for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ミクニ

7247.T

現在値

341.00JPY

変化

10.00(+3.02%)

出来高

433,100

本日のレンジ

333.00

 - 

344.00

52週レンジ

295.00

 - 

479.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
331.00
始値
335.00
出来高
433,100
3か月平均出来高
6.29
高値
344.00
安値
333.00
52週高値
479.00
52週安値
295.00
発行済株式数
33.56
時価総額
11,270.36
予想PER
12.28
配当利回り
3.02

次のエベント

Q3 2023 Mikuni Corp Earnings Release

適時開示

その他

MIKUNI lowers consolidated full-year outlook for FY 2016

MIKUNI plans to merge with unit

MIKUNI amends consolidated full-year outlook for FY 2016

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ミクニとは

ミクニグループは、燃料噴射関連品、気化器類、暖房機器類、ポンプ類、ガス制御機器類等の製造・販売、航空機部品の輸入販売、不動産賃貸業等のサービス業務を行う。【事業内容】3つの事業セグメントを通じて事業を展開する。自動車関連品事業は、主に四輪車・二輪車・汎用エンジン用燃料供給装置類及びエンジン関連機能品類の製造販売を行う。生活機器関連品事業は、主にガス機器用制御機器類及び水制御機器類などの製造販売を行う。航空機部品輸入販売事業は、主に航空機部品等の輸入販売を行う。その他は、芝管理機械等の販売及び車輌用暖房機器類、福祉介護機器等の製造販売事業および不動産管理等を行う。

業種

Auto & Truck Parts

連絡先

Mikuni Bldg., 6-13-11, Soto-Kanda

CHIYODA-KU, TKY

101-0021

Japan

+81.3.38330392

http://www.mikuni.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Masaki Ikuta

Chairman of the Board, Representative Director

Hisataka Ikuta

President, Chief Executive Officer, Chief Operating Officer, Representative Director

Satoshi Fujimori

Chief Financial Officer, Managing Executive Officer, Director

Toru Hashimoto

Chief Technology Officer, Chief Quality Officer, Managing Executive Officer, Director

Ichiro Sugiyama

Managing Executive Officer, Chief Competitive Officer, Chief Digital Officer, Chief Director of Supply Chain, Director

統計

3.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.1K

2021

0.1K

2022

0.1K

2023(E)

0.1K
EPS (JPY)

2020

-119.300

2021

-3.730

2022

39.286

2023(E)

26.800
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.13
株価純資産倍率(四半期)
0.33
株価キャッシュフロー倍率
2.34
総負債/総資本(四半期)
117.36
長期負債/資本(四半期)
61.10
投資利益率(過去12カ月)
-0.03
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.02

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、二番底確認か 25日線が抵抗線に

<15:55> 日経平均・日足は「大陽線」、二番底確認か 25日線が抵抗線に 日経平均・日足は、短い上ヒゲを引き、寄り付きがほぼ「坊主」の「大陽線」となっ た。終値は2万77090円76銭。文句なしの強いローソク足となり、このまま上値を 追って6日の戻り高値2万7399円19銭を上回れば、13日安値2万6237円42 銭を二番底とする理想的な戻り相場となる可能性が高くなる。 ただ、25日移動平均線(2万7148円14銭=14日)を上回ることができず、 上値抵抗線として機能したことが気になるところだ。当面は、同線をクリアできるかどう かが...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが5日ぶりに反発、地合い回復で値幅取り活発化

<15:05> 新興株はマザーズが5日ぶりに反発、地合い回復で値幅取り活発化 新興株式市場は、マザーズ総合は2.24%高の715.58ポイントと、5日ぶり に反発。前日に割り込んだ700ポイントを回復した。東証グロース市場指数は2.36 %高の909.76ポイントで大引け。「地合いの急速な回復から、値幅取りの動きが活 発化した」(国内証券・トレーダー)という。 個別では、キャンバス、マイクロ波化学、ティーケーピー などが商いを伴って上昇。Kudanがストップ高比例配分となった。半面、M &A総合研究所はさえない。 <14:30> 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみ合い、買い戻し中心 25日線が上値目安に

