for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

八千代工業株式会社

7298.T

現在値

464.00JPY

変化

13.00(+2.88%)

出来高

16,700

本日のレンジ

455.00

 - 

468.00

52週レンジ

360.00

 - 

747.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
451.00
始値
455.00
出来高
16,700
3か月平均出来高
0.60
高値
468.00
安値
455.00
52週高値
747.00
52週安値
360.00
発行済株式数
24.01
時価総額
10,723.04
予想PER
--
配当利回り
1.79

次のエベント

Dividend For 7298.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

R&I affirms Yachiyo Industry's rating at "BBB+" and announces stable outlook – R&I

Yachiyo Industry updates sale of automobiles business to Honda Motor

R&I affirms Yachiyo Industry's rating at "BBB+" and announces stable outlook – R&I

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

八千代工業株式会社とは

八千代工業グループは、国内外の自動車メーカー及び自動車部品メーカー等に対し、自動車及び自動車部品の製造及び販売を行う。【事業内容】日本においては、子会社とともに、自動車部品等を製造し、自動車メーカー及び自動車部品メーカー等に販売する。米州においては、海外子会社を通して、自動車部品を製造し、自動車メーカー及び自動車部品メーカー等に販売する。中国においては、中国子会社を通して、自動車部品を製造し、自動車メーカー及び自動車部品メーカー等に販売する。アジアにおいては、海外子会社を通して、自動車部品等を製造し、自動車メーカー及び自動車部品メーカー等に販売する。

業種

Auto & Truck Parts

連絡先

393, Kashiwabara

SAYAMA-SHI, STM

350-1335

Japan

+81.42.9551211

https://www.yachiyo-ind.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hiroshi Sasamoto

President, Representative Director

Kazuhiro Asabuki

President of Subsidiary, Director

Tomohiro Fujimoto

Senior Managing Director, Chief Director of Production, Representative Director

Kazuyoshi Itai

Senior Managing Director, Chief Director of Parts Business, Representative Director

Norihide Kato

Senior Managing Director, Representative Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.07
株価純資産倍率(四半期)
0.23
株価キャッシュフロー倍率
2.90
総負債/総資本(四半期)
45.02
長期負債/資本(四半期)
13.98
投資利益率(過去12カ月)
-5.88
自己資本利益率(過去12カ月)
-3.22

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:八千代工業が3日続伸、中国で部品生産を拡充と報道

八千代工業 が3日続伸。中国で部品生産を拡充と日本経済新聞が7日報じた。同報道によると、約25億円を投じて湖北省武漢市にある工場ラインを増設して主力製品となる燃料タンクとサンルーフの生産能力をそれぞれ5割高める。2019年前半の稼働を見込むという。

ホンダ、寄居工場を電動車生産技術の拠点に 国内生産能力2割縮小

ホンダ<7267.T>は4日、国内の四輪車生産体制を再編すると発表した。2021年度をめどに狭山工場(埼玉県狭山市)を閉鎖し、同工場での生産車種を寄居工場(同県寄居町)に移す。国内工場の稼働率が低いため生産能力を約2割減らして効率を高める。普及が加速するとみられる電気自動車(EV)などの新たな生産技術の拠点として寄居工場を位置づけ、国内外の工場に水平展開できるようにする。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up