for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社村田製作所

6981.T

現在値

8,646.00JPY

変化

-7.00(-0.08%)

出来高

2,293,400

本日のレンジ

8,493.00

 - 

8,676.00

52週レンジ

7,994.00

 - 

10,835.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8,653.00
始値
8,503.00
出来高
2,293,400
3か月平均出来高
50.20
高値
8,676.00
安値
8,493.00
52週高値
10,835.00
52週安値
7,994.00
発行済株式数
639.83
時価総額
5,811,327.00
予想PER
20.35
配当利回り
1.40

次のエベント

Q3 2022 Murata Manufacturing Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Murata and Michelin Co-develop RFID Module to Improve Tire Management Operations

Murata says co, Miraisens sign deal for Miraisens to become wholly-owned subsidiary of Murata

Murata Manufacturing Developed An Ultrasmall Version Of A Mainstay Electronic Component - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社村田製作所とは

村田製作所グループはコンポーネント(コンデンサ・圧電製品など)、モジュール(通信モジュール・電源など)の電子部品並びにその関連製品の開発及び製造販売を主たる事業として行う。【事業内容】電子部品の製造・販売事業においては、同社が、各種電子部品の中間製品である半製品を生産し、国内外の生産会社へ供給し、また、自社内及び関係会社で完成品まで加工した製品を、国内外の得意先及び販売会社へ販売する。その他事業は、従業員の福利厚生、不動産の賃貸借及び管理、施設保守・清掃、ソフトウェアの販売等に関する業務を行う。また、同社は子会社を通じてコンポーネントの開発を行う。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

1-10-1, Higashikotari

NAGAOKAKYO-SHI, KYT

617-8555

Japan

+81.75.9519111

https://www.murata.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Tsuneo Murata

Chairman of the Board, Representative Director

Norio Nakajima

President, Representative Director

Masanori Minamide

Managing Executive Officer, Senior Director of Accounting, Finance & Planning Group, Director

Hiroshi Iwatsubo

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Technology & Business Development, Director

Satoshi Sonoda

Managing Executive Officer, Chief Director of Sales, President of Tokyo Office

統計

1.96 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

1.6K

2020

1.5K

2021

1.6K

2022(E)

1.7K
EPS (JPY)

2019

323.450

2020

286.050

2021

370.510

2022(E)

448.892
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.04
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.25
株価純資産倍率(四半期)
2.67
株価キャッシュフロー倍率
12.80
総負債/総資本(四半期)
7.32
長期負債/資本(四半期)
5.38
投資利益率(過去12カ月)
14.13
自己資本利益率(過去12カ月)
12.35

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、日銀ETF思惑で下げ止まり

日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「中陰線」となった。前場に安値を付けた後、日銀による上場投資信託(ETF)買いへの思惑が支えになり、後場は下げ幅を縮小した。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズは連日の3%超安 グロース株売り 

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続落した。マザーズ指数は連日の3%超安となっており、市場では「グロース株が売られる相場の中で、業績悪化への懸念もあり、ますます買いづらくなっている」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は400円安、バリュー株買いで指数下げ止まる

日経平均は小幅に下げ幅を縮小し、前営業日比400円ほど安い2万8100円近辺でのもみあいとなっている。市場では「金融政策正常化への警戒感で総じてグロース株が弱い中、バリュー株が下げ渋り指数を下支えしている」との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均はもみあい、日銀ETF買いは「期待と不安半々」

後場の日経平均はマイナス圏でのもみあいとなっている。現在、前営業日比450円ほど安い2万8000円近辺。日銀による上場投資信託(ETF)買いの基準との思惑がある前場のTOPIXが2%超安となったことで、買い入れの可能性が意識されているという。きょうのTOPIXの前場の下落率は2.02%安だった。

