for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社タチエス

7239.T

現在値

1,066.00JPY

変化

-29.00(-2.65%)

出来高

85,700

本日のレンジ

1,062.00

 - 

1,095.00

52週レンジ

942.00

 - 

1,506.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,095.00
始値
1,095.00
出来高
85,700
3か月平均出来高
1.76
高値
1,095.00
安値
1,062.00
52週高値
1,506.00
52週安値
942.00
発行済株式数
34.22
時価総額
39,366.26
予想PER
--
配当利回り
5.69

次のエベント

Q1 2023 Tachi-S Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Tachi-S Co Buys Back 1 Million Shares For 1.6 Billion Yen Before Market Open Friday

Tachi-S acquires 1.3 mln shares of Toyota Boshoku for about 3 bln yen

Tachi-S to sell all shares of Fujikiko

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社タチエスとは

タチエスグループは主に、自動車座席及び座席部品の製造・販売を行う。【事業内容】日本において、同社は、自動車座席及び座席部品を製造し、主に国内の顧客に納入する。国内子会社、関連会社は、主に同社の委託加工先として自動車座席並びに座席部品を製造し同社に納入する。また、同社は、商業施設の賃貸を行う。北米において、同社の北米における営業・開発拠点であるタチエス エンジニアリングU.S.A.INC.が管理統括し、子会社及び関連会社は、自動車座席並びに座席部品を製造し、主に米国内の得意先に納入する。中南米においては、同社の中南米における開発拠点であるタチエス エンジニアリング ラテンアメリカ S.A. DE C.V.が管理統括する。欧州において、同社の欧州における営業・開発拠点であるフランスのタチエス エンジニアリング ヨーロッパS.A.R.L.が管理統括すると共に、自動車座席部品を製造し、欧州内の得意先に納入する。中国においては、同社の中国における営業・開発拠点である泰極愛思(中国)投資有限公司が管理統括する。東南アジアにおいては、タチエス(THAILAND) CO.,LTD.が管理統括する。

業種

Textiles - Non Apparel

連絡先

3-3-7, Matsubara-cho

AKISHIMA-SHI, TKY

196-8611

Japan

+81.42.5468111

http://www.tachi-s.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Taro Nakayama

Chairman of the Board

Yuichiro Yamamoto

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Yoshiyuki Nogami

Vice President, Manager of Business Supervision, Director

Mutsumi Gamo

Managing Executive Officer, Director

Hiroyuki Miki

Managing Executive Officer, Manager of Procurement & Parts Business, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.19
株価純資産倍率(四半期)
0.52
株価キャッシュフロー倍率
10.10
総負債/総資本(四半期)
34.39
長期負債/資本(四半期)
12.04
投資利益率(過去12カ月)
-1.97
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.13

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日・75日線を下回る

   <15:50> 日経平均・日足は「中陰線」、5日・75日線を下回る 日経平均・日足はわずかな下ヒゲを伴う「中陰線」となった。終値は前営業日比25 3円38銭安の2万6748円14銭。朝高後にマイナス圏に転落し、一日を通して下げ 幅を拡大する展開となった。終値は5日移動平均線(2万6760円55銭=24日)、 75日移動平均線(2万6821円65銭=同)を下回る一方、25日移動平均線(2万 6726円39銭=24日)が下値支持線として機能した。当面は心理的節目の2万70 00円を挟んだ、上値の重い展開が続きそうだ。 <14:05> ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はマザーズが反落し3%超安、利益確定売り

<15:40> 新興株式市場はマザーズが反落し3 %超安、利益確定売り 新興株式市場は、マザーズ総合が3%超安と大幅に反落した。時間外取引で米株先物 が軟化したのを受け、一日を通して下げ幅を拡大する展開となった。市場では「米株先物 の動きを見る限り今夜のナスダックは下落する可能性が高く、利益確定売りの動きが加速 した」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比3.16%安の653.47ポイント。個別では、メルカ リ、フリー、そーせいグループ、ビジョナルなど が大幅安。半面、アンジェス、Green Earth Institute...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅を拡大、ナスダック先物の下落が重し

