for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

曙ブレーキ工業株式会社

7238.T

現在値

202.00JPY

変化

6.00(+3.06%)

出来高

1,745,100

本日のレンジ

193.00

 - 

202.00

52週レンジ

120.00

 - 

213.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
196.00
始値
193.00
出来高
1,745,100
3か月平均出来高
19.51
高値
202.00
安値
193.00
52週高値
213.00
52週安値
120.00
発行済株式数
133.58
時価総額
27,470.45
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 7238.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Akebono Brake Industry Co Ltd - Creditors Approve Restructuring Plan

Akebono Brake Industry To Shut Down Or Sell 6 Factories -Nikkei

Akebono Brake Industry Co Ltd - Asked Banks For Financial Aid Including 56 Billion Yen Debt Forgiveness

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

曙ブレーキ工業株式会社とは

曙ブレーキ工業グループは、自動車及び産業機械用ブレーキ並びに鉄道車両用ブレーキの製造・販売、事業に関連する研究開発・物流・サービス等を行う。【事業内容】同社は、6つの地域別のセグメントで構成される。主要製品には、ディスクブレーキ、ディスクパッド、ドラムブレーキ、シューアッシー、ブレーキライニング、産業機械用ブレーキ、鉄道車両用ブレーキ、コーナーモジュール、ローター及びマスターシリンダー等が含まれる。日本、北米、欧州、中国、タイ及びインドネシアにおいて事業を展開する。

業種

Auto & Truck Parts

連絡先

5-4-71, Higashi

HANYU-SHI, STM

348-8508

Japan

+81.48.5601500

https://www.akebono-brake.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasuhiro Miyaji

Executive President, Chief Executive Officer, Manager of Global Sales, Representative Director

Jin Kusanagi

Chief Financial Officer, Executive Officer

Takunobu Okada

Director of Finance and Accounting

Takamasa Kurinami

Chief Operating Officer, Vice President, Chairman of Subsidiary, Director

Keiichi Oka

Executive Vice President

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.21
株価純資産倍率(四半期)
1.31
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
121.30
長期負債/資本(四半期)
117.95
投資利益率(過去12カ月)
-7.09
自己資本利益率(過去12カ月)
-5.22

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「下影陰線」、定石通りの一服 直近マドを意識

<15:35> 日経平均・日足は「下影陰線」、定石通りの一服 直近マドを意識 日経平均・日足は、実体部分が短い「下影陰線」。前日の上ヒゲを伸ばした一服を示唆する足を受け、 定石通りの下げとなった。これまでの速い上げを踏まえれば、ここでの調整は当然とも言える。ただ、15 日と16日空けた直近のマドの上限値(3万0191円65銭)でほぼ下げ止まったことから、強い基調に は変化が見られない。 当面はこのマドの下限値である12日高値3万0092円34銭を維持できるか否かが注目点となろう 。マドを埋め切らない間は、テクニカル面では強気が支配する状態...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、値動き良い銘柄を循環物色

<15:10> 新興株市場はまちまち、値動き良い銘柄を循環物色 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は反発し、東証マザーズ指数は反落し た。市場では「値動きの良い銘柄が循環物色されている。小型株への個人マネーの流入に 変化はみられない」(国内証券)との声が聞かれる。 日経ジャスダック平均は0.33%高。個別では、GMOフィナンシャルホールディ ングス が昨年来高値を更新したほか、LAホールディングス 、ズーム<6 694.T>などもしっかり。一方、CAICA が大幅安となり、テクノホライゾン<6 629.T>、シンバイオ製薬 などが...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、物色意欲残り「スピード調整の印象」

<14:20> 日経平均は安値もみあい、物色意欲残り「スピード調整の印象」 日経平均は安値もみあい。3万0300円台で推移している。高値警戒感から上値に 対して慎重になっているものの、下振れして始まった人気株に対して押し目買いが活発化 しているという。市場では「下がりながらも買われ過ぎとの感じはしない。全体的に物色 意欲は残っており、この下げはスピード調整の印象があるようだ」(国内証券)との声が 聞かれた。 <12:53> 日経平均はさえない、130円安 出遅れ銘柄では物色広がる 後場に入り、日経平均はさえない動きとなり、前営業日比130...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はさえない、130円安 出遅れ銘柄では物色広がる

