for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱自動車工業株式会社

7211.T

現在値

380.00JPY

変化

3.00(+0.80%)

出来高

17,066,900

本日のレンジ

378.00

 - 

386.00

52週レンジ

253.00

 - 

426.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
377.00
始値
379.00
出来高
17,066,900
3か月平均出来高
323.60
高値
386.00
安値
378.00
52週高値
426.00
52週安値
253.00
発行済株式数
1,487.85
時価総額
566,307.40
予想PER
8.95
配当利回り
--

次のエベント

Mitsubishi Motors Corp Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Nissan contributed 49 million euros for first quarter 2022 to Renault’s earnings

Renault To Discuss EV Venture With Nissan And Mitsubishi - Nikkei

Renault partner RCI Banque: limited exposure to Russia and Ukraine, had 92 mln euros worth stake in RN Bank

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三菱自動車工業株式会社とは

三菱自動車工業グループは、自動車及びその部品の開発、生産、販売、金融事業を行う。【事業内容】2つの事業セグメントを通じて事業を展開する。自動車事業は、普通・小型乗用車、軽自動車を生産しているほか、一部スポーツ・ユーティリティ・ビークル(パジェロ等)を生産、販売する。金融事業は、自動車のリース事業、販売金融等の事業を行う。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

Daiichi Tamachi Bldg., 5-33-8, Shiba

MINATO-KU, TKY

108-8410

Japan

+81.3.34561111

https://www.mitsubishi-motors.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Tomofumi Hiraku

Chairman of the Board, Independent Director

Takao Kato

President, Representative Executive Office, Chief Executive Officer, Director

Koji Ikeya

Vice President, Chief Financial Officer, Representative Executive Officer

Takashi Fukuzumi

Executive Officer, Chief Director of Finance

Masao Kuruma

Chief Information Officer, Executive Officer, Chief Director of Global IT

統計

2.87 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

2.3K

2021

1.5K

2022

2.0K

2023(E)

2.3K
EPS (JPY)

2020

-17.320

2021

-209.880

2022

49.763

2023(E)

42.469
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.64
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.28
株価純資産倍率(四半期)
0.93
株価キャッシュフロー倍率
4.27
総負債/総資本(四半期)
79.17
長期負債/資本(四半期)
19.75
投資利益率(過去12カ月)
8.83
自己資本利益率(過去12カ月)
4.18

最新ニュース

最新ニュース

日産と三菱自が軽EV今夏発売、補助金で100万円台実現 普及促進へ

日産自動車と三菱自動車は20日、共同開発した軽自動車の電気自動車(EV)を発表した。現在の国内市場では、電池コストが高いEVは高価格帯が主流だが、両社は補助金を使えば100万円台という価格を実現した。軽のガソリン車並みにEVも買いやすくし普及促進を狙う。

EV事業を分けることは今のところ全く考えていない=三菱自CEO

三菱自動車の加藤隆雄・社長兼最高経営責任者(CEO)は20日、新車発表会後に記者団に対し、自社の電気自動車(EV)事業の分割は「今のところ全く考えていない」と述べた。

仏ルノーのEV部門分離計画、23年までに1万人雇用も

仏自動車大手・ルノーは12日、電気自動車(EV)と従来型自動車の生産を分離する計画から生じる2つの事業部門では、2023年までにそれぞれ1万人のスタッフを雇用する可能性があるとの見通しを示した。

ルノーEV新会社への参画「よく論議を重ねたい」=日産社長

日産自動車の内田誠社長兼最高経営責任者(CEO)は12日の決算会見で、企業連合を組む仏ルノーが分社化と新規株式公開(IPO)を検討中の電気自動車(EV)の新会社への参画について、「日産、アライアンス(企業連合)が強くなれるのかという点で、よく論議を重ねたい」との考えを示した。

焦点:トヨタがサブスクで勝負、EV巻き返しなるか 試される戦略

トヨタ自動車が12日から同社初の量産型電気自動車(EV)「bZ4X」の販売を始める。個人には定額(サブスク)サービス、法人にはリースのみの扱いで異例の売り方となる。国内のEV市場では米テスラなど輸入車の存在感が高まり、先駆者の日産自動車も反撃に出る中、トヨタがEV需要を掘り起こせるかが注目される。

今日の株式見通し=反落、米金融引き締め懸念で日経2万6000円割れ

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反落が想定されている。前日の米国株式市場は金融引き締めへの懸念が再浮上し、ナスダック総合が大幅安となった。東京株式市場でも米株安の流れを引き継ぎ、日経平均は心理的節目の2万6000円を下回る水準での推移となりそうだ。

