for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社芝浦電子

6957.T

現在値

5,320.00JPY

変化

100.00(+1.92%)

出来高

16,000

本日のレンジ

5,250.00

 - 

5,340.00

52週レンジ

4,430.00

 - 

8,930.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
5,220.00
始値
5,300.00
出来高
16,000
3か月平均出来高
1.15
高値
5,340.00
安値
5,250.00
52週高値
8,930.00
52週安値
4,430.00
発行済株式数
7.69
時価総額
40,377.50
予想PER
10.13
配当利回り
2.89

次のエベント

Dividend For 6957.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Shibaura Electronics completes off-floor distribution

Shibaura Electronics to offer off-floor distribution of shares

Shibaura Electronics to offer off-floor distribution of shares

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社芝浦電子とは

芝浦電子グループは、サーミスタ技術を中核とする半導体部品並びに、それらを応用した各種製品(温度センサ、湿度センサ、湿度計、温度制御器、温度記録計、風速計、湿度計測装置)の製造販売を行う。【事業内容】日本、アジア、ヨーロッパ及びアメリカの4つの地域別のセグメントで構成される。主に資材の調達及び供給、研究開発及び試作高度応用製品の製造、全製品の販売業務、サーミスタ温度・湿度センサ、サーミスタ素子、計測制御機器などの製造販売を行う。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

Sanshoku Bldg.

2-1-24, Kamiochiai, Chuo-ku

SAITAMA-SHI, STM

338-0001

Japan

+81.48.6154000

https://www.shibaura-e.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Akira Kasai

President, Executive President, Representative Director

Hiroshi Sasabuchi

Executive Officer, Chief Director of Sales, Director

Kazuto Koshimizu

Executive Officer, President of Subsidiary, Director

Tatsuyuki Suzuki

Executive Officer, Chief Senior Director of Sensor, Director

Takeshi Yamashita

Executive Officer

統計

1.67 mean rating - 3 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.0K

2021

0.0K

2022

0.0K

2023(E)

0.0K
EPS (JPY)

2020

226.720

2021

289.570

2022

474.525

2023(E)

522.467
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.01
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.31
株価純資産倍率(四半期)
1.37
株価キャッシュフロー倍率
7.80
総負債/総資本(四半期)
10.51
長期負債/資本(四半期)
6.07
投資利益率(過去12カ月)
11.98
自己資本利益率(過去12カ月)
9.06

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、パラボリックが陽転

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万5762円01銭。3月の高値と安値の半値戻し(2万5847円50銭)の水準で上値を抑えられた。一方、5日移動平均線(2万5453円90銭=16日)がサポートとなったほか、パラボリックが2月18日の陰転以来、約1カ月ぶりに陽転し、地合い改善が見込まれる。MACDはゴールデンクロスに接近している。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが反発、ジャスダックは続伸

マザーズ総合は前営業日比2.18%高。メルカリやフリー、そーせいグループが買われた一方、プレミアアンチエイジングはストップ安。ビジョナルもさえなかった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、5日ぶりに5日線上回る

日経平均・日足は「大陽線」となった。終値は2万5690円40銭。ほぼ「陽の寄付き坊主」の形状で上ヒゲも短く、買い方の強気姿勢が示された。5営業日ぶりに終値で5日移動平均線(2万5281円15銭=10日)を上回り地合いが改善。上方向では、1月以降の下値支持線となっていた心理的節目2万6000円が目先の抵抗線として意識されそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが7日ぶり反発、ジャスダックは続伸

新興株市場は、東証マザーズ指数が7日ぶりに反発したほか、日経ジャスダック平均が続伸した。原油高が一服し、資源高が世界景気を冷やすといった過度な警戒感が和らいだ。米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が大幅高となり、物色が広がった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、マイナス2シグマ付近で反発力も

日経平均・日足は「中陰線」となった。終値は2万5985円47銭。陰の寄り付き坊主の形状で、投資家の強い失望感が示唆される。目先の下値めどは、きょうの安値(2万5774円28銭)や心理的節目2万5500円が意識されそうだ。一方、下ヒゲによって買い方の抵抗が示された。ボリンジャーバンドのマイナス2シグマ(2万5946円35銭=4日)付近にあり、反発力が生じてくる水準でもある。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、マザーズは4%安

