for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社デンソー

6902.T

前日終値

4,828.00JPY

変化

-26.00(-0.54%)

出来高

1,502,400

本日のレンジ

4,820.00

 - 

4,897.00

52週レンジ

4,081.00

 - 

6,036.00

As of on the Tokyo Stock Exchange ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
4,854.00
始値
4,871.00
出来高
1,502,400
3か月平均出来高
31.53
高値
4,897.00
安値
4,820.00
52週高値
6,036.00
52週安値
4,081.00
発行済株式数
774.87
時価総額
3,804,198.00
予想PER
12.68
配当利回り
2.90

次のエベント

Dividend For 6902.T - 70.0000 JPY

適時開示

その他

Denso, Toyota To Collaborate For Development Of Next-Generation In-Vehicle Semiconductors

Honeywell, DENSO Collaborate On Electric Propulsion Systems For Urban Air Mobility

S.A. Competition Commission Recommends Approval Of Absa Deal For Societe Generale Unit

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社デンソーとは

デンソーグループは日本、北米、欧州、アジア、その他の各セグメントで製品を製造・販売する。【事業内容】パワトレインシステム事業は、点火コイル、マグネト、点火プラグ、グロープラグ、排気センサ、モノリス、二輪車用エンジン制御コンピュータ、排気温センサなどのエンジン機器、吸排気製品、可変動弁製品、駆動制御製品、エバポ製品、センサ類、フィルタなどの機能品、コモンレールシステム、列型・分配型ポンプ、ノズル、フューエルポンプ、フューエルフィルタ、フューエルポンプモジュール、インジェクタ、直噴用部品などのガソリン噴射製品を提供する。エレクトリフィケーションシステム事業は、スタータ、オルタネータ、リチウムイオン電池パックなどの電機、インバータ、直流(DC)-DCコンバータ、電池監視ユニットなどの超高電圧(EHV)製品を提供する。電子システム事業は、エンジン制御コンピュータ、トランスミッション制御コンピュータ、パワーマネジメントコンピュータなどの電子製品、各種半導体センサ、特定用途向け集積回路(IC)、パワーモジュールなどのデバイス、並びにリレーを提供する。サーマルシステム事業は、カーエアコンシステム、ヒートポンプ、輻射ヒータ、エンジンクーリングモジュール、ラジエータ、吸気システム(インタークーラ)、バス・農建機用エアコン、トラック用冷凍機などを提供する。インフォメーション&セーフティシステム事業は、コンビネーションメータ、ヘッドアップディスプレイ、エアコンパネル、車両運行管理システム、スマートキー、キーレスエントリー、ボデーコンピュータ、ゲートウェイなどの情報通信製品(ICT)、ミリ波レーダ、レーザレーダ、画像センサなどのアドバンストセーフティ製品と電動パワーステアリング用センサ&コンピュータなど電気制御製品を提供する。モータ事業は、ワイパシステム、ウォッシャシステム、パワーウィンドモータ、パワーシートモータ等を提供する。産業機器事業は、バーコードハンディスキャナ&ハンディターミナル、QRコードスキャナ&ハンディターミナル、ICカードリーダ&ライタ、無線周波数識別(RFID)リーダ&ライタなどのAUTO-ID関連製品、各種ロボット、プログラマブルコントローラなどのファクトリーオートメーション(FA)関連製品、機器用冷却器(携帯電話基地局用等)、スポットクーラ&ヒータなどの冷却・空調関係製品を提供する。

業種

Auto & Truck Parts

連絡先

1-1, Showa-cho

+81.566.255511

https://www.denso.com/jp/ja/

エグゼクティブリーダーシップ

Koji Arima

President, Representative Director

Hiroyuki Wakabayashi

Vice President, Representative Director

Yasushi Yamanaka

Vice President, Representative Director

Toshiyuki Kato

Vice President

Shoji Tsuzuki

Senior Managing Executive Officer, Director

統計

2.11 mean rating - 19 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

4.5K

2018

5.1K

2019

5.4K

2020(E)

5.5K
EPS (JPY)

2017

326.320

2018

410.450

2019

326.470

2020(E)

380.610
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.03
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.71
株価純資産倍率(四半期)
1.04
株価キャッシュフロー倍率
6.90
総負債/総資本(四半期)
14.12
長期負債/資本(四半期)
11.26
投資利益率(過去12カ月)
5.85
自己資本利益率(過去12カ月)
4.40

最新ニュース

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=29日

RIC 銘柄名 01 長谷工コーポレーション 02 日比谷総合設備 03 塩水港精糖 04 マクニカ・富士エレHLDG 05 グローバル・リンク・マネジメ ン 06 ブロードリーフ 07 第一稀元素化学工業 08 大陽日酸 09 FIG 10 荒川化学工業 11 ニチレキ 12 住友金属鉱山 13 アイダエンジニアリング 14 日精樹脂工業 15 サムコ 16 タムラ製作所 17 デンソー 18 岡谷電機産業 19 日本電子 20 アルビス 21 G―7HLDG 22 たけびし 23 進和 24 JMS 25 クボテック 26 トッパン・フォームズ...

