for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日産自動車株式会社

7201.T

現在値

587.20JPY

変化

-8.30(-1.39%)

出来高

12,572,900

本日のレンジ

583.30

 - 

593.70

52週レンジ

364.20

 - 

664.50

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
595.50
始値
589.00
出来高
12,572,900
3か月平均出来高
319.88
高値
593.70
安値
583.30
52週高値
664.50
52週安値
364.20
発行済株式数
3,913.10
時価総額
2,478,404.00
予想PER
21.63
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2022 Nissan Motor Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Nissan Motor To Shrink Planned Oct & Nov Global Production By 30% - Nikkei

Nissan To Further Adjust N. American Production Schedules In August

Renault CEO Says Doing Some Very Good Work With Nissan As Part Of Alliance

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日産自動車株式会社とは

日産自動車グループは、自動車及び部品の製造・販売、並びに販売活動を支援するために販売金融サービスを行う。【事業内容】2つの事業セグメントで構成される。自動車事業は、電気自動車、コンパクトカー、軽自動車、ミニバン、商用車、トラック、マイクロバス等の自動車及び部品の製造・販売を行う。販売金融事業は、自動車事業の販売活動を支援するために、販売金融及びリース事業を行う。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

1-1-1, Takashima, Nishi-ku

YOKOHAMA-SHI, KNG

220-8686

Japan

+81.45.5235523

http://www.nissan.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasushi Kimura

Chairman of the Board of Directors, Independent Director

Makoto Uchida

President, Representative Executive Officer, Chief Executive Officer, Director

Jean Dominique Senard

Vice Chairman of Executive Board

Stephen Ma

Chief Financial Officer, Executive Officer

Ashwini Gupta

Chief Operating Officer, Representative Executive Officer, Chief Performance Officer, Chairman of Subsidiary, Director

統計

2.75 mean rating - 20 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

11.6K

2020

9.9K

2021

7.9K

2022(E)

9.5K
EPS (JPY)

2019

81.590

2020

-171.540

2021

-114.670

2022(E)

27.144
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.28
株価純資産倍率(四半期)
0.56
株価キャッシュフロー倍率
4.06
総負債/総資本(四半期)
179.67
長期負債/資本(四半期)
97.20
投資利益率(過去12カ月)
-0.29
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.16

最新ニュース

最新ニュース

フォード、英工場に3億ドル投資 EV部品を生産へ

米フォードは18日、英イングランド北部ヘイルウッドにある自社工場で電気自動車(EV)部品を生産するため、最大2億3000万ポンド(3億1600万ドル)を投資すると発表した。

日産、栃木工場に世界初の生産技術導入 CO2を30年に41%減

日産自動車は8日、脱炭素や人手不足、電動車普及に対応するため刷新した栃木工場(栃木県上三川町)を報道陣に初公開し、2050年までに国内外の工場で排出する二酸化炭素(CO2)を実質ゼロとする目標に向け、30年に19年比で41%のCO2削減を目指すと発表した。

日産、メキシコ2工場を月内に一時休止 半導体不足で生産調整

日産自動車のメキシコ法人は6日、半導体不足に伴う生産調整のため、月内にメキシコ国内2工場の稼働を一時休止すると発表した。

南アの金属労組、無期限ストに突入 自動車業界に影響の恐れ

南アフリカ最大の金属労働者組合は5日、エンジニアリング部門の賃上げを求めて無期限のストライキに入った。自動車部品の供給に影響が及ぶ恐れがあるとの懸念が出ている。

訂正-〔表〕2021年第3四半期の米自動車販売台数トップ20車種

(英文の訂正により第3・四半期の販売台数の表の3位および年初来の 販売台数の表の2位にピックアップトラック「ラム」を追加します) [4日 ロイター] - RANK VEHICLE Q3 2021 Q3 2020 PCT CHNG 1 Ford F-Series P/U 172,799 221,647 -22.0 2 Chevy Silverado-C/K P/U 123,067 147,484 -16.6 3 Ram P/U 121,704 156,157 -22.1 4 Toyota RAV4 92,252 119,214 -22.6...

