for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社フェローテックホールディングス

6890.T

現在値

3,715.00JPY

変化

5.00(+0.13%)

出来高

1,539,800

本日のレンジ

3,645.00

 - 

3,785.00

52週レンジ

868.00

 - 

4,100.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,710.00
始値
3,735.00
出来高
1,539,800
3か月平均出来高
27.92
高値
3,785.00
安値
3,645.00
52週高値
4,100.00
52週安値
868.00
発行済株式数
37.32
時価総額
138,787.40
予想PER
6.41
配当利回り
0.70

次のエベント

Dividend For 6890.T - 14.0000 JPY

適時開示

その他

Ferrotec Holdings to issue three series unsecured corporate bonds

Ferrotec Holdings Corp Is Expected To Post A Record Nine-Month Profit - Nikkei

Ferrotec Holdings to issue unsecured corporate bonds

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社フェローテックホールディングスとは

フェローテックホールディングスは、主に半導体等装置関連事業、太陽電池関連事業及び電子デバイス事業を行う。【事業内容】同社は、3つの事業セグメントで構成される。半導体等装置関連事業は、真空シール及び各種製造装置向け金属加工製品、石英製品、セラミックス製品及び炭化ケイ素(CVD-SiC)製品等の生産、並びにシリコンウエーハ加工、装置部品洗浄等を行う。太陽電池関連事業は、シリコン結晶製造装置、太陽電池用シリコン製品及び石英坩堝等の生産を行う。電子デバイス事業は、サーモモジュール、パワー半導体用基板及び磁性流体等の生産を行う。また、ソーブレード、工作機械、表面処理等の製品も生産する。

業種

Semiconductors

連絡先

Nihonbashi Plaza Bldg.

2-3-4, Nihonbashi

CHUO-KU, TKY

103-0027

Japan

+81.3.32818808

https://www.ferrotec.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Akira Yamamura

President, Chairman of Subsidiaries, Representative Director

Hanxian He

Vice President, Executive Officer, Chairman and General Manager of Subsidiaries, Representative Director

Takeru Yamamura

Vice President, Executive Officer, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Eiji Miyanaga

Executive Director

Kenichiro Aoyama

Executive Officer, Director of Silcon Sales

統計

2.50 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.1K

2020

0.1K

2021

0.1K

2022(E)

0.1K
EPS (JPY)

2019

76.900

2020

48.120

2021

198.440

2022(E)

579.033
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.33
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.41
株価純資産倍率(四半期)
1.62
株価キャッシュフロー倍率
5.21
総負債/総資本(四半期)
54.08
長期負債/資本(四半期)
33.60
投資利益率(過去12カ月)
14.51
自己資本利益率(過去12カ月)
9.12

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「下影陽線」、5日移動平均線が支持線

<16:30> 日経平均・日足は「下影陽線」、5日移動平均線が支持線 日経平均・日足は下ヒゲを伴う高値引けの「下影陽線」となった。日経平均は9月入 りしてから2300円以上、上昇しているため高値警戒感が意識されるが、経済再開や政 局への期待感で下値も底堅い。利益確定売りに押される場面があれば、5日移動平均線( 3万0186円95銭=13日)が支持線として意識されそうだ。 <16:00> 新興市場はまちまち、売り買いが拮抗 海外勢の物色は継続 新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数は続伸、日経ジャスダック平均は反落した 。決算などを材料視...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はまちまち、売り買いが拮抗 海外勢の物色は継続

<16:00> 新興市場はまちまち、売り買いが 拮抗 海外勢の物色は継続 新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数は続伸、日経ジャスダック平均は反落した 。決算などを材料視した個別物色が活発化した一方、前週までに大幅上昇となった個別雌 株では利益確定売りの動きがみられた。市場では「海外投資家に好まれるようなIT関連 をはじめとする銘柄はしっかり。海外勢の物色は継続しているようだ」(国内証券)との 声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.34%高。個別では、セルソース 、メルカ リ 、日本電解 などしっかり。ENECHANGE はストッ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、高値引けで「陽の大引け坊主」

<16:15> 日経平均・日足は「大陽線」、高 値引けで「陽の大引け坊主」 日経平均・日足は短い下ヒゲを伴う「大陽線」となった。5日移動平均線(3万00 29円45銭=10日)が下値支持線として機能した。日経平均は3万円の大台を回復し た後も上値を追う展開となり、前営業日比373円65銭高の3万0381円84銭で高 値引けとなった。形状は「陽の大引け坊主」となり、来週以降も強い基調が期待できる。 <15:45> 新興市場は反発、幅広い銘柄に買い 海外投資家の動向も 新興株市場では、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反発した。...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は反発、幅広い銘柄に買い 海外投資家の動向も

<15:35> 新興市場は反発、幅広い銘柄に買い 海外投資家の動向も 新興株市場では、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反発した。市場 では「時価総額上位銘柄を中心にしっかり。このところ医療・IT関連を中心に海外勢の 物色が活発化している」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比2.46%高。個別ではBASE 、HENNGE が商いを伴い大幅高となったほか、メルカリ 、日本電解 なども しっかり。モビルス 、ビジョナル 、セルソース は下落した。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.95%高。個別では、フェローテックホール...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、25日線との乖離率広げ過熱感

