for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マツダ株式会社

7261.T

現在値

787.00JPY

変化

0.00(0.00%)

出来高

5,023,800

本日のレンジ

771.00

 - 

789.00

52週レンジ

505.00

 - 

1,030.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
787.00
始値
786.00
出来高
5,023,800
3か月平均出来高
119.18
高値
789.00
安値
771.00
52週高値
1,030.00
52週安値
505.00
発行済株式数
629.79
時価総額
497,229.70
予想PER
-6.17
配当利回り
2.54

次のエベント

Q3 2021 Mazda Motor Corp Earnings Release

適時開示

その他

Mazda Reports December And Full Year 2020 Sales Results

Siriusxm Canada And Mazda Canada Announce Extension Of Partnership

Mazda North American Operations Posts November Sales Of 21,752 Vehicles, Down 10.8%

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

マツダ株式会社とは

マツダグループは主として、自動車及び同部品の製造・販売、並びにこれらに関連した事業を行う。【事業内容】日本、北米、欧州、その他の地域4つの地域別セグメントで構成される。乗用車及びトラックの製造・販売などを行う。主要製品には、四輪自動車、ガソリンレシプロエンジン、ディーゼルエンジン、自動車用手動・自動変速機などがある。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

3-1, Shinchi, Fuchu-cho

AKI-GUN, HRS

730-8670

Japan

+81.82.2821111

http://www.mazda.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Masamichi Kogai

Chairman of the Board, Representative Director

Akira Marumoto

President, Chief Executive Officer(CEO), Representative Director

Kiyoshi Fujiwara

Executive Vice President, Representative Director

Akira Koga

Senior Managing Executive Officer, Director

Masahiro Moro

Senior Managing Executive Officer, Director

統計

3.39 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

3.5K

2019

3.6K

2020

3.4K

2021(E)

2.8K
EPS (JPY)

2018

182.930

2019

100.790

2020

19.260

2021(E)

-127.534
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.18
株価純資産倍率(四半期)
0.47
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
89.96
長期負債/資本(四半期)
69.72
投資利益率(過去12カ月)
-4.98
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.28

最新ニュース

最新ニュース

UPDATE 1-〔表〕第4四半期と2020年の米乗用車・ライトトラック販売台数(メーカー別)

(内容を更新しました) [6日 ロイター] - AUTOMAKER Q4 2020 Q4 2019 PCT CHNG 1 General Motors 771,323 735,909 4.8 2 Toyota Motor* 660,715 604,047 9.4 3 Ford Motor 542,749 601,862 -9.8 4 Fiat Chrysler 499,431 542,519 -7.9 5 Honda Motor Co*** 366,068 401,961 -8.9 6 Nissan** 243,133 301,291...

〔表〕第4四半期と2020年の米乗用車・ライトトラック販売台数(メーカー別)

AUTOMAKER Q4 2020 Q4 2019 PCT CHNG 1 General Motors 771,323 735,909 4.8 2 Toyota Motor* 660,715 604,047 9.4 3 Fiat Chrysler 499,431 542,519 -7.9 4 Nissan** 243,133 301,291 -19.3 5 Hyundai 178,844 182,415 -2.0 6 Subaru 175,382 174,788 0.3 7 Volkswagen 94,330 85,167 10.8 8...

日産、トランプ政権支持を撤回=加州排ガス訴訟巡り GMに追随

日産自動車は4日、トランプ政権支持の撤回を表明した。米カリフォルニア州が同州の自動車排ガス規制を撤回した政権に取り消しを求めた訴訟をめぐり、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が先週、トランプ政権支持をやめていた。

日本車8社の10月世界生産2.7%増、2カ月連続プラス 日中が好調

日本車メーカー8社が27日発表した10月の世界生産は、前年同月比2.7%増の243万8045台だった。中国を中心に好調を維持し、2カ月連続のプラスとなった。前年同月には消費増税や台風の影響があったため、国内生産も同8.7%増加した。

テスラが米誌信頼度で下から2番目に転落、マツダ初首位

米有力専門誌「コンシューマー・リポート」が19日発表した自動車ブランド信頼度調査で、電気自動車(EV)メーカーのテスラ<TSLA.O>は総合ランキングを前回から2ランク落とし、26ブランド中25位となった。1月に生産を開始したSUV(スポーツタイプ多目的車)「モデルY」の品質に消費者から厳しい評価が下されたことが影響した。

マツダ、トヨタのハイブリッドシステム搭載車販売へ 協業強化

マツダ<7261.T>は9日、トヨタ自動車<7203.T>のハイブリッドシステム(THS)搭載車を2022年までに米国、欧州、中国で販売するなどの協業強化策を発表した。

マツダ、中間最終赤字930億円 社長「損益分岐の出荷100万台に」

マツダ<7261.T>が9日発表した2020年4─9月期連結決算は、純損益が930億円の赤字(前年同期は166億円の黒字)だった。新型コロナウイルス感染拡大による販売減少や操業停止が響いた。赤字幅は4─9月期として過去最大。回復ペースは想定以上だが、先行きが不透明として21年3月期通期の業績予想は据え置いた。

