for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱自動車工業株式会社

7211.T

現在値

388.00JPY

変化

-16.00(-3.96%)

出来高

4,725,600

本日のレンジ

385.00

 - 

394.00

52週レンジ

385.00

 - 

649.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
404.00
始値
388.00
出来高
4,725,600
3か月平均出来高
79.65
高値
394.00
安値
385.00
52週高値
649.00
52週安値
385.00
発行済株式数
1,488.31
時価総額
602,074.10
予想PER
--
配当利回り
4.95

次のエベント

Dividend For 7211.T - 10.0000 JPY

適時開示

その他

Renault Interim CEO Says Cannot Afford To Wait For New CEO's Arrival To Act On Costs

Mitsubishi Motors North America Reports Sales Of 10,626 Vehicles In January, A 22 Percent Increase Over January 2019

Nissan CEO Uchida says each Alliance member company will announce revised mid-term plans In May

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱自動車工業株式会社とは

三菱自動車工業グループは自動車及びその部品の開発、生産、販売、金融事業を行い、開発は同社が中心となって行う。【事業内容】同社は自動車事業を運営する。国内においては、普通・小型乗用車、軽自動車を同社が生産しているほか、一部スポーツ・ユーティリティ・ビークル(パジェロ等)を生産し、販売を行う。このほか三菱自動車エンジニアリングが同社製品の開発の一部を、三菱自動車ロジテクノが同社製品の国内輸送並びに新車点検や整備の一部を行う。海外においては、ミツビシ・モーターズ(タイランド)、カンパニー・リミテッド(タイ)等が生産・販売事業を行う。また金融事業としては、MMCダイヤモンドファイナンスが自動車のリース事業、販売金融等の事業を行う。

連絡先

Daiichi Tamachi Bldg., 5-33-8, Shiba

+81.3.34561111

https://www.mitsubishi-motors.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Osamu Masuko

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Representative Director

Koji Ikeya

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Trevor Mann

Chief Operating Officer

Takeshi Ando

Executive Vice President

Mitsuhiko Yamashita

Executive Vice President

統計

3.31 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

1.9K

2018

2.2K

2019

2.5K

2020(E)

2.4K
EPS (JPY)

2017

-164.110

2018

72.230

2019

89.260

2020(E)

3.984
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.59
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.25
株価純資産倍率(四半期)
0.73
株価キャッシュフロー倍率
4.73
総負債/総資本(四半期)
30.02
長期負債/資本(四半期)
11.49
投資利益率(過去12カ月)
5.36
自己資本利益率(過去12カ月)
2.87

最新ニュース

最新ニュース

仏ルノー株下落、ムーディーズがジャンク級に格下げ

格付け大手ムーディーズは18日遅く、仏自動車大手ルノー<RENA.PA>の社債格付けをジャンク(投機的)級に引き下げた。これを受け、ルノーの株価は19日序盤の取引で2.3%安の30.2ユーロ(32.71ドル)と2012年半ば以来の安値を付けた。

仏ルノー株下落、ムーディーズがジャンク級に格下げ

格付け大手ムーディーズは18日遅く、仏自動車大手ルノーの社債格付けをジャンク(投機的)級に引き下げた。これを受け、ルノーの株価は19日序盤の取引で2.3%安の30.2ユーロ(32.71ドル)と2012年半ば以来の安値を付けた。

日産・内田新体制、荒天の船出 臨時株主総会で取締役4人選任

日産自動車<7201.T>は18日、横浜市内で臨時株主総会を開いた。内田誠・社長兼最高経営責任者ら4人を新たに取締役として選任する議案が可決された。販売不振で2019年10―12月期は11年ぶりの最終赤字に転落、20年3月期期末配当も無配とした。内田新体制は厳しい荒波の中での船出となった。

日産が臨時株主総会、内田社長ら新取締役4人選任議案諮る

日産自動車は18日、横浜市内で臨時株主総会を開いた。昨年12月に就任した内田誠・社長兼最高経営責任者(CEO)ら4人を新たな取締役として選任する議案を諮る。

焦点:求心力問われる日産・内田体制 改革遅れに社内から批判

業績不振に苦しむ日産自動車<7201.T>で、内田誠社長兼最高経営責任者 (CEO)の采配に対し、社内役員や取締役から厳しい批判の声が上がっている。同社が収益改善のために策定した様々な施策の実現が遅々として進んでいない、との懸念があるためだ。

ゴーン被告、報酬増やす目的で統括会社利用=日産・三菱自側弁護士

日産自動車<7201.T>前会長で現在逃亡中のカルロス・ゴーン被告の報酬を巡り、同社と三菱自動車<7211.T>の弁護士は10日、オランダの裁判所に提出した書面で、同被告が両社の統括会社を利用し、自身への支払額を膨らませ、申告していた報酬削減額を事実上、回収していたと明らかにした。

今日の株式見通し=小反発、新型肺炎への懸念で上値は重い

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、小反発が想定されている。前日の米国株式市場は上昇。東京株式市場はきのう大幅安となったこともあり、きょうは小高く始まるとみられる。ただ、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大懸念は、依然として投資家心理を圧迫している。月末・週末のポジション調整もあり、積極的に上値を追う展開にはならないという。

ルノー・日産・三菱自連合が協業拡大、5月に各社新中計

日産自動車<7201.T>と仏ルノー<RENA.PA>、三菱自動車<7211.T>の3社連合(アライアンス)は30日、今年5月をめどに各社が新たな中期経営計画を発表する方針を明らかにした。3社がそれぞれ強みとする地域や分野を主導する協業戦略を盛り込む。アライアンスのプロジェクトの効果や効率を高め、経営資源の有効活用を図る。

