for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱重工業株式会社

7011.T

現在値

2,674.50JPY

変化

14.50(+0.55%)

出来高

423,100

本日のレンジ

2,643.00

 - 

2,677.50

52週レンジ

2,378.50

 - 

4,504.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,660.00
始値
2,653.00
出来高
423,100
3か月平均出来高
39.26
高値
2,677.50
安値
2,643.00
52週高値
4,504.00
52週安値
2,378.50
発行済株式数
336.02
時価総額
897,390.30
予想PER
90.75
配当利回り
5.64

次のエベント

Dividend For 7011.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

MHI Vestas To Cut 148 Jobs In Denmark

Boeing, Mitsubishi Heavy Industries Partner On State Of Art Upgrades To Japan's F-15J Fleet

Mitsubishi Aircraft Corp Announces New Operation Plan & Executive Changes For FY20

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱重工業株式会社とは

三菱重工業グループは、造船をはじめ、交通輸送システム、民間航空機、発電システムなどのインフラ、宇宙システムに至るまで、幅広い分野で事業を展開する。【事業内容】同社は3つの事業セグメントで構成される。パワーセグメントは、火力発電システム、原子力機器、環境プラント、舶用機械・エンジン、風力発電機器等の設計、製造、販売、据付及びサービスの提供を行う。インダストリー&社会基盤セグメントは、物流機器、ターボチャージャ、エンジン、冷熱製品、カーエアコン、製鉄機械、船舶、交通システム、化学プラント、環境設備、機械システム、工作機械等の設計、製造、販売、据付及びサービスの提供を行う。航空・防衛・宇宙セグメントは、民間航空機、防衛航空機、飛しょう体、艦艇、特殊車両、特殊機械(魚雷)、宇宙機器等の設計、製造、販売、据付及びサービスの提供を行う。また、同社は建設、不動産、情報サービス事業も行う。

業種

Misc. Capital Goods

連絡先

Marunouchi Nijubashi Bldg.

3-2-3, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-8332

Japan

+81.3.62756200

https://www.mhi.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Shunichi Miyanaga

Chairman of the Board

Seiji Izumisawa

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Hisato Kozawa

Chief Financial Officer, Executive Officer, Representative Director

Eisaku Ito

Chief Technology Officer, Managing Executive Officer, Manager of Technology Strategy Promotion, Director

Masahiko Mishima

General Counsel, Managing Executive Officer, Representative Director

統計

3.09 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

4.1K

2019

4.1K

2020

4.0K

2021(E)

3.8K
EPS (JPY)

2018

209.820

2019

301.950

2020

259.390

2021(E)

0.713
株価売上高倍率(過去12カ月)
70.10
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.23
株価純資産倍率(四半期)
0.78
株価キャッシュフロー倍率
2.19
総負債/総資本(四半期)
147.99
長期負債/資本(四半期)
52.06
投資利益率(過去12カ月)
1.22
自己資本利益率(過去12カ月)
0.51

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:三菱重が高寄り後値を消す、赤字決算受け上値重い状態続く

三菱重工業が高寄りした後、値を消した。全体の地合い好転から買い優勢で始まったものの、4─6月期決算で赤字決算を余儀なくされたことから、上値が重い状態が続いている。

今日の株式見通し=続伸、米株高と円高一服で安心感 個別では決算を材料視

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場は主要3指数がそろって上昇、外為市場ではドル/円が106円近辺とドル安/円高の流れが一服している。市場では安心感が広がり、前日に続き買い戻しが先行しそうだ。個別では、前日に企業決算を発表した銘柄の売買が加速するとみられる。

訂正:三菱重、4―6月期純損益は579億円の赤字 スペースジェット事業損失

三菱重工業<7011.T>が3日発表した2020年4―6月期連結決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す事業損益が713億円の赤字(前年同期は404億円の黒字)となった。カナダ航空機大手ボンバルディア<BBDb.TO>の小型旅客機「CRJ」事業の買収に伴うのれんの減損や、ジェット旅客機「スペースジェット」の開発体制縮小に伴う損失が響いた。純損益は579億円の赤字(同163億円の黒字)だった。

