for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日産自動車株式会社

7201.T

現在値

544.50JPY

変化

-6.40(-1.16%)

出来高

15,809,600

本日のレンジ

538.40

 - 

546.30

52週レンジ

436.50

 - 

654.30

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
550.90
始値
542.90
出来高
15,809,600
3か月平均出来高
371.79
高値
546.30
安値
538.40
52週高値
654.30
52週安値
436.50
発行済株式数
3,914.46
時価総額
2,298,180.00
予想PER
8.63
配当利回り
0.92

次のエベント

Q1 2023 Nissan Motor Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Honda April Global Vehicle Production Falls 54.2% Year-On-Year To 190,060

Renault Exploring Nissan Stake Sale For EV Shift - Bloomberg News

Bank Of America owns 7.34% of Renault capital- AMF

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日産自動車株式会社とは

日産自動車グループは、自動車及び部品の製造・販売、並びに販売活動を支援するために販売金融サービスを行う。【事業内容】2つの事業セグメントで構成される。自動車事業は、電気自動車、コンパクトカー、軽自動車、ミニバン、商用車、トラック、マイクロバス等の自動車及び部品の製造・販売を行う。販売金融事業は、自動車事業の販売活動を支援するために、販売金融及びリース事業を行う。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

1-1-1, Takashima, Nishi-ku

YOKOHAMA-SHI, KNG

220-8686

Japan

+81.45.5235523

http://www.nissan.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasushi Kimura

Chairman of the Board of Directors, Independent Director

Makoto Uchida

President, Representative Executive Officer, Chief Executive Officer, Director

Jean Dominique Senard

Vice Chairman of Executive Board

Stephen Ma

Chief Financial Officer, Executive Officer

Ashwini Gupta

Chief Operating Officer, Representative Executive Officer, Chief Performance Officer, Chairman of Subsidiary, Director

統計

2.57 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

9.9K

2021

7.9K

2022

8.4K

2023(E)

9.9K
EPS (JPY)

2020

-171.540

2021

-114.670

2022

55.066

2023(E)

63.071
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.89
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.27
株価純資産倍率(四半期)
0.47
株価キャッシュフロー倍率
2.60
総負債/総資本(四半期)
155.71
長期負債/資本(四半期)
90.05
投資利益率(過去12カ月)
2.50
自己資本利益率(過去12カ月)
1.45

最新ニュース

最新ニュース

KKR傘下のマレリ、ADR成立せず 簡易再生手続きへ

経営再建中で私的整理の一つである事業再生ADRを申請していた大手自動車部品メーカーのマレリホールディングス(旧カルソニックカンセイ)は24日の債権者集会で、株主のKKRを支援企業とする再建計画案への全会一致での合意が得られなかったと発表した。この結果、同社は法的整理の一つである簡易再生手続きを行うこととし、東京地裁に民事再生手続き開始の申し立てを行った。

ルノーと日産、仏で集団訴訟 自動車エンジンの問題巡り

仏自動車大手・ルノーとその提携相手、日産自動車に対し、フランスの顧客が2012─16年に製造された自動車エンジンの問題をめぐり集団訴訟を起こしたことが明らかになった。

ホットストック:トヨタなど自動車株が軒並み大幅安、円高進行を嫌気

自動車株が軒並み大幅安となっている。東証33業種中、輸送用機器が値下がりトップとなっているほか、個別では三菱自動車工業、日産自動車が5%超安、トヨタ自動車、デンソー、マツダ、ホンダ、SUBARUなども3%超安で推移している。

焦点:自動車各社、部品メーカーのコスト増負担 供給網を防衛

部品や資材の調達先も巻き込んで無駄を削り、生産性を向上してコスト低下につなげる原価低減は日本の製造業、とりわけ自動車業界の代名詞だった。しかし、今年は様相が異なる。未曽有の資源高に直面する部品メーカーに対し、トヨタ自動車や日産自動車など自動車各社が柔軟に値上げの要望を聞く異例の事象が起きている。

日産の新型軽EV「サクラ」、想定超す受注 7月からはサブスクも

日産自動車は13日、軽自動車の電気自動車(EV)「サクラ」の受注が、先月20日に発売を発表してから約3週間で1万1429台になったと発表した。1カ月の販売計画を上回る。

アップル、新型マックブックエア発表 新iOSで車載システム刷新

米アップルは6日、開発者向けイベント「WWDC2022」を開催し、さまざまな新技術を発表した。

UPDATE 1-アップル、新型マックブックエア発表 新iOSで車載システム刷新

米アップルは6日、開発者向けイベント「WWDC2022」を開催し、さまざまな新技術を発表した。

ロシア新車販売、5月は前年比83.5%減 西側の制裁で打撃

欧州ビジネス協会(AEB)が6日発表した5月のロシア新車販売台数は前年比83.5%減の2万4268台となった。欧米諸国の制裁による部品不足と価格の高騰で、ロシアの自動車産業は壊滅的な打撃を受けている。