アライアンスは強固だが危機感を共有=ルノー会長

日産自動車、仏ルノー、三菱自動車は30日、3社の経営トップによる会議体「アライアンス・オペレーティング・ボード」を横浜で開いた。ルノーのスナール会長は会議終了後、記者団に対し、3社のアライアンスは引き続き強固だが、危機感を共有していると述べた。

不正あったと考えるべき理由ない=独検察のディーゼルエンジン搭載車調査で三菱自

三菱自動車<7211.T>は30日、ドイツの検察当局が、ディーゼルエンジンに排ガス規制に違反する装置を搭載した疑いで同社に対する捜査を行っていることについて、「独検察が指摘する不正があったと考えるべき理由はない」とするリリースを発表した。

仏ルノー、新CEOにデメオ氏 取締役会が正式承認

仏自動車大手ルノー<RENA.PA>は28日、取締役会を開催し、独フォルクスワーゲン<VOWG_p.DE>傘下セアトの元トップ、ルカ・デメオ氏(52)を次期最高経営責任者(CEO)とする人事を承認した。

ホットストック:スズキは3日続落、排ガス規制を巡る改善命令を嫌気

スズキは3日続落。23日、同社のディーゼル車が排ガス規制に違反したとし、オランダの交通規制当局が改善命令を出したことが嫌気されている。

三菱自に供給のエンジン、ドイツの捜査対象か不明=仏PSA

フランスの自動車大手PSA<PEUP.PA>は22日、三菱自動車<7211.T>に2015─18年に供給した排気量1.6リットルのディーゼルエンジンについて、ドイツ当局が進める三菱自動車への捜査対象となっているかどうかは分からないと説明した。

日経平均は反発、香港株高で安心感誘い戻り歩調に

東京株式市場で日経平均は反発した。前日の米国株式市場が下落したことを受けて、続落で始まったものの、前日に大幅安となった香港ハンセン指数が堅調に推移したことが安心感を誘い、日本株も戻り歩調となり、2万4000円を回復。外為市場でドル/円が110円台で落ち着いていることも好感された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、25日移動平均線がサポート

<15:30> 日経平均・日足は「中陽線」、25日移動平均線がサポート 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」。25日移動平均線(2万3816円30銭)が下 値支持線として働いている。昨日下回った5日線(2万3990円76銭=22日)はきょう再び上回り、 短期的な底入れ機運が強まった。ただ、商いは薄く、上昇に向けての勢いは感じられない。引き続き2万4 100円の壁が意識されている。 <15:15> 新興株市場はまちまち、直近IPOや新型肺炎関連銘柄に物色 新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日続伸、東証マザーズ指数は反落した。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、直近IPOや新型肺炎関連銘柄に物色

<15:15> 新興株市場はまちまち、直近IPOや新型肺炎関連銘柄に物色 新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日続伸、東証マザーズ指数は反落した。 ジャスダック市場では、ワークマン 、KYCOMホールディングス 、重松製作所<798 0.T>が上昇。新型コロナウイルスが原因とみられる新型肺炎の拡大懸念から、マスク関連の興研 や 医薬品の中京医薬品 なども買われた。一方、小倉クラッチ 、ウエストホールディングス<1 407.T>、大日光・エンジニアリング は下落した。   マザーズ市場では、引き続き値動きの良い直近IPO銘柄を中心に物色...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調を持続、2万4000円はさんで小動き

<14:05>  日経平均は高値圏で堅調を持続。2万4000円を挟んで小動きとなっている。市場では「新型肺炎の 影響が懸念されて売られたものの、間を置かず引き戻したことで安心感が広がった。ただ、2万4000円 を超すと戻り売りが出てくるようで上値は重い」(国内証券)との声が出ていた。 <13:01> 日経平均は2万4000円台回復、値ごろ感で押し目買い 日経平均は後場上げ幅を拡大し2万4000円台を回復、現在2万4000円台前半を推移している。 ドル/円はランチタイム中に110円台に乗せた。「アジア株が総じて落ち着いてきたことが影響している...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は2万4000円台回復、値ごろ感で押し目買い

<13:01> 日経平均は2万4000円台回復、値ごろ感で押し目買い 日経平均は後場上げ幅を拡大し2万4000円台を回復、現在2万4000円台前半を推移している。 ドル/円はランチタイム中に110円台に乗せた。「アジア株が総じて落ち着いてきたことが影響している 。値ごろ感からの押し目買いで上がっているが、商いは薄い」(SMBC日興証券・投資情報部部長の太田 千尋氏)という。 新型コロナウイルスが原因とみられる新型肺炎については「パンデミックに至ってしまうと経済活動の 萎縮につながるため、侮れない。今後も注意深くみる必要がある。ただ、きょうは...

前場の日経平均は反発、円安やハンセン指数上昇などを好感

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比120円94銭高の2万3985円50銭となり、反発した。21日の米国株式市場は主要3指数は下落して取引を終えた。日経平均は続落で寄り付いた後はプラス転換し、米国株安が日経平均に与える影響は限定的だった。

ホットストック:三菱自は急落、ディーゼルエンジン排ガス不正の疑いを嫌気

三菱自動車工業は急落。午前9時20分現在、東証1部の値下がり率第2位となっている。フランクフルトの検察局は、同社をディーゼルエンジンに排ガス規制に違反する装置を搭載した疑いでドイツの検察当局が捜査を開始したと発表、嫌気されている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up