for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱重工業株式会社

7011.T

現在値

3,768.00JPY

変化

6.00(+0.16%)

出来高

1,172,100

本日のレンジ

3,752.00

 - 

3,805.00

52週レンジ

3,752.00

 - 

4,886.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,762.00
始値
3,756.00
出来高
1,172,100
3か月平均出来高
21.06
高値
3,805.00
安値
3,752.00
52週高値
4,886.00
52週安値
3,752.00
発行済株式数
335.94
時価総額
1,271,191.00
予想PER
--
配当利回り
3.72

次のエベント

Dividend For 7011.T - 75.0000 JPY

適時開示

その他

Mitsubishi Heavy Industries Ltd - Booked Special Loss Of 496.4 Billion Yen On Parent-Only Basis For SpaceJet Business

Hitachi Says It Will Pay Mitsubishi Heavy Industries 130 Billion Yen By March 2020 To Settle Dispute Over South Africa Power Plant Project

Hitachi Likely To Pay About $4.6 Bln In Africa Dispute With Mitsubishi Heavy - NIKKEI

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱重工業株式会社とは

三菱重工業グループは、造船をはじめ、交通輸送システム、民間航空機、発電システムなどのインフラ、宇宙システムに至るまで、幅広い分野で事業を展開する。【事業内容】同社は3つの事業セグメントで構成される。パワーセグメントは、火力発電システム、原子力機器、環境プラント、舶用機械・エンジン、風力発電機器等の設計、製造、販売、据付及びサービスの提供を行う。インダストリー&社会基盤セグメントは、物流機器、ターボチャージャ、エンジン、冷熱製品、カーエアコン、製鉄機械、船舶、交通システム、化学プラント、環境設備、機械システム、工作機械等の設計、製造、販売、据付及びサービスの提供を行う。航空・防衛・宇宙セグメントは、民間航空機、防衛航空機、飛しょう体、艦艇、特殊車両、特殊機械(魚雷)、宇宙機器等の設計、製造、販売、据付及びサービスの提供を行う。また、同社は建設、不動産、情報サービス事業も行う。

連絡先

Marunouchi Nijubashi Bldg.

3-2-3, Marunouchi

+81.3.62756200

https://www.mhi.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Shunichi Miyanaga

Chairman of the Board

Seiji Izumisawa

President, Chief Executive Officer, Chief Strategy Officer, Representative Director

Masanori Koguchi

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Representative Director

Hisato Kozawa

Executive Officer, Co Chief Financial Officer, Director of Finance Global

Michisuke Nayama

Executive Vice President, Chief Technology Officer

統計

2.91 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

3.9K

2018

4.1K

2019

4.1K

2020(E)

4.2K
EPS (JPY)

2017

261.200

2018

209.820

2019

301.950

2020(E)

322.132
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.57
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.32
株価純資産倍率(四半期)
0.96
株価キャッシュフロー倍率
2.89
総負債/総資本(四半期)
141.45
長期負債/資本(四半期)
41.82
投資利益率(過去12カ月)
8.73
自己資本利益率(過去12カ月)
3.53

最新ニュース

最新ニュース

事業者の資金繰りで金融機関に対応要請=新型肺炎で経産相

梶山弘志経済産業相は7日の閣議後会見で、新型コロナウイルスの感染拡大により事業者の資金繰りに支障が出ないように、金融機関に対して、返済猶予など柔軟な対応を行うように要請したと述べた。

三菱重、4964億円の特損計上 スペースジェットの納入21年度以降に

三菱重工業<7011.T>は6日、子会社の三菱航空機がスペースジェット事業関連で減損損失を計上したことなどを受け、特別損失として4964億円を計上したと発表した。

三菱重、スペースジェット事業で4964億円の特別損失計上

三菱重工業は6日、子会社の三菱航空機がスペースジェット事業関連で減損損失を計上したことなどを受け、特別損失として4964億円を計上したと発表した。

今日の株式見通し=大幅続伸、米国株高と円安で主力の輸出関連株に買い

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、大幅続伸が想定されている。前日の米国株式市場は、新型コロナウイルスを巡る懸念が緩和したほか、堅調な米経済指標を受け、上昇した。為替のドル/円は109.80円台、シカゴ日経平均先物は前日の終値を300円超上回っている。日本株にとって好材料が多いため、日経平均は輸出関連株を中心に強く始まりそうだ。

三菱スペースジェットの開発日程、延期した事実はない=三菱重工

三菱重工<7011.T>は27日、子会社の三菱航空機の「三菱スペースジェット」について、「開発スケジュールに関する報道があったが当社が発表したものではなく、開発スケジュールの延期を決定した事実はない」とのコメントを発表した。

独VWの船舶エンジン部門、三菱重工など3社が買収案提示=関係筋

独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>の子会社で船舶用エンジンや発電機などを手掛けるMANエナジー・ソリューションズに対し、欧州のインニオ、三菱重工業<7011.T>、米カミンズ<CMI.N>が買収案を提示したことが、事情に詳しい関係者の話で明らかになった。

