for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社村田製作所

6981.T

現在値

7,476.00JPY

変化

108.00(+1.47%)

出来高

1,487,900

本日のレンジ

7,375.00

 - 

7,487.00

52週レンジ

4,602.00

 - 

7,500.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
7,368.00
始値
7,421.00
出来高
1,487,900
3か月平均出来高
42.51
高値
7,487.00
安値
7,375.00
52週高値
7,500.00
52週安値
4,602.00
発行済株式数
639.80
時価総額
4,989,537.00
予想PER
--
配当利回り
1.31

次のエベント

Q2 2021 Murata Manufacturing Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Murata says co, Miraisens sign deal for Miraisens to become wholly-owned subsidiary of Murata

Murata Manufacturing Developed An Ultrasmall Version Of A Mainstay Electronic Component - Nikkei

Panasonic To Suspend Supplies Of Some Components To Huawei Following U.S. Ban - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社村田製作所とは

村田製作所グループはコンポーネント(コンデンサ・圧電製品など)、モジュール(通信モジュール・電源など)の電子部品並びにその関連製品の開発及び製造販売を主たる事業として行う。【事業内容】電子部品の製造・販売事業においては、同社が、各種電子部品の中間製品である半製品を生産し、国内外の生産会社へ供給し、また、自社内及び関係会社で完成品まで加工した製品を、国内外の得意先及び販売会社へ販売する。その他事業は、従業員の福利厚生、不動産の賃貸借及び管理、施設保守・清掃、ソフトウェアの販売等に関する業務を行う。また、同社は子会社を通じてコンポーネントの開発を行う。

業種

Electronic Instr. & Controls

連絡先

1-10-1, Higashikotari

NAGAOKAKYO-SHI, KYT

617-8555

Japan

+81.75.9519111

https://www.murata.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Tsuneo Murata

Chairman of the Board, Representative Director

Norio Nakajima

President, Representative Director

Hiroshi Iwatsubo

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Technology & Business Development, Director

Satoshi Sonoda

Managing Executive Officer, Chief Director of Sales, President of Tokyo Office

Masahiro Ishitani

Managing Executive Officer, Director of Business in Capacitor Business Unit, Director

統計

1.81 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

1.4K

2019

1.6K

2020

1.5K

2021(E)

1.5K
EPS (JPY)

2018

228.620

2019

323.450

2020

286.050

2021(E)

262.435
株価売上高倍率(過去12カ月)
26.87
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.32
株価純資産倍率(四半期)
2.78
株価キャッシュフロー倍率
15.77
総負債/総資本(四半期)
13.00
長期負債/資本(四半期)
8.83
投資利益率(過去12カ月)
9.30
自己資本利益率(過去12カ月)
8.09

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:村田製20年ぶり高値圏、上方修正を好感 需要の回復早まる

村田製作所が反発し、3%超高で推移している。2000年4月以来、約20年ぶりの高値圏。23日に2020年4─9月期の連結業績予想を引き上げ、一転して増益見通しとなったことが好感された。

焦点:新型iPhone、ハイテク企業が需要注視 米中対立の逆風下

向けの部品需要を埋め合わせられるかもしれないとの期待がある。

ホットストック:村田製作所が反落、アップルの下落を受け利益確定売り

村田製作所が反落している。前日に1月14日の年初来高値6920円を更新し、約5年ぶりに7000円台を回復したものの、次世代通信規格「5G」に対応した「iPhone12」4機種を発表したアップルが、13日の米国株式市場で2.7%下落したことを受け、利益確定売りに押された。

東京株式市場・大引け=反発、模様眺めの中で売買代金は連日2兆円割れ

日経平均 終値      23601.78 +43.09 寄り付き    23667.90 安値/高値   23490.95─23667.90 TOPIX<.TOPX > 終値       1649.10 +5.75 寄り付き     1650.51 安値/高値    1640.48─1651.10 東証出来高(万株) 87081 東証売買代金(億 18405.71 円) 東京株式市場で日経平均は反発した。前日の米国株式市場が上昇したことが好感され て、主力株を中心に幅広く買われて始まった後、一時的にマイナス圏に沈む場面があった ものの...

