for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スタンレー電気株式会社

6923.T

現在値

2,778.00JPY

変化

82.00(+3.04%)

出来高

1,360,200

本日のレンジ

2,713.00

 - 

2,807.00

52週レンジ

2,026.00

 - 

2,970.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,696.00
始値
2,746.00
出来高
1,360,200
3か月平均出来高
9.08
高値
2,807.00
安値
2,713.00
52週高値
2,970.00
52週安値
2,026.00
発行済株式数
159.98
時価総額
468,138.00
予想PER
15.59
配当利回り
1.85

次のエベント

Dividend For 6923.T - 25.0000 JPY

適時開示

その他

Stanley Electric Says To Buy Back Up To 2.98% Of Own Shares Worth 10 Billion Yen

Stanley Electric Co Ltd - To Buy Back Up To 0.93% Of Own Shares Worth 2 Billion Yen In April

Stanley Electric Co Ltd - To Buy Stake In Hella-Phil Inc Worth 90% Of Voting Rights

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スタンレー電気株式会社とは

スタンレー電気グループは、自動車機器製品、コンポーネンツ製品、電子応用製品の製造販売を行う。【事業内容】3つのセグメントを通じて事業を展開する。自動車機器事業は、主に自動車メーカーに販売する自動車用照明製品を製造する。コンポーネンツ事業は、主に電機・自動車関連メーカーに販売する電子デバイス製品を製造する。電子応用製品事業は、主に電機・自動車・自動車関連メーカーに販売する液晶用バックライト、ストロボ、操作パネル等の得意先の仕様に合わせたユニットやモジュールといった電子応用製品を製造する。その他、身体障害者雇用促進事業、グループに対する金融・経営サービス等の事業活動を行う。

業種

Auto & Truck Parts

連絡先

2-9-13, Nakameguro

MEGURO-KU, TKY

153-8636

Japan

+81.3.68662222

https://www.stanley.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasuaki Kaizumi

President, Representative Director

Ikuo Kuwata

Executive Officer, Senior Director of Finance & Accounting

Tatsuaki Tomeoka

Chairman of Subsidiries, Director

Toru Tanabe

Vice President, Representative Director

Keisuke Ueda

Managing Director, President & Chairman of Subsidiaries

統計

2.00 mean rating - 8 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.4K

2021

0.4K

2022

0.4K

2023(E)

0.5K
EPS (JPY)

2020

114.190

2021

142.390

2022

133.746

2023(E)

172.894
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.32
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.12
株価純資産倍率(四半期)
0.93
株価キャッシュフロー倍率
6.81
総負債/総資本(四半期)
2.96
長期負債/資本(四半期)
2.72
投資利益率(過去12カ月)
6.48
自己資本利益率(過去12カ月)
5.10

最新ニュース

最新ニュース

30日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

30日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> 社名 RIC 株数 自己株除く株式総数に対す 金額(上限) 取得期間 る% スタンレー電気 500万株 2.98 100億円 2/8─5/31 沖縄セルラー電 160万株(140万株) 3(2.6) 40億円(30億円 2022/5/10─2023/4/21 話 ) 日本バルカー工 22万株 1.24 5億円 1/31─4/28 業 *発行済み株式数に対する割合:発行済み株式数は、自己株を除く株式数 *1株当たり取得価格:立会外取引の場合は、特段...

スタンレー電、発行済み株式の2.98%・100億円を上限に自社株買いを決議

スタンレー電気は30日、500万株(発行済み株式の2.98%)・100億円を上限とする自社株買いを決議したと発表した。取得期間は2月8日から5月31日。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、主要MAを上回り強気示唆

<15:48> 日経平均・日足は「小陽線」、主要MAを上回り強気示唆 日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万7299円19銭。25日移動平 均線(MA、2万6418円58銭=24日)からの上方乖離を拡大。75日線(2万7 184円75銭=同)と200日線(2万7225円59銭=同)も上回った。強気相場 を示唆する「赤三兵」が発生。上ヒゲは先詰まりを懸念させるほど長くない。心理的節目 の2万7500円を上抜ければ、上昇に弾みが付くとみられる。 一方、1カ月ぶり高値にあるほか、ボリンジャーバンドのプラス2シグマ(2万73 11円60...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが小幅に5日続伸、利益確定売りで伸び悩み

