for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スズキ株式会社

7269.T

現在値

4,217.00JPY

変化

108.00(+2.63%)

出来高

2,551,000

本日のレンジ

4,062.00

 - 

4,235.00

52週レンジ

3,516.00

 - 

5,520.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,109.00
始値
4,105.00
出来高
2,551,000
3か月平均出来高
31.81
高値
4,235.00
安値
4,062.00
52週高値
5,520.00
52週安値
3,516.00
発行済株式数
485.62
時価総額
2,018,022.00
予想PER
10.90
配当利回り
2.21

次のエベント

Suzuki Motor Corp Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Toyota, Suzuki To Deepen Collaboration In Fields Of Development And Production In India

BRIEF-Suzuki Motor: To Suspend Production At Iwata Factory On May 23 Due To Parts Shortage

Suzuki Motor Corp Says April 2022-March 2023 Sales In India Expected To Increase By 11% YoY

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

スズキ株式会社とは

スズキグループは、二輪車、四輪車及び船外機・電動車両・住宅他の製造販売を主な内容とし、さらに各事業に関連する物流及びその他のサービス等の事業を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。四輪事業は、主に軽自動車、小型自動車、普通自動車、福祉車両及び部品、アクセサリー等の製造・販売、並びにアフターサービス及び物流サービスの提供を行う。二輪事業は、主に二輪車、バギー及び部品、アクセサリー等の製造・販売を行う。マリン事業他は、船外機の製造・販売、電動車いすの販売、住宅の販売を行う。

業種

Auto & Truck Manufacturers

連絡先

300, Takatsuka-cho, Minami-ku

HAMAMATSU-SHI, SZK

432-8611

Japan

+81.53.4402061

http://www.suzuki.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Toshihiro Suzuki

Chairman of the Board of Directors, President, Representative Director

Kenichi Ayukawa

Vice President, President of Subsidiary

Kinji Saito

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Overseas Four-wheel Sales, Director

Toshiaki Suzuki

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Domestic 1st Sales in Main Domestic Sales Unit, President of Subsidiary, Director

Masahiko Nagao

Senior Managing Executive Officer, Director

統計

1.90 mean rating - 21 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

3.5K

2021

3.2K

2022

3.6K

2023(E)

4.1K
EPS (JPY)

2020

286.360

2021

301.650

2022

330.197

2023(E)

377.086
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.44
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.57
株価純資産倍率(四半期)
1.06
株価キャッシュフロー倍率
5.59
総負債/総資本(四半期)
35.89
長期負債/資本(四半期)
25.73
投資利益率(過去12カ月)
8.85
自己資本利益率(過去12カ月)
4.88

最新ニュース

最新ニュース

スズキのSUVをトヨタがインドで生産、8月開始 協業深化

トヨタ自動車とスズキは24日、スズキが開発した新型スポーツ多目的車(SUV)を、トヨタのインド法人トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)で生産すると発表した。生産開始は8月の予定。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、プラス2シグマに接近 調整意識も

<16:02> 日経平均・日足は「小陽線」、プラス2シグマに接近 調整意識も 日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万7457円89銭。始値がほぼ安 値となった一方、上ヒゲも短く、買い方の強さが示された。25日移動平均線(2万67 00円41銭=1日)など主要な移動平均線の多くや、日足・一目均衡表の雲(上限:2 万6923円50銭)から上放れた強い基調を継続した。 一方、心理的節目2万7500円の手前で足踏みとなった。ボリンジャーバンドのプ ラス2シグマ(2万7467円17銭=同)に近く、短期的な調整が意識されやすい水準 でもある...

国内新車販売、5月は18.1%減 半導体不足や都市封鎖の影響続く

自動車販売の業界団体が1日発表した5月の国内新車販売台数は、前年同月比18.1%減の26万1433台と11カ月連続で減少した。長引く世界的な半導体不足のほか、新型コロナウイルス感染拡大に伴う中国・上海でのロックダウン(都市封鎖)で部品供給に遅れが生じており、各社の減産が続いていることが響いた。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が小幅反発、メルカリの上昇が牽引

<15:05> 新興株はマザーズ総合が小幅反発、メルカリの上昇が牽引 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.61%高の675.33ポイントと 小幅に反発した。値がさのメルカリが大幅高となり、指数を牽引した。 メルカリは31日、上場市場区分を6月7日付でグロースからプライムに変更すると 発表し、TOPIX連動ファンドなどでの組み入れ需要への期待感から買われて7%高と なった。 JIG─SAWやCYBERDYNEも堅調だった一方、ビジョナ ル、ジーエヌアイグループ、アドベンチャーはさえなかった。 東証グロース市場に5月31日に上場した...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、米株安後のプラス推移に「底堅さ」意識も

<13:28> 日経平均は上げ幅縮小、米株安後のプラス推移に「底堅さ」意識も 後場の日経平均は、前引け時点より、上げ幅を縮めている。 市場では「米株市場が下落した後に、これほど強いとは想定外」(国内証券)との声 が聞かれる。後場も上げ幅を縮めているがプラスを維持しており「底堅さを印象付ける」 (同)という。 為替の円安方向の動きや、時間外取引の米株先物の小高い推移が投資家心理の支えに なっている。 業種別では、INPEXを含む鉱業が前引け時点に比べて下げ幅を広げてい る。パルプ・紙や空運業は上げ幅を縮小している。一方、海運業は上げ幅を広...

