for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トヨタ自動車株式会社

7203.T

現在値

2,234.50JPY

変化

-44.00(-1.93%)

出来高

15,114,900

本日のレンジ

2,224.50

 - 

2,259.50

52週レンジ

1,443.20

 - 

2,475.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,278.50
始値
2,242.50
出来高
15,114,900
3か月平均出来高
499.19
高値
2,259.50
安値
2,224.50
52週高値
2,475.00
52週安値
1,443.20
発行済株式数
13,968.74
時価総額
37,271,590.00
予想PER
11.65
配当利回り
2.23

次のエベント

Q3 2022 Toyota Motor Corp Earnings Release

適時開示

その他

Toyota Announces Additional Suspensions Of Domestic Plant Production For Completed Vehicles In Japan On Jan 21, 22 And 24

Toyota Motor North America Today Reported December U.S. 2021 Sales Of 174,115 Vehicles

Toyota Has Partially Halted Production At Mie, Japan Factory Due To Snow- Kyodo

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トヨタ自動車株式会社とは

トヨタ自動車グループは自動車事業を中心に、金融事業及びその他の事業を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。自動車事業は、セダン、ミニバン、2ボックス(BOX)、スポーツユーティリティビークル、トラック等の自動車とその関連部品、用品の設計、製造及び販売を行う。金融事業は、製造する自動車と他の製品の販売を補完するための金融並びに車両のリース事業を行う。その他の事業は、住宅の設計、製造及び販売、情報通信事業等を行う。子会社を通じて、北米と欧州の研究開発及び製造販売会社の統括、並びに渉外、広報、調査活動を行う。また、ロボット、基盤研究事業、自家用クルーザーを紹介するマリン事業、及び農業支援の取り組みを紹介するアグリバイオ事業を行う。電気自動車、運転支援技術の新機能「Advanced Drive」を搭載した自動車の販売、ドライバー支援、コネクテッドカーの提供も行う。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

1, Toyota-cho

TOYOTA-SHI, ACH

471-8571

Japan

+81.565.282121

https://toyota.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Takeshi Uchiyamada

Chairman of the Board, Representative Director

Akio Toyoda

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Shigeru Hayakawa

Vice Chairman of the Board, Chief Privacy Officer, Representative Director

Kenta Kon

Chief Financial Officer, Executive Officer, Chief Director of Accounting, Director

Masanori Kuwata

Executive Officer, Chief Human Resource Officer, Chief Planning Officer, Chief Director of Business Development

統計

2.12 mean rating - 26 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

30.2K

2020

29.9K

2021

27.2K

2022(E)

31.1K
EPS (JPY)

2019

130.110

2020

147.122

2021

160.646

2022(E)

195.335
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.23
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.19
株価純資産倍率(四半期)
1.29
株価キャッシュフロー倍率
7.57
総負債/総資本(四半期)
100.04
長期負債/資本(四半期)
56.34
投資利益率(過去12カ月)
8.29
自己資本利益率(過去12カ月)
5.44

最新ニュース

最新ニュース

日経平均一時500円超安、米株先物が軟調 ウクライナに警戒感

25日午前に東京株式市場で日経平均は下げ幅を拡大し、一時500円超安に下落した。足元では2万7000円台で推移。米株価主要3指数の先物が軟調な推移となっていることが「投資家心理を冷やしている」(別の国内証券)との声が出ている。

寄り付きの日経平均は反落スタート、FOMCや地政学リスクを警戒

  寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比121円55銭安の2万7466円82銭と、反落して始まった。米連邦公開市場委員会(FOMC)や地政学リスクへの警戒感が重しとなっているようだ。寄り付き後、一時300円超安に下げ幅を広げた。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、トヨタ・ソニーGは売り優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、ソニーグループ、リクルートホールディングス、信越化学工業は売り優勢、キーエンスは売り買い拮抗、NTTは買い優勢。

トヨタ、コロナ感染で国内工場の減産拡大 1月に6.5万台影響

トヨタ自動車は24日、国内仕入先での新型コロナウイルス感染拡大による部品供給不足により、一部の国内完成車工場での稼働停止期間について25日、26日の2日間追加すると発表した。1月の生産への影響台数は約6万5000台に膨らむ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、レンジ下限の攻防が継続

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「大陽線」となった。2万7000円の手前で連日下げ渋る形となっており、昨年から続くレンジの下限での攻防が継続している。一方、主要な移動平均線をすべて下回っているほか、日足・一目均衡表の雲下限(2万8511円61銭=24日)からの下方乖離も広く、地合いは良くない。現値付近で踏みとどまってレンジの下限を維持するかが、引き続き焦点となる。

日経平均は小反発、値ごろ感で買い戻し FOMC警戒続く

東京株式市場で日経平均は小幅に反発した。朝方には前週末の米株安を嫌気した売りが先行したが、値ごろ感から買い戻しが広がったほか、米株先物の堅調な推移が相場を支援し、後場にはプラスに転換して一時100円超高となった。一方、週半ばに控える米連邦公開市場委員会(FOMC)への警戒感は継続した。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小幅続落、値ごろ感の買い戻しが支えに