<15:14> 新興株はマザーズが小幅に5日続伸、利益確定売りで伸び悩み 新興株式市場は、マザーズ総合は0.13%高の772.55ポイントと、小幅に5 日続伸した。東証グロース市場指数は前営業日比0.06%高の978.72ポイントだ った。 米市場でハイテク株比率の高い米ナスダック総合が上昇したことが投資家心理を支え た一方、前日までの連騰を受けて利益確定売りが上値を抑えた。 ティムスやエディアがストップ高。トラース・オン・プロダクト<6 696.T>は堅調だった。一方、ブライトパス・バイオやBTMが軟調。サ ンウェルズはさえなかった。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみ合い、半導体関連は伸び悩み

<13:45> 日経平均は高値もみ合い、半導体関連は伸び悩み 後場の日経平均は高値もみ合いとなっている。一時474高の2万7381円00銭 に上昇した。 午前中に大幅高となった東京エレクトロンやアドバンテストといっ た半導体関連株の一角が利益確定売りに押され、前引け時点からやや値を下げている。 ただ、指数の底堅さも意識されている。米国のイエレン財務長官が23日、訪問先の ザンビアで「米国では力強い労働市場とインフレでの前進が引き続き見られると考えてい る。非常に明るい兆しだ」などと述べたことが伝わっており、「米景気のソフトランディ ング...

午前の日経平均は3日続伸、2万7000円回復 米株高を好感

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比433円57銭高の2万7339円61銭と3日続伸した。米株高を好感して幅広い銘柄に買いが入り、節目の2万7000円台を回復。上げ幅は一時450円を超え、日銀が金融政策を一部修正する前の水準まで上値を伸ばした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、一時390円高 値がさ株やハイテク株堅調

<10:23> 日経平均は上げ幅拡大、一時390円高 値がさ株やハイテク株堅調 日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比約320円高の2万7200円台前半で推移 している。上げ幅は390円を超える場面もあり、堅調な展開となっている。前日の米ハ イテク株を好感して、半導体や電子部品の関連銘柄の上昇が目立っているほか、値がさ株 もしっかり。東京エレクトロンが3.5%高、ソフトバンクグループが 2.3%高となり、2銘柄で日経平均を83円ほど押し上げている。 テクニカル面では、下値として意識されていた25日移動平均線(2万6417円1 5銭=現在)...

寄り付きの日経平均は3日続伸、節目の2万7000円を回復

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比244円39銭高の2万7150円43銭と、3日続伸してスタートした。前日の米株高の流れを引き継いで幅広く買いが広がり、節目の2万7000円を回復。寄り付き後も360円超高と上げ幅を拡大し、しっかりの展開となっている。値がさ株が上昇しているほか、自動車など輸出株も堅調に推移している。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ニッコンHDは買い優勢 ワキタは売り優勢

<08:22> 寄り前の板状況、ニッコンHDは買い優勢 ワキタは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 ニッコンHLDG 21% 2,87 2,87 2,87 2,37 3 3 3 3 2 MS―Japan 19% 1,27 1,27 1,27 1,07 6 6 6 6 3 ジェイテックコーポレーション 16% 3,36 3,36 3,37 2,91 8 5 0 1 4 スタンレー電気 10% 2,89...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、窓開け下落 5日線から下方乖離

<15:40> 日経平均・日足は「小陰線」、窓開け下落 5日線から下方乖離 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。窓を開けて下落。終値は2 万5822円32銭で、5日移動平均線(2万6202円64銭=16日)からの下方乖 離を拡大した。25日線や200日線など主要な移動平均線は下向きとなっており、引き 続き地合いは弱い。下方向では昨年10月3日の安値2万5621円96銭が視界に入る 。 <15:05> 新興株はマザーズが3日続落、リスク回避強く 新興株式市場は、マザーズ総合が1.49%安の725.83ポイントと3日続落し...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが3日続落、リスク回避強く

<15:05> 新興株はマザーズが3日続落、リスク回避強く 新興株式市場は、マザーズ総合が1.49%安の725.83ポイントと3日続落し た。東証グロース市場指数は1.39%安の919.87ポイントだった。 日経平均が軟調な中、投資家のリスク回避姿勢が強まった。目先の支持線として意識 された5日移動平均線を下回り、地合いは悪化した。一方、決算を手がかりにした個別物 色がみられた。 そーせいグループがさえなかったほか、オキサイドがストップ安と なった。半面、FPパートナーやティーケーピーは堅調だった。前週末 に決算を発表した企業では、シリコンスタジオ...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は下げ幅拡大、300円超安で推移 円高進行で

<13:30> 後場の日経平均は下げ幅拡大、300円超安で推移 円高進行で 後場の日経平均は前引け時点に比べ下げ幅を拡大し、300円超安で推移している。 ドル円が8カ月ぶりに127円台前半まで下落し、円高進行が日経平均の重荷となってい る。 市場では「日銀会合を控え、金利と為替の動きに左右される展開が続く」(国内証券 のストラテジスト)との声が聞かれた。 銀行株は、日銀による金融政策の追加修正への思惑から先週に物色されたが、利益確 定の売りが目立つ。後場に入り、東証33業種の値下がり率ランキングのトップとなって いる。 栃木銀行は6%超安...

