for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱自動車工業株式会社

7211.T

現在値

457.00JPY

変化

11.00(+2.47%)

出来高

3,956,900

本日のレンジ

446.00

 - 

457.00

52週レンジ

412.00

 - 

684.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
446.00
始値
448.00
出来高
3,956,900
3か月平均出来高
68.53
高値
457.00
安値
446.00
52週高値
684.00
52週安値
412.00
発行済株式数
1,488.31
時価総額
681,059.10
予想PER
59.34
配当利回り
4.38

次のエベント

Q3 2020 Mitsubishi Motors Corp Earnings Release

適時開示

その他

Australia's ACCC Says Ford Australia Announced Voluntary Recall Of 216 Ford Courier Vehicles

Mitsubishi Motors North America Reports November 2019 Sales Of 8,188 Vehicles, Up 6.5%

FCA chairman says Comau has independent future as a company

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱自動車工業株式会社とは

三菱自動車工業グループは自動車及びその部品の開発、生産、販売、金融事業を行い、開発は同社が中心となって行う。【事業内容】同社は自動車事業を運営する。国内においては、普通・小型乗用車、軽自動車を同社が生産しているほか、一部スポーツ・ユーティリティ・ビークル(パジェロ等)を生産し、販売を行う。このほか三菱自動車エンジニアリングが同社製品の開発の一部を、三菱自動車ロジテクノが同社製品の国内輸送並びに新車点検や整備の一部を行う。海外においては、ミツビシ・モーターズ(タイランド)、カンパニー・リミテッド(タイ)等が生産・販売事業を行う。また金融事業としては、MMCダイヤモンドファイナンスが自動車のリース事業、販売金融等の事業を行う。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

Daiichi Tamachi Bldg., 5-33-8, Shiba

+81.3.34561111

https://www.mitsubishi-motors.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Osamu Masuko

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Representative Director

Koji Ikeya

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Trevor Mann

Chief Operating Officer

Takeshi Ando

Executive Vice President

Mitsuhiko Yamashita

Executive Vice President

統計

3.00 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

1.9K

2018

2.2K

2019

2.5K

2020(E)

2.4K
EPS (JPY)

2017

-164.110

2018

72.230

2019

89.260

2020(E)

7.365
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.14
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.28
株価純資産倍率(四半期)
0.80
株価キャッシュフロー倍率
4.42
総負債/総資本(四半期)
29.53
長期負債/資本(四半期)
12.14
投資利益率(過去12カ月)
8.25
自己資本利益率(過去12カ月)
4.51

最新ニュース

最新ニュース

ルノー新CEO、数日内に発表の見込み=仏財務相

ルメール仏財務相は14日、仏自動車大手ルノー<RENA.PA>の新最高経営責任者(CEO)が数日以内に発表されると見込んでいると語った。

ホットストック:日産自動車が続落、2011年9月以来の安値水準に沈む

日産自動車が続落。昨年来安値を更新するとともに、2011年9月以来、8年4カ月ぶりの安値水準まで沈んだ。仏自動車大手ルノーとの企業連合解消を想定した準備を進めているとの報道を嫌気している。

ルノーなどとのアライアンス解消、検討は何もしていない=日産

日産自動車<7201.T>は14日、仏自動車大手ルノー<RENA.PA>との企業連合解消を想定した準備を進めているとの報道を受け、「アライアンスの解消についての検討は何もしていない」とのコメントを発表した。

WRAPUP 1-ゴーン被告会見、日産経営陣ら名指し批判 政府関係者には触れず

保釈中に不正に日本を出国したカルロス・ゴーン被告は8日、レバノンで記者会見し、自身を追放した人物として日産自動車の経営陣など6人を名指しで批判した。逮捕は検察と日産に仕組まれていたと主張し、自らの潔白をあらためて強調した。日本の政府関係者には具体的に言及しなかった。

日産の新経営体制に打撃、関副COOが日本電産の新社長に

日産自動車<7201.T>の新しい経営体制を担うトップ3の1人で副COO(副代表執行役兼最高執行責任者)を務める関潤氏(58)が退職することが明らかになった。複数の関係者によると、日本電産<6594.T>の次期社長への就任が内定している。日産の新経営陣は12月1日にスタートしたばかりで、関氏の突然の退社は業績立て直しに向けた日産の動きを停滞させる懸念もある。

再送-日本電産新社長に日産の関副COOを内定=関係筋

日産自動車の新しい経営体制を担うトップ3の1人で副COO(副代表執行役兼最高執行責任者)を務める関潤氏(58)が退職することが明らかになった。複数の関係者によると、日本電産の次期社長への就任が内定している。日産の新経営陣は12月1日にスタートしたばかりで、関氏の突然の退社は業績立て直しに向けた日産の動きを停滞させる懸念もある。

仏ルノー、次期CEO職をセアトのデメオ会長に打診=スペイン紙

フランス自動車大手ルノー<RENA.PA>はドイツ同業フォルクスワーゲン(VW)<VOWG.DE>傘下セアトのルカ・デメオ会長に、次期最高経営責任者(CEO)の職を打診した。スペイン紙ラ・バンガルディアが14日、匿名の関係者の話として報じた。