<12:53> 日経平均はさえない、130円安 出遅れ銘柄では物色広がる 後場に入り、日経平均はさえない動きとなり、前営業日比130円安の3万0300 円台前半で推移している。東証1部の騰落数では約5割が値上がりとなっているが、値が さ株が軟調な値動きとなり、相場の重しとなっている。 国内では、きょうから医療従事者を対象にした新型コロナウイルスのワクチン接種が 始まった。市場からは「ワクチンの普及を見据えて、引き続き出遅れ銘柄の物色が活発に なっている。ただ、経済が正常化に向かうまでにはまだ時間がかかるとみられ、今後は出 遅れ銘柄の物色...

前場の日経平均は反落、急騰後の利益確定売り先行

前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比265円04銭安の3万0202円71銭となり、3営業日ぶりに反落した。日経平均は前日までの2営業日で900円以上上昇したこともあり、短期間での急騰による過熱感が意識され、朝方からマイナス圏での推移となった。

ホットストック:曙ブレーキは10%超安、データ改ざんを嫌気

曙ブレーキ工業は8%超安で東証1部の値下がり率第2位。一時10.71%まで下落した。16日に自動車用ブレーキ部品の検査データを書き換えるなどの不正行為があったと発表したことが嫌気されている。不正行為は国内の生産子会社の4工場で行われ、件数は11万4271件にのぼる。確認された最も古い不正は2001年1月から行われていたという。

日経平均は反落、利益確定優勢 企業決算控え様子見も

東京株式市場で日経平均は反落した。前日に終値ベースで1990年8月以来の高値を付けたことから、きょうは高値警戒感から利益確定売りが優勢となった。売り一巡後はやや下げ幅を縮小したが、来週以降に本格化する企業の決算発表をにらみ、様子見ムードが広がった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、高値警戒強い中で「チキンレース」の様相

日経平均・日足は上ヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」の「小陽線」。上値、下値をともに切り上げ、一段と上値指向を強める動きとなっている。心理的な戻りの目安である2万2000円をあっさり更新して強い基調を維持。高値警戒が強い中で、売るに売れない「チキンレース」のような状況になってきた。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズ指数1年半ぶり1000ポイント回復

新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均が12日続伸、東証マザーズ指数も続伸し、引け値で2018年12月5日以来、約1年半ぶりに1000ポイントを回復した。市場からは「引き続き個人投資家を中心に物色意欲が衰えておらず、新興株でも循環物色が続いている」(国内証券)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、高値警戒感から利益確定売りも

日経平均は後場に入ってから伸び悩んでいる。心理的な節目として意識されている2万2000円を回復したが「この水準では戻り売りが出やすい。テクニカル指標などをみても、高値警戒感が強くなっているため、そこから利益確定売りが出ているようだ」(国内証券)という。

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反発、上値追いで2万2100円台回復

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比257円86銭高の2万2135円75銭となり、反発した。米中関係の緊迫化など外部環境はさえないものの、国内での経済活動再開への期待が引き続き支えとなった。日経平均は約3カ月ぶりに2万2100円台を回復した。

ホットストック:曙ブレーキは大幅反発、20年3月期経常損益の黒字を好感

曙ブレーキ工業は大幅反発。午前9時40分現在、東証1部で値上がり率1位となっている。5月29日発表した2020年3月期の連結経常損益が11億2100万円の黒字だったことが好感されている。前年は28億0800万円の経常赤字だった。北米と中国での受注減少による影響があったものの、日本での固定費削減、北米での人員適正化・経費削減の効果が大きく寄与した。

ホットストック:曙ブレーキが大幅続伸、継続企業の前提に関する注記の記載解消

曙ブレーキ工業は続伸。12日に「継続企業の前提に関する注記」を解消したことを発表し、今後の経営再建を期待した買いが入っている。事業再生ADR手続きが終了したことに加え、事業再生ファンドからの払い込み手続きが完了したことで、継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような状況が存在しなくなったという。

