for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

プレミアグループ株式会社

7199.T

現在値

1,822.00JPY

変化

-43.00(-2.31%)

出来高

125,900

本日のレンジ

1,810.00

 - 

1,848.00

52週レンジ

1,098.33

 - 

1,983.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,865.00
始値
1,844.00
出来高
125,900
3か月平均出来高
5.52
高値
1,848.00
安値
1,810.00
52週高値
1,983.00
52週安値
1,098.33
発行済株式数
38.75
時価総額
73,217.02
予想PER
17.86
配当利回り
1.02

次のエベント

Q3 2023 Premium Group Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Premium Group Co: To Conduct 3-For-1 Stock Split For Shareholders As Of Aug. 31

Premium Group to acquire stake in SOFTPLANNER

Premium Group plans system service JV with partner

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

プレミアグループ株式会社とは

プレミアグループは、主にクレジット関連事業を行う会社である。【事業内容】事業サービス別に4つの事業を営む。オートクレジット事業は、中古車小売店のオート取引先に特化した営業活動を行う。また、業務の効率化を目的として、オートクレジットを利用するにあたって発生する書類について、郵便や宅配便等で授受を行う場合がある。ワランティ事業は、自動車に故障が発生した際、あらかじめ定めた保証の提供範囲内において、無償で修理が受けられるサービスを提供する。また、プライムワランティとカーセンサーアフター保証などの自動車ワランティ商品を提供する。整備事業は、ワランティ事業で発生する自動車修理業務を内製化すること等を目的に、展開される。その他事業は、海外でも自動車販売に係るファイナンスやワランティの事業を展開。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

19F

Okura Prestige Tower, 2-10-4, Taranomon

MINATO-KU, TKY

105-0001

Japan

+81.3.51145701

http://www.premium-group.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yoichi Shibata

President, Representative Executive Officer, President of Subsidiaries, Representative Director

Fumiya Nakamura

Senior Executive Officer, Director of Finance

Toru Ohnuki

President of Subsidiary, Director

Toru Onuki

President of Subsidiaries, Director

Kunio Saito

President of Subsidiary, Director

統計

1.75 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.0K

2021

0.0K

2022

0.0K

2023(E)

0.0K
EPS (JPY)

2020

37.443

2021

62.247

2022

76.463

2023(E)

102.042
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.91
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.27
株価純資産倍率(四半期)
5.77
株価キャッシュフロー倍率
13.05
総負債/総資本(四半期)
190.04
長期負債/資本(四半期)
164.62
投資利益率(過去12カ月)
5.64
自己資本利益率(過去12カ月)
5.36

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線が抵抗線に

<15:27> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線が抵抗線に 日経平均・日足は「小陽線」となった。2万8195円58銭で取引を終えた。25 日移動平均線(2万8265円33銭=30日)が再び上向きに転じ、やや地合いが改善 。ローソク足も下ヒゲが長めで買い意欲をうかがわせる。ただ、25日線には届いておら ず、目先の上値めどになりやすい。下方向では、前日の安値(2万7788円12銭)や 200日移動平均線(2万7518円69銭=同)がサポートになりそうだ。 <15:04> 新興株はマザーズが反発、25日線がサポート 新興株式市場は、マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反発、25日線がサポート

<15:04> 新興株はマザーズが反発、25日線がサポート 新興株式市場は、マザーズ総合は1.77%高の740.12ポイントと、反発した 。東証グロース市場指数は前営業日比1.77%高の941.09ポイントだった。 ハイテク株比率の高い米ナスダック総合の先物が時間外取引で小高く推移し、投資家 心理を支援した。「25日移動平均線(730.17ポイント=30日)がサポートにな り、底堅さが意識された」(国内証券)との声も聞かれた。 Appier GroupやJTOWERが大幅高となったほか、 M&A総合研究所が高値を更新した。一方、FinatextHLDG...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は300円超高、米株先物のプラス推移が支援

<13:30> 日経平均は300円超高、米株先物のプラス推移が支援 日経平均は後場に一段高となり、300円超高となっている。市場では「時間外取引 の米株先物が小じっかりとなっており、買い安心感につながっている」(国内証券)との 声が聞かれる。午前に軟調だったファーストリテイリングは小高い。 TOPIXグロース指数と同バリュー指数は1.2─1.3%高程度で、大きな偏り なく「薄く広く買われている」(別の国内証券)状況。円安が輸出関連を支援している一 方、新型コロナウイルスの新規感染者数の減少傾向でリオープン(経済再開)関連株など 内需株を...

