for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社かんぽ生命保険

7181.T

現在値

2,341.00JPY

変化

43.00(+1.87%)

出来高

2,346,600

本日のレンジ

2,318.00

 - 

2,378.00

52週レンジ

1,238.00

 - 

2,428.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,298.00
始値
2,318.00
出来高
2,346,600
3か月平均出来高
23.61
高値
2,378.00
安値
2,318.00
52週高値
2,428.00
52週安値
1,238.00
発行済株式数
562.43
時価総額
1,292,855.00
予想PER
9.44
配当利回り
3.31

次のエベント

Full Year 2021 Japan Post Insurance Co Ltd Earnings Presentation (Japanese)

適時開示

その他

Japan Post Insurance Says To Buy Back Up To 29.0% Of Own Shares Worth 439.8 Billion Yen On May 17

Japan Post Insurance Co To Issue 200 Billion Yen In Subordinated Bonds

Japan Post Insurance Co - Notice Regarding Issuance Of Subordinated Unsecured Bonds For Domestic Public Offering

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社かんぽ生命保険とは

かんぽ生命保険グループは生命保険事業セグメントを担う。【事業内容】日本郵政グループは生命保険のほか、郵便・物流事業、金融窓口事業、国際物流事業、銀行業等を行う。生命保険業は保険引受業務、資産運用業務を行う。同社は他の保険会社その他金融業を行う。同社はまた管理機構から委託された簡易生命保険管理業務を行う。

業種

Insurance (Life)

連絡先

Otemachi Place West Tower

2-3-1, Ote-machi

CHIYODA-KU, TKY

100-8794

Japan

+81.3.34770111

https://www.jp-life.japanpost.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Tetsuya Senda

President, Chief Executive Officer, Representative Executive Officer, Director

Yasuaki Hironaka

Senior Managing Executive Officer

Tomoaki Nara

Senior Managing Executive Officer

Norihiro Fujimori

Managing Executive Officer, Chief Director of Tokyo Area

Nobuyasu Kato

Managing Executive Officer

統計

2.20 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

7.9K

2020

7.2K

2021

6.7K

2022(E)

6.5K
EPS (JPY)

2019

200.860

2020

267.400

2021

295.331

2022(E)

243.417
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.78
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.19
株価純資産倍率(四半期)
0.45
株価キャッシュフロー倍率
5.73
総負債/総資本(四半期)
10.56
長期負債/資本(四半期)
10.56
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.23

最新ニュース

最新ニュース

14日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

14日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・三井不動産 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.04%にあたる10 00万株、取得総額150億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月17日 から2022年3月31日。 ・T&Dホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.37% にあたる1400万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間 は5月17日から7月30日。 ・GSIクレオス 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.39%にあたる 30万株、取得総額...

ゆうちょ銀、国債保有比率は22.8%で横ばい CLOは減少

日本郵政グループが14日発表した2021年3月期決算によると、ゆうちょ銀行の国債保有残高は3月末時点で50兆4934億円で、運用資産に占める割合は22.8%と、過去最低だった12月末の22.7%とほぼ変わらなかった。3月末時点の法人向けローン証券化商品(CLO)への投資は、12月末と比べ850億円減少した。

ゆうちょ銀、国債保有比率は22.8%で横ばい CLOは減少

日本郵政グループが14日発表した2021年3月期決算によると、ゆうちょ銀行の国債保有残高は3月末時点で50兆4934億円で、運用資産に占める割合は22.8%と過去最低だった12月末の22.7%とほぼ変わらなかった。3月末時点の法人向けローン証券化商品(CLO)への投資は、12月末と比べ850億円減少した。

日本郵政がかんぽ株売却、4000億円規模 議決権比率5割切る

日本郵政は14日、かんぽ生命保険の株式1億6290万6300株をかんぽに売却すると発表した。日本郵政の議決権比率は64.48%から49.90%に低下する。

焦点:国内主要生保、21年度は超長期国債を積み増し 外債はやや慎重

国内主要生保の2021年度一般勘定資産運用計画では、超長期債を中心に円金利資産を積み増す一方、海外のソブリン債には直近の金利上昇にもかかわらず慎重な姿勢が目立つ。米長期金利や為替ヘッジコストの将来的な上昇が警戒されている。一方で海外の社債などクレジット物には積極的、国内株にはリスク削減の観点から総じて売り目線だ。

かんぽ不適切販売、新たに1301人処分 営業活動は4月から本格再開

かんぽ生命保険の不適切な商品販売をめぐり、日本郵政グループは24日、新たに1301人の処分を行ったと発表した。昨年11月末までにすでに2050人を処分しており、処分人数は合計で3351人となる。

