for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社フェローテックホールディングス

6890.T

現在値

3,290.00JPY

変化

40.00(+1.23%)

出来高

1,954,700

本日のレンジ

3,215.00

 - 

3,335.00

52週レンジ

1,970.00

 - 

4,330.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,250.00
始値
3,220.00
出来高
1,954,700
3か月平均出来高
57.28
高値
3,335.00
安値
3,215.00
52週高値
4,330.00
52週安値
1,970.00
発行済株式数
46.85
時価総額
152,562.70
予想PER
6.48
配当利回り
2.09

次のエベント

Q3 2023 Ferrotec Holdings Corp Earnings Release

適時開示

その他

Ferrotec Holdings to issue three series unsecured corporate bonds

Ferrotec Holdings Corp Is Expected To Post A Record Nine-Month Profit - Nikkei

Ferrotec Holdings to issue unsecured corporate bonds

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社フェローテックホールディングスとは

フェローテックホールディングスは、主に半導体等装置関連事業、太陽電池関連事業及び電子デバイス事業を行う。【事業内容】同社は、3つの事業セグメントで構成される。半導体等装置関連事業は、真空シール及び各種製造装置向け金属加工製品、石英製品、セラミックス製品及び炭化ケイ素(CVD-SiC)製品等の生産、並びにシリコンウエーハ加工、装置部品洗浄等を行う。太陽電池関連事業は、シリコン結晶製造装置、太陽電池用シリコン製品及び石英坩堝等の生産を行う。電子デバイス事業は、サーモモジュール、パワー半導体用基板及び磁性流体等の生産を行う。また、ソーブレード、工作機械、表面処理等の製品も生産する。

業種

Semiconductors

連絡先

Nihonbashi Plaza Bldg.

2-3-4, Nihonbashi

CHUO-KU, TKY

103-0027

Japan

+81.3.32818808

https://www.ferrotec.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Akira Yamamura

Chairman of the Board, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Han Xian He

President, Group Chief Executive Officer, Executive Officer, Chairman of Subsidiaries, Representative Director

Akira Takeda

Executive Officer, Director of Finance, Senior Manager of Finance Management Office

Eiji Miyanaga

CEO of Subsidiary, Director

Takeru Yamamura

Vice President, Executive Officer, Chairman and CEO of Subsidiaries, Representative Director

統計

2.50 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.1K

2021

0.1K

2022

0.1K

2023(E)

0.2K
EPS (JPY)

2020

48.120

2021

198.440

2022

668.060

2023(E)

501.225
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.91
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.89
株価純資産倍率(四半期)
0.87
株価キャッシュフロー倍率
3.98
総負債/総資本(四半期)
32.31
長期負債/資本(四半期)
16.95
投資利益率(過去12カ月)
15.67
自己資本利益率(過去12カ月)
9.46

最新ニュース

最新ニュース

フェローテック、大泉製にTOB 連結子会社化目指す

フェローテックホールディングスは10日、大泉製作所に対する株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。買い付け価格は1株1300円(10日終値は1044円)で13日から7月25日まで買い付ける。

ホットストック:東洋刃物が買い気配、フェローテックによるTOBが手掛かり

東洋刃物が買い気配となっている。フェローテックホールディングスが株式公開買い付け(TOB)を実施すると3日に発表し、手掛かりとなっている。フェローテックは約21億円を投じ、完全子会社化する意向で、東洋刃物は上場廃止となる予定。フェローテックは2%超安となっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、200日線を抵抗線として意識

日経平均・日足は長い下ヒゲを伴う大引けが「坊主」に近い「中陰線」。上値が抑えられる格好で、下に大きく振れて高値波乱の様相を呈した。200日移動平均線(2万8261円11銭=30日)が上値抵抗線として意識されており、これを上抜けるかどうかが当面の注目点となっている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、値動きの良い銘柄を買う動きに

新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数が続伸した一方、日経ジャスダック平均は反落した。市場では「底打ちしたとの見方から、値動きの良い銘柄を買う動きが出ていた」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線が抵抗線として機能

日経平均・日足は「小陰線」。売りサインとなる「カブセ線」の形状は免れたが、前日までに8連騰を記録していただけに、さすがに一服商状となった。それでも、長めの下ヒゲを引くなど下方硬直性を感じさせている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、直近IPOに利益確定売り

新興株式市場は、まちまち。東証マザーズ指数が小幅安となる一方、日経ジャスダック平均が9日続伸となった。市場では「地合いは落ち着いているが、直近IPOが利益確定売りで値を下げ、ムードを悪くしている」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、最強の買いサイン「並び赤」が出現

