for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スズキ株式会社

7269.T

現在値

3,120.00JPY

変化

98.00(+3.24%)

出来高

1,046,000

本日のレンジ

3,082.00

 - 

3,186.00

52週レンジ

2,438.00

 - 

5,501.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,022.00
始値
3,120.00
出来高
1,046,000
3か月平均出来高
52.81
高値
3,186.00
安値
3,082.00
52週高値
5,501.00
52週安値
2,438.00
発行済株式数
485.33
時価総額
1,379,164.00
予想PER
--
配当利回り
2.63

次のエベント

Full Year 2020 Suzuki Motor Corp Earnings Release

適時開示

その他

Suzuki Official Says ~Company Monitoring China Virus Impact On Global Production, May Procure Parts Made In China From Other Regions

Suzuki Says To Acquire Around 48 Billion Yen Worth Of Shares In Toyota

Japan's Toyota Motor Says To 4.94 Percent Stake In Suzuki

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スズキ株式会社とは

スズキグループは、二輪車、四輪車及び船外機・電動車両・住宅他の製造販売を主な内容とし、さらに各事業に関連する物流及びその他のサービス等の事業を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。四輪事業は、主に軽自動車、小型自動車、普通自動車、福祉車両及び部品、アクセサリー等の製造・販売、並びにアフターサービス及び物流サービスの提供を行う。二輪事業は、主に二輪車、バギー及び部品、アクセサリー等の製造・販売を行う。マリン事業他は、船外機の製造・販売、電動車いすの販売、住宅の販売を行う。

連絡先

300, Takatsuka-cho, Minami-ku

HAMAMATSU-SHI, SZK

432-8611

Japan

+81.53.4402061

http://www.suzuki.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Osamu Suzuki

Chairman of the Board, Representative Director

Toshihiro Suzuki

President, Representative Director

Yasuhito Harayama

Vice Chairman of the Board, Representative Director

Taisuke Toyoda

Managing Executive Officer, Chief Director of Finance

Kenichi Ayukawa

Vice President, President of Subsidiary

統計

2.24 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

3.2K

2018

3.8K

2019

3.9K

2020(E)

3.6K
EPS (JPY)

2017

362.540

2018

488.860

2019

395.260

2020(E)

318.627
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.37
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.38
株価純資産倍率(四半期)
0.88
株価キャッシュフロー倍率
4.45
総負債/総資本(四半期)
24.85
長期負債/資本(四半期)
14.28
投資利益率(過去12カ月)
8.19
自己資本利益率(過去12カ月)
4.46

最新ニュース

最新ニュース

インド自動車販売が3月急減 全土封鎖に伴う生産停止で

インドで自動車メーカー各社の3月の販売台数が急減している。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)に伴う生産停止が需要鈍化に拍車をかけているという。

スズキもインドで呼吸器・マスク・防護服生産、トヨタは米国で

日本の自動車メーカーが海外で人工呼吸器やマスクなどの生産に乗り出している。新型コロナウイルス感染拡大による供給不足に対応するためで、米国でのトヨタ自動車<7203.T>に続き、スズキ<7269.T>もインドの現地子会社マルチスズキが現地メーカーのAgVa Healthcare社と組み、月1万台のペースで人工呼吸器の共同生産を目指す。

国内新車販売3月は9.3%減、コロナで外出自粛響く

3月の国内新車販売(軽自動車を含む)は前年同月比9.3%減の58万1438台で6カ月連続のマイナスとなった。新型コロナウイルスの感染拡大で外出を自粛する動きが強まっており、消費者の購入意欲が減退しつつある。発売から時間が経った車種が増えていることなども影響し、販売が落ち込んだ。

マルチ・スズキ、昨年度の販売16%減 新型コロナなどで

インドの自動車最大手でスズキの子会社であるマルチ・スズキ・インディアが発表した2020年3月期通期の自動車販売台数は16%減の156万台だった。前年度は186万台だった。

スズキ、国内全工場で6日以降も減産や一時操業停止 コロナ影響で

スズキ<7269.T>は1日、新型コロナウイルスの感染拡大により海外調達部品の一部で納入に影響が出ることが続く見通しのため、国内の全工場で6日以降も減産や一時操業停止を実施すると発表した。

乗用車5社の2月世界生産、2桁のマイナス 日産などは中国9割減

大手乗用車メーカー各社が30日発表した2020年2月の世界生産台数は2桁減と落ち込んだ。トヨタ自動車<7203.T>など5社は、新型コロナウイルスが発生した中国の工場での一時生産停止が響いた。