ホットストック:アップル関連株は後場堅調、13日のイベントに期待感

村田製作所、太陽誘電、TDKなどの米アップル関連株は後場堅調。村田製作所と太陽誘電は3%を超す上昇となっており、ともに年初来高値を更新した。新型iPhoneの発表が予想される13日のイベントを前に、株価上昇を期待した買いが入っている。

アングル:日経500が史上最高値更新、スガノミクスで一層優位か

日経500種平均株価<.N500>が28日、バブル時を超え、史上最高値を更新した。構成銘柄の入れ替えが比較的頻繁に行われるために過去との比較はしにくいものの、輸出型企業が中心の日経平均225<.N225>と比べてサービス業のウエートが大きく、「スガノミクス」の推進でさらにパフォーマンスが高まるとの見方も出ている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陰線」、5日移動平均線を上回るが警戒感残る

<15:45> 日経平均・日足は「短陰線」、5日移動平均線を上回るが警戒感残る 日経平均・日足は長めの下ヒゲとごく短い上ヒゲを伴う「短陰線」。上値をうかがう動きとなったほか 、5日移動平均線(2万3123円30銭=2日現在)を上回り、基調の強さを感じさせた。ただ、今回の 足は「上十字」の形状だが、実体部分がほとんどないため、上位出現で売りサインになり得る「トンボ」に 準じる足となっただけに、警戒感が残っていることを印象付けている。 依然として、8月25日高値2万3431円01銭を付けた後、短期的な右肩下がりのトレンドから抜 け出しておらず...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、直近IPO中心に循環物色

<15:10> 新興株式市場はしっかり、直近IPO中心に循環物色 新興株式市場はしっかり。東証マザーズ指数、日経ジャスダックはいずれも続伸。「引き続き直近IP Oを中心に循環物色が繰り広げられている」(国内証券)という。 東証マザーズ指数は続伸。2.93%高で取引を終えた。Sun Asterisk 、ビープ ラッツ がストップ高となったほか、インターファクトリー 、ニューラルポケット なども買われ、BASE も続伸したが、ティアンドエス は利益確定売りに押された。 一方、日経ジャスダック平均は0.33%高で終了。ブロードバンドタワー 、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調を持続、個別物色中心の動きに

<14:35> 日経平均は堅調を持続、個別物色中心の動きに 日経平均は堅調を持続。2万3200円台で推移している。後場に入ってから動きは乏しいながらもジ リ高の展開。市場では「買いの決め手になる材料が見当たらないため、上値は引き続き重い。そうした中、 個別物色中心の動きとなっているが、物色意欲は感じられるため、地合いは悪くない」(国内証券)との声 が出ていた。 <13:20> 強もちあい、全体伸びを欠く中で個別銘柄を立て追いする動き 日経平均は強もちあい。方向感が定まらない上に、薄商いとなっており、依然として伸びを欠く状況と なっている...

〔マーケットアイ〕株式:強もちあい、全体伸びを欠く中で個別銘柄を立て追いする動き

<13:20> 強もちあい、全体伸びを欠く中で個別銘柄を立て追いする動き 日経平均は強もちあい。方向感が定まらない上に、薄商いとなっており、依然として伸びを欠く状況と なっている。そうした中で、任天堂 が上値追いとなっているほか、マザーズ市況も活況を呈してお り、「投資家の物色意欲は強く、個別銘柄を立て追いする動きとなっている」(国内証券)という。 <11:50> 前場の日経平均は反発、70円高 利益確定売りで伸び悩み 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比70円48銭高の2万3208円55銭となり、反発し た。オーバーナイトの米国株式市場...

午前の日経平均は反発、70円高 利益確定売りで伸び悩み

2日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比70円48銭高の2万3208円55銭となり、反発した。オーバーナイトの米国株式市場で主要3指数がそろって上昇した流れを引き継いだ。ただ、買い一巡後は利益確定売りが強まり上げ幅を縮小、上値の重い展開となった。

ホットストック:アップル関連株が堅調、5G「iPhone」年内7500万台製造検討との報道

アップル関連株がしっかり。村田製作所、TDKは1%超、太陽誘電は2%超の上昇となっている。米アップルが第5世代(5G)移動通信システム対応の新型「iPhone」を7500万台以上生産するようサプライヤーに要請した、とブルームバーグ・ニュース(BBG)が1日に報道。1日の米国株市場でアップル株が上昇しており、日本でも関連銘柄に買いが入っている。