日立が日立化成と画像診断事業を売却、南ア火力和解で「リスク遮断」

日立製作所は18日、連結子会社・日立化成の株式を昭和電工に、画像診断関連事業を富士フイルムホールディングスに、それぞれ売却すると発表した。一方、南アフリカの火力発電所建設事業で損失負担を巡って対立していた三菱重工業との和解も発表した。

日立、三菱重と南ア火力発電のコスト負担で和解 特損計上へ

三菱重工業と日立製作所<6501.T>>は18日、損失負担を巡って対立している南アフリカでの火力発電所の建設事業で和解すると発表した。

日立と南アプロジェクトで和解含め協議、決定あれば速やかに開示=三菱重

三菱重工業<7011.T>は18日、日立製作所<6501.T>と損失負担を巡って対立している南アフリカでの火力発電所の建設事業で和解する方針を固めたと報じられたことについて「和解を含めた協議を行っており、決定があれば速やかに開示する」とのコメントを発表した。

ターボチャージャー、東南アジアも減速気味=三菱重社長

三菱重工業の泉澤清次社長は27日、米中貿易摩擦に端を発する景気減速の影響は現状で「自動車が一番大きい」と指摘。自動車生産が減れば、同社が手掛けるターボチャージャーも生産が減るため、年初からある程度、影響を織り込んではいたが「中国だけでなく、海外へ輸出している東南アジアも若干減速気味」と明らかにした。ロイターなどに対し述べた。

三菱重工、来年半ばの民間ジェット機納入計画の見直しを検討=社長

三菱重工業<7011.T>の泉澤清次社長は20日、ロイターとのインタビューに応じ、開発中のジェット旅客機「三菱スペースジェット(MSJ)」の納入計画に遅れが出ていると認めた上で、現行予定の2020年半ばの納入は確約できない、とした。

三菱重工社長、来年半ばの民間ジェット機納入「確約できず」

三菱重工業<7011.T>の泉澤清次社長は20日、ロイターとのインタビューに応じ、開発中のジェット旅客機「三菱スペースジェット(MSJ)」の納入計画に遅れが出ていると認めた上で、現行予定の2020年半ばの納入を確約できないと表明した。

三菱航空機、米トランス・ステーツとの計100機の契約を解消

三菱重工業<7011.T>傘下の三菱航空機は31日、米独立系地域航空会社トランス・ステーツ・ホールディングス(TSH)との契約を解消すると発表した。トランス・ステーツは「三菱スペースジェットM90」を計100機(確定50機、オプション50機)発注していた。

三菱航空機、カナダにエンジニアリングと設計の拠点開設へ

三菱重工業<7011.T>傘下の三菱航空機は19日、カナダのモントリオールにエンジニアリングと設計のセンターを開設する計画を発表した。国産初のジェット旅客機スペースジェット(旧MRJ)の開発を支援する拠点とする。

三菱航空機、米社から100機受注へ

三菱重工業<7011.T>傘下で国産初のジェット旅客機を開発している三菱航空機が、65─88人乗りの「M100」を100機、米メサ航空<MESA.O>から受注することで覚書を締結する見通しとなった。

今日の株式見通し=続落、米株安・円高を嫌気 買い戻しの可能性も

きょうの東京株式市場で日経平均株価は続落が予想されている。前週末に米国株主要3指数がそろって下落。為替も1ドル106円半ばと円高方向に振れており、東京市場は安く始まるとみられている。前営業日に大幅安となった反動からショートカバーが入る可能性もあるが、日本株を積極的に買い上げていく手掛かりは乏しい。

主要決算銘柄/リフィニティブ予想

5日に決算が発表される主な上場企業のリフィニティブアナリスト予想コンセンサスは以下の通り。(7月31日時点) 銘柄 決算期 利益(億円) アナリス データ ト(人) SUBARU 20年3月期 2894(営業) 20 reuters://realtime/ric=7270.T/verb=CompanyData スズキ 20年3月期 3349(営業) 20 reuters://realtime/ric=7269.T/verb=CompanyData 三菱重工 20年3月期 2108(営業) 12 reuters://realtime/ric...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=1日

RIC 銘柄名 01 JALUX 02 メディカル・データ・ビジョ ン 03 日油 04 三洋化成工業 05 CKサンエツ 06 高田機工 07 三菱重工業 08 ニチハ 09 オークワ 10 ケーズHLDG 11 イー・ギャランティー  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=30日

1.03%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 日本軽金属HLDG 18.61 02 オリックス 22.53 03 日本駐車場開発 23.37 04 サンワテクノス 24.69 05 マネックスグループ 25.17 06 ゆうちょ銀行 25.51 07 日本電気硝子 25.78 08 トクヤマ 26.59 09 SBI HLDG 26.59 10 コア 26.72 11 三菱重工業 27.27 12 セレス 27.98 13 TSI HLDG 28.40 14 富士電機 28.41 15 エストラスト 28.47 (*):RSIが70以上...

三菱重資産の売却申請へ、元徴用工問題で韓国原告

韓国最高裁が元徴用工問題で三菱重工業<7011.T>に賠償を命じた昨年の判決を巡り、韓国人の原告側は同社資産の強制売却に向けた裁判所の命令を求める方針だ。原告側の代理人弁護士が16日に明らかにした。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up