for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社村田製作所

6981.T

現在値

9,996.00JPY

変化

-104.00(-1.03%)

出来高

805,200

本日のレンジ

9,977.00

 - 

10,120.00

52週レンジ

6,696.00

 - 

10,835.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
10,100.00
始値
10,110.00
出来高
805,200
3か月平均出来高
45.79
高値
10,120.00
安値
9,977.00
52週高値
10,835.00
52週安値
6,696.00
発行済株式数
639.82
時価総額
6,825,724.00
予想PER
23.06
配当利回り
1.14

次のエベント

Dividend For 6981.T - 60.0000 JPY

適時開示

その他

Murata says co, Miraisens sign deal for Miraisens to become wholly-owned subsidiary of Murata

Murata Manufacturing Developed An Ultrasmall Version Of A Mainstay Electronic Component - Nikkei

Panasonic To Suspend Supplies Of Some Components To Huawei Following U.S. Ban - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社村田製作所とは

村田製作所グループはコンポーネント(コンデンサ・圧電製品など)、モジュール(通信モジュール・電源など)の電子部品並びにその関連製品の開発及び製造販売を主たる事業として行う。【事業内容】電子部品の製造・販売事業においては、同社が、各種電子部品の中間製品である半製品を生産し、国内外の生産会社へ供給し、また、自社内及び関係会社で完成品まで加工した製品を、国内外の得意先及び販売会社へ販売する。その他事業は、従業員の福利厚生、不動産の賃貸借及び管理、施設保守・清掃、ソフトウェアの販売等に関する業務を行う。また、同社は子会社を通じてコンポーネントの開発を行う。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

1-10-1, Higashikotari

NAGAOKAKYO-SHI, KYT

617-8555

Japan

+81.75.9519111

https://www.murata.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Tsuneo Murata

Chairman of the Board, Representative Director

Norio Nakajima

President, Representative Director

Masanori Minamide

Managing Executive Officer, Senior Director of Accounting, Finance & Planning Group, Director

Hiroshi Iwatsubo

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Technology & Business Development, Director

Satoshi Sonoda

Managing Executive Officer, Chief Director of Sales, President of Tokyo Office

統計

1.82 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

1.6K

2020

1.5K

2021

1.6K

2022(E)

1.7K
EPS (JPY)

2019

323.450

2020

286.050

2021

370.510

2022(E)

437.988
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.52
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.92
株価純資産倍率(四半期)
3.29
株価キャッシュフロー倍率
16.21
総負債/総資本(四半期)
7.67
長期負債/資本(四半期)
5.63
投資利益率(過去12カ月)
13.21
自己資本利益率(過去12カ月)
11.65

最新ニュース

最新ニュース

底上げ相場、投資家心理の改善で3万円台定着=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、底上げの展開が想定されている。米連邦公開市場委員会(FOMC)を無事通過したほか、中国恒大集団の債務問題を巡る不安が後退したことで、日本株は上値追いに拍車がかかるとみられている。

底上げ相場、投資家心理の改善で3万円台定着=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、底上げの展開が想定されている。米連邦公開市場委員会(FOMC)を無事通過したほか、中国の不動産開発大手、中国恒大集団の債務問題を巡る不安が後退したことで、日本株は上値追いに拍車がかかるとみられている。国内では29日が自民党総裁選開票日となるが、波乱要因になるとみる市場関係者は少ない。日本株は日経平均・TOPIXともに年初来高値を更新する局面となりそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線との乖離率は6.9%に

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線との乖離率は6.9%に 日経平均・日足は「小陽線」となった。前日に続いてマドを空けて上値を追い、基調 の強さを印象付けたが、上ヒゲが長い「上影陽線」が高値圏で出現したため、スピード調 整の懸念が生じている。終値と25日移動平均線(2万7978円60銭=7日現在)と の乖離率は6.9%となっており、過熱感が台頭するところだ。 心理的な上値の目安として意識されていた3万円を回復したため、2月16日に付け た年初来高値3万0714円52銭の回復が目標となってくる。ただ、急速な上昇に対し て警戒感...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、投資家のマインド回復が顕著に

