for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日産自動車株式会社

7201.T

現在値

529.30JPY

変化

-9.70(-1.80%)

出来高

10,723,000

本日のレンジ

528.10

 - 

535.00

52週レンジ

436.50

 - 

654.30

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
539.00
始値
535.00
出来高
10,723,000
3か月平均出来高
372.17
高値
535.00
安値
528.10
52週高値
654.30
52週安値
436.50
発行済株式数
3,914.32
時価総額
2,227,271.00
予想PER
8.39
配当利回り
0.95

次のエベント

Dividend For 7201.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Renault CFO says volumes in second half should be stronger than H1

Renault CFO: we expect close to 500 million euros in dividends in future

Renault Sees Nissan's Contribution To Q2 Net Income At EUR 276 Mln

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日産自動車株式会社とは

日産自動車グループは、自動車及び部品の製造・販売、並びに販売活動を支援するために販売金融サービスを行う。【事業内容】2つの事業セグメントで構成される。自動車事業は、電気自動車、コンパクトカー、軽自動車、ミニバン、商用車、トラック、マイクロバス等の自動車及び部品の製造・販売を行う。販売金融事業は、自動車事業の販売活動を支援するために、販売金融及びリース事業を行う。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

1-1-1, Takashima, Nishi-ku

YOKOHAMA-SHI, KNG

220-8686

Japan

+81.45.5235523

http://www.nissan.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasushi Kimura

Chairman of the Board of Directors, Independent Director

Makoto Uchida

President, Representative Executive Officer, Chief Executive Officer, Director

Jean Dominique Senard

Vice Chairman of Executive Board

Stephen Ma

Chief Financial Officer, Executive Officer

Ashwini Gupta

Chief Operating Officer, Representative Executive Officer, Chief Performance Officer, Chairman of Subsidiary, Director

統計

2.62 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

9.9K

2021

7.9K

2022

8.4K

2023(E)

10.0K
EPS (JPY)

2020

-171.540

2021

-114.670

2022

55.066

2023(E)

64.335
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.94
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.26
株価純資産倍率(四半期)
0.42
株価キャッシュフロー倍率
2.73
総負債/総資本(四半期)
146.45
長期負債/資本(四半期)
88.79
投資利益率(過去12カ月)
1.73
自己資本利益率(過去12カ月)
1.03

最新ニュース

最新ニュース

コラム:中国自動車市場、西側にとって真の懸念は国内勢の実力

中国に進出した西側自動車メーカーは頭の痛い問題をあれこれ抱えており、中国による政治的な干渉はその1つに過ぎない。欧米自動車大手ステランティスのカルロス・タバレス最高経営責任者(CEO)は先月、中国の合弁事業からの撤退を表明した際、政府の干渉を理由に挙げた。しかし、より深刻な懸念は、中国メーカーの市場シェアがどんどん拡大しており、間もなく海外市場でも大きな脅威となりかねないことの方にある。

アングル:半導体不足、自動車メーカーとの力関係に地殻変動

世界中の自動車メーカーが、この2年間で1000万台を超える大幅な生産計画の見直しを強いられた。その原因である半導体不足が、足元で改善しつつある。ただ、自動車メーカーが今回の混乱を教訓に半導体業界との連携強化を図ったため、半導体製造に関する一定のコストやリスクが自動車メーカーに移り、両産業の関係に「地殻変動」が起きている。

7月の国内新車販売は7.4%減、部品供給に遅れ続く

自動車販売の業界団体が1日発表した7月の国内新車販売台数は、前年同月比7.4%減の34万9335万台だった。長引く世界的な半導体不足や新型コロナウイルスの感染拡大による影響などにより、トヨタ自動車やホンダなどを中心に部品供給に遅れが続いている。

仏ルノー、ロシア撤退響き上期は最終赤字 収益性は改善

仏自動車メーカー、ルノーが29日発表した上期決算は、ロシア撤退費用が重しとなり最終赤字となった。ただ他の地域での収益改善を受けて通期見通しを引き上げた。

日産の4─6月期、原材料高で14%の営業減益 通期見通しは維持

日産自動車が28日発表した2022年4─6月期連結決算は、営業利益が前年同期比14.2%減の649億円だった。円安などの増益要因があった一方、原材料価格の高騰が響いた。23年3月期通期業績は従来予想を据え置いた。

UPDATE 1-日産の4─6月期、原材料高で14%の営業減益 通期見通しは維持

日産自動車が28日発表した2022年4─6月期連結決算は、営業利益が前年同期比14.2%減の649億円だった。円安などの増益要因があった一方、原材料価格の高騰が響いた。23年3月期通期業績は従来予想を据え置いた。

今日の株式見通し=続伸、米利上げペース鈍化を期待 2万8000円回復も

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸の展開が想定されている。米国市場では連邦公開市場委員会(FOMC)後のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言で、利上げペースの鈍化期待が強まって株高となった。日本株はこれを好感する形で買いが先行すると見込まれ、2万8000円の回復も意識される。一方、買い一巡後は利益確定売りが上値を抑えそうだという。

米エネ省、GM合弁のEV用電池製造に25億ドル融資へ=関係筋

[ワシントン 25日 ロイター] - 米エネルギー省が韓国の電気自動車(EV)用電池大手LGエナジー・ソリューションと米ゼネラル・モーターズ(GM)の合弁会社に対し、リチウムイオン電池製造施設の建設資金として25億ドルの融資を実施することが関係筋の話で分かった。

