for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トヨタ自動車株式会社

7203.T

現在値

7,500.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

5,771.00

 - 

8,045.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
7,500.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
114.44
高値
--
安値
--
52週高値
8,045.00
52週安値
5,771.00
発行済株式数
2,795.96
時価総額
24,472,480.00
予想PER
14.23
配当利回り
2.93

次のエベント

Q3 2021 Toyota Motor Corp Earnings Release

適時開示

その他

Toyota Motor Is On Track To Produce About 8.25 Mln Vehicles Worldwide For Year Ending In March - Nikkei

Daihatsu Motor Plans To Roll Out A Hybrid Compact SUV This Year - Nikkei

Toyota Halting Some Production Lines In China Jan 11-14 Due To Chip Shortage - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トヨタ自動車株式会社とは

トヨタ自動車グループは自動車事業を中心に、金融事業及びその他の事業を行う。【事業内容】自動車事業は、セダン、ミニバン、2ボックス(BOX)、スポーツユーティリティビークル、トラック等の自動車とその関連部品、用品の設計、製造及び販売を行う。金融事業は、主として同社及び同社の関係会社が製造する自動車と他の製品の販売を補完するための金融並びに車両のリース事業を行う。その他の事業は、住宅の設計、製造及び販売、情報通信事業等を行う。同社は子会社を通じて、北米と欧州の研究開発及び製造販売会社の統括、並びに渉外、広報、調査活動を行う。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

1, Toyota-cho

TOYOTA-SHI, ACH

471-8571

Japan

+81.565.282121

https://toyota.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Takeshi Uchiyamada

Chairman of the Board, Representative Director

Akio Toyoda

President, Representative Director

Shigeru Hayakawa

Vice Chairman of the Board, Representative Director

Mitsuru Kawai

Executive Vice President, Chief Director of General Affairs & Human Resources

Shigeki Tomoyama

Executive Vice Prez, Chief Information Security Officer, Chief Dir of Business Development, Chief Dir of Information System, Chief Dir of TPS, Prez of Connected Company, Prez of GAZOO Racing Company

統計

2.17 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

29.4K

2019

30.2K

2020

29.9K

2021(E)

26.3K
EPS (JPY)

2018

842.000

2019

650.550

2020

735.610

2021(E)

539.366
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.84
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.94
株価純資産倍率(四半期)
1.00
株価キャッシュフロー倍率
8.11
総負債/総資本(四半期)
112.09
長期負債/資本(四半期)
57.84
投資利益率(過去12カ月)
4.01
自己資本利益率(過去12カ月)
2.56

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値が5日線を下回る

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、終値が5日線を下回る 日経平均・日足は、上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。前日の強さを感じさせる足と は一変して、弱気を示す動きとなり、終値が5日移動平均線(2万8656円01銭=2 6日現在)を下回った。 基調転換を示すまでには至らないものの、昨年12月に2万7000円が上値の壁と して意識されたように、今度は2万9000円が関門として立ちはだかっている様子。当 面は2万8000円台半ばでもみあうことを想定させる絵づらとなっている。 <15:35> 新興株市場はさえない、連騰への警戒感から利益確定売...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、連騰への警戒感から利益確定売り

<15:35> 新興株市場はさえない、連騰への警戒感から利益確定売り 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均は7日ぶりに反落、東証マザーズ指数 は5日ぶりに反落した。市場からは「昨日までの連騰で全体的に高値警戒感が生じ、利益 確定売りが先行したようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.44%安。個別では、出前館 、 ワークマン などが軟調に推移したほか、Mipox が反落した。半面、 ジオマテック 、AKIBAホールディングス がストップ高比例配分とな った。 マザーズ指数は、前営業日比2.35%...

日経平均は反落、米経済対策への不安や高値警戒から売り優勢に

東京株式市場で日経平均は、反落。米経済対策に不安感が生じているほか、前日に終値ベースでのバブル後最高値を更新したことで高値警戒感が台頭したことから、終始売り優勢の展開となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、決算発表本格化を前に模様眺め

<14:25> 日経平均は安値もみあい、決算発表本格化を前に模様眺め 日経平均は安値もみあい。後場に入って、下げ幅を広げる場面があったものの、その 後は一進一退の動き。下値を探る動きにはなっていない。市場では「決算発表シーズンの 本格化を前に模様眺めになっている。買い手控えの中、利益確定売りで軟化した格好だ」 (国内証券)との声が聞かれた。 <12:56> 日経平均は軟調、米株先物と香港ハンセンが下げ幅を拡大 日経平均は後場下げ幅を拡大し、一時前営業日比268円63銭安の2万8553円 66銭の安値を付けた。その後は220円ほど安い2万...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、米株先物と香港ハンセンが下げ幅を拡大