UPDATE 1-日産・ルノー・三菱、連合事務局長にルノーのザブリット氏

アライアンス(連合)を組む仏自動車大手ルノー、日産自動車、三菱自動車の3社は4日、アライアンスをとりまとめる会議体(アライアンス・オペレーティング・ボード)の調整役である事務局長にハディ・ザブリット氏が就任すると発表した。

日産・ルノー・三菱自のアライアンス事務局長にルノー出身のザブリット氏

ルノー<RENA.PA>、日産自動車<7201.T>、三菱自動車<7211.T>は4日、アライアンス(連合)事務局長にルノー出身のハディ・ザブリット氏を任命すると発表した。就任は9日付で、各社の事業の効率化に向けて今後始動する主要プロジェクトの調整・進行役を務める。

日産新社長が初会見、再建に「アライアンス不可欠」 中計修正へ

日産自動車<7201.T>の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は2日、就任後初の記者会見を開き、事業の立て直しや着実な成果には仏自動車大手ルノー<RENA.PA>と三菱自動車<7211.T>との3社による「アライアンス(連合)の活用は欠かせない」と述べた。その上で、日産の「会社としての独立を保持しながら」企業活動を進めると語った。

日産・ルノー連合、会議体に事務局長設置へ 調整役担う

日産自動車<7201.T>・ルノー<RENA.PA>・三菱自動車<7211.T>の3社連合は29日、連合を取りまとめる会議体(アライアンス・オペレーティング・ボード)に調整役となる事務局長を置くと発表した。

日本の自動車7社、10月世界生産は前年割れ

トヨタ自動車<7203.T>(日野自動車、ダイハツ工業含む)など大手自動車メーカー7社が28日公表した2019年10月の世界生産は、全社が前年同月を割り込んだ。このうち、国内生産も全社がマイナスで、消費増税に伴う買い控えや台風による生産停止が響いた。東南アジア地域での低迷などを背景に、各社の海外生産も落ち込んだ。

PSA、フィアットとの年内統合合意に依然前向き=関係筋

仏自動車大手PSAはフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)との500億ドル規模の経営統合について、年内にも合意する計画だという。PSAに近い関係筋が22日明らかにした。

日産、来年2月に臨時株主総会 内田新社長ら取締役選任で

「横浜市 12日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は12日、新たな取締役選任を決議するため、来年2月18日に臨時株主総会を開くと発表した。議決権を行使できる株主を確定する基準日は今年12月20日。12月1日付で社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格する専務執行役員の内田誠氏らの取締役選任議案が株主総会で提案される。前社長兼CEOの西川広人氏らが退任する予定。

ホットストック:三菱自は急反落、今期業績予想を大幅下方修正

三菱自動車工業は急反落。午前9時34分現在、東証1部の値下がり率5位になっている。6日、2020年3月期の連結業績予想を大幅に下方修正したことが嫌気されている。

三菱自、間接部門の人員削減へ 今期業績予想が下振れ

三菱自動車工業<7211.T>の加藤隆雄代表執行役CEO(最高経営責任者)は6日の2019年4―9月期決算会見で、間接部門を中心とした人員削減、組織のスリム化を進めると明らかにした。具体的な人員削減の規模は検討中とした。

三菱自、20年3月期当期利益予想を92%下方修正 出荷減や為替影響で

三菱自動車工業<7211.T>は6日、2020年3月期の連結業績予想を下方修正した。足元の実勢を踏まえて出荷台数の減少や為替の見直しを反映した結果、営業利益は900億円の予想を300億円に、当期純利益は650億円の予想を92%減の50億円に下方修正した。

今日の株式見通し=買い先行後もみあい、円安が支え 利益確定売りこなす

きょうの東京株式市場で、日経平均株価は買い先行後もみあいとなりそうだ。ドル/円が109円前半と前日から円安方向に振れており、東京市場は前日のシカゴ日経平均先物終値にサヤ寄せする形で続伸して始まるとみられている。取引時間ベースの年初来高値を連日で更新する可能性もあるが、高値では利益確定売りが出るとみられ、マイナス圏に沈む展開もあり得る。

日産、川口副社長ら退任 新体制12月に前倒しで改革急ぐ

日産自動車<7201.T>は1日、新たな執行体制と役員人事を発表した。社長兼最高経営責任者(CEO)への昇格が内定している内田誠専務執行役員(53)ら新経営陣の就任を12月1日付とした。就任を当初の期限より1カ月早め、経営改革と業績回復を急ぐ。軽部博最高財務責任者(CFO、63)や川口均副社長(66)らも退任する。60代中心だった経営陣の若返りをさらに進める。

日産、川口副社長が退任 CFOにスティーブン・マー常務

日産自動車は1日、執行体制と役員人事について決定したと発表した。人事は12月1日付で、内田誠専務が代表執行役社長兼最高経営責任者(CEO)に、アシュワニ・グプタ三菱自動車最高執行責任者(COO)が日産の代表執行役COOに、関潤専務が執行役副COOにそれぞれ就任。このほか、スティーブン・マー常務が最高財務責任者(CFO)に就き、軽部博・現CFOは退任する。山内康裕社長兼CEO代行、川口均副社長も退任する。山内氏は取締役は継続する。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up