<15:55> 日経平均・日足は「中陽線」、25日線との乖離率広げ過熱感 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」となった。前日の「小陽線」を包 む「抱き線」の形状となり強い基調にあることを印象付けたが、終値と25日移動平均線 (2万8028円17銭=8日現在)との乖離率は7.48%と前日よりもさらに拡大す るなど、過熱感が強いことを示している。 終値で3万円を回復したことで、2月16日に付けた年初来高値3万0714円52 銭の更新が現実味を帯びてきた。きょうの上昇で4月6日の戻り高値3万0208円89 銭を抜いたため、残すチャート...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は堅調、日経ジャスダック平均は連日の年初来高値

<15:10> 新興株式市場は堅調、日経ジャスダック平均は連日の年初来高値 新興株式市場は堅調。東証マザーズ指数は続伸し、日経ジャスダック平均は連日の年 初来高値更新となった。市場では「1部市場のソフトバンクグループ に短期回転 を狙った資金がシフトしたようだが、それでも値幅取りの動きが活発化した状態には変化 はない」(国内証券)との声も聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比0.78%高。メルカリ が商いを伴い続伸したほ か、直近上場のモビルス も最高値を更新した。すららネット も上昇した が、グローバルウェイ 、Enjin などは反落した...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日連続で5日線を下回る

<16:40> 日経平均・日足は「中陰線」、5 日連続で5日移動平均線を下回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」となった。引き続き軟調な展開となり 、終値(2万7013円25銭=20日)は5日連続で5日移動平均線(2万7365円 60銭=同)を下回っている。日経平均は2万7000円台前半が下値めどとして意識さ れており、攻防が視野に入ってきている。 一方、TOPIX・日足は長い上ヒゲと伴う「中陰線」。終値(1880.68ポイ ント=20日)は下値めどとして意識されていた200日移動平均線(1880.48ポ イント=20日)を辛...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場まちまち、IPO2銘柄ともにストップ安売り気配

<16:15> 新興市場まちまち、IPO2銘柄と もにストップ安売り気配 新興株市場は、東証マザーズ指数が反発、日経ジャスダック平均が続落した。 ジャスダック市場では、東証1部市場で景気敏感株が総じて軟調となった流れに連れ 安する展開となった。 市場では「マザーズ指数は、18日に一時1000円を下回った反動もあり、きょう は小じっかり。ただ、IPO銘柄の動きを見る限り、一部では個人投資家の投げ売りも加 速しているようだ」(国内証券)との声が出ていた。 きょうマザーズ市場に新規上場した2銘柄は、ともにストップ安売り気配となった。 シイエヌエス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、直近安値2万7272円49銭の攻防を意識

<16:05> 日経平均・日足は「中陰線」、直近安値2万7272円49銭の攻防を意識 日経平均・日足は「中陰線」となった。短いヒゲを伴う一方、大引けが「丸坊主」となったことで弱い 基調にあることを示している。前日安値とほぼ同値となったため、崩れたという印象はないものの、下落指 向を一段と強めたことで、下値の目安となる7月30日の直近安値2万7272円49銭の攻防が意識され るようになってきた。 同安値を割り込んだ場合、下値を模索する動きとなりそうだが、維持した場合は2万7300円前後の 水準が強力な下値抵抗線として意識されることになる。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は軟調、マザーズ指数は連日の年初来安値

<15:10> 新興株式市場は軟調、マザーズ指数は連日の年初来安値 新興株式市場は軟調。マザーズ指数が4日続落で、連日の年初来安値更新となった。日経ジャスダック 平均も続落。市場では「マザーズの主力として位置付けられる銘柄から、1部市場の値が軽い銘柄に資金シ フトが起きている」(国内証券)との声も聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比2.06%安。メルカリ 、フリー が続落したほか、ラキー ル 。グローバルウェイ も大幅安。半面、インティメート・マージャー がストップ 高となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比1.19%安。ランシステム...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、5日・25日線を下回る

<15:50> 日経平均・日足は「大陰線」、5日・25日線を下回る 日経平均・日足は「大陰線」となった。下ヒゲを伴うことで下げ渋りもうかがわせるが、前週末にサポ ートとなった5日移動平均線(MA、2万7894円80銭=16日)や25日MA(2万7892円22 銭=同)を下回った。パラボリックが陰転する中で、下値不安が強まりかねない。 <15:40> 新興市場は軟調、マザーズは1年ぶり安値 新興株市場では東証マザーズ指数が3日続落し、日経ジャスダック平均が反落した。マザーズは年初来 安値を更新し、昨年8月以来1年ぶりの低水準となった。市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は軟調、マザーズは1年ぶり安値

<15:40> 新興市場は軟調、マザーズは1年ぶり安値 新興株市場では東証マザーズ指数が3日続落し、日経ジャスダック平均が反落した。マザーズは年初来 安値を更新し、昨年8月以来1年ぶりの低水準となった。市場では「グロース(成長)株が弱い地合いの中 、東証1部の海運株などに資金が流れた」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比3.59%安。フリー やメルカリ の下落が重しとなった。 オークファン やKIYOラーニング などがストップ安となった一方、ラキール や パワーソリューションズ などはストップ高だった。 日経ジャスダック...