午前の日経平均は反発、自律反発期待が優勢 円安や感染減も支え

30日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比283円56銭高の2万8162円52銭と、反発した。前日の米国市場では主要3指数が下落したが、前日の日本株の大幅安は下げ過ぎとの見方から、自律反発を期待した買いが優勢となった。円安や新型コロナウイルスの新規感染者数の減少傾向なども支えになった

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もち合い、値ごろ感手伝い底堅さを増す

<10:30> 日経平均は強もち合い、値ごろ感手伝い底堅さを増す 日経平均は強もち合い。2万8000円を超え、約280円高の水準で推移している 。大きく下落した後の時価水準は割安感もあり、値ごろ感も手伝って底堅さが増している という。 時間外取引の米株先物はプラスに転じて徐々に上向き、買い安心感を与える要因にな っている。 市場では「円安と新型コロナウイルスの感染者が減少傾向にあることがプラス材料。 とくに、後者からリオープン(経済再開)銘柄が物色されている」(国内証券)との声が 聞かれた。 リオープン関連では、空運や陸運、旅行関連が堅調...

日経平均は反発スタート、下げ過ぎとの見方から買い優勢に

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比207円76銭高の2万8086円72銭と、反発してスタートした。前日の米国株式市場はさえなかったものの、下げ過ぎの見方から買い優勢となっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、第一実業は買い優勢 プレミアグループは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、第一実業は買い優勢 プレミアグループは売り優 勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気配 終値 率 配 1 第一実業 18% 4,495 4,495 4,495 3,795 2 インターアクション 7% 1,955 1,954 1,955 1,825 3 アイチ 7% 890 889 890 834 4 トーエネック 6% 3,898 3,895 3,900 3,665 5 あいHLDG 5% 2,150...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、5日線と10日線が急上昇

<15:51> 日経平均・日足は「中陽線」、5日線と10日線が急上昇 日経平均・日足は下に短いヒゲを伴う「中陽線」。買い手の心理としては強い上昇期 待感を示している。終値は2万7803円00銭。 5日移動平均線(2万7175円36銭=21日)や10日線(2万6851円23 銭=同)が角度を付けて急上昇しており、強い相場を示唆している。ただ、日経平均は6 日続伸と急ピッチで上昇していることから、短期的には高値警戒感も意識されそうだ。 <15:36> 新興株はマザーズが3日続伸、グロース株に買い戻し 新興株式市場は、マザーズ総合が2.79%...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが3日続伸、グロース株に買い戻し

<15:36> 新興株はマザーズが3日続伸、グロース株に買い戻し 新興株式市場は、マザーズ総合が2.79%高の714.67ポイントと3日続伸 して取引を終えた。東証グロース市場指数は前営業日比2.84%高の908.26ポイ ントで取引を終了。市場では「投資家の新規の買いが入っているというよりは、これまで 売られていた銘柄を買い戻す動きが中心」(国内運用会社)との声が聞かれ、グロース( 成長)株の上昇が目立った。 個別では、BASEやHENNGEが商いを伴って上昇。その他、 スポーツフィールドがストップ高となったほか、メディネットも堅調に...

〔マーケットアイ〕株式:小幅高でもみ合い、「日銀総裁の為替発言に注目」との声

<13:57> 小幅高でもみ合い、「日銀総裁の為替発言に注目」との声 後場の日経平均は、前営業日比約60円高の2万7700円台半ばでもみ合う展開が 続いている。物色に特徴は見られず方向感のない値動きで、マーケット参加者は新規材料 待ちで積極的に動きづらい状況となっている。 日銀の金融政策決定会合の結果は「想定通りの内容で、サプライズはない」(国内運 用会社)と受け止められた。ドル/円が138円前半で推移し円安基調が続く中、「黒田 東彦日銀総裁の為替に関する発言に変化がみられるかどうか注目している」(同)という 。 東証33業種では、値上...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小高い、日銀の物価見通し「影響大きくない」との受け止め