乗用車大手3社の2月世界生産2桁減、ホンダ・日産は中国9割減

トヨタ自動車など大手乗用車メーカー各社が30日発表した2020年2月の世界生産台数は2桁減と落ち込んだ。トヨタのほか、ホンダ、日産自動車は、新型コロナウイルスが発生した中国の工場での一時生産停止が響いた。

スズキ、国内全工場の操業を4月に3日間停止

スズキ<7269.T>は27日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、海外調達部品の一部で納入に影響が出ることが見込まれるとして、国内全工場の操業を4月1日から3日まで停止すると発表した。

ロイター/INSEADアジア企業景況指数、第1四半期は53に大幅低下

トムソン・ロイターがINSEADと共同で実施したアジア企業景況調査によると、第1・四半期の景況感指数は53と、前期の71から大幅に低下した。新型コロナウイルスの世界的流行で各国が国境封鎖に動き、経済活動や消費者心理に打撃を与えている状況を反映した。

ホットストック:トヨタなど自動車株が堅調、112円台まで進んだ円安好感

トヨタ自動車など自動車株に堅調な銘柄が目立つ。外為市場でドル/円が112円台まで円安に振れたことが好感されている。

スズキ、19年4―12月期営業益33.6%減 インド四輪市場の回復に遅れ

スズキ<7269.T>は7日、2019年4―12月期の営業利益が1704億円と、前年同期比33.6%減少したと発表した。インド四輪市場の回復の遅れなどが響いた。

UPDATE 1-スズキ、19年4―12月期営業益33.6%減 インド四輪市場の回復に遅れ

スズキは7日、2019年4―12月期の営業利益が1704億円と、前年同期比33.6%減少したと発表した。インド四輪市場の回復の遅れなどが響いた。

ホットストック:スズキは3日続落、排ガス規制を巡る改善命令を嫌気

スズキは3日続落。23日、同社のディーゼル車が排ガス規制に違反したとし、オランダの交通規制当局が改善命令を出したことが嫌気されている。

スズキ、排ガス検査不正でオランダ当局が改善命令

オランダの交通規制当局は23日、ディーゼル車の排ガス規制に違反したとして、スズキ<7269.T>の「ビターラ」とフィアット・クライスラー<FCHA.MI>の「ジープ・グランドチェロキー」について改善命令を出した。対処しなければ、欧州での販売を禁止するという。

インド当局がマルチ・スズキを調査、保険を抱き合わせ販売か

インドの独占禁止法当局である競争委員会(CCI)は、印自動車最大手マルチ・スズキ<MRTI.NS>が自動車を販売する際、顧客に自社提供の割高な自動車保険を抱き合わせで契約させていた疑いについて調査を進めている。事情に詳しい2人の関係筋が明らかにした。

展望2020:自動車の主要市場は伸びず、貿易問題と環境費重荷に

2020年も自動車業界の先行き不透明感は強い。世界の景気減速リスクは拭えず、主要市場の新車販売は伸びが見込めそうにない。対米貿易問題では来秋の米大統領選挙を前にトランプ氏の揺さぶりも懸念され、環境対応の費用や最新技術への投資負担が自動車メーカー各社に重くのしかかる。収益環境は一段と厳しくなりそうだ。

BMWがデンソーなど2社を提訴、空調部品の価格操作で=独紙

ドイツの高級車メーカー、BMW<BMWG.DE>は4日、空調部品の価格操作を巡りサプライヤーの2社を訴えていると明らかにした。

日本の自動車7社、10月世界生産は前年割れ

トヨタ自動車<7203.T>(日野自動車、ダイハツ工業含む)など大手自動車メーカー7社が28日公表した2019年10月の世界生産は、全社が前年同月を割り込んだ。このうち、国内生産も全社がマイナスで、消費増税に伴う買い控えや台風による生産停止が響いた。東南アジア地域での低迷などを背景に、各社の海外生産も落ち込んだ。

ホットストック:スズキは反落、4─9月期営業益4割減 インド四輪販売が苦戦

スズキは反落。5日発表した2019年4―9月期連結決算で営業利益が前年同期比40.2%減となったことなどが嫌気されている。主力市場のインドでの四輪販売低迷が主因で、20年3月期(通期)のインド四輪販売見通しも従来の前年比4%増から20%減に引き下げた。

スズキ、4―9月期営業益4割減、通期インド四輪販売2割減に下方修正

スズキ<7269.T>が5日発表した2019年4―9月期連結決算は、営業利益が前年同期比40.2%減の1186億円だった。主力市場のインドでの四輪販売低迷が響いた。20年3月期(通期)のインド四輪販売見通しも従来の前年比4%増から20%減に引き下げた。通期の連結業績予想は先月10日に下方修正済み。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up