訂正:インド自動車メーカー、需要低迷で人員削減と生産停止が拡大

インドでは7月の自動車販売台数が約20年ぶりの速いペースで減少し、減少は9カ月連続となった。こうした中、需要低迷に対応するため人員削減や生産の一時停止に踏み切る自動車メーカーが増えている。関係者とロイターが入手した書類で明らかになった。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=22日

2.26%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 THEグローバル社 22.11 02 神奈川中央交通 23.18 03 日本ハム 23.62 04 東宝 24.44 05 サントリー食品インターナショナ 24.47 06 ラクト・ジャパン 24.53 07 アサヒグループHLDG 25.43 08 西武HLDG 25.60 09 ガンホー・オンライン 26.02 10 フジシールインターナショナル 26.11 11 JALUX 26.23 12 ジャパンフーズ 26.25 13 日本トリム 26.54 14 帝国繊維 26.73 15...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=16日

RIC 銘柄名 01 DCM HLDG 02 三重交通グループHLDG 03 オンワードHLDG 04 七十七銀行 05 スズケン  

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日移動平均線を下回る

<15:36> 日経平均・日足は「小陰線」、200日移動平均線を下回る 日経平均・日足は「小陰線」。投資家の気迷い心理が反映される中、200日移動平均線(2万158 3円50銭=16日)を下回って取引を終えた。 200日移動平均線、5日移動平均線(2万1592円66銭=同)、10日移動平均線(2万163 3円89銭=同)などが収束してきており、今後、上下いずれかの方向に振れる可能性がある。ただ、20 0日線が右肩下がりのうちは下方向への圧力がかかりやすいという。 <15:06> マザーズ指数は3日ぶり反発、SOSEIは一時ストップ高 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場でマザーズは3日ぶり反発、SOSEIは一時ストップ高

<15:06> マザーズ指数は3日ぶり反発、SOSEIは一時ストップ高 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は続落、東証マザーズ指数は3日ぶり反発となった。市 場からは「材料が出た個別銘柄は物色されているが、全体的に元気がない。個人投資家の心理も悪化してい る」(ネット系証券)との声が出ていた。 個別銘柄ではそーせいグループ が一時ストップ高となり年初来高値を更新。スイスの製薬大手 ロシュのグループ企業、ジェネンテックと共同研究などで提携したと発表したことが材料視された。このほ かロゼッタ が一時ストップ高。メタップス 、UUUM...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏でもみあい、トヨタはしっかり

<13:13> 日経平均はマイナス圏でもみあい、トヨタはしっかり 日経平均はマイナス圏でもみあい、2万1500円台半ばで推移している。15日に発表された4─6 月期中国国内総生産(GDP)で成長率が鈍化しており、中国経済への懸念が出ている。 円高進行が懸念される中、業種別で輸送用機器は上昇している。中国がクリーンエネルギー車に関する 規則について、ハイブリッド車をガソリン車やディーゼル車よりも優遇する措置を検討している。恩恵を受 けやすい企業としてトヨタ自動車 が買われているほか、デンソー も堅調に推移している。 <11:36> 前場の...

デンソーとトヨタ、次世代の車載半導体の研究・先行開発で合弁設立へ

デンソー<6902.T>とトヨタ<7203.T>は10日、次世代の車載半導体の研究・先行開発を行う合弁会社の設立で合意したと発表した。今後、新会社の詳細について検討を進め、2020年4月の設立を目指す。出資比率はデンソー51%、トヨタ49%。

デンソーとトヨタ、次世代の車載半導体の研究・先行開発で合弁会社設立へ

デンソーとトヨタは10日、次世代の車載半導体の研究・先行開発を行う合弁会社の設立で合意したと発表した。今後、新会社の詳細について検討を進め、2020年4月の設立を目指す。出資比率はデンソー51%、トヨタ49%。