午前の日経平均は大幅続落、米引き締め加速を警戒 円高も重し

14日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比543円43銭安の2万7945円70銭と、大幅に続落した。米金融政策の正常化加速や新型コロナウイルスの感染再拡大への警戒感、為替の円高が相場の重しとなった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線上回り戻り基調を維持

<16:05> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線上回り戻り基調を維持 日経平均・日足は「小陰線」となった。上下にヒゲを伸ばし方向性を欠く動きとなっ たが、終値が5日移動平均線(2万8623円99銭=13日現在)を上回ったことで、 戻り基調を維持する格好となっている。 今後は、上位にある200日移動平均線(2万8877円67銭=同)を上回ること ができるか否かがポイントになろう。同線を上回ることができれば、さらなる戻りが期待 できるようになる。 <15:10> 新興株式市場はまちまち、IPOラッシュで換金売りも 新興株式市場は、まちまち...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、IPOラッシュで換金売りも

<15:10> 新興株式市場はまちまち、IPOラッシュで換金売りも 新興株式市場は、まちまち。東証マザーズ指数が続落した一方で、日経ジャスダック 平均は反発した。市場では「強い銘柄は強いが、IPOラッシュが続くため、換金売りの 対象になる銘柄も多い」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比0.67%安。前週末に新規上場したフレクト が 引き続き人気化し、連日のストップ高比例配分となったほか、ビジョナル が連日 の最高値更新。一方、サイエンスアーツ は乱高下したが、メルカリ は堅 調に推移した。 日経ジャスダック平均は前営業日比...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみあい、FOMC控えて徐々に見送りムード

<13:40> 日経平均は高値もみあい、FOMC控えて徐々に見送りムード 日経平均は高値もみあい。堅調な地合いを維持しているものの、米連邦公開市場委員 会(FOMC)を控えているため、徐々に見送りムードが広がっている。午後1時40分 現在、東証1部の売買代金は1兆3354億6300万円と細り気味。 市場では「FOMCを控えて、無理をしたくないという投資家心理を示すように、日 経平均の振れ幅が小さくなってきた。様子見気分がさらに強くなっていくのではないか」 (国内証券)との声が聞かれる。 <11:45> 前場の日経平均は反発、米CPI後の...

午前の日経平均は反発、米CPI後の米株高が支援

13日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比258円91銭高の2万8696円68銭となり、反発した。前週末に市場で注目された米消費者物価指数(CPI)発表後に米株高となったことが、投資家心理を支援した。朝方に高く始まった後も、高値圏での推移が続いた。 

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値が5日線を下回る

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、終値が5日線を下回る 日経平均・日足は「小陰線」となった。長めの上ヒゲを伴って下押しただけに、上値 の重さを感じさせるとともに、下値不安感がにわかに強まったことを示してる。とくに、 下値のサポートラインになるとみられた5日移動平均線(2万8481円37銭=10日 現在)を終値で下回ったことが、弱さを表したと言えよう。 今回の下げにより、2万9000円のほか、200日移動平均線(2万8885円6 5銭=同)が戻りの関門になることが意識された格好。一方で、2万7600円台が強い 支持線として意識されており...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は大幅続落、直近の人気銘柄に売り急ぎ

<15:10> 新興株式市場は大幅続落、直近の人気銘柄に売り急ぎ 新興株式市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに大幅続落した。 市場では「週末であることや、IPOラッシュにそなえての換金ニーズもあるようで、直 近の人気銘柄に売り急ぐ動きが目立つ」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザース市場に新規上場したフレクト は公開価格の2.27倍となる 5810円で初値を付けた後も人気化し、ストップ高比例配分で引けた。 マザーズ総合は前営業日比2.27%安。サイエンスアーツ が大幅続伸した 後、一転して売り込まれ、一時ストップ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、5日線近辺で下げ渋り