元徴用工問題、政府などと連携して対応している=三菱重取締役

三菱重工業<7011.T>の小沢寿人最高財務責任者(CFO)は3日、韓国人元徴用工問題について、「政府、関係各方面と連携を取りながら、一体となって対応している」と述べた。2020年4―6月期決算のオンライン会見で、記者の質問に答えた。

三菱重、4―6月期の純損益は579億円の赤字 通期予想は据え置き

三菱重工業が3日発表した2020年4―6月期連結決算(国際会計基準)では、事業損益が713億円の赤字(前年同期は404億円の黒字)、純損益が579億円の赤字(同163億円の黒字)だった。売上収益は前年同期比15.4%減の7780億円だった。21年3月期の通期業績予想は据え置いた。

今日の株式見通し=反発、円高一服などで買い戻し 上値は追えず

きょうの東京株式市場で日経平均株価は反発が予想されている。前週末の米国株主要3指数はそろって上昇。ドル安/円高の流れも一服しており、朝方は買い戻しが優勢になるとみられている。一方、国内ではさえない企業決算が続き、新型コロナウイルスの新規感染者数も増加するなどネガティブ材料が多い。上値追いには慎重な姿勢もみられそうだという。

レイセオンとロッキードが日本で再び火花、陸上イージス代替巡り

日本政府が陸上配備型迎撃ミサイルシステム、イージス・アショアの配備手続きを停止したことを受け、米軍事大手レイセオン<RTN.N>が代替案の売り込みに動いている。同社は2年前、イージス・アショア用レーダーの選定で米ロッキード・マーチン<LMT.N>に敗れており、複数の関係者によると、防衛政策に影響力のある日本の議員らに働きかけを強めている。

米国務省、日本に105機のF35売却承認 総額2.5兆円

米国務省は9日、ロッキード・マーチン<LMT.N>製最新鋭ステルス戦闘機「F35」105機の日本への売却を承認したと発表した。売却総額は推定230億ドル(約2兆5000億円)。

三菱航空機が人員半減と拠点集約で体制縮小、開発責任者を刷新

三菱重工業<7011.T>傘下の三菱航空機(愛知県豊山町)は15日、ジェット旅客機「スペースジェット」(旧MRJ)の開発体制を縮小すると発表した。国内外の従業員約2000人を半分以下に削減し、海外の3拠点は米ワシントン州モーゼスレイクの試験拠点に統合する。開発責任者も刷新する。

三菱重、三井E&S造船の艦艇事業取得へ 21年10月めど

三菱重工業<7011.T>は12日、三井E&Sホールディングス<7003.T>から傘下の三井E&S造船の艦艇事業を譲り受けることで協議を開始すると発表した。3社で詳細な検討を行い、今年12月末をめどに最終契約書を締結、公正取引委員会などの審査を経た上で、2021年10月をめどに譲渡完了を目指す。

三菱航空機、スペースジェットの米拠点閉鎖 開発予算縮小で

ジェット旅客機「三菱スペースジェット(旧MRJ)」の開発を進める三菱航空機(愛知県豊山町)は、米ワシントン州などの海外拠点を閉鎖する方針を明らかにした。親会社の三菱重工業<7011.T>が開発予算の縮小を決めたためで、日本でも人員を削減する可能性があるという。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、個人投資家の意欲は旺盛

<16:12> 新興株市場は続伸、個人投資家の意欲は旺盛   新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅に4日続伸、東証マザーズ指数は小幅続伸した。個人投資 家の買い意欲が引き続き旺盛で、値動きのいい銘柄が人気を集めている。 ジャスダック指数は0.26%高。プロルート丸光 が一時ストップ高。グリムス 、コ スモ・バイオ なども買われた。一方、遠州トラック は一時ストップ安、テラ はス トップ安比例配分となった。 マザーズ指数は0.07%高。アズーム が一時ストップ高。ラクス 、ジーエヌアイグ ループ がしっかり。アンジェス は3日続落した...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、短期上昇トレンドを維持