ゆうちょ銀、国債保有比率は22.7%に低下 CLOは増加

日本郵政グループが12日発表した2020年4―12月期決算によると、ゆうちょ銀行の国債保有残高は12月末時点で50兆2856億円で、運用資産に占める割合は過去最低となる22.7%だった。6月末、9月末は、それぞれ24.8%、24.1%だった。12月末時点の法人向けローン証券化商品(CLO)への投資は、9月末と比べ1568億円増加した。

ゆうちょ銀、低金利で国債離れ続く 12月末の保有比率は22.7%

日本郵政グループが12日発表した2020年4―12月期決算によると、ゆうちょ銀行の国債保有残高は12月末時点で50兆2856億円となり、運用資産に占める割合は22.7%だった。低金利に伴い国債離れが続いている。6月末は24.8%、9月末は24.1%だった。

かんぽ生命、2000億円の劣後債を発行

かんぽ生命は22日、総額2000億円の劣後債を発行すると発表した。利率は1月28日から10年間1.050%、それ以降は5年国債金利に2.010%を加算したものとなり、5年ごとに更新する。償還期限は2051年1月28日。

ホットストック:かんぽ生命は10%超高、自社株買い報道を材料視

かんぽ生命保険は年初来高値を更新し、10%超高での推移となっている。午前9時27分現在、東証1部の値上がり率第2位。かんぽ生命が自社株買いを実施し、持ち株会社である日本郵政の出資比率を50%以下に引き下げる方針を固めたとブルームバーグなどが報じたことが材料視されている。

資本政策・株主還元で恒常的に検討、決定事実ない=自社株買い報道でかんぽ

かんぽ生命保険は16日、自社株買いと劣後債発行を検討しているとの報道について、「資本政策と株主還元の充実について恒常的に検討を行っているが、現在決定した事実はない」とのコメントを発表した。

ゆうちょ銀、9月末のCLO残高・評価損が増加 国債は減少

ゆうちょ銀行は13日、9月末の法人向けローン証券化商品(CLO)への投資額が増加したと発表した。CLOは評価損も増加した。国債保有残高は減少し、運用資産に占める割合も低下した。

ゆうちょ銀、9月末のCLO残高・評価損が増加 国債は減少

ゆうちょ銀行は13日、9月末の法人向けローン証券化商品(CLO)への投資額が増加したと発表した。CLOは評価損も増加した。国債保有残高は減少し、運用資産に占める割合も低下した。

日本郵政、かんぽ保険の営業を10月5日に再開 昨年7月から自粛

日本郵政グループ<6178.T>と日本郵便、ゆうちょ銀行<7182.T>、かんぽ生命保険<7181.T>は11日、自粛していたかんぽ生命保険商品などの営業について、10月5日から再開すると発表した。

日本郵政、かんぽ保険営業再開へ 「信頼回復から始める」

日本郵政グループ<6178.T>と日本郵便、ゆうちょ銀行<7182.T>、かんぽ生命保険<7181.T>は26日、自粛していたかんぽ生命保険商品などの営業について「ただちに商品を勧奨するなどの積極的な営業活動をするのではなく、信頼回復に向けた業務運営を行うことから始めていく」と発表し、営業の再開を明らかにした。

ゆうちょ銀、6月末国債保有比率は過去最低の24.8% 国債離れ続く

日本郵政<6178.T>グループが7日発表した2020年4―6月期決算によると、ゆうちょ銀行<7182.T>の国債保有残高は6月末時点で53兆5791億円となり、運用資産に占める割合は24.8%と過去最低の水準だった。低金利に伴う国債離れが続いている。

現時点で具体的な事項はない=豪トール売却で浅井日本郵政執行役

日本郵政<6178.T>の浅井智範執行役は7日の決算会見で、豪物流子会社トール・ホールディングスの売却を検討しているとの一部報道について「現時点で具体的な事項はない」とコメントした。

BRIEF-浅井日本郵政執行役:現時点で具体的な事項はない=豪トール事業売却について

日本郵政の浅井智範執行役は7日、決算会見で以下の通り発言した。 * 浅井日本郵政執行役:現時点で具体的な事項はない=豪トール事業売却について *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

日本郵政、不適切保険販売で2448人に業務停止などの処分

日本郵政<6178.T>は30日、かんぽ生命<7181.T>と日本郵便の不適切な保険販売の問題で、営業担当などの社員2448人に業務停止などの処分を行ったと発表した。

かんぽ社長、不適切販売を重ねて陳謝 株主総会は上場来最短

かんぽ生命保険<7181.T>の千田哲也社長は15日の定時株主総会で、不適切な保険販売で行政処分を受けたことを重ねて陳謝した。新型コロナの影響で出席した株主は前回から半減し、2015年11月の株式上場以降で最短となる30分弱で総会を終えた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up