<12:56> 日経平均は軟調、米株先物と香港ハンセンが下げ幅を拡大 日経平均は後場下げ幅を拡大し、一時前営業日比268円63銭安の2万8553円 66銭の安値を付けた。その後は220円ほど安い2万8600円近辺でのもみあいとな っている。時間外取引での米株先物とアジア株が下げ幅を拡大したことが嫌気されている 。香港ハンセン指数 は現在2%超安。 市場では「日経平均は前日に終値でバブル崩壊後の高値を更新したこともあり、きょ うは利食い売りが優勢となっている。2万9000円が意識される水準まで上昇すると、 高値警戒感で上値を追いづらい」(...

前場の日経平均は反落、米株先物・アジア株が総じて軟調

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比181円16銭安の2万8641円13銭となり、反落した。時間外取引での米株先物や香港ハンセン指数、上海総合指数などのアジア株が総じて軟調な動きとなったことを受け、日経平均は前場を通してマイナス圏での推移となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は200円超安、アジア株や米株先物が軟調

<11:09> 日経平均は200円超安、アジア株や米株先物が軟調 日経平均は前営業日比200円ほど安い2万8600円台前半でのもみあいとなって いる。一時229円91銭安の2万8592円38銭で安値を付けた。香港ハンセン指数 、上海総合指数などのアジア株や、時間外取引の米株先物の軟調な動きにつれて日経平均 はマイナス圏での推移となっている。東京エレクトロン などのハイテク株は総じ て堅調な推移となっているものの、景気敏感株は売り優勢となっている。 市場では「ハイテク関連の銘柄は決算を控え期待で底堅い動きとなっているが、ハイ テク株だけで...

焦点:日産が中国戦略を見直し、EV拡充 現地仕様車も投入

業績が低迷する日産自動車は、中国市場の戦略を大幅に見直す。電気自動車(EV)の投入を加速するほか、部品や技術の現地化を進め、中国仕様の車種を増やすとともにコスト低減につなげる。世界各地で数を追ってきたカルロス・ゴーン前会長時代の戦略を転換し、重要市場に経営資源を集中する。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時200円安、決算材料視した個別物色は広がる

<09:56> 日経平均は一時200円安、決算材料視した個別物色は広がる 日経平均は軟調、前営業日比150円ほど安い2万8600円台半ばで推移している 。幅広い業種で値下がりしており、一時200円安となる場面もあった。ただ、一部の銘 柄では物色も広がり「決算発表を手掛かりにした個別物色は活発のようだ」(国内証券) との声が聞かれた。 昨日に決算発表を行った日本電産 やキヤノン電子 などが堅調に推移 しているほか、半導体関連銘柄もしっかりした値動きとなっている。 <09:06> 寄り付きの日経平均は反落、値がさ株軟調が重し 寄り付きの東京株式市場...

寄り付きの日経平均は反落、値がさ株軟調が重し

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比125円99銭安の2万8696円30銭となり、反落した。ファーストリテイリングなど指数寄与度の高い銘柄が軟調に推移しており、重しとなっている。東証33業種では、ゴム製品、海運業、輸送用機器などが値下がり率上位に入っている。一方、医薬品、保険業、水産・農林業などは値上がり。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、総じて売り買い拮抗

<08:32> 寄り前の板状況、総じて売り買い拮抗 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ソニー 、 ホンダ 、キヤノン 、東京エレクトロン 、ソフトバンクグループ は売り買い拮抗。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック は売り買 い拮抗。 メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナン シャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ は売り買い拮抗。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経225先物 SGX日経225...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「陽の大引け坊主」、5日線は上向きに

<15:58> 日経平均・日足は「陽の大引け坊主」、5日線は上向きに 日経平均・日足は上ヒゲのない「陽の大引け坊主」、寄り付き後いったん下押しした ものの、その後大きく値を上げ高値引けした相場を示し、強い買いのサインとされる。 ローソク足の実体部分はやや短いものの、横ばいが続いていた5日移動平均線(2万 8673円46銭=25日)が上を向き始め、目先としてはさらなる上昇の余地もありそ うだ。 <15:45> 新興株市場はしっかり、直近IPO銘柄で物色広がる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は6日続伸、東証マザーズ指数は4日 続伸...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、直近IPO銘柄で物色広がる