アングル:トランプ氏のメキシコ関税措置、自動車業界に波紋

トランプ米大統領がメキシコに制裁関税を課す計画を発表したことを受け、自動車業界に波紋が広がっている。自動車メーカーの多くがメキシコを米国への生産拠点としていることから、影響は不可避との懸念が台頭している。

デンソー、中国・広州工場に少なくとも2.9億ドル投資へ=新華社

中国・新華社は27日、デンソー<6902.T>が少なくとも20億元(2億9000万ドル)を投じて、広州に工場を建設すると報じた。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=27日

RIC 銘柄名 01 カネコ種苗 02 佐田建設 03 ソトー 04 マツオカコーポレーション 05 石原産業 06 大日精化工業 07 日本ペイントHLDG 08 小林製薬 09 パンチ工業 10 豊和工業 11 ナブテスコ 12 ブラザー工業 13 ツバキ・ナカシマ 14 日本精工 15 電気興業 16 デンソー 17 協栄産業 18 武蔵精密工業 19 マツダ 20 フジ・コーポレーション 21 島津製作所 22 東京精密 23 すてきナイスグループ 24 国際紙パルプ商事  

東京株式市場・大引け=反落、利益確定売りが上値抑える 上海株高は支え

日経平均 終値      21272.45 -29.28 寄り付き    21211.26 安値/高値   21160.43─21318.80 TOPIX 終値       1550.30 -4.62 寄り付き     1546.85 安値/高値    1542.49─1553.54 東証出来高(万株) 125455 東証売買代金(億円) 23313.14 東京株式市場で日経平均は小幅に反落した。中国の通信機器大手ファーウェイとの取引を原則禁じる米 政府の制裁措置が重しとなり、前日の米国株が下落。その流れを引き継ぎ、朝方からハイテク株を...

ホットストック:愛三工業が反発、デンソーによる出資比率引き上げなどを検討

愛三工業が反発している。同社は20日、デンソーと将来の成長領域での競争力強化に向け、デンソーから愛三工業へのパワートレイン事業の一部譲渡や、デンソーの愛三工業に対する出資比率の引き上げについて検討を開始することと発表した。今後、具体的な検討を進め、2019年秋をめどに正式契約の締結を目指すとしている。相乗効果などに期待する買いが先行した。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=13日

RIC 銘柄名 01 日鉄鉱業 02 銭高組 03 前田道路 04 きんでん 05 エイジア 06 サントリー食品インターナショナ 07 トーア紡コーポレーション 08 川田テクノロジーズ 09 アイスタイル 10 テルモ 11 TDCソフト 12 日本高純度化学 13 ニッタ 14 AGC 15 太平洋セメント 16 神戸製鋼所 17 虹技 18 アネスト岩田 19 サンデンHLDG 20 不二電機工業 21 日東電工 22 TBK 23 カッパ・クリエイト 24 図書印刷 25 美津濃 26 加賀電子 27 富山銀行 28 大分銀行...

トヨタ・ソフトBのファンド・デンソー、ウーバーに10億ドル出資

<IPO-UBER.N>の自動運転開発部門に計10億ドル(約1100億円)を出資すると発表した。トヨタは今後3年で最大3億ドルの開発費も負担する。自動運転車の開発と実用化を加速するのが狙い。

トヨタ・デンソー・ソフトバンクのファンド、ウーバーに計10億ドルを出資

トヨタ自動車とデンソー、ソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)は米国時間18日、米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<IPO-UBER.N>の自動運転開発部門に合計10億ドルの出資を行うと発表した。自動運転車両の開発と実用化が目的。

ソフトバンクなど、米ウーバー自動運転車部門への出資で合意間近=報道

米配車大手ウーバー・テクノロジーズ<IPO-UBER.N>は、ソフトバンクグループ<9984.T>などと自動運転車部門への出資で合意に近付いている。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが17日、事情に詳しい関係者の話として報じた。

インタビュー:HVシステム生産能力、日米中で増強へ=トヨタ副社長

トヨタ自動車<7203.T>は、ハイブリッド車(HV)など電動車の関連技術特許の無償提供と、それに伴う技術協力支援により、需要拡大を想定してハイブリッドシステム関連の生産能力を米国、中国、日本で増強する計画を打ち出す。寺師茂樹副社長がロイターとのインタビューで明らかにした。

焦点:米中摩擦の影響、地方企業の現場に波及 回復の兆し見えず

貿易協議を巡る米中対立が日本企業の経営マインドを冷やしている。外需の低迷は地方企業に減産対応を迫り、依然として回復の兆しは見通せない。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up