午前の日経平均は続落、円高が重荷 日銀会合控え様子見も

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比264円14銭安の2万5855円38銭と、続落した。為替が対ドルで円高に振れていることで輸出関連が売られ、日経平均の重しとなった。一方、明日から始まる日銀の金融政策決定会合を前に、売りが一服した後は投資家の様子見姿勢が強まった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時300円超安、円高が輸出関連の重し

<10:30> 日経平均は一時300円超安、円高が輸出関連の重し 日経平均は一時300円超安となる場面もみられたが、現在は下げ幅をやや縮小し、 前営業日比約250円安の2万5800円台後半で推移している。為替が対ドルで円高方 向に振れており、輸出関連株が売られている。 ドル/円が127円台に下落する中、日野自動車やホンダなどの自 動車株が軟調。一方、サービス業や食料品、電気・ガス業など内需株は小じっかり。 日銀の金融政策決定会合を17―18日に控え、金融政策の追加修正の思惑がドル/ 円の重しになっているとの見立てから「結果発表のある18...

寄り付きの日経平均は続落、2万6000円割れ 円高が重し

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比282円85銭安の2万5836円67銭と続落して始まり、節目の2万6000円を割り込んだ。為替の円高進行が重しとなり、自動車など輸出関連銘柄を中心に売りが先行しているほか、値がさ株も軟調に推移している。一方、日銀の金融政策修正の思惑で金融株が堅調に推移している。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、セラクは買い優勢 文化シヤッターは売り優勢

<08:22> 寄り前の板状況、セラクは買い優勢 文化シヤッターは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 セラク 26% 1,45 1,45 1,45 1,15 0 0 0 0 2 東名 24% 2,07 2,07 2,07 1,67 0 0 0 0 3 オカムラ 21% 1,71 1,71 1,71 1,41 6 6 6 6 4 モリト 21% 874 874 874 724 5 TSI HLDG 18%...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線から下方乖離を拡大

<15:53> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線から下方乖離を拡大 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万5716円86銭で、終値ベース で9カ月半ぶりの安値。昨年3月9日安値2万4681円74銭と10月3日安値2万5 621円96銭を結ぶトレンドラインを明確に割り込み、10月安値や心理的節目2万5 500円が視野に入る。一方、25日移動平均線(2万7217円48銭=4日)からの 下方乖離率を5.51%に拡大。売られ過ぎへの意識から、短期的なリバウンドへの思惑 も誘いそうだ。 <15:10> 新興株はマザーズが反落、値動き軽...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、値動き軽い銘柄の物色も

<15:10> 新興株はマザーズが反落、値動き軽い銘柄の物色も 新興株式市場は、マザーズ総合は2.46%安の712.42ポイントと、反落した 。東証グロース市場指数は前営業日比2.47%安の904.99ポイントだった。 前日の米国市場でハイテク株安となり、投資家心理が悪化した。一方、「値動きの軽 い銘柄で値幅取りねらいの物色もみられた」(国内証券のストラテジスト)との声が聞か れた。 ジーエヌアイグループやフリーが大幅安だったほか、ビジョナル<4 194.T>も売られた。一方、ライフネット生命保険やENECHANGE が大幅高。ELEMENTS...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は下げ渋り、中国株の底堅い動きが支え

   <13:30> 後場の日経平均は下げ渋 り、中国株の底堅い動きが支え 後場の日経平均は前引け時点より下げ幅を小幅ながら縮小し、前営業日比約340円 安の2万5700円台後半で推移している。市場では、「上値は重いが、上海株が小幅な がら上昇していることが日本株の下支えとなっている」(国内証券のストラテジスト)と の声が聞かれた。 円高が重しとなり、引き続き自動車など輸出関連株が幅広く売られている。個別では 、三菱自動車工業が一時6.8%安と大幅安になっているのが目立つ。このほか 、後場に入って銀行株は上げ幅を縮小し、海運株は下げ幅を...

午前の日経平均は一時400円超下落、米ハイテク株安や円高が重し

2023年最初の取引を迎えた4日の東京株式市場で、日経平均は前営業日比369円84銭安の2万5724円66銭と反落して前場を終えた。同じく今年最初の取引となった前日の米国市場で主要3指数が下落した流れを受け、幅広い銘柄が売られた。日経平均の下げ幅は一時、前営業日比で400円を超えるなど軟調な値動きが続いた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up