午前の日経平均は反発、景気敏感株がしっかり トヨタは3%超高

1日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比192円69銭高の2万7472円49銭と、反発した。連休明けの米国株式市場は反落したものの、日本株は時間外取引での米株先物のしっかりとした動きや外為市場での円安基調が支援した。景気敏感株を中心に買いが先行し、TOPIXは1.30%高。個別ではトヨタが3%超高となった。

インド首相、ソフトバンクGの孫会長らと会談

インドのモディ首相は23日、ソフトバンクグループの孫正義会長と都内で会談し、インドへの追加投資について協議した。

ステランティス、インドの自動車市場を有望視

自動車大手ステランティスのカルロス・タバレス最高経営責任者(CEO)は、インドが採算の取れる市場になると発言し、中国やロシアなどの問題を踏まえると従来予想より成長機会が大きいとの認識を示した。

ステランティス、インドの自動車市場を有望視

自動車大手ステランティスのカルロス・タバレス最高経営責任者(CEO)は、インドが採算の取れる市場になると発言し、中国やロシアなどの問題を踏まえると従来予想より成長機会が大きいとの認識を示した。

スズキ、印ハリヤナ州の土地取得で合意 四輪生産に1800億円投資

スズキは16日、インド子会社マルチ・スズキと同二輪子会社スズキ・モーターサイクルが北部ハリヤナ州カルコダの土地取得で同州と合意したと発表した。合意は13日付で、四輪工場は2025年の稼働予定。投資額は約1100億ルピー(約1800億円)、生産能力は初年度で25万台。

日経平均は大幅に反落、米株安を嫌気 グロース株中心に軟調

東京株式市場で、日経平均は前営業日比464円92銭安の2万5748円72銭と大幅に反落して取引を終えた。米国市場での株安が相場の重しとなり、一時500円超下落した。売り一巡後は下げ渋る場面もあったが、戻りが一服すると、午後にかけて上値の重い展開が続いた。

トヨタグループ、インドで約815億円投資 EV部品を生産

トヨタ自動車のインド法人であるトヨタ・キルロスカ・モーターなどのグループは7日、同国で計480億ルピー(約815億円)を投資すると発表した。南部のカルナカ州政府と覚書を交わした。電気自動車(EV)部品の製造などに取り組む。

国内新車販売、4月は14.3%減 半導体不足や中国の都市封鎖響く

自動車販売の業界団体が2日発表した4月の国内新車販売台数は、前年同月比14.3%減の29万9620台と10カ月連続で減少した。長引く世界的な半導体不足のほか、新型コロナウイルス感染拡大による影響、特に中国におけるロックダウン(都市封鎖)で部品供給に遅れが生じており、各社の減産が続いていることが響いた。

スズキ車で排ガス試験不正疑惑、独など欧州3カ国が捜査

ドイツ、イタリア、ハンガリーの検察当局は27日、スズキのディーゼル車が検査時のみ有害物質の排出量を抑える装置を搭載していた疑いで家宅捜索を行った。

トヨタの21年度世界生産コロナ前に届かず・国内も45年ぶり低水準=国内8社生産

国内乗用車大手8社が27日発表した2021年度の世界生産では、トヨタ自動車が前年比4.7%増の約856万台だった。新型コロナウイルスの影響が小さかった19年度の約874万台には届かなかった。新車需要は旺盛だったものの、半導体などの部品不足が続き、度重なる生産調整を迫られた。特に国内生産は5.4%減の約276万台と1976年度(約258万台)以来、45年ぶりの低い水準だった。

スズキ車巡る試験不正疑惑で捜索、独検察当局が発表

ドイツ検察当局は27日、スズキのディーゼル車に違法な試験無効化装置が使用された疑惑を巡り捜索を行ったと発表した。

日米財務相、外為市場の動向について21日に協議=米財務省

米財務省は22日、イエレン財務長官と鈴木俊一財務相が21日の二国間協議で外国為替市場の動向について議論したと発表した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陽線」、引き続き25日線が上値抵抗線に

<15:55> 日経平均・日足は「短陽線」、25日線が上値抵抗線に 日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴う、実体部分がほとんどない「短陽線」。ほぼ 「同事線」で形状としては「十字足」と言える。終値は2万7217円85銭で、上値・ 下値を切り上げ、前日の強い基調を維持した。 ただ、25日移動平均線(2万7299円79銭=20日)にタッチしながら、前日 に続いて抑えられる格好となり、引き続き上値抵抗線として意識されている。当面は、同 線を上回るかどうかが強さを計る目安になりそうだ。   <15:10> 新興株式市場はマザーズ総合が5日続落、米金利上昇懸念...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はマザーズ総合が5日続落、米金利上昇懸念が波及

  <15:10> 新興株式市場はマザーズ総合が5日続落、米金利上昇懸念が波及 新興株式市場は東証マザーズ総合が5日続落し、2.13%安の728.51ポイン トだった。時価総額上位銘柄の下落が目立ち、市場では「米金利上昇に対する懸念がグロ ース市場に波及している」(国内証券)との声が聞かれる。 個別では、メルカリ、JTOWER、ワンダープラネット などが軟調に推移し、セカンドサイトアナリティカ、サークレイスなど 直近IPOがさえない。半面、Birdmanがストップ高に買われた。 <14:20> 日経平均は強もちあい、半導体などグロース株...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もちあい、半導体などグロース株は軟調に推移

  <14:20> 日経平均は強もちあい、半導体などグロース株は軟調に推移 日経平均は強もちあい。トヨタ自動車をはじめ主力の輸出関連株が、円安を 手掛かりにしっかりとなる一方、米国金利の上昇懸念から半導体関連などグロース株は軟 調に推移している。 市場では「米国金利の上昇懸念を考えれば、グロース株を積極的に買う動きにはなら ない。目先は決算発表を控えているため、その結果を踏まえてポジションを取ろうとする 投資家が多いのではないか」(SBI証券・投資調査部長の鈴木英之氏)との声が聞かれ た。   <13:00> 日経平均は小動き、午後の為替...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up