for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

いすゞ自動車株式会社

7202.T

現在値

1,646.00JPY

変化

49.00(+3.07%)

出来高

2,747,000

本日のレンジ

1,608.00

 - 

1,648.00

52週レンジ

1,286.00

 - 

1,817.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,597.00
始値
1,615.00
出来高
2,747,000
3か月平均出来高
55.96
高値
1,648.00
安値
1,608.00
52週高値
1,817.00
52週安値
1,286.00
発行済株式数
775.19
時価総額
1,241,575.00
予想PER
9.04
配当利回り
4.13

次のエベント

Q2 2023 Isuzu Motors Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Isuzu Motors Ltd - Received 56.03 Billion Yen Dividend From Sales Unit, No Change In Latest FY Earnings Forecasts

Isuzu And Cummins Announce Battery Electric Truck Collaboration

Volvo And Isuzu Motors Complete UD Trucks Transaction

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

いすゞ自動車株式会社とは

いすゞ自動車グループは日本の自動車製造業者である。【事業内容】同社は主として自動車及び部品並びに産業用エンジンの製造、販売を事業内容とし、これらに関連する物流等の各種サービスの提供する。同社グループは、大型トラック・バス、小型トラックを中心とした商用車及びライトコマーシャルビークル(LCV)の製造・販売に加え、エンジン・コンポーネントの製造・販売を行う。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

Yokohama Gate Tower

1-2-5, Takashima, Nishi-ku

YOKOHAMA-SHI, KNG

220-8720

Japan

+81.45.2999111

https://www.isuzu.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Masanori Katayama

President, Representative Director

Naoto Nakamata

Group Chief Financial Officer, Managing Executive Officer

Shinsuke Minami

Group Chief Compliance Officer, Senior Managing Executive Officer, Director

Shinichi Takahashi

Vice President, Chief Director of Technology, Director

Tetsuya Ikemoto

Senior Managing Executive Officer, Director

統計

1.88 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

2.1K

2021

1.9K

2022

2.5K

2023(E)

3.1K
EPS (JPY)

2020

110.140

2021

57.910

2022

162.870

2023(E)

187.637
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.69
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.46
株価純資産倍率(四半期)
1.01
株価キャッシュフロー倍率
4.84
総負債/総資本(四半期)
46.01
長期負債/資本(四半期)
31.45
投資利益率(過去12カ月)
8.95
自己資本利益率(過去12カ月)
5.24

最新ニュース

最新ニュース

日野自、小型トラックに不正拡大 出荷停止で国内生産の6割に影響

日野自動車は22日、排出ガスと燃費のデータ改ざん問題について、新たに小型エンジンでも不正行為が見つかったと発表した。同エンジンを積む小型トラックの出荷を同日から停止する。日野は大半の車種を販売できなくなり、国内生産台数の6割が出荷停止となる。

トヨタなど商用車連合が電池交換式EV検討、ヤマト運輸と電池開発

トヨタ自動車が主導し、いすゞ自動車などが参加している商用車の技術開発会社「コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズ(CJPT)」は27日、電池交換式の商用電気自動車(EV)の企画開発を進めると発表した。電池は規格化・実用化に向け、ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸と開発を検討する。

トヨタが主導、商用電動車でEMS構築へ 荷主などと取り組み

トヨタ自動車が主導する商用車の技術開発会社「コマーシャル・ジャパン・パートナーシップ・テクノロジーズ(CJPT)」は19日、物流効率化に向けた社会実装プロジェクトを福島県と東京都で2023年1月から始めると発表した。燃料電池車(FCV)や電気自動車(EV)による商用電動車を計約580台導入し、最適な充電・水素充填タイミングや運送経路などを提案するエネルギーマネジメントシステム(EMS)の構築を図る。

ホットストック:アップルインターが新高値、いすゞと資本提携解消で自社株買い

アップルインターナショナルが堅調に推移し、5月2日に付けた年初来高値237円を更新した。同社は7日、いすゞ自動車との資本業務提携を解消すると発表。いすゞが売却するアップルインターナショナル株に対し、自社株買いをすることが好感された。

7日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

7日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・大阪有機化学工業 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.34%にあた る30万株、取得総額6億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は7月8日から 9月30日。 ・アップルインターナショナル 、自己保有株を除く発行済株式総数の6.7 2%にあたる93万0200株、取得総額1億9999万3000円を上限とする自社株 買いを実施へ。7月8日午前8時45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT ─3)で買い付けの委託を行う。買い付け価格は7月...

訂正--中国吉利集団と日系新興企業が電池で提携、日本で商用EVサービス

(会社側の訂正により、第1段落の「吉利汽車<0175.HK>グループ」を「吉利汽車<0175.HK>などを持つ浙江吉利控股集団(吉利集団)の子会社」に、第2段落の「吉利汽車」を「吉利集団傘下」にそれぞれ訂正します。)

国交省が認証取り消す方針、日野自動車のデータ不正

日野自動車がエンジンの排出ガスなどについて不正なデータを国に提出していた問題で、国土交通省は18日、道路運送車両法に基づき行政処分を科し、生産に必要な認証を取り消す方針を明らかにした。