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに小幅に続落した。米株先物が堅調に推移して相場を支えたほか、値ごろ感から買い戻しも入った。ただ、25―26日に米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え「FOMC後に持ち直すかどうかは見通しにくい」(国内証券)との声も聞かれた。

再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス転換、テクニカルで「売られすぎ」意識も

日経平均は後場に入って下げ幅を縮小し、前営業日比で約50円高とプラスに転換する場面があった。テクニカル面から「売られすぎ」が意識され、断続的に買い戻しが入ったとの指摘が聞かれる。ただ「FOMCを週半ばに控え、積極的に買う感じではない」(国内証券)との声も出ていた。

トヨタ自動車、中国天津の合弁工場が22日に操業再開

トヨタ自動車は22日に中国東部・天津市にある第一汽車集団(FAW)との合弁工場の操業を再開した。北京の広報担当者が24日、ロイターに明らかにした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅縮小、堅調な米株先物が支援 海運・地銀しっかり

川崎汽船や日本郵船といった海運株が後場一段高となっているほか、千葉銀行やふくおかフィナンシャルグループといった地銀株の上昇も目立つ。「海運は高配当、銀行は金利上昇の業績への期待が支えになっている」(国内証券)との声が聞かれた。

午前の日経平均は続落、米株安を嫌気 売り一巡後は下げ幅縮小

24日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比151円15銭安の2万7371円11銭と続落した。前週末の米国株式市場での大幅安を嫌気した。売り一巡後は時間外取引での米株先物がプラス圏でしっかりとした値動きとなったこと、為替の円安/ドル高が進行したことが支えとなり、下げ幅を縮小した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏でもみあい、米株先物しっかりで波乱回避

日経平均はマイナス圏でのもみあい。値動きに乏しく、2万7200─2万7400円のレンジを行き来する展開となっている。時間外取引での米株先物がプラス圏での底堅い動きとなっているため、日本株の波乱要因とはなっていない。今週は26日(日本時間27日朝)に米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表があるほか、企業決算の本格化を控え、様子見ムードが強まりやすいという。

寄り付きの日経平均は続落、一時300円超安 前週末の米株安を嫌気

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比263円81銭安の2万7258円45銭と続落した。下げ幅は一時300円超安となった。前週末21日の米国株式市場で主要3株価指数が下落した流れを引き継いだ。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、トヨタやソニーグループなど売り優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、ソニーグループ、キーエンスが売り優勢、NTTが買い優勢、リクルートホールディングス、信越化学工業が売り買い拮抗。

神経質、FOMCを挟んで波乱含み=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、値動きの荒い不安定な相場展開が想定される。特に週前半は米連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、ボラティリティーが高まりやすい。弱い地合いの中で、日経平均は心理的節目2万7000円や、昨年来安値(2万6954円81銭=2021年8月20日)接近が警戒される。一方、FOMC通過後は材料出尽くし感から押し目買いが入るとの期待もあり、波乱含みとなりそうだ。

訂正:トヨタ、コロナ感染で国内工場の停止広がる 1月に4.7万台影響

トヨタ自動車は20日、新型コロナウイルスの感染拡大などで21日、22日、24日の3日間、国内の最大12工場23ライン(訂正)で稼働を停止すると明らかにした。堤工場(愛知県豊田市)で感染者が増えているほか、部品仕入先でも感染者が出て部品供給が滞っているため。1月の生産への影響台数は約4万7000台に膨らむ。

神経質、FOMCを挟んで波乱含み=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、値動きの荒い不安定な相場展開が想定される。特に週前半は連邦公開市場委員会(FOMC)を控え、ボラティリティが高まりやすい。弱い地合いの中で、日経平均は心理的節目2万7000円や、昨年来安値(2万6954円81銭=2021年8月20日)更新が警戒される。一方、FOMC通過後は材料出尽くし感から押し目買いが入るとの期待もあり、波乱含みとなりそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、レンジ下限で下げ渋り

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。主要な移動平均線や日足・一目均衡表の雲領域からの下方乖離は依然として大きく、地合いは良くない。一方、昨年から続くレンジ2万7000円─3万1000円の下限で下げ渋る形で、これを維持できるかが焦点。ローソク足は下影陽線の形状で買い方の意欲もうかがわれ、反発への期待をつなぐ。

日経平均は反落、米株安や円高が重し FOMCを前に神経質

東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米株安に加え、為替の円高が重しになった。米金融政策の正常化への警戒感がくすぶり、来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を前に神経質な動きが続いた。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、マザーズ再び一時800円割れ

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。マザーズは前日に続いて800円を下回る場面もあった。市場では「また売り直される形となり、なかなか反転のきっかけがみえない」(国内証券)との声が聞かれた。大引けにかけては下げ渋った。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up