<14:05> 日経平均は下げ幅を拡大、ナスダ ック先物の下落が重し 日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比200円超安の2万6700円台後半で推移 している。アジア株に加え、時間外取引で米株先物が軟化していることが嫌気されている 。 市場では、米株先物の中でもナスダックが大幅に下落していることから「連邦公開市 場委員会(FOMC)議事要旨の発表を控え、米利上げに対する警戒感が再び高まってい る」(国内証券)との声が聞かれた。 午後2時現在の東証プライム市場の売買代金は1兆8414億0800万円。東証3 3業種では、サービス業、パルプ・紙...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏、中国株が下げ幅拡大 下値では買いも

<12:54> 日経平均は安値圏、中国株が下げ幅拡大 下値では買いも 後場の日経平均は、前引け時点より安く始まり、今日の安値圏での推移となっている 。中国株が徐々に下げ幅を拡大しており、投資家心理の重しになった。時間外の米株先物 も軟調な値動きを継続している。 もっとも、下値では押し目買いが入り、下げ渋ってもいる。市場では「日本株は徐々 に下値を切り上げてきた印象があるが、本格的な上昇基調に戻るには材料待ち」(国内証 券)との声が聞かれる。 業種別では、後場に入って海運業や精密機器の上値が重い一方、空運業や鉱業は上げ 幅を広げている。...

前場の日経平均は反落、景気懸念くすぶる 押し目買い支え

前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比138円19銭安の2万6863円33銭と、反落した。前日の米国市場での株高を受けて小高く寄り付いたが、短時間でマイナスに沈んだ。世界景気への懸念が重しとなった一方、下値では押し目買いが支えとなり、安値圏でのもみあいが続いた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、米株先物が軟調に推移

<11:08> 日経平均は安値もみあい、米株先物が軟調に推移 日経平均は安値もみあいとなっている。一時191円57銭安の2万6809円95 銭に下落した。米株先物が軟調な推移を継続しており、投資家心理の重しになっている。 米国株は前週までにダウが8週連続で下落しており、前日の米株高は「自律反発の範囲内 」(国内証券)との受け止めが聞かれる。 市場では、米金融引き締めや資源高、中国でのコロナ感染動向などの世界景気に対す る悪影響への警戒感が根強い。投資家の不安心理を示すシカゴ・オプション取引所(CB OE)のボラティリティー・インデックス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、戻りの重さを意識 利益確定売りが出やすい

<10:05> 日経平均は軟調、戻りの重さを意識 利益確定売りが出やすい 日経平均は軟調。8週連続で下落した米国株式市場に自律反発の期待があるが、日本 株は日経平均で2万7000円の水準が関門となり、戻りの重さが意識されている。時間 外取引で米株先物が軟化していることも株価を抑えているという。 市場では「米利上げの加速、資源価格の急騰など世界経済の減速懸念が残っている状 況で、上値においては利益確定売りが出やすい」(野村証券・ストラテジストの澤田麻希 氏)との声が聞かれた。 <09:05> 日経平均は弱もちあい、米株先物安を嫌気 2万7000...

寄り付きの日経平均は弱もちあい、米株先物安を嫌気 2万7000円意識

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比3円91銭高の2万7005円43銭と、小幅続伸でスタートしたものの、すかさず前日比マイナスに沈み、その後は弱もちあい。前日の米国株式市場は高かったものの、時間外取引で米株先物が軟調となっていることが嫌気されている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、前澤給装は買い優勢 キッセイ薬品は売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、前澤給装は買い優勢 キッセイ薬品は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気配 終値 率 配 1 前澤給装工業 18% 993 993 993 843 2 イワキポンプ 15% 1,130 1,130 1,130 980 3 秋田銀行 13% 1,734 1,733 1,734 1,534 4 バリューHR 11% 1,392 1,391 1,392 1,254 5 レアジョブ 9% 634 633...

ホットストック:タチエスが年初来高値更新、黒字転換予想と大幅増配を材料視

タチエスが急伸、3月23日に付けた年初来高値1325円を更新した。未公表だった2022年3月期の業績見通しについて黒字転換を予想するとともに大幅増配を発表したことが材料視された。午前9時25分現在、東証1部で値上がり率第1位となっている。

9日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

9日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・日本スキー場開発  、自己保有株を除く発行済株式総数の2.51%にあ たる40万株、取得総額2億7000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は 3月10日から3月31日。 ・学情 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.4%にあたる20万株、取 得総額3億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月10日から9月30日。 ・シグマクシス 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.44%にあたる3 0万株、取得総額3億円を上限とする自社株買いを...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up