<15:54> 日経平均・日足は「小陰線」、短期上昇トレンドを維持 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。ローソク足の形状は投資家の気迷い心理を表している が、前日に一目均衡表の厚い「雲」を突破しており、戻りに対する期待は大きい。25日移動平均線(1万 9421円62銭=12日)は上向きで、短期上昇トレンドも維持している。次は3月6日と3月9日に空 けたマドの上限値(2万0613円91銭)や、ボリンジャーバンドのプラス2シグマが推移する2万06 91円71銭付近が上値めどになる。 <14:29> 日経平均は高値圏、「トヨタショック...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏、「トヨタショック」とはならず

<14:29> 日経平均は高値圏、「トヨタショック」とはならず  日経平均は高値圏。2万0400円台半ばで推移している。後場、トヨタ自動車 は今期の営業 利益が前年から8割減となる見通しを発表したものの、現時点で相場全体にショックは広がっていない。市 場からは「税引前利益、当期利益は未定ながら、業績予想を出したのはよかった。何も見えないのが怖いの であって、予想をベースに議論ができる」(国内証券)との声が出ていた。 トヨタの株価も決算発表後に下落したが、現在は下げ渋っている。 <13:19> 日経平均は小動き、トヨタ自は後場下落 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、トヨタ自は後場下落

<13:19> 日経平均は小動き、トヨタ自は後場下落 日経平均は小動き、2万0300円台半ばで推移している。 市場が注目していたトヨタ自動車 の決算は、2021年3月期の連結営業利益予想(米国基準 )が前年比79.5%減の5000億円と大きく落ち込む見通し。税引き前利益、当期利益予想は新型コロ ナウイルスの感染拡大の影響で合理的に算出するのは困難として未定とした。これらを嫌気する形で同社の 株価は後場下落している。 <11:45> 前場の日経平均は小反落、企業業績に対する懸念などで上値重い 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比41...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は小反落、企業業績に対する懸念などで上値重い

<11:45> 前場の日経平均は小反落、企業業績に対する懸念などで上値重い 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比41円45銭安の2万0349円21銭となり、小反落 した。新型コロナウイルスの感染第2波をめぐる警戒感が高まっているほか、国内では企業業績に対する懸 念も台頭しており、上値が重い展開となっている。前日比プラスとなる場面があったものの、これまでの好 地合いを引き継ぐことができなかった。 11日の米国株式市場では主要3指数がまちまち。ハイテクやヘルスケア株の上昇が注目されながら、 日本株を押し上げる要因になっていない。立ち会...

ホットストック:三菱重は反落、2021年3月期損益のゼロ見通しを嫌気

三菱重工業は反落、2%超安での推移となっている。同社は11日、2021年3月期の連結業績予想(国際会計基準)について、売上収益は前期比6.0%減の3兆8000億円、事業損益・当期損益いずれもゼロの見通しと発表、嫌気されている。

三菱重、今期損益予想ゼロ コロナで民間航空機と中量産品影響大

三菱重工業<7011.T>は11日、2021年3月期(今期)の連結業績予想(国際会計基準)について、売上収益は前期比6.0%減の3兆8000億円、事業損益・当期損益いずれもゼロの見通しと発表した。年間配当は1株当たり75円を予定する。 前期は開発中の小型機「スペースジェット(旧MRJ)」の損失計上が響き、事業損益は20年ぶりの赤字となった。

UPDATE 1-三菱重、今期損益予想ゼロ コロナで民間航空機と中量産品影響大

三菱重工業は11日、2021年3月期(今期)の連結業績予想(国際会計基準)について、売上収益は前期比6.0%減の3兆8000億円、事業損益・当期損益いずれもゼロの見通しと発表した。年間配当は1株当たり75円を予定する。 前期は開発中の小型機「スペースジェット(旧MRJ)」の損失計上が響き、事業損益は20年ぶりの赤字となった。

今日の株式見通し=一進一退、決算確認しながら個別物色か

11日の東京株式市場で日経平均株価は一進一退の展開が予想されている。米国株市場で主要3指数が堅調に推移したことは下値を支える要因となりそうだが、日経平均は前週末に2万円台を回復して取引を終えており、戻り売りが相応に出るとみられる。国内企業の決算内容を確認しながら個別に物色する動きとなりそうだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up