<15:45> 新興株市場はしっかり、直近IPO銘柄で物色広がる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は6日続伸、東証マザーズ指数は4日 続伸し、それぞれ昨年来高値を更新した。市場からは「2月5日まで新規上場がなく、マ ザーズ市場では、直近IPO銘柄を中心に押し目を拾おうとする個人投資家の物色が活発 になったようだ」(雨宮総研代表・雨宮京子氏)との見方が聞かれた。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.52%高。個別では、田中化学研究所<40 80.T>、Mipox 、Nexus Bank がしっかり。一方、CAI CA 、旭化学工業...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は底堅い、アジア株や米株先物が堅調

<14:44> 日経平均は底堅い、アジア株や米株先物が堅調 日経平均は底堅い。前営業日比90円ほど高い2万8700円台前半で推移している 。アジア株や米株先物が堅調に推移しており、市場からは「材料難の中でも、外部環境を にらんでしっかりした値動きが続いている」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、指数寄与度の高いファーストリテイリング がしっかり。日経平均 を70円ほど押し上げている。 <13:05> 日経平均は後場小動き、決算発表本格化を前に材料待ち 後場に入り、日経平均は小動き、前営業日比90円ほど高い2万8700円台前半で 推移...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場小動き、決算発表本格化を前に材料待ち

<13:05> 日経平均は後場小動き、決算発表本格化を前に材料待ち 後場に入り、日経平均は小動き、前営業日比90円ほど高い2万8700円台前半で 推移している。きょうは朝方から膠着感の強い相場環境となっているが、市場からは「個 別の材料待ちという状況で、全体としては動意に乏しい。米株先物が堅調に推移している ことは買い安心感につながっているが、相場全体を動かすほどではなさそうだ」(国内運 用会社)との声が聞かれた。 <11:40> 前場の日経平均は反発、米株先物堅調を受け強もちあいに 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比135円98...

前場の日経平均は反発、米株先物堅調を受け強もちあいに

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比135円98銭高の2万8767円43銭となり、反発した。米株は前週末には下落したものの時間外取引で先物が堅調となり、日経平均は終始強もちあいの展開となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もちあい、決算発表を先取りする動きも

<10:55> 日経平均は強もちあい、決算発表を先取りする動きも 日経平均は強もちあい。徐々に上げ幅を縮小し、はっきりした方向感は見えないもの の、個別では決算発表を先取りする動きも出ているという。市場では「これから発表する 決算発表において好調が見込まれる銘柄に底堅いものが目立つ。そうした中、きょうは引 け後に発表される日本電産 の決算内容が注目される」(国内証券)との声が聞か れた。 <10:02> 日経平均は100円高で推移、米株先物はプラス圏 日経平均は前営業日比100円ほど高い2万8700円台前半での推移となっている 。寄り付...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は100円高で推移、米株先物はプラス圏

<10:02> 日経平均は100円高で推移、米株先物はプラス圏 日経平均は前営業日比100円ほど高い2万8700円台前半での推移となっている 。寄り付き後は前週末終値近辺で一進一退となっていたが、米株先物のしっかりとした動 きを受け、日経平均はプラス圏でのもみあいとなっている。 市場では「今週は企業決算などイベントが多いが、決算を材料とした物色は個別銘柄 の範囲にとどまり、指数的には膠着感の強い相場となるのではないか。5日移動平均線近 辺での横ばいとなる可能性がある」(国内証券)との声が出ていた。 <09:05> 寄り付きの日経平均は反発後...

寄り付きの日経平均は反発後にマイナス転換、決算前の様子見ムード

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比67円44銭高の2万8698円89銭となり、反発した。その後は徐々に上げ幅を縮小し、マイナスに転換。現在前週末終値近辺の2万8600円台前半での推移となっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、主力株は総じて売り買い拮抗

<08:40> 寄り前の板状況、主力株は総じて売り買い拮抗 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ソニー 、 ホンダ 、キヤノン 、東京エレクトロン 、ソフトバンクグループ は売り買い拮抗。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング は売り買い拮抗、ファナック<6 954.T>は売り優勢。 メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナン シャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ が売り買い拮抗となっ ている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up