for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ポート株式会社

7047.T

現在値

1,220.00JPY

変化

-7.00(-0.57%)

出来高

191,800

本日のレンジ

1,157.00

 - 

1,255.00

52週レンジ

586.00

 - 

1,340.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,227.00
始値
1,242.00
出来高
191,800
3か月平均出来高
5.96
高値
1,255.00
安値
1,157.00
52週高値
1,340.00
52週安値
586.00
発行済株式数
11.13
時価総額
14,883.78
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2023 Port Inc Earnings Release

ポート株式会社とは

ポートグループは主にインターネットメディア事業を展開する。【事業内容】同社はキャリア系メディア「キャリアパーク!」、ファイナンス系メディア「マネット」を主たるサービスに、メディカル系メディア「オンラインクリニック」の運営、並びに「ポートメディカル」「ドクターズダイエット」の事業開発を進める。インターネットメディア事業の主な特徴はキャリア、ファイナンス、メディカル領域においてインターネットメディアを展開する会員モデル、並びにインターネットソリューションとプロダクトやサービスとのクロスセルを含む。各サービスでは、キャリア系インターネットメディア「キャリアパーク!」は就活・転職等を中心にキャリア選択に役立つ、キャリア系情報プラットフォームである。ファイナンス系インターネットメディア「マネット」は「キャリアパーク!」で培ったメディア開発ノウハウを活かしたインターネットメディアの横展開であり、お金に関するライフサポート型メディアとして運営する。メディカル系インターネットメディア「オンラインクリニック」は医療専門チームが監修した、正しく知っておくべき病気の知識を提供する。「ドクターズダイエット」はオンラインダイエットアドバイスやエクササイズ動画の提供等を行う。

業種

Business Services

連絡先

12F, Sumitomo Fudosan Shinjuku

Grand Tower, 8-17-1, Nishishinjuku

SHINJUKU-KU, TKY

169-0074

Japan

+81.3.59376731

https://www.theport.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hirofumi Kasuga

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Taku Tsujimoto

Executive Officer, Director of Finance and IR

Yusuke Maruyama

Vice President, Chief Operating Officer, Director

Atsuhiko Yoshida

Chief Marketing Officer, Executive Officer

Kuniyoshi Mabuchi

Independent Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
17.54
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.59
株価純資産倍率(四半期)
5.01
株価キャッシュフロー倍率
13.06
総負債/総資本(四半期)
204.75
長期負債/資本(四半期)
163.42
投資利益率(過去12カ月)
15.17
自己資本利益率(過去12カ月)
10.67

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線がサポートに

<16:05> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線がサポートに 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。2万8479円01銭で取 引を終えた。ローソク足はコマの形状で、気迷いが示唆される。過熱感は和らいできたが 、5日移動平均線(2万8594円01銭=25日)を回復できず力強さを欠いている。 下方向では、25日線(2万8213円37銭=同)が目先のサポートに意識されそうだ 。一方、スローストキャスティクスでは売られ過ぎ圏にあり、短期的な反発に期待をつな ぐ。 <15:40> 新興株はマザーズが続伸、米株先物の堅調推移が支援...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、米株先物の堅調推移が支援

<15:40> 新興株はマザーズが続伸、米株先物の堅調推移が支援 新興株式市場は、マザーズ総合は1.16%高の743.68ポイントと、続伸した 。東証グロース市場指数は前営業日比1.15%高の945.64ポイントだった。 ジャクソンホール会合への警戒感がくすぶった一方、ハイテク株比率の高いナスダッ ク総合の先物が時間外取引で堅調に推移し、投資家心理を支援した。 そーせいグループやプレイド、ポートが大幅高だった一方 、JTOWER、M&A総合研究所は軟調。アクリートは一時 、年初来高値を更新したが、その後に大幅安となった。 <14:20>...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陰線」、5日平均線がサポート

<15:55> 日経平均・日足は「短陰線」、5日平均線がサポート 日経平均・日足は短い上ヒゲと長めの上ヒゲを伴う「短陰線」。実体部分がほとんど ないことから「上十字」に準じる足と言って良さそうだ。前日までの急速な上昇に対して 警戒感を強める動きとなったが、同時に下方硬直性を示しており、底堅い地合いが続いて いると感じさせている。 その一つとなったのが、終値が上向きの5日移動平均線(2万8890円52銭=1 8日)にサポートされたことで、同線を大きく割り込まない限りは過熱感を伴いながらも 上値指向が強い動きになりそうだ。 <15:05> ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが5日ぶりに反落、米株安受け利益確定売り

<15:05> 新興株はマザーズが5日ぶりに反落、米株安受け利益確定売り 新興株式市場では、マザーズ総合が0.89%安の7.92ポイントと5日ぶりに反 落した。東証グロース市場指数は前営業日比0.89%安の960.30ポイントで取引 を終えた。市場では「ひと息入れたかったところに、前日の米株安が良いきっかけとなっ たようで、先駆株中心に利益確定売りが活発化した」(国内証券)との声が聞かれる。 個別では、ポートが軟調に推移したほか、プレイド、窪田製薬ホー ルディングスなどが反落。ジーエヌアイグループ、フリーもさ えない。半面、ラストワンマイル...

発表者側の訂正(5月13日配信の記事)-13日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

(発表者側の訂正により、5月13日に配信した記事中の「ヨータイ」の自社株買いの規 模について、「自己保有株を除く発行済株式総数の7.28%」から「自己保有株を除く 発行済株式総数の7.26%」に訂正します。) 13日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ワコールホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の8.95 %にあたる550万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間 は6月4日から2023年3月24日。 ・ライドオンエクスプレスホールディングス 、自己保有株...

24日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

24日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ポート 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.46%にあたる28万5 000株、取得総額2億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月25日から 4月29日。 ・オークマ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.58%にあたる50万 株、取得総額20億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月25日から5月 31日。 ・NexTone 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.03%にあたる 10万株、取得総額3億5000万円を上限とする...

ホットストック:ポートは買い気配、20年3月期営業益が29%増

ポートは買い気配。27日発表した2020年3月期の営業利益(非連結)が前年比29.0%増の6億9900万円と好業績だったことが好感されている。第4・四半期(21年1─3月期)の営業利益も前年同期比19.9%増の2億5900万円と堅調だった。21年3月期の業績予想は未定。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、売り圧力弱まり二番底を探る展開

<16:00> 日経平均・日足は「小陰線」、売り圧力弱まり二番底 を探る展開 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。日経平均は4日続落、東証1部の売買代金は2.5兆 円となり前日の2.7兆円に続き減少傾向。19日の安値(1万6358円19銭=19日)に対する二番 底を探る展開となっている。 市場からは「新年度に入った割には商いは細く、日を追うごとに売り圧力が弱まっている。ほぼ二番底 に近い」(みずほ証券・シニアテクニカルアナリストの中村克彦氏)との声が出ていた。 <15:14> 新興株市場は軟調、大型株に比べて下げは「マイルド」との...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、大型株に比べて下げは「マイルド」との声も

<15:14> 新興株市場は軟調、大型株に比べて下げは「マイルド」との声も 新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日続落、東証マザーズ指数は小幅続落となった。指数は下げ たものの、「下落率は日経平均やTOPIXに比べてマイルド。個人や機関投資家の投げ売りも一巡し、中 小型株には物色が入るようになってきた」(ストラテジスト)との声が出ていた。 マザーズ市場ではMRT がストップ高比例配分。NexTone は一時ストップ高。 サーバーワークス も買われた。半面、HANATOUR JAPAN はストップ安比例 配分。ポート 、AI CROSS...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up