訂正(7日配信の記事)-市場再編、東証1部613銘柄が流通株時価総額100億円未満=SMBC日興

(7日配信の記事で、4段落目の新TOPIXの採用条件を「プライム市場に上場しており、かつ流通株時価総額が100億円以上」から「来年4月1日時点でTOPIXの構成銘柄であり、かつ流通株時価総額が100億円以上」に訂正します。)

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日連続の陰線

<16:00> 日経平均・日足は「小陰線」、5日連 続の陰線 日経平均・日足は長い下ヒゲを伴う「小陰線」。陰線は5日連続となっている。終値 (2万8707円04=1日)は75日線(2万9050円89銭=同)・25日線(2 万8938円70銭=同)・5日線(2万8885円08銭=同)を下回っており、弱い 基調を示している。 市場では「国内での感染拡大や米テーパリング懸念で動きづらい。7月もボックス相 場となるのではないか」(国内証券)という。 <15:45> マザーズ、ジャスダックともに反落 感染拡大が重し 新興株市場は、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ、ジャスダックともに反落 感染拡大が重し

<15:45> マザーズ、ジャスダックともに反落 感染拡大が重し 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。このと ころ底堅い動きをみせていた内需株の一角で売りが先行しており、市場では「新興株市場 でも国内での新型コロナウイルスの感染再拡大が警戒されつつある」(国内証券)との声 が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.60%安。個別では、オキサイド 、ミンカブ ・ジ・インフォノイド 、フリー 、ウェルスナビ などが軟調。日 本電解 、プレミアアンチエイジング 、メルカリ などはしっかり 。ステムセル研究所...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線の上向き転換が視野に

<16:10> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線の上向き転換が視野に 日経平均・日足は「小陰線」。75日移動平均線(MA、2万9133円26銭=11日)が頭を押さ え続けている。上抜ければ上昇に弾みがつくとみられている。 25営業日前が5月の急落局面に接近しており、現行水準を維持し続ければ、来週半ばにかけて25日 MAが上向きに転換し、調整明けが意識されそうだ。 <15:40> 新興市場はマザーズが小幅続伸、ジャスダック小反落 新興株市場は東証マザーズ指数が小幅に5日続伸となった一方、日経ジャスダック平均は小反落した。 前日に新規株式公開...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はマザーズが小幅続伸、ジャスダック小反落

<15:40> 新興市場はマザーズが小幅続伸、ジャスダック小反落 新興株市場は東証マザーズ指数が小幅に5日続伸となった一方、日経ジャスダック平均は小反落した。 前日に新規株式公開(IPO)したテンダ がジャスダックの下落率トップとなり、市場では「寄り 高の銘柄が多く、逃げ足が速い」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ指数は前営業日比0.10%高。JIG─SAW やフーバーブレイン が買わ れた一方、クックビズ 、アクシージア は軟調だった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.08%安。テンダのほか、山大 が売られた。半面、ジ ャパン・ティッシュ・エンジニアリング...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き継続、早期テーパリング警戒「払拭されず」

<14:10> 日経平均は小動き継続、早期テーパリング警戒「払拭されず」 日経平均は、前日終値付近での小動きを継続している。目新しい材料が見当たらない中で、後場の値幅 はこれまでのところ70円程度となっている。 エーザイ やエムスリー 、中外製薬 の上昇が指数を支えているが、ファースト リテイリング 、リクルートホールディングス 、ソフトバンクグループ の下げが重 しとなっている。 市場では「(米金融緩和の)早期テーパリング(縮小)への思惑は払拭されていない」(国内証券)と の声が根強い。来週は米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えているほか...

〔マーケットアイ〕株式:後場寄りの日経平均は小動き、堅調な米株先物が支えに

<12:35> 後場寄りの日経平均は小動き、堅調な米株先物が支えに 後場寄りの日経平均は、前日比小幅安の水準で寄り付いた後、小動きとなっている。 週末とあって引き続き買い手控えムードが強いが、「時間外取引で米株先物が堅調に推移 しており、これが日本株を支えているようだ」(国内証券)という。 <11:40> 前場の日経平均は反落、模様眺めムードで小動きに終始 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比35円26銭安の2万8923円30 銭となり、反落。消費者物価指数(CPI)の発表を受けた米国株式市場が堅調だったこ とが好感されたが、週末...

前場の日経平均は反落、模様眺めムードで小動きに終始

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比35円26銭安の2万8923円30銭となり、反落。消費者物価指数(CPI)の発表を受けた米国株式市場が堅調だったことが好感されたが、週末とあって模様眺めムードに支配され、全体的に小動きに終始した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up