情報BOX:ウクライナ危機、日本企業がロシア事業を続々停止

西側諸国が制裁措置を強化し、国際社会がウクライナ軍事侵攻への非難を強める中、日本企業もロシア事業を続々と停止している。

〔情報BOX〕ウクライナ危機、日本企業がロシア事業を続々停止

西側諸国が制裁措置を強化し、国際社会がウクライナ軍事侵攻への非難を強める中、日本企業もロシア事業を続々と停止している。

自動車株が軒並みしっかり、米フォードの発表や円安などで

3日の株式市場で自動車株が大幅高。マツダは5%超高での値動きとなっているほか、三菱自動車工業、いすゞ自動車も4%超高としっかり。トヨタ自動車、ホンダ、日産自動車も1%超高での推移となっている。

情報BOX:ウクライナ危機、日本企業のロシア事業に影響

西側諸国がロシアへの制裁措置を強化し、各国からウクライナ軍事侵攻への非難が強まる中、日本企業のロシア関連事業にも影響が広がり始めた。

トヨタとドミノもカシミール関連のSNS投稿で謝罪、現代に続き

トヨタ自動車とピザチェーン世界最大手の米ドミノ・ピザなど大手企業が、インドとパキスタンが領有権を争うカシミール地方への支持を表明したソーシャルメディア(SNS)投稿を巡りインドに謝罪した。これらの投稿はそれぞれのパキスタンの連携企業が行っていた。

米CPI控え不安定な値動き、決算はヤマ場に=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、米消費者物価指数(CPI)の発表を前に不安定な値動きが想定される。相場は2月入りし落ち着きを見せ始めているものの、米金融引き締めへの警戒感は依然、くすぶっている。今週は決算発表がヤマ場を迎える中、株式相場は好業績期待と引き締め不安の綱引きになりそうだ。

米CPI控え不安定な値動き、決算はヤマ場に=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、米消費者物価指数(CPI)の発表を前に不安定な値動きが想定される。相場は2月入りし落ち着きを見せ始めているものの、米金融引き締めへの警戒感は依然、くすぶっている。来週は決算発表がヤマ場を迎える中、株式相場は好業績期待と引き締め不安の綱引きになりそうだ。

豊田・自工会会長続投へ、異例の3期目 変革期に業界一丸で対応

日本自動車工業会(自工会)は18日、豊田章男会長(トヨタ自動車社長)の任期を再び延長すると発表した。会長の任期は1期2年が慣例だが、豊田会長は2024年5月まで続ける。18年に就任した豊田会長は現在2期目で、異例の3期目に入る。自動車産業は脱炭素化や電動車開発など課題が山積しており、これまで手腕を振るってきた豊田会長のリーダーシップのもと、協調領域は業界一丸で引き続き取り組むことが最善と判断した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、2万9000円を下限とするマドを意識

<15:55> 日経平均・日足は「中陰線」、2万9000円を下限とするマドを意識 日経平均・日足は、長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「中陰線」となった。4本連続で 上値の重さを感じさせる動きとなっているが、下値の目安として意識されている10月2 9日と11月1日に空けたマド(2万9000円65銭─2万9267円08銭)を埋め にかかっただけにとどまっている。このマドを埋め切るまでは、強い基調を維持すること になりそうだ。 <15:10> 新興株式市場はさえない、地合い軟化し利益確定売りが先行 新興株式市場はさえない。東証マザーズ指数が、日経...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はさえない、地合い軟化し利益確定売りが先行

<15:10> 新興株式市場はさえない、地合い軟化し利益確定売りが先行 新興株式市場はさえない。東証マザーズ指数が、日経ジャスダック平均ともに続落歩 調となった。市場では「しばらくマザーズはしっかりだったが、前日あたりから地合いが 軟化し、利益確定売りが先行するようになっている」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ総合指数は前営業日比1.13%安。グローバルウェイ 、フーバー ブレイン 、JTOWER が軟調に推移した一方、アスタリスク が大幅続伸し、アンジェス が反発した。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.25%安。シーズメン...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、自社株買い銘柄に関心集まる

<14:05> 日経平均は安値もみあい、自社株買い銘柄に関心集まる 日経平均は安値もみあい。大きく崩れる気配は感じられないものの、外為市場でドル /円が円高に振れているほか、時間外取引で米株先物が軟調に推移していることが株価の 重しとなっている。 そうした中、前日に自社株買いを発表したソフトバンクグループ に続いて、 立ち会い時間中に自社株買いを発表した大成建設 、明治ホールディングス<2269. T>などが上値追いとなるなど「物色面では自社株買いを発表した銘柄に関心が集まり、当 面の相場テーマとなりそうだ」(国内証券)という。 <12...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均はマイナス圏で200円超安、円高進行を嫌気

<12:55> 後場の日経平均はマイナス圏で200円超安、円高進行を嫌気 後場の日経平均はマイナス圏に沈み、足元は前営業日比200超安の2万9200円 台後半と、きょうの安値圏での推移となっている。昼休み中に外為市場でドル安/円高が 進行したことが重しとなっている。ドルは現在112.80円付近と、約1カ月ぶりの低 水準での推移となっている。 市場では「このところ株価は円安と好業績を背景に上昇してきていただけに、調整入 りしやすい。決算もヤマ場を迎えており、全体的に材料難となっている」(国内証券)と の声が聞かれる。香港ハンセン指数、上海総合指数...

午前の日経平均は小幅反発、ソフトバンクGの10%超高が支え

9日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比29円12銭高の2万9536円17銭となり、小幅に反発した。朝方は前日の米株上昇が好感され、一時200円超高となったものの、その後は上値の重さが意識された。個別では前日に自社株買い1兆円の方針を発表したソフトバンクグループが10%超高となり、日経平均を約131円押し上げる格好となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up