三菱自の今期営業益3%増 社長「見通し困難な1年に」

三菱自動車工業は10日、2023年3月期の連結営業利益が前年比3.1%増の900億円になる見通しと発表した。原材料高などが圧迫するが、円安効果や高採算車種の販売増加などが寄与する。会社予想は、IBESがまとめたアナリスト14人のコンセンサス予想819億円を上回る。

BRIEF-三菱自社長:ロシア事業動向予測は非常に難しく、回復には相当な時間かかる

三菱自動車工業の加藤隆雄・社長兼最高経営責任者(CEO)と池谷光司・副社長兼最高財務責任者(CFO)は、10日の決算会見で以下のように述べた。

仏ルノーの新ブランド「モビライズ」、2027年に利益率2桁目指す

仏自動車大手ルノーは10日、新ブランド「モビライズ」について、2027年に利益率2桁を目標とする方針を示したほか、30年までにグループ全体の売上高の20%を占めることを目指すとした。

国内新車販売、4月は14.3%減 半導体不足や中国の都市封鎖響く

自動車販売の業界団体が2日発表した4月の国内新車販売台数は、前年同月比14.3%減の29万9620台と10カ月連続で減少した。長引く世界的な半導体不足のほか、新型コロナウイルス感染拡大による影響、特に中国におけるロックダウン(都市封鎖)で部品供給に遅れが生じており、各社の減産が続いていることが響いた。

トヨタの21年度世界生産コロナ前に届かず・国内も45年ぶり低水準=国内8社生産

国内乗用車大手8社が27日発表した2021年度の世界生産では、トヨタ自動車が前年比4.7%増の約856万台だった。新型コロナウイルスの影響が小さかった19年度の約874万台には届かなかった。新車需要は旺盛だったものの、半導体などの部品不足が続き、度重なる生産調整を迫られた。特に国内生産は5.4%減の約276万台と1976年度(約258万台)以来、45年ぶりの低い水準だった。

ホットストック:三菱自が逆行高、22年3月期業績見通しを上方修正

純損益は740億円の黒字(前の期は3123億円の赤字)となる見通し。従来予想の500億円から黒字幅が拡大する。円安や販売費用の抑制、利幅の大きい車種の販売構成比率が高まったことなどが寄与した。

三菱自の前期上振れ、純利益740億円に 高採算な車種販売増や円安で

三菱自動車工業は26日、2022年3月期の連結業績見通しを上方修正した。純損益は740億円の黒字(前の期は3123億円の赤字)となる見通し。従来予想の500億円から黒字幅が拡大する。円安や販売費用の抑制、利幅の大きい車種の販売構成比率が高まったことなどが寄与した。

ゴーン被告、仏国際逮捕状発布報道に「驚き」 広報担当者明かす

日産自動車と仏ルノーの元会長であるカルロス・ゴーン被告の広報担当者は、フランス検察当局が自身に対する国際逮捕状を発付したとの報道に元会長は「驚いている」と明らかにした。

ゴーン被告、仏国際逮捕状発布報道に「驚き」 広報担当者明かす

日産自動車と仏ルノーの元会長であるカルロス・ゴーン被告の広報担当者は、フランス検察当局が自身に対する国際逮捕状を発付したとの報道に元会長は「驚いている」と明らかにした。

仏ルノー、第1四半期は2.7%減収 ウクライナ危機や半導体不足で

仏自動車大手のルノーが22日に発表した第1・四半期決算は、ウクライナ危機と半導体不足の影響で売上高が減少した。ただ、製品値上げと電気自動車(EV)の好調な販売が減収を一部補った。

ステランティス、ロシアで操業停止

欧米自動車大手ステランティスは19日、ロシア工場での操業停止を発表した。物流の問題と対ロシア制裁が理由。

三菱自、ロシア・カルーガ工場の操業停止

三菱自動車工業は8日、欧米自動車大手ステランティスと共同で所有しているロシアのカルーガ工場の操業を、追って通知があるまで停止したと発表した。

訂正--中国吉利集団と日系新興企業が電池で提携、日本で商用EVサービス

(会社側の訂正により、第1段落の「吉利汽車<0175.HK>グループ」を「吉利汽車<0175.HK>などを持つ浙江吉利控股集団(吉利集団)の子会社」に、第2段落の「吉利汽車」を「吉利集団傘下」にそれぞれ訂正します。)

三菱自、主力の岡崎工場5日間停止 上海都市封鎖で部品不足

三菱自動車は5日、主力工場の岡崎製作所(愛知県岡崎市)を今月11日から15日まで5日間停止すると発表した。新型コロナウイルスの感染が拡大する中国・上海の都市封鎖(ロックダウン)の影響で、部品が不足しているため。同製作所はスポーツ多目的車(SUV)「アウトランダー」などを生産している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up