訂正(発表者側の申し出)ホンダ、新車のオンライン販売を日本で開始 国内大手初

ホンダは4日、オンラインによる新車販売を国内で始めた。商談から見積もり、査定、契約まですべてオンライン上で完結できるのは国内自動車メーカー大手では初めて。新型コロナウイルス感染拡大で対面を避けたい顧客のニーズに応えるほか、販売店への来店経験がなくオンライン購入に抵抗感のない若年層の需要を開拓する狙い。

ホンダ、オンライン新車販売を日本で開始 国内大手初 

ホンダは4日、オンラインによる新車販売を国内で開始した。商談から見積もり、査定、契約まですべてオンライン上で完結できるのは国内自動車メーカー大手で初めて。新型コロナウイルス感染拡大で対面を避けたい顧客のニーズに応えるほか、販売店への来店経験がなくオンライン購入に抵抗感のない若年層の需要を開拓する狙い。

トヨタ、1─9月の米自動車販売台数でGM抜く

トヨタ自動車が1─9月の米国の自動車販売台数で米ゼネラル・モーターズ(GM)を上回ったことが1日公表のデータで明らかになった。GMは車載半導体不足の影響が出た。

〔表〕2021年第3四半期の米乗用車・ライトトラック販売台数(メーカー別)

AUTOMAKER Q3 2021 Q3 2020 PCT CHNG 1 Toyota Motor^ 566,005 558,450 1.4% 2 General Motors 446,997 665,192 -32.8% 3 Fiat Chrysler 410,917 507,351 -19.0% 4 Honda Motor Co^^ 345,914 388,433 -10.9% 5 Nissan^^^ 198,955 221,150 -10.0% 6 Hyundai 178,500 170,828 4.5% 7 Kia 177,014...

スペイン、中国の長城汽車と日産工場の買収交渉へ

スペイン当局と日産自動車は1日、中国の長城汽車と、バルセロナの日産工場買収の可能性について交渉を開始すると発表した。同工場は12月に閉鎖が予定されている。

9月国内新車販売32%減、減産の影響広がる

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が1日発表した9月の国内新車販売台数は、前年同月比32.2%減の31万8371台で、3カ月連続で前年を下回った。登録車が7カ月ぶりに減少に転じたほか、軽自動車も4カ月連続でマイナスとなった。

EVへのシフト、欧州で大量の労働者再訓練が必要に=民間リポート

電気自動車(EV)へのシフトは自動車産業に大きな変化を迫り、欧州連合(EU)は労働者が温暖化ガスを排出しないゼロエミッションの将来に向けて準備できるよう、「再訓練」プログラムを通じた支援を行なう必要が生じるとのリポートが公表された。

アングル:独自動車大手、水素燃料とEVに「二股」の思惑

未来の自動車技術の最有力候補はバッテリーかもしれないが、劣勢の水素を切り捨てるべきではない―─。こうした見方に立つBMWやアウディなど一部の大手自動車メーカーは、脱化石燃料に向けた準備の一環として、電気自動車(EV)と並行して水素燃料電池式乗用車のプロトタイプ(試作車)を開発している。

米当局、タカタ製エアバッグ巡り3000万台を調査

米道路交通安全局(NHTSA)は21日、タカタ製エアバッグ・インフレーターに欠陥の可能性があるとして、自動車メーカー約20社が生産した3000万台の車両について新たな調査を開始したと発表した。

EXCLUSIVE-米、タカタ製エアバッグ巡り3000万台の調査開始=政府文書

米道路交通安全局(NHTSA)は、タカタ製エアバッグ・インフレーターに欠陥の可能性があるとして3000万台の自動車について、新たな調査を開始した。ロイターが19日に確認した政府の文書で明らかになった。

日産出資の中国ウィーライド、自動運転バン開発へ

日産自動車が出資する中国の自動運転スタートアップ、ウィーライドは9日、都市物流サービス向けに自動運転バンの開発を開始すると表明した。

仏ルノーCEO、日産との合併を改めて否定

仏自動車大手ルノーのルカ・デメオ最高経営責任者(CEO)は8日付のイタリア紙ソレ24オレとのインタビューに応じ、日産とルノーが合併することはないとの認識を改めて示した。

日産、電動車用モーターからのレアアース回収コスト半減 早大と開発

日産自動車は3日、電気自動車(EV)などで使われたモーター磁石からレアアース(希土類)を高い純度で効率良く回収し再利用する技術を早稲田大学と共同で開発したと発表した。レアアース回収の時間とコストを現状から半減できる新たなリサイクル手法で、2020年代半ばの実用化をめざす。

日産と三菱自、共同開発の軽EV実質約200万円から 22年度初め発売

日産自動車と三菱自動車は27日、共同で企画・開発を進めている軽自動車の電気自動車(EV)を2022年度初めに国内で発売すると発表した。車両本体価格から補助金を差し引いた実質的な購入額は約200万円からとなる見込み。

日産と三菱自、共同開発の軽EV実質約200万円から 22年度初頭発売

日産自動車と三菱自動車は27日、共同で企画・開発を進めている軽自動車の電気自動車(EV)を2022年度初頭に国内で発売すると発表した。車両本体価格から補助金を差し引いた実質的な購入額は約200万円からとなる見込み。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up