マレリHD、再建計画が認可 KKR支援で資本再生へ

米投資ファンドKKR傘下で日産自動車系の大手自動車部品メーカー、マレリホールディングス(さいたま市)は19日、簡易再生手続きのもと提示した再建計画が債権額ベースで約90%の債権者からの同意を得て可決され、東京地裁が認可したと発表した。再建計画に基づく資本再編は、支援企業(スポンサー)であるKKRの追加出資と金融機関による債権放棄が中心となる。

KKR傘下マレリ、再建計画が可決 負債額1.1兆円で製造業最大

米投資ファンドKKR傘下で日産自動車系の大手自動車部品メーカー、マレリホールディングス(旧カルソニックカンセイ、さいたま市)は19日、簡易再生手続きのもと提示した再建計画案が90%を上回る債権者からの同意を得て可決され、東京地裁から認可されたと発表した。

訂正KKR傘下マレリ、簡易再生手続き開始 負債額1.1兆円で製造業で過去最大

(本文最後の段落で、再生手続き開始決定を受けたのは7日ではなく、簡易再生手続きを申請したのが7日である点を訂正します。)

KKR傘下マレリ、簡易再生を申請 負債額1.1兆円で製造業で過去最大

KKR傘下の大手自動車部品メーカー、マレリホールディングス(旧カルソニックカンセイ、さいたま市)は7日、東京地裁に法的整理で民事再生の一種である簡易再生を申請した。帝国データバンクによると、2020年12月末時点の負債総額は約1兆1856億円で、タカタの1兆823億円を超えて製造業では過去最大の負債額となる。

ロシア新車販売、6月は前年比82%大幅減=欧州ビジネス協会

欧州ビジネス協会(AEB)が6日発表した6月のロシア新車販売台数は、前年比82%減の2万7761台だった。欧米の経済制裁が部品供給に影響を及ぼしたほか、価格高騰による需要冷え込みや外国メーカーの撤退が大きな逆風になった。

〔表〕2022年第2四半期の米乗用車・ライトトラック販売台数(メーカー別)

AUTOMAKER Q2 2022 Q2 2021 PCT CHNG 1 General Motors 582,401 688, 236 -15.4% 2 Toyota Motor^ 531,105 688, 813 -22.9% 3 Ford Motor 483,688 475, 327 1.8% 4 Fiat Chrysler 408,521 485, 312 -15.8% 5 Honda Motor Co^^ 239,789 486, 419 -50.7% 6 Hyundai 184,191 240, 005 -23.3% 7 Nissan...

〔表〕2022年第2四半期の米自動車販売台数トップ20車種

RANK VEHICLE Q2 2022 Q2 2021 PCT CHNG 1 Ford F-Series P/U 158,644 158,235 +0.3 2 Chevy Silverado-C/K P/U 143,032 164,731 -13.2 3 Ram P/U 117,867 164,232 -28.2 4 Toyota RAV4 99,693 106,940 -6.8 5 Toyota Camry 74,420 99,520 -25.2 6 Toyota Corolla 69,331 83,011 -16.5 7 GMC...

米自動車販売、第2四半期はGMが首位奪還 在庫不足長引く

自動車メーカー各社が1日発表した第2・四半期の米自動車販売台数によると、米ゼネラルモーターズがトヨタを上回り、首位を奪還した。米の自動車業界は、長引く半導体不足とサプライチェーンの混乱を受け、消費者の旺盛な新車需要への対応に腐心している。

〔表〕2022年第2四半期の米乗用車・ライトトラック販売台数(メーカー別)

AUTOMAKER Q2 2022 Q2 2021 PCT CHNG 1 General Motors 582,401 688,236 -15.4% 2 Toyota Motor^ 531,105 688,813 -22.9% 3 Hyundai 184,191 240,005 -23.3% 4 Kia 182,146 218,961 -16.8% 5 Mazda Motor Co 60,535 105,909 -42.8% 6 Porsche 19,487 18,958 2.8% TOTAL 1,559,865 1,960,882 -...

日産、ルノーとの提携契約の一部を初公開=有価証券報告書

日産自動車は30日、連合(アライアンス)を組む仏自動車大手ルノーとの提携契約の内容の一部を有価証券報告書の中で公開した。28日の定時株主総会では契約内容の開示を求める株主提案は否決されたが、日産は契約上の守秘義務に抵触しない範囲で情報を開示する方針を示していた。

BRIEF-日産、ルノーとの提携契約内容を一部公開=有価証券報告書で

* 日産、ルノーとの提携契約内容を一部公開=有価証券報告書で * 第三者が日産株の取得意思表明などの場合除き、ルノーは日産取締役会の事前承諾なく44%超の株式取得禁止 * ルノーが議決権行使の一定原則に従わない場合除き、日産はルノー取締役会の事前承諾なくルノー株15%超の取得禁止 * 提携契約に基づき、ルノーの指名による2人が日産の取締役を務める * 日産取締役会の承認なくルノーが株主提案した場合、日産はルノー株式追加取得が可能=協定で * 日産取締役会の承認なくルノーが株主提案した場合、日産はルノー株式追加取得が可能 * 日産取締役会...

UPDATE 1-トヨタ、5月世界販売9.4%減で9カ月連続前年割れ 生産は2カ月連続

トヨタ自動車が29日発表した5月の世界販売(トヨタ車とレクサス車のみ)は前年同月比9.4%減の76万1466台と9カ月連続で減少した。世界生産は同5.3%減の63万4940台と2カ月連続で前年割れし、2度の下方修正をした計画「70万台程度」を6万台ほど下振れた。半導体不足や新型コロナウイルス感染拡大が響いた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up