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続落した。ロシア軍の攻撃によりウクライナの原発で火災が発生したことなどが伝わり、新興市場でもリスクオフのムードが強まった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、半値戻しが視界に

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万7579円87銭。5日移動平均線(2万7358円91銭=9日)を上放れた。25日線(2万7691円23銭=同)に接近しており、年明け後の下落局面の半値戻しとなる2万7716円34銭(終値ベースでは2万7751円23銭)も視界に入る。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、米グロース株高で投資家心理を支援

新興株市場は、東証マザーズ指数が5日ぶりに反発した。日経ジャスダック平均も3日ぶりに反発した。前日の米国市場でグロース(成長)株が上昇し、投資家心理を支援した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線に抑えられる

<16:10> 日経平均・日足は「小陰線」、200 日線に抑えられる 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」となった。クリスマス休暇で海外 勢不在となる中、値動きに欠ける閑散相場となり、日経平均の値幅は96円となった。引 き続き200日移動平均線(2万8830円48銭=24日)に上値を抑えられる格好と なった。200日線を回復すれば、心理的節目2万9000円が視野に入る。 <16:00> 新興株しっかり、マザーズ1000ポイント回復 9営業日ぶり 新興株市場は、東証マザーズ指数が反発し、日経ジャスダック平均が4日続伸した。 マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株しっかり、マザーズ1000ポイント回復 9営業日ぶり

<16:00> 新興株しっかり、マザーズ1000ポ イント回復 9営業日ぶり 新興株市場は、東証マザーズ指数が反発し、日経ジャスダック平均が4日続伸した。 マザーズは心理的節目である1000ポイントを回復した。終値で回復するのは12月1 3日以来、9営業日ぶり。市場からは「投資家心理が和らいでおり、底打ち期待が強まっ ている」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.83%高の1003.36ポイント。個別では、FR ONTEO 、メルカリ 、グローバルウェイ がしっかり。エクサ ウィザーズ 、ラバブルマーケティンググループ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5本連続陰線で弱さを印象付ける

<15:40> 日経平均・日足は「小陰線」、5本連続陰線で弱さを印象付ける 日経平均・日足は、長め上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「小陰線」となった。4日続落、 しかも5本連続で陰線を引くなど、基調の弱さを印象づけている。一目均衡表の「雲」領 域の上限を割り込むことなく推移しているため崩れる様子はないものの、反転のきっかけ をつかめない状況だ。 当面の下値の目安としては、引き続き10月29日と11月1日に空けたマド(2万 9000円65銭─2万9267円08銭)の下限値が意識されそうだ。このマドを埋め ずに反転するかどうか注目される。 <15:...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、値動き良い銘柄に資金が向かう

<15:10> 新興株式市場はまちまち、値動き良い銘柄に資金が向かう 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに小動き となった。市場では「全体的に方向感がない中で、値動きの良い銘柄に資金が向かってい る」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ総合指数は前営業日比0.50%高。夢展望 がストップ高比例配分 となったほか、グローバルウェイ 、FRONTEO が商いを伴い上昇し たが、アスタリスク が反落し、メルカリ もさえない。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.02%安。シーズメン が連日のスト ップ安となったほか...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、「いってこい」で下げ渋る

<15:55> 日経平均・日足は「中陰線」、「いってこい」で下げ渋る 日経平均・日足はごく短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「中陰線」。大きくマドを空け て下値模索の動きを継続させたが、6日続落の後だけに突っ込み警戒感も生じ、下げ渋り を鮮明にした。終値と25日移動平均線(2万9551円53銭=5日)の下方乖離率は 5.8%となるなど、時価水準は売られ過ぎとの印象を与えている。直近の急騰相場が始 まる前の「いってこい」の水準まで下落したことも、下げ渋る要因になった。 一目均衡表の「雲」領域の中で浮遊する格好となり、目先は自律反発が見込める状態...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は軟調、一段の地合い悪化から売り優勢に