<14:20> 日経平均は安値もみあい、5日線近辺で下げ渋り 日経平均は安値もみあい。大きく下落する気配はなく、2万8500円近辺に位置す る5日移動平均線近辺で下げ渋っている。市場では「今晩発表となる米国の消費者物価指 数(CPI)の内容を見極めたいとのムードが強い。週末も意識されており、上値を買い にいく大口の投資家は不在で、全体的に模様眺めだ」(国内証券)との声が聞かれた。 <13:20> 日経平均はマイナス圏でもみあい、アジア株の下落で上値重い 後場の日経平均は前営業日比150円ほど安い2万8500円台半ばでのもみあいと なっている...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏でもみあい、アジア株の下落で上値重い

<13:20> 日経平均はマイナス圏でもみあい、アジア株の下落で上値重い 後場の日経平均は前営業日比150円ほど安い2万8500円台半ばでのもみあいと なっている。中国恒大集団 の株価下落を受け、アジア株では香港ハンセン株価 指数、上海総合指数がともに軟調。日本株の重しにもなっているという。 市場では「今日1日の動きとしては重しとなっているが、人民銀行の対応などもあり 、マーケット全体では警戒されていない。投資家の関心は今夜発表の米CPIに移ってい る」(国内証券)との声が聞かれる。 格付け会社フィッチ・レーティングスは9日、中国恒大集団...

午前の日経平均は続落、米株安を嫌気 米CPI前で手控えも

10日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比115円63銭安の2万8609円84銭と続落した。前日の米国株式市場の下落を嫌気した。日経平均はハイテク株を中心に売りが広がり、下げ幅は一時200円超安となった。週末要因に加え、今晩発表となる米国の消費者物価指数(CPI)の内容を見極めたいとして取引を手控える雰囲気もみられた。

日経平均は反落、オミクロン株への警戒感根強く 戻り売りが重し

東京株式市場で日経平均は反落した。新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」が引き続き警戒され、全般的に軟調に推移した。米国の金融政策正常化への警戒感も上値を重くした。

村田製の4─9月期、69%の営業増益 車載端末やPC向け伸長

村田製作所が29日発表した2021年4─9月期の連結営業利益は前年同期比68.9%増の2221億円だった。車載端末やパソコン向けにコンデンサーの売り上げが伸長した。その他の電子部品もスマートフォン向けなどで増加した。

今日の株式見通し=強含み、米株高が支援 選挙前の持ち高調整も

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強含みの展開が見込まれている。米株高の流れを受けて買いが先行しそうだ。31日に衆院選の投開票を控えており、朝方の取引一巡後は、持ち高調整による売買交錯も想定されている。

ホットストック:半導体関連が軟調、インテル決算材料視 電子部品株もさえない

東京エレクトロン、レーザーテックなど半導体関連株が軟調。前週末に米インテルが予想を下回る決算を発表したことが材料視され、売り優勢の展開となった。インテルが約12%下げたこともあって、米ナスダックも下落。「日本のハイテク株にも悪影響を及ぼす」(国内証券)との声も聞かれ、村田製作所、太陽誘電など電子部品株も軟化している。

日経平均は続落、米株安や景気減速懸念が重し

東京株式市場で日経平均は続落した。米国株式市場が連日軟調な値動きとなる中、世界経済の減速懸念の高まりも重しとなった。日経平均は一時プラス圏に浮上する場面もみられたが、再びマイナス圏に沈み、その後は方向感に欠く展開となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、9月の上昇を半値押し

<16:26> 日経平均・日足は「大陰線」、9月の上昇を半値押し 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「大陰線」となった。200日移動平均線(2万 8669円98銭=1日)にサポートされており、引き続き目先の下値支持線と意識され る。 一方、8月20日安値(2万6954円81銭)から9月14日高値(3万0795 円78銭)の半値押し水準(2万8875円29銭)を下回った。「半値押しは全値押し 」の相場格言もあり、上昇トレンドの持続力が試されそうだ。 <15:40> 新興市場はマザーズが続伸、個人投資家は「買い優勢」の声 新興株市場はまちまちとなった...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up