〔テクニカルデータ〕東証1部・75日線かい離ランキング=23日

均線かい離率(下位) 20.03%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ダブル・スコープ -28.62 02 デジタルアーツ -20.56 03 CE HLDG -19.09 04 スノーピーク -17.05 05 サインポスト -16.89 06 幸楽苑HLDG -16.37 07 ノーリツ鋼機 -16.29 08 マネックスグループ -16.13 09 ネクソン -15.77 10 オープンドア -15.30 11 ブイキューブ -15.26 12 アステリア -15.16 13 富士興産 -14.31 14 ラクスル -14.31...

〔テクニカルデータ〕東証1部・75日線かい離ランキング=21日

均線かい離率(下位) 24.30%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ダブル・スコープ -34.54 02 デジタルアーツ -20.61 03 CE HLDG -20.60 04 サインポスト -19.26 05 システムサポート -19.22 06 幸楽苑HLDG -18.72 07 ブイキューブ -17.29 08 マネックスグループ -17.11 09 オープンドア -17.01 10 システム情報 -16.67 11 富士興産 -16.58 12 アステリア -16.46 13 ラクスル -16.31 14 ノーリツ鋼機...

〔テクニカルデータ〕東証1部・75日線かい離ランキング=18日

均線かい離率(下位) 26.93%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ダブル・スコープ -37.28 02 CE HLDG -22.27 03 デジタルアーツ -19.81 04 幸楽苑HLDG -19.08 05 システムサポート -19.02 06 ブイキューブ -18.71 07 マネックスグループ -18.46 08 富士興産 -18.01 09 サインポスト -17.86 10 ラクスル -17.60 11 オープンドア -17.21 12 ノーリツ鋼機 -17.13 13 アステリア -17.03 14 システム情報...

〔テクニカルデータ〕東証1部・75日線かい離ランキング=17日

均線かい離率(下位) 26.31%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ダブル・スコープ -38.67 02 CE HLDG -21.64 03 デジタルアーツ -19.69 04 ブイキューブ -18.88 05 富士興産 -18.08 06 システムサポート -17.95 07 マクロミル -17.89 08 幸楽苑HLDG -17.86 09 マネックスグループ -17.62 10 ノーリツ鋼機 -17.59 11 アステリア -16.78 12 オープンドア -16.67 13 じげん -16.52 14 サインポスト -16.19...

〔テクニカルデータ〕東証1部・75日線かい離ランキング=16日

均線かい離率(下位) 23.17%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ダブル・スコープ -38.53 02 CE HLDG -21.20 03 デジタルアーツ -19.62 04 ブイキューブ -18.84 05 富士興産 -18.55 06 幸楽苑HLDG -18.05 07 マクロミル -17.82 08 アステリア -17.76 09 システムサポート -17.29 10 じげん -17.20 11 ノーリツ鋼機 -17.04 12 マネックスグループ -16.77 13 セレス -16.64 14 オープンドア -16.14...

〔テクニカルデータ〕東証1部・75日線かい離ランキング=15日

均線かい離率(下位) 26.52%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ダブル・スコープ -38.67 02 デジタルアーツ -20.38 03 CE HLDG -20.17 04 アステリア -18.11 05 ブイキューブ -18.03 06 富士興産 -17.87 07 幸楽苑HLDG -17.77 08 マネックスグループ -17.75 09 マクロミル -17.32 10 エニグモ -17.28 11 じげん -17.12 12 ノーリツ鋼機 -17.07 13 オープンドア -15.88 14 システムサポート -15.48...

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=15日

26.09%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 KLab -14.09 02 マネックスグループ -13.09 03 システムサポート -11.98 04 ノーリツ鋼機 -11.36 05 トレジャー・ファクトリ -10.98 ー 06 ハブ -10.58 07 エニグモ -10.36 08 CE HLDG -10.35 09 トランザクション -9.62 10 明和産業 -8.60 11 プロパティエージェント -8.57 12 ビューティガレージ -8.42 13 enish -8.30 14 幸楽苑HLDG -8.00 15...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up