日経平均・日足は「中陽線」。前日に目先天井形成を示唆する「三空」で長めの陽線を引いた後、ほぼ同じ長さの陽線を引くなど、基調の強さに変化がないことを示した。それどころか、今回はマド空けで出現すると最強の買いサインとも言われる「並び赤」のパターンとなっている。ここまで定石破りとも言える強さを示してきたが、さらに「理外の理」の上昇相場を演じる可能性が出てきた。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、日経ジャスダック平均は8日続伸

新興株市場は、しっかり。東証マザーズ指数が続伸、日経ジャスダック平均が8日続伸した。市場では「地合い好転が顕著となり、値幅取りの動きが活発化している」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、パラボリックが陽転

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万5762円01銭。3月の高値と安値の半値戻し(2万5847円50銭)の水準で上値を抑えられた。一方、5日移動平均線(2万5453円90銭=16日)がサポートとなったほか、パラボリックが2月18日の陰転以来、約1カ月ぶりに陽転し、地合い改善が見込まれる。MACDはゴールデンクロスに接近している。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが反発、ジャスダックは続伸

マザーズ総合は前営業日比2.18%高。メルカリやフリー、そーせいグループが買われた一方、プレミアアンチエイジングはストップ安。ビジョナルもさえなかった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を再び下回る

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万6393円03銭。心理的節目2万6500円に加え、5日移動平均線(2万6442円38銭=2日)を再び下回り、地合いは良くない。下方向では、心理的節目2万6000円や、2月24日安値(2万5775円64銭)が下値めどに意識される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、前日までの上昇の反動で利益確定売り

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。対ロシア制裁の経済への悪影響が警戒される中、前日までに大きく値を戻していた反動もあって利益確定売りが上値を抑えた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、下ヒゲの長い「たぐり線」

日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万6449円61銭。下ヒゲが長めの「たぐり線」となり、目先底打ちとの期待を抱かせている。ただ、世界的なリスクオフムードで地合いは弱い。当面は昨年来安値(2万6044円52銭=2022年1月27日)が目先の下値めどと意識されそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、昨年来安値を更新 リスクオフムードで連れ安

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに4日続落となり、昨年来安値を更新した。ウクライナ情勢の一段の緊迫化を受けた世界的なリスクオフの流れを受け、新興株も連れ安の展開となった。前場では大型株を中心にショートカバーが入り下げ止まる場面がみられたものの、長続きはしなかった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5・25日線再び下回る

日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「中陰線」となった。終値は2万7079円59銭。心理的節目の2万7000円は上回って引けたものの、再び25日移動平均線(2万7569円45銭=14日)、5日移動平均線(2万7377円79銭=同)を下回った。今週は5日移動平均線を意識した値動きになるとみられている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、米株安でマザーズは再び4%超安

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。米国市場でのグロース(成長)株安が相場の重しとなった。市場では「米金利上昇局面に弱いと言えばマザーズ。5日移動平均線(752.53ポイント=14日)を意識した値動きとなっている」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線回復できず

日経平均・日足は「小陰線」となった。上ヒゲが長く上値追いに慎重な様子がうかがえる。5日移動平均線(2万7349円66銭=8日)を終値で回復できず、上値の重さをあらためて印象づけた。東証1部の売買代金は2兆9978億1200万円と連日の3兆円規模で、2万7000円台前半での値固めが続いている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズ4日続落、ジャスダックは小幅続落

新興株市場は、東証マザーズ指数が4日続落し、日経ジャスダック平均が小幅に続落となった。米金融引き締めへの警戒感がくすぶる中、グロース株の買いにくさが引き続き意識された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、根強い下値不安

日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「大陰線」となった。一時、心理的節目である2万7000円を下回り、昨年来安値(2万6954円81銭=2021年8月20日)を更新する場面があったが、終値は2万7131円34銭で引けた。日足は主要移動平均線を全て下回っているほか、一目均衡表の雲下限(2万8578円38銭=25日)からの下方乖離も広がっており、当面は下値模索の展開が続きそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は大幅安、東証1部市場に連れ安 マザーズ4%超安

新興株市場は軟調。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均がともに大幅に3日続落した。東証1部市場が軟調に推移する中、新興株市場も連れ安となった。マザーズは4%超安の772ポイント台と2020年4月以来の水準まで下落し、市場では「ほぼ買い手がいない状態。1部市場がここまで売られてしまうと、連れ安とならざるを得ない」(国内証券)との声が聞かれた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up