for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社フェローテックホールディングス

6890.T

現在値

3,150.00JPY

変化

-125.00(-3.82%)

出来高

2,193,800

本日のレンジ

3,060.00

 - 

3,165.00

52週レンジ

1,600.00

 - 

4,695.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,275.00
始値
3,125.00
出来高
2,193,800
3か月平均出来高
41.02
高値
3,165.00
安値
3,060.00
52週高値
4,695.00
52週安値
1,600.00
発行済株式数
44.38
時価総額
145,662.10
予想PER
5.70
配当利回り
0.85

次のエベント

Q3 2022 Ferrotec Holdings Corp Earnings Release

適時開示

その他

Ferrotec Holdings to issue three series unsecured corporate bonds

Ferrotec Holdings Corp Is Expected To Post A Record Nine-Month Profit - Nikkei

Ferrotec Holdings to issue unsecured corporate bonds

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社フェローテックホールディングスとは

フェローテックホールディングスは、主に半導体等装置関連事業、太陽電池関連事業及び電子デバイス事業を行う。【事業内容】同社は、3つの事業セグメントで構成される。半導体等装置関連事業は、真空シール及び各種製造装置向け金属加工製品、石英製品、セラミックス製品及び炭化ケイ素(CVD-SiC)製品等の生産、並びにシリコンウエーハ加工、装置部品洗浄等を行う。太陽電池関連事業は、シリコン結晶製造装置、太陽電池用シリコン製品及び石英坩堝等の生産を行う。電子デバイス事業は、サーモモジュール、パワー半導体用基板及び磁性流体等の生産を行う。また、ソーブレード、工作機械、表面処理等の製品も生産する。

業種

Semiconductors

連絡先

Nihonbashi Plaza Bldg.

2-3-4, Nihonbashi

CHUO-KU, TKY

103-0027

Japan

+81.3.32818808

https://www.ferrotec.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Akira Yamamura

Chairman of the Board, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Han Xian He

President, Group Chief Executive Officer, Executive Officer, Chairman of Subsidiaries, Representative Director

Akira Takeda

Executive Officer, Director of Finance, Senior Manager of Finance Management Office

Eiji Miyanaga

CEO of Subsidiary, Director

Takeru Yamamura

Vice President, Executive Officer, Chairman and CEO of Subsidiaries, Representative Director

統計

2.00 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.1K

2020

0.1K

2021

0.1K

2022(E)

0.1K
EPS (JPY)

2019

76.900

2020

48.120

2021

198.440

2022(E)

574.100
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.15
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.33
株価純資産倍率(四半期)
1.30
株価キャッシュフロー倍率
4.32
総負債/総資本(四半期)
44.22
長期負債/資本(四半期)
26.74
投資利益率(過去12カ月)
18.73
自己資本利益率(過去12カ月)
11.40

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、マイナス3シグマに接近し反発マグマも

日経平均・日足は「大陰線」となった。8月安値と12月安値を結ぶトレンドラインがこれまでサポートとして意識されたが、これを大きく下回っており、調整局面入りが警戒される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが大幅反落、ジャスダックは続落

新興株市場は、東証マザーズ指数が大幅に反落し、日経ジャスダック平均が5日続落した。米金利の先高観がある中で、グロース(成長)株売りが強まった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大引け坊主」、調整局面の様相強く絶望感

日経平均・日足は安値引けで下ヒゲがない「大引け坊主」となり、先安見込みと投資家の絶望感を暗示している。終値(2万8487円87銭=6日)は長短移動平均線を全て下抜けたほか、一目均衡表の「雲」領域から下放れたことで、調整局面の様相を強くしている。当面は5日移動平均線と25日移動平均線(2万8577円39銭)を意識した値動きとなりそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズは20年5月以来の安値水準

新興株市場は軟調。東証マザーズ指数は大幅に4日続落し、日経ジャスダック平均は続落した。時価総額上位銘柄が総じて売られ、マザーズ指数は連日での大幅安。2020年5月以来の安値付近での推移となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、地合い改善への期待高まる