焦点:ウクライナ戦争でワイヤーハーネス不足深刻、EV移行加速か

電源供給や信号通信に使われる電線の束と端子などで構成されるワイヤーハーネスは、自動車部品の中でも単価が安い。だが、その品不足が業界にとって思いもよらぬ頭痛の種になっている。一部からは、内燃自動車の凋落(ちょうらく)が早まる可能性があるとの声も聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、プラス2シグマに接近 調整意識も

<16:02> 日経平均・日足は「小陽線」、プラス2シグマに接近 調整意識も 日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万7457円89銭。始値がほぼ安 値となった一方、上ヒゲも短く、買い方の強さが示された。25日移動平均線(2万67 00円41銭=1日)など主要な移動平均線の多くや、日足・一目均衡表の雲(上限:2 万6923円50銭)から上放れた強い基調を継続した。 一方、心理的節目2万7500円の手前で足踏みとなった。ボリンジャーバンドのプ ラス2シグマ(2万7467円17銭=同)に近く、短期的な調整が意識されやすい水準 でもある...

日経平均は反発、円安や経済再開への思惑が支援

東京株式市場で日経平均は、前営業日比178円09銭高の2万7457円89銭と、反発して取引を終えた。連休明けの米国株式市場は反落だったが、為替の円安やコロナ禍からの経済再開(リオープン)への期待を支えに、しっかりとした値動きになった。

国内新車販売、5月は18.1%減 半導体不足や都市封鎖の影響続く

自動車販売の業界団体が1日発表した5月の国内新車販売台数は、前年同月比18.1%減の26万1433台と11カ月連続で減少した。長引く世界的な半導体不足のほか、新型コロナウイルス感染拡大に伴う中国・上海でのロックダウン(都市封鎖)で部品供給に遅れが生じており、各社の減産が続いていることが響いた。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が小幅反発、メルカリの上昇が牽引

<15:05> 新興株はマザーズ総合が小幅反発、メルカリの上昇が牽引 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.61%高の675.33ポイントと 小幅に反発した。値がさのメルカリが大幅高となり、指数を牽引した。 メルカリは31日、上場市場区分を6月7日付でグロースからプライムに変更すると 発表し、TOPIX連動ファンドなどでの組み入れ需要への期待感から買われて7%高と なった。 JIG─SAWやCYBERDYNEも堅調だった一方、ビジョナ ル、ジーエヌアイグループ、アドベンチャーはさえなかった。 東証グロース市場に5月31日に上場した...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、米株安後のプラス推移に「底堅さ」意識も

<13:28> 日経平均は上げ幅縮小、米株安後のプラス推移に「底堅さ」意識も 後場の日経平均は、前引け時点より、上げ幅を縮めている。 市場では「米株市場が下落した後に、これほど強いとは想定外」(国内証券)との声 が聞かれる。後場も上げ幅を縮めているがプラスを維持しており「底堅さを印象付ける」 (同)という。 為替の円安方向の動きや、時間外取引の米株先物の小高い推移が投資家心理の支えに なっている。 業種別では、INPEXを含む鉱業が前引け時点に比べて下げ幅を広げてい る。パルプ・紙や空運業は上げ幅を縮小している。一方、海運業は上げ幅を広...

午前の日経平均は反発、景気敏感株がしっかり トヨタは3%超高

1日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比192円69銭高の2万7472円49銭と、反発した。連休明けの米国株式市場は反落したものの、日本株は時間外取引での米株先物のしっかりとした動きや外為市場での円安基調が支援した。景気敏感株を中心に買いが先行し、TOPIXは1.30%高。個別ではトヨタが3%超高となった。

ホットストック:トヨタなど自動車株が軒並み高、今期「記録的利益」とJPモルガンが指摘

トヨタ自動車など、自動車株が軒並み高となっている。日本の自動車メーカーが今年、記録的な利益を計上する可能性が高いとJPモルガンが指摘したことが手掛かりになっている。足元で、トヨタが3%高、日産自動車が4%超高、ホンダが2%超高などとなっている。

中国、小型エンジン車の取得税引き下げ 22年末までの購入分

中国財政省は31日、自動車販売の押し上げに向けて、小型エンジン車の購入税の税率を従来の半分の水準に引き下げる時限措置を発表した。

トヨタ、4月世界販売11%減で8カ月連続前年割れ 生産も3カ月ぶり

トヨタ自動車が30日発表した4月の世界販売(トヨタ車とレクサス車のみ)は、前年同月比11.1%減の76万3708台と8カ月連続で減少した。新型コロナウイルスの感染拡大や部品不足が響いた。世界生産は同9.1%減の69万2259台と3カ月ぶりに前年を割り込み、抑制的に立てていた計画を中国・上海のロックダウン(都市封鎖)などの影響で下回った。

焦点:中国自動車市場、EV化で国内勢が海外メーカー大逆転

世界的自動車メーカーが電気自動車(EV)の時代に入っても中国で支配的地位を保てると考えているとすれば、ショックを味わうことになるかもしれない。

仏ルノー、分離計画のガソリン車事業に複数の提携案=関係筋

仏自動車大手ルノーが、分離を計画するガソリン車事業に対して複数の提携案が提示されたことが関係者2人の話で分かった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up