ホットストック:村田製など電子部品株が堅調、アップル上場来高値に刺激受ける

村田製作所、京セラなど電子部品株が堅調に推移している。前日の米国株式市場でハイテク株が堅調だったほか、外為市場でドル/円相場が107円台まで円安に振れたことが好感された格好。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、「陰の陽はらみ」で買いサイン

<15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、「陰の陽はらみ」で買いサイン 日経平均・日足は「丸坊主」に近い「小陽線」。前週末に割り込んだ200日移動平均線(2万160 1円25銭=3日現在)をすかさず回復し、目先的に安心感をもたらした。今回の足は典型的な「陰の陽は らみ」で下位で出現すると買いサインになると言われるだけに、反転の期待を膨らませている。 もっとも、一時は500円を超す上昇となりながらも、値幅的には自律反発の域を出ていない。依然と して終値は5日移動平均線(2万2259円82銭=同)を下回った状態が続いており、このまま反転する...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、値幅取りの動きが再び活発化

<15:10> 新興株市場はしっかり、値幅取りの動きが再び活発化 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は5日ぶりに反発、東証マザーズ指数も切り返しに転じ た。市場では「直近IPO銘柄が利益確定売り先行となる一方で、売り込まれた銘柄を中心に値幅取りの動 きが再び活発化している」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場したモダリス は買い気配でスタートした。公開価格1200円 の2.1倍となる2520円で初値を付けた後も上値を追ったが、終盤は利益確定売りに押された。 ジャスダック指数は3.06%高。santec が...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏で推移、円安で安心感誘い前週末比500円高に

<14:43> 日経平均は高値圏で推移、円安で安心感誘い前週末比500円高に  日経平均は高値圏で推移。前週末比で500円高となった。引き続き円安に振れた為替相場が買い安心 感を誘っている。市場では「このまま円高が進むと厳しいと思われていたが、為替の反転で安心ムードが広 がった。そうした中、好決算銘柄を素直に買っている」(国内証券)との声が出ていた。 <13:35> 日経平均はしっかり、前場の高値上回り上値追う展開 日経平均はしっかり。前場に付けたきょうの高値を上回り、なお上値を追う展開となっている。引き続 き円高一服を好感する一方、直近...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はしっかり、前場の高値上回り上値追う展開

<13:35> 日経平均はしっかり、前場の高値上回り上値追う展開 日経平均はしっかり。前場に付けたきょうの高値を上回り、なお上値を追う展開となっている。引き続 き円高一服を好感する一方、直近で売られ過ぎとの印象があった銘柄を買う動きが目立つ。市場では「前週 末が下げ過ぎとの見方があったため、買い直されている格好だが、自律反発の域は出ていないようだ」(国 内証券)との声が聞かれる。   <11:50> 前場の日経平均は大幅反発、413円高 円高一服で買い戻し 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比413円93銭高の2万2123円93銭...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は大幅反発、413円高 円高一服で買い戻し

<11:50> 前場の日経平均は大幅反発、413円高 円高一服で買い戻し 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比413円93銭高の2万2123円93銭となり、大幅 反発となった。前週末の米国株式市場で主要3指数がそろって上昇したほか、ドル安/円高の流れが一服し たことを受け、幅広い銘柄で買い戻しが先行した。 31日の米国株市場では、ダウが0.44%高、ナスダック総合が1.49%高、S&P総合500種 が0.77%高で取引を終えた。アップル、アマゾン・ドットコム、フェイスブックなどの好決算を手掛か りに買いが先行した。アップルは時価総額...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、一時400円超高 ファンドのポジション調整か

<09:55> 日経平均は上げ幅拡大、一時400円超高 ファンドのポジション調整か 日経平均は上げ幅を拡大し、一時2万2146円87銭まで上値を伸ばした。現在は2万2100円付 近で推移している。 市場からは「特段の材料が出ているというより、ポジション調整の影響が強いのではないか。新型コロ ナウイルスの流行以降、月末・月初にファンドがリバランスする動きが出ている。前週末の大幅下落もその 側面があった」(国内証券のファンドマネジャー)との指摘があった。 <09:12> 寄り付きの日経平均は反発、円高一服で買い戻し  寄り付きの東京株式市場...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up