<15:10> 新興株式市場はまちまち、投資家のマインド回復が顕著に 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数は続伸したものの、日経ジャスダック平 均は朝方に連日の年初来高値更新となった後は値を消す展開となった。市場では「投資家 のマインド回復が顕著となり、値幅取りの動きが活発化している」(国内証券)との声も 聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比1.14%高。メルカリ が商いを伴い上値を追う 展開となったほか、グローバルウェイ が連日の年初来高値更新となった。すらら ネット 、Enjin も堅調だが、メディア総研 は安い。 日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は再び強含み、ソフトバンクGが9%超の上昇

<14:48> 日経平均は再び強含み、ソフトバンクGが9%超の上昇 日経平均は再び強含みの展開。利益確定売りに押さえられていたが、ソフトバンクグ ループ 株が9%超の上昇となり、120円強の押し上げ要因となっている。 ソフトバンクグループは7日、保有するTモバイル 株式4500万株と引 き換えに新たに2億2500万株のドイツテレコム 株式を取得すると発表した 。ソフトバンクGはドイツテレコム株4.5%を保有する第2位株主となり、取締役会の 議席も取得する予定。 日本株にはこれまでの急な上昇に対する警戒感から利益確定売りが出ているが、「政...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅を縮小しもみあい、3万円台回復の達成感で上値重い

<13:05> 日経平均は上げ幅を縮小しもみあい 、3万円台回復の達成感で上値重い 後場の日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比200円ほど高い2万9800円台後 半でのもみあいとなっている。市場では「5カ月ぶりの3万円回復で、達成感からさらに 上値を追うのは難しい。とりあえず期待先行で上昇したが、これからは選挙の行方の細か い部分が注目されている」(国内証券)との声が聞かれた。 午後1時現在での東証1部の売買代金は2兆0611億5700万円と膨らんでいる 。個別ではソフトバンクグループ は6%超高となっているほか、東京エレクトロ ン 、...

午前の日経平均は続伸、政治の変化に期待 欧州株高も支え

7日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比235円03銭高の2万9894円92銭となり、7日続伸した。一時4月9日以来の3万円台の大台を回復した。前日の欧米株高の流れを好感したほか、政治面での変化への期待が引き続き支えとなった。TOPIXは連日の年初来高値更新となり、約31年ぶりの高値水準となっている。

ホットストック:任天堂やキーエンスがしっかり、日経平均の入れ替えで

任天堂とキーエンス、村田製作所がしっかりとなっている。日本経済新聞社が6日、10月1日の算出から日経平均株価の構成銘柄として採用すると発表しており、好感する動きが先行した。

今日の株式見通し=強もちあい、3万円の大台試す 利益確定売りが重しにも

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強もちあいが想定される。前日の欧州株高の流れを引き継いで上昇して始まり、3万円の大台を試すとみられる。3万円付近では、利益確定売りが出やすいともみられている。

日経平均、任天堂・キーエンス・村田製作所を採用

日本経済新聞社は6日、日経平均株価の構成銘柄として、市場流動性の観点から任天堂、キーエンス、村田製作所を採用すると発表した。10月1日の算出から入れ替える。

日経平均、任天堂・キーエンス・村田製作所を採用

日本経済新聞社は6日、10月1日の算出から日経平均株価の構成銘柄として新たに任天堂、キーエンス、村田製作所を採用すると発表した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、年初来安値が視界に

<16:14> 日経平均・日足は「大陰線」、年初来安値が視界に 日経平均・日足は上下にごく短いヒゲを伴う「大陰線」となった。200日移動平均線(2万7823 円93銭=30日)からの下方かい離が拡大したほか、20日につけた直近安値の2万7330円15銭を 下回り、下値不安を高めた。1月6日につけた年初来安値2万7002円18銭が視界に入ってきた。 <15:40> 新興市場は反落、マザーズはGNIなどの下げが重し   新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。 マザーズ総合は前営業日比2.63%安。ジーエヌアイグループ...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は反落、マザーズはGNIなどの下げが重し