<15:10> 新興株式市場は軟調、一段の地合い悪化から売り優勢に 新興株式市場は軟調。東証マザーズ指数が続落し、日経ジャスダック平均は6日続落 となった。市場では「地合いが一段と悪化し、売りが先行する状態。個人投資家の懐事情 も痛んでおり、調整長期化の懸念も出てきた」(国内証券)との声も聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比2.34%安。メルカリ 、プレミアアンチエイジ ング 、ENECHANGE など主力どころが軟調となった。半面、直近 上場のプロジェクトカンパニー がストップ高となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.85%安...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、200日線を下回り弱気を示唆

<16:00> 日経平均・日足は「大陰線」、200日 線を下回り弱気を示唆 日経平均・日足はごく短い上ヒゲと下ヒゲを伴う「大陰線」となった。終値は下値支 持線として意識されていた200日移動平均線(2万8679円87銭=4日)と75日 移動平均線(2万8614円51銭=同)を下回り、弱気トレンドを示唆する動きとなっ た。 <15:45> 新興市場は軟調、東証1部市場の流れに連れ安 新興株市場は軟調。東証マザーズ指数が反落し、日経ジャスダック平均が5日続落し た。東証1部市場の流れに沿って大型株は連れ安となったが「アフターコロナ銘柄の一角...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は軟調、東証1部市場の流れに連れ安

<15:45> 新興市場は軟調、東証1部市場の流れに連れ安 新興株市場は軟調。東証マザーズ指数が反落し、日経ジャスダック平均が5日続落し た。東証1部市場の流れに沿って大型株は連れ安となったが「アフターコロナ銘柄の一角 を買う流れは先週から変わっていない」(国内証券)という。 マザーズ総合は前営業日比2.40%安。メルカリ 、プレミアアンチエイジ ング 、ENECHANGE などが利益確定売りに押され軟調となった。 先週新規上場したセーフィー 、プロジェクトカンパニー などは買われ たほか、GMOフィナンシャルゲート も5%超高となった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均日足は「小陽線」、200・25日線を上抜け デッドクロスに警戒

<16:20> 日経平均日足は「小陽線」、200・25日線を上抜け  デッドクロスに警戒 日経平均日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。気迷いを示す形状となった。終値(2万8070円51 銭=11日)は上値抵抗線として意識されていた200日移動平均線(2万7971円59銭=同)、25 日移動平均線(2万7975円94銭=同)を上抜けた。一方、200日線と25日線は急接近しており、 デッドクロスが警戒される。 <15:55> 新興市場はしっかり、マザーズは3日続伸 好決算銘柄に物色 新興株市場では、東証マザーズ指数が3日続伸し、日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はしっかり、マザーズは3日続伸 好決算銘柄に物色

<15:55> 新興市場はしっかり、マザーズは3日続伸 好決算銘柄に物色 新興株市場では、東証マザーズ指数が3日続伸し、日経ジャスダック平均が続伸した。引き続き企業決 算を材料視した動きがみられた。市場では「続伸ではあるものの、盛り上がりに欠ける。9月に米連邦準備 理事会(FRB)の量的緩和縮小(テーパリング)が発表される見通しの中では、モメンタム株はやりづら い。業績相場になりつつある」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.51%高。Enjin 、プレイド 、グローバルウェイ などが上昇。ベイシス 、弁護士ドットコム...

訂正(7日配信の記事)-市場再編、東証1部613銘柄が流通株時価総額100億円未満=SMBC日興

(7日配信の記事で、4段落目の新TOPIXの採用条件を「プライム市場に上場しており、かつ流通株時価総額が100億円以上」から「来年4月1日時点でTOPIXの構成銘柄であり、かつ流通株時価総額が100億円以上」に訂正します。)

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を下回る

<16:20> 日経平均・日足は「小陰線」、5日 線を下回る 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。上値は重く、終値(2万886 0円80銭=9日)は5日移動平均線(2万8968円65銭=同)に抑えられる格好と なった。25日移動平均線(2万8636円45銭=同)に接近しており、当面の下値支 持線として意識されそうだ。 <16:00> 新興株市場はまちまち、テーマ株物色でマザーズ3日続伸 新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数は3日続伸、日経ジャスダック平均は小幅 に反落した。市場では「マザーズ銘柄はしっかり。総じて手掛かり難...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up