マツダ、米欧中でトヨタHVシステム搭載車販売へ 協業強化

マツダは9日の2020年4─9月期決算で、トヨタ自動車のハイブリッドシステム(THS)搭載車を2022年までに米国、欧州、中国で販売するなどの協業強化策を発表した。米国新工場で生産するマツダの新型SUV(スポーツ多目的車)にTHSを搭載。欧州でもトヨタの小型車「ヤリス」に搭載しているTHSをベースにしたモデルのOEM(相手先ブランドによる供給)車を、中国でもTHS搭載車を販売する予定だ。

マツダ、4─9月期は930億円の最終赤字、今期業績予想は据え置き

マツダが9日発表した2020年4─9月期連結決算は、純損益が930億円の赤字(前年同期は166億円の黒字)となった。新型コロナウイルス感染拡大の影響による販売急減などが響いた。

日本車8社の9月世界生産1.8%増、中国中心にコロナ影響から回復

日本車メーカー8社が29日発表した9月の世界生産は8社合計で前年同月比1.8%増の241万5940台だった。新型コロナウイルスの影響を受けていた新車需要が、中国など一部の市場で回復した。米中貿易摩擦の影響、アジア地域の景気低迷などで昨年8月以降、前年割れが続いていたが、14カ月ぶりにプラスに転じた。

マツダ、新型SUV「MX─30」日本発売、来年1月にEVでも投入

マツダ<7261.T>は8日、新型スポーツ多目的車(SUV)「MX—30」を日本でも発売した。MX—30は同社初の量産型電気自動車(EV)モデルとして9月から欧州で発売しているが、日本ではまずハイブリッド車(HV)モデルとして投入し、月1000台の販売を目指す。来年1月には日本でもEVモデルを展開する予定。

マツダ、新型SUV「MX—30」を日本発売 来年1月にはEVで

マツダは8日、新型スポーツ多目的車(SUV)「MX—30」を日本で発売した。MX—30は同社初の量産型電気自動車(EV)モデルとして欧州で9月から投入しているが、日本ではまずハイブリッド車(HV)モデルとして発売し、月1000台の販売を目指す。来年1月には国内でもEVモデルを展開する予定。

〔表〕第3四半期と年初来の米乗用車・ライトトラック販売台数(メーカー別)

AUTOMAKER Q3 2020 Q3 2019 PCT CHNG 1 General Motors 665,192 738,638 -9.9 2 Toyota Motor* 558,449 627,194 -11 3 Fiat Chrysler 507,351 565,034 -10.2 4 Honda Motor Co* 388,433 429,214 -9.5 ** 5 Nissan** 221,150 327,354 -32.4 6 Kia 165,013 158,754 3.9 7 Hyundai 170,828 173,028...

国内新車販売、9月は14%減 回復の兆しもペースは鈍化

9月の国内新車販売(軽自動車含む)は前年同月比14.3%減の46万9705台と、12カ月連続で前年同月を下回った。新型コロナウイルス感染拡大の影響から回復の兆しがみられるが、そのペースは鈍化している。

日本車8社の8月世界生産12%減、新型コロナ影響からの回復傾向続く

日本車メーカー8社が29日発表した8月の世界生産は8社合計で前年同月比12.3%減の186万8729台だった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う新車需要減退と一部の生産調整の影響で前年同月を下回った。ただ、減少幅は5月が61.4%減、6月が25.6%減、7月が14.1%減と徐々に縮小してきている。

ホットストック:自動車株は軟調、円高進行を嫌気 日産自やホンダは3%安

自動車株は軟調。日野自動車、日産自動車、ホンダは一時3%超の下落となっている。外為市場でドル/円が105円前半まで円高が進行していることが嫌気され、自動車セクター全体の売りにつながっている。市場からは「円高も嫌気されるが、新型コロナ収束後も販売回復が鈍いとの見方も上値を重くしている」(国内証券)との声が出ていた。

情報BOX:台風10号で自動車など一時操業停止、目立った被害なし

台風10号の接近を受けて、九州地方に生産拠点のある自動車や電機メーカーなどの主要企業は従業員の安全を考慮し、テレワークの活用やラインの操業停止などの対応を進めた。これまでのところ目立つ被害はなく、7─8日から通常操業を再開する拠点が多い。

アングル:独り勝ちテスラ株、国内メーカーは成長シナリオで見劣り

米テスラ<TSLA.O>の株価が高値圏で推移している。新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ株式市場の復調とともに一時、年初の約6倍に上昇し、日本車株とは勢いの違いが鮮明だ。時価総額は、テスラ1社で日本に上場する自動車メーカー全9社の合計を追い抜いた。背景には、金融市場からの「期待」の差が潜んでいる。

再送-〔情報BOX〕台風10号で自動車など一時操業停止、目立った被害なし

台風10号の接近を受けて、九州地方に生産拠点のある自動車や電機メーカーなどの主要企業は従業員の安全を考慮し、テレワークの活用やラインの操業停止などの対応を進めた。これまでのところ目立つ被害はなく、7─8日から通常操業を再開する拠点が多い。

日本車8社の7月世界生産14%減、減少率縮小で回復傾向

日本の乗用車メーカー8社が28日に発表した7月の世界生産台数は、前年同月に比べ14.1%減の200万7328台だった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う新車需要の減少と生産調整の影響で前年同月を下回った。ただ、減少率は5月の61.4%減、6月の25.6%減と縮小してきている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up