<15:40> 新興市場は反落、マザーズはGNIなどの下げが重し   新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。 マザーズ総合は前営業日比2.63%安。ジーエヌアイグループ やBASE などのさえない動きが指数の重しとなった。一方、グローバルウェイ が ストップ高となり、アクアライン やアイドマ・ホールディングス もしっ かりだった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.67%安。元旦ビューティ工業 がさ えなかった一方、京極運輸商事 はストップ高、菊水電子工業 も一時スト ップ高となった。 <13:45> ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、決算を材料に物色も

<13:45> 日経平均は安値もみあい、決算を材料に物色も 日経平均は安値圏でもみあっている。東証1部の値下がり銘柄は8割を超えており、 全体相場は引き続き上値が重いが、決算発表でサプライズのあった銘柄などが物色されて いる。業績予想の再度上方修正を発表した商船三井 が買われ、日本郵船 など海運がしっかり。 国内感染拡大の先行き懸念が根強いが、市場ではワクチン接種の進展を見据えて「コ ロナ禍を嫌気した下落に追随するのではなく、そろそろアフターコロナに先回りで仕込ん でいくタイミングではないか」(国内証券)との声も聞かれる。 <11:45...

午前の日経平均は急反落、中国株安など嫌気 直近安値下回る

30日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比373円16銭安の2万7409円26銭となり、急反落した。新型コロナウイルスの感染拡大が警戒される中、時間外取引で米株先物が軟化したほか、中国株が反落したことなどが嫌気されている。日経平均は20日に付けた直近安値2万7330円15銭を一時下回った。ただ、時価水準は割安との意識が働いており、徐々に下げ渋る動きとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は大幅安、20日の直近安値2万7330円15銭割る

<10:50> 日経平均は大幅安、20日の直近安値2万7330円15銭割る 日経平均は大幅安。20日に付けた直近安値2万7330円15銭を割り込んだ。時 間外取引で米株先物が下落しているほか、香港、上海両市場が反落したことが嫌気されて いる。ただ、東証1部の売買代金は現時点で1兆円を超えており「商いの膨らみから下値 で買いが入り始めたことが読み取れる」(国内証券)という。 <10:10> 日経平均は下げ幅拡大、時間外取引の米株先物安も悪影響 日経平均は下げ幅を拡大している。一部の好決算銘柄に買いが集まっているものの、 全体的には売り直された...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、時間外取引の米株先物安も悪影響

<10:10> 日経平均は下げ幅拡大、時間外取引の米株先物安も悪影響 日経平均は下げ幅を拡大している。一部の好決算銘柄に買いが集まっているものの、 全体的には売り直された格好。市場では「決算発表を受けた米アマゾンが時間外取引で下 げて、米株先物も時間外取引で売られている。これが日本株にも悪影響を及ぼしているよ うだ」(国内証券)との声も聞かれた。 <09:05> 日経平均は反落、感染拡大を警戒 米株先物軟化も嫌気 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比104円53銭安の2万7677 円89銭となり、反落してスタート。引き続き新型...

寄り付きの日経平均は反落、感染拡大を警戒 米株先物軟化も嫌気

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比104円53銭安の2万7677円89銭となり、反落してスタート。引き続き新型コロナウイルスの感染拡大が警戒されており、全体的に売り優勢となっている。時間外取引で米株先物が軟化していることも嫌気された。

ホットストック:村田製作所が買い気配、通期営業益予想の上方修正を好感

村田製作所が買い気配となっている。2022年3月期通期の連結営業利益予想を3650億円に上方修正したと29日に発表し、好感した買いが先行した。従来予想は3200億円。前期実績は3132億円。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、上方修正発表のファナックが売り優勢に

<08:50> 寄り前の板状況、上方修正発表のファナックが売り優勢に 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、 キヤノン 、東京エレクトロン 、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8 306.T>、ソフトバンクグループ などが売り優勢となっている。ソニーグループ < 6758.T>は買い優勢。前日に通期業績見通しの上方修正を発表した銘柄では、村田製作所< 6981.T>は買い優勢だが、ファナック は売り優勢。一方、指数寄与度の大きいフ ァーストリテイリング は売り優勢となっている。 東証第1部出来高上位50銘柄...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up