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。日足は長短移動平均線を全て突破しているほか、終値(2万9301円79銭=5日)は9月14日高値(3万0795円78銭)と11月16日高値(2万9960円93銭)を結んだトレンドライン(2万9300円)を上回り、地合い改善への期待が高まっている。ただ、200日移動平均線(2万8827円86銭=同)は再び下向きとなっており、値固め局面が長続きする可能性がある。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ5%超安で20年5月以来の水準

新興株市場は軟調。東証マザーズ指数は大幅に3日続落し、日経ジャスダック平均は5日ぶりに反落した。東証マザーズ指数は5%超下げ、2020年5月以来の安値付近での推移となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、雲上抜き地合い改善期待も

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陽線」となった。下影陽線の形状で買いの強さが示唆される。日足一目均衡表の雲の上限(2万9250円00銭=4日)を上抜けたほか、200日移動平均線(2万8829円79銭=同)がわずかながら上向き、地合い改善への期待をつなぐ。9月14日高値(3万0795円78銭)と11月16日高値(2万9960円93銭)を結んだトレンドラインが2万9300円台前半を通っており頭を抑えられた格好で、目先の攻防線になりそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、マザーズ続落 ジャスダックは4日続伸

新興株市場は、東証マザーズ指数が続落した一方、日経ジャスダック平均は4日続伸で、まちまちの動きとなった。市場では「投資家の資金が、堅調な東証1部の大型株に向かったようだ」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、下方硬直性を示す動きに

日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴う「小陰線」となった。2万9000円に頭を抑えられる格好となっているが、一方では下方硬直性を示す動きで、強い基調に変化はみられない。上値は重いながらも、200日移動平均線(2万8830円57銭=29日)を維持しており、中期的には上昇期待を抱かせるところだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は続伸、値幅取りの動きが活発化

新興株式市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続伸。市場では「直近IPO(新規株式公開)を中心に値幅取りの動きが活発化している」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、200日線を大きく上回る

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、200日線を大きく上回る 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」となった。新たなマドを空けて上 値を追う形となり、戻りの目安として意識されていた16日高値2万9070円08銭を 上回ったほか、75日移動平均線(2万9057円71銭=28日)、200日移動平均 線(2万8831銭17銭=同)を超え、テクニカル面の改善が顕著となった。 2万9000円台は、戻り売りが厚いとみられ、ここからはチャート上では正念場と なるが、テクニカル面では上昇指向を鮮明にするサインが多く点灯してきただけに、もう...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は小反発、IPOに引き続き資金が集中

<15:10> 新興株式市場は小反発、IPOに引き続き資金が集中 新興株式市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに小反発。市場で は「資金がIPO(新規株式公開)銘柄に集中しており、既存の銘柄が人気になりにくい 」(国内証券)との声が聞かれる。 前日にマザーズ市場に上昇し、上場2日目となるセキュア は公開価格の2. 3倍となる2185円で初値を付けた。 マザーズ総合は前営業日比0.47%高。個別では、アスタリスク が一時ス トップ高となったほか、日本電解 も高いが、サイエンスアーツ 、FRO NTEO などがさえない。 日経...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日平均線に跳ね返される

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、25日平均線に跳ね返される 日経平均・日足は上下にひげを伴う「小陰線」となった。5日線(2万8525円9 2銭=22日)を引き続き上回ったものの、25日移動平均線(2万8670円16銭= 同)に跳ね返される形となり、時価水準より上値に対して慎重な様子が伺える。 今回の足は、若干の気迷いを感じさせる「下影陰線」で、翌日に上下いずれかで方向 感が出た場合、振れた方に動きが向きそうだ。25日平均線を回復できれば、戻り相場に 対する期待が膨らんでくる。 <15:15> 新興株式市場は続伸、引き続きリバウンド...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は続伸、引き続きリバウンド狙いの買いが流入

