内調査機関ストラテジスト)という。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみ合い、需給思惑強く上値に対して慎重

日経平均は高値もみ合い。2万6400円台ときょうの高値圏で推移している。しっかりした足取りだが、月末月初の需給思惑が強いことから上値に対しては慎重な様子だ。配当金再投資の買い需要、日経平均入れ替えに伴う売り需要と「売り買いそれぞれ思惑材料があるため、慎重にならざるを得ない」(国内証券・ストラテジスト)という。

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は底堅い、米株先物が下げ幅を縮小

後場に入り、日経平均は前引け水準より上げ幅を広げ、前営業日比約150円高の2万6300円台前半で推移している。米株先物が下げ幅を縮め、支援材料になっている。

午前の日経平均は反発、値がさ株中心に買い戻し

29日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比64円34銭高の2万6238円32銭と反発した。米長期金利の低下を受けて、値がさのハイテク株やグロース(成長)株が買い戻され、日経平均は底堅く推移した。ただ、前引けにかけては上昇の勢いが弱まり、上値の重さも意識された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、2万6500円を前に上値の重さ意識

日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比約160円高の2万6300円前半で推移。東証プライム市場では値上がり銘柄数が6割以上と、全体的にしっかりとなっている一方、値がさ株の上昇が一巡している。市場では「節目の2万6500円を前に上値の重さも意識されている」(国内証券ストラテジスト)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は買い一巡後に伸び悩み、世界景気懸念くすぶる

日経平均は伸び悩んでいる。高く寄り付いた後、一時270円超高に上値を伸ばしたが、利益確定や戻り待ちの売りに上値を抑えられ、足元では220円高の2万6400円代付近での推移となっている。

寄り付きの日経平均は反発、米株高を好感 配当落ち分埋める

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比106円52銭高の2万6280円50銭と、反発してスタートした。前日の米国市場で長期金利低下を受けて株高となったことを好感する形となり、買いが先行した。寄り付き後も200円超高に上値を伸ばし、短時間で配当権利落ち分(市場推計約224円)を埋めた。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、トヨタやソニーGが買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、ソニーグループが買い優勢。キーエンス、リクルートホールディングス、NTT、信越化学工業も買い優勢となっている

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、パラボリック陰転 200日線の攻防視野

<16:05> 日経平均・日足は「小陰線」、パラボリック陰転 200日線の攻防 視野 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万7567円65銭円。75日移動 平均線(2万7517円15銭=16日)がサポートとして機能した。一方、パラボリッ クが6営業日ぶりに陰転し、売りシグナルが点灯。日足・一目均衡表では雲の中に入った 。下押しが警戒され、200日移動平均線(2万7412円12銭=同)を巡る攻防も視 野に入ってきた。 <15:50> 新興株はマザーズが反落、新規上場のeWeLLは値付かず 新興株式市場は、マザーズ総合は1.9%安の...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、新規上場のeWeLLは値付かず

<15:50> 新興株はマザーズが反落、新規上場のeWeLLは値付かず 新興株式市場は、マザーズ総合は1.9%安の736.78ポイントと反落した。東 証グロース市場指数は前営業日比1.91%安の936.74ポイントだった。前日の米 国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が下落したほか、時間外取引の米株先物が 軟調に推移し、投資家心理の重しになった。 ビジョナルやフリーが大幅安だったほか、Appier Grou pも軟調だった。一方、ANYCOLORが年初来高値を更新。サンバ イオやM&A総合研究所は大幅高だった。 新規上場のeWeLL...

日経平均は反落、米株安が重し 連休前に見送りムード

東京株式市場で日経平均は、前営業日比308円26銭安の2万7567円65銭と、反落して取引を終えた。前日の米国市場での株安を嫌気し、売りが優勢となった。明日からの3連休を控える中、午後にかけて徐々に見送りムードが広がった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、連休前の手控えムード強く

<13:45> 日経平均は小動き、連休前の手控えムード強く 日経平均は前日比で300円程度安い水準での小動きを続けている。後場の値幅は5 0円程度にとどまり「3連休を控えた手控えムードが強まっている」(国内証券)という 。 時間外取引の米株先物やアジア株の軟調な値動きは投資家心理の重しになっている。 日経平均は、東京エレクトロン<8035.Tやファーストリテイリング、アドバンテ ストなどの下げが重しとなり、3銘柄で指数を115円ほど押し下げている。 TOPIXグロース指数は0.9%安、同バリュー指数は0.3%安で、グロース株 の下げが目立...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up