<14:30> 日経平均は高値もみ合い、買い戻し中心 25日線が上値目安に 日経平均は高値圏でもみ合っている。依然として2万7100円台で推移。全体の流 れから買い戻しのニーズが強く、押せば買いが入る状況で、だれる気配が感じられない。 市場では「ここを売り込むことはできず、週末事情もあってショートカバー中心の動きと なっている」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。 ただ、1000円を超す上昇となるなど、ここから上値を積極的に追う様子もない。 2万7150円近辺に位置する25日移動平均線が上値の目安として、参加者の間で強く 意識...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は堅調、日中高値更新 米株先物はしっかり

<13:01> 後場の日経平均は堅調、日中高値更新 米株先物はしっかり 後場の日経平均は前場引け時点から上げ幅を拡大して前営業日比約910円高の2万 7100円台半ばで推移し、日中高値を更新した。一時、上げ幅は940円を超える場面 もあった。前場に引き続き、指数寄与度の大きい値がさ株や半導体関連株が堅調。米株先 物がしっかりしていることも支援材料となっている。 市場関係者からは、「日経平均は前日までの4営業日続落していた反動で短期的な買 い戻しが中心だが、きょうは後場もしっかりの展開になりそうだ」(国内証券・ストラテ ジスト)との声が聞...

午前の日経平均は急反発、2万7000円回復 値がさ株堅調

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比903円76銭高の2万7141円18銭と大幅反発した。前日の米株市場で主要3指数が2%超と大幅上昇し、日本株にも幅広い業種で買いが先行した。特に、値がさ株の上昇圧力が強く指数を押し上げ、日経平均は節目の2万7000円を回復した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、2万7000円回復 値がさ株が一段と上昇

<10:57> 日経平均は上げ幅拡大、2万7000円回復 値がさ株が一段と上昇 日経平均は上げ幅を拡大、前営業日比約860円高の2万7100円付近で推移して いる。2万7000円台を回復するのは、10月7日以来。指数寄与度の大きい銘柄群の 上昇が一段と加速し、ファーストリテイリングは6.9%高で、日経平均を19 0円ほど押し上げている。 市場では、「きょうの上昇は、投機筋による短期的な買い戻しの印象が強い」(国内 証券・ストラテジスト)との声が聞かれた。日経平均が節目の2万7000円を回復した ことから、「ここからは利益確定売りも出てくるのではないか...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は700円超高、全面高の商状 ファーストリテは6%超高

<10:09> 日経平均は700円超高、全面高の商状 ファーストリテは6%超高 日経平均は上げ幅を拡大し、一時700円超高となった。東証プライム市場の値上が り銘柄は全体の96%で全面高の商状。東証33業種では、全セクターが上昇している。 前日に好決算を発表したファーストリテイリングは6%超高となり、指数を17 5円程度、押し上げている。 前日までの4日続落で日経平均は1000円超下落し「短期的な反発を期待した買い が入った」(国内証券のストラテジスト)とみられている。米消費者物価指数(CPI) が市場予想を上回りながら米株高となったことが...

寄り付きの日経平均は反発スタート、一時600円超高 米CPI後の米株高を好感

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比361円90銭高の2万6599円32銭と、反発してスタートした。その後も上値を伸ばし、一時600円超高に上昇した。米国で発表された消費者物価指数(CPI)は市場予想を上回ったが、米株は急反発し、過度な警戒感が和らいで自律反発を期待した買いが先行した。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、東名が買い優勢 ビーウィズは売り優勢

<08:21> 寄り前の板状況、東名が買い優勢 ビーウィズは売り優勢  東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 東名 25% 1,51 1,51 1,51 1,21 0 0 0 0 2 ネクソン 20% 2,99 2,99 2,99 2,49 4 4 4 4 3 テルモ 16% 4,83 4,83 4,83 4,17 9 9 9 7 4 ファーストリテイリング <9983. 15% 90,4 90,4 90,4...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up