<15:15> 新興株式市場は続伸、引き続きリバウンド狙いの買いが流入 新興株式市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が続伸。市場では「大き く突っ込んだ後のリバウンド狙いの買いが引き続き流入しているようだ」(国内証券)と の声が聞かれた。 新規上場(IPO)銘柄では、サクシード の初値が公開価格を7.1%上回 る1671円、網屋 が同6.5%上回る2100円だった。一方、リニューアブ ル・ジャパン は同7.6%下回る1663円、サインド が同8%下回る 2990円、FinatextHLDG が同23.2%下回る990円、THE...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、5日線回復 戻り基調に期待つなぐ

<15:45> 日経平均・日足は「中陽線」、5日線回復 戻り基調に期待つなぐ 日経平均・日足は上下にひげを伴う「中陽線」となった。25日移動平均線(2万8 720円00銭=21日)や200日線(2万8839円25銭=同)からの下方乖離は 依然として残るが、ひとまず5日線(2万8505円42銭=同)を回復した。MACD は、前日までにデッドクロスが危ぶまれたが、直前で回避し、かろうじてシグナルからの 上方乖離を維持。戻り基調への期待をつなぐ。 <15:32> 新興株市場は反発、自律反発狙いの買い 下落基調の中で小休止 新興株市場は、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、自律反発狙いの買い 下落基調の中で小休止

<15:32> 新興株市場は反発、自律反発狙いの買い 下落基調の中で小休止 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が3日ぶりに反発した。前 日までの下落を受けて自律反発狙いの買いが活発化し、下落基調の中で小休止となった。 ただ、市場では「マザーズの需給は依然として悪く、下方リスクがつきまとう」(国内証 券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比1.77%高。メルカリ やそーせいグループ<456 5.T>の上昇が牽引した一方、プレミアアンチエイジング は軟調だった。 新規上場のラバブルマーケティンググループ は買いが膨...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、2万8000円を割り込む

<16:10> 日経平均・日足は「大陰線」、2万8000円を割り込む 日経平均・日足は上下に短めのひげを伴う「大陰線」となった。心理的な下値サポー トラインになるとみられた2万8000円を割り込むとともに、長短移動平均線との下方 かい離率が拡大し、弱気に傾斜する動きとなっている。 ただ、短期的には下げ過ぎとの印象が強いうえに、時価水準より下値の2万7000 円前半は支持線として強く意識されており、目先は自律反発のタイミングを計る場面と言 えそうだ。 <15:15> 新興株市場は続落、マザーズ指数が連日の年初来安値 新興株市場は、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、マザーズ指数が連日の年初来安値

<15:15> 新興株市場は続落、マザーズ指数が連日の年初来安値 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続落した。マザー ズ指数は連日の年初来安値更新。市場では「個人投資家が追い証発生で投げさせらる例が 目立っている」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場したHYUGA PRIMARY C は公開 価格を40%上回る3640円で初値を付けた後、ストップ高に買われた一方、グローバ ルセキュリティエキスパ は公開価格を43.57%上回る4020円で初値を付 けた後、ストップ安に沈むなど、高値発進の...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、25・200日線を再び下回る

<15:50> 日経平均・日足は「大陰線」、25・200日線を再び下回る 日経平均・日足は上下に短いひげを伴う「大陰線」となった。前日にいったん上回っ た25日移動平均線(2万8837円25銭=17日)や200日線(2万8850円1 2銭=同)を再び割り込んだ。心理的節目2万9000円とともに、これらの移動平均線 があらためて抵抗線として機能しそうだ。調整入りが示唆され、目先では下値として14 日安値(2万8309円67銭)や心理的節目2万8000円が意識される。 <15:35> 新興株市場は反落、マザーズは1年4カ月ぶり安値 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、マザーズは1年4カ月ぶり安値

<15:35> 新興株市場は反落、マザーズは1年4カ月ぶり安値 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。とりわ けマザーズの下げが大きく、約1年4カ月ぶりの安値水準となった。市場では「前日の米 ハイテク株安の流れが国内成長株にも波及した」(国内証券)との見方が聞かれた。新規 株式公開(IPO)ラッシュを控えて換金売りも重しと意識された。 マザーズ総合は前営業日比3.72%安。値がさのメルカリ やフリー<4478. T>の下げが重しとなった。アクシージア 、サンバイオ は堅調だった。 日経ジャスダック平均は前営業日比...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up