<12:38> 日経平均は小高い、日銀の物価見通し「影響大きくない」との受け 止め 日経平均は後場に入って小幅プラスに浮上した。日銀の金融政策決定会合の結果が昼 休み時間中に公表され、金融政策の現状維持と伝わった後、先物が強含んでいた。 2022年度の物価上昇率予想は目標の2%を上回る2.3%に引き上げたが「株式 市場では、政策への影響は大きくない水準と受け止められたようだ」(国内運用会社)と の指摘が出ていた。 <12:20> 日経平均先物は上昇、日銀政策「現状維持」で安心感も 日経平均先物は昼休み時間中に上昇した。日銀の金融政策決定会合...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均先物が上昇、日銀政策「現状維持」で安心感も

<12:20> 日経平均先物は上昇、日銀政策「現状維持」で安心感も 日経平均先物は昼休み時間中に上昇した。日銀の金融政策決定会合の結果が公表され 、金融政策の現状維持と伝わった後、強含んだ。市場では「市場内には政策変更への警戒 感もあったようだ。金融緩和政策の継続が確認されたことで安心感が出たのだろう」(国 内証券)との声が聞かれた。 <11:50> 前場の日経平均は小幅反落、前日の大幅高で利益確定売りが重し 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比22円73銭安の2万7657円53 銭と、小幅に反落した。前日までの上昇が急ピッチだったことから...

午前の日経平均は小幅反落、前日の大幅高で利益確定売りが重し

21日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比22円73銭安の2万7657円53銭と小幅に反落した。前日までの上昇が急ピッチだったことから、利益確定や戻り待ちの売りが優勢となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安を継続、日銀やECBの会合を控え「小休止」

<11:10> 日経平均は小幅安を継続、日銀やECBの会合を控え「小休止」 日経平均は、小幅安の水準で小動きが続いている。日銀の金融政策決定会合の結果公 表や欧州中央銀行(ECB)理事会を前に「積極的には動けず、全般的に模様眺めとなっ ており小休止」(国内証券)との声が聞かれる。 2万7600円付近を通る200日移動平均線が下値支持線となっており「割り込む と、前日の大幅高の反動が強まる可能性がある」(国内証券)と警戒する見方も出ている 。 東証33業種では、値下がりは鉄鋼や保険業、証券業など22業種で、値上がりはパ ルプ・紙や精密機器...

〔マーケットアイ〕株式:小幅安で推移、200日線上回り短期的な目標達成感生じる

<10:00> 小幅安で推移、200日線上回り短期的な目標達成感生じる 日経平均は小幅安で推移。2万7600円台で推移している。高値警戒感から伸び悩 む展開となっているが、一方で反動安と感じさせるような大きな下げとはならず、引き続 き基調が強い状況。前日に上値の目安となっていた200日移動平均線を上回ったため、 短期的な目標達成感が生じているという。 市場では、地合いが好転したことに関して「米金融引き締めだけではなく、米企業の 決算発表から半導体不足からくる収益悪化に対する過度な悲観論も後退。直近の上昇は単 なる自律反発ではなく、環境面...

寄り付きの日経平均は反落スタート、高値警戒から利益確定売り

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比52円38銭安の2万7627円88銭と、反落してスタート。前日までの上昇が急ピッチだったため、高値警戒感から利益確定売りが優勢になっている。ただ、深押しするとは感じさせない動きで、底堅い地合いが続いているとの印象を与えているという。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、大氣社は買い優勢 塩野義製薬は売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、大氣社は買い優勢 塩野義製薬は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気配 終値 率 配 1 大氣社 22% 3,890 3,890 3,890 3,190 2 インフォマート 19% 465 464 465 389 3 オーバル 19% 502 502 502 422 4 東亜建設工業 17% 2,956 2,955 2,956 2,524 5 奥村組 17% 3,465 3,465 3,465...

20日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

20日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・トーエル 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.71%にあたる35万 株、取得総額3億2340万円を上限とする自社株買いを実施へ。7月21日午前8時4 5分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う。買 い付け価格は7月20日終値の924円。  <株式分割> ・東京海上ホールディングス は、9月30日現在の株主に対して、10月1 日付で、1対3の株式分割を実施すると発表した。 ・プレミアグループ は、8月31日現在...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up