for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テイ・エステック株式会社

7313.T

現在値

1,244.00JPY

変化

-17.00(-1.35%)

出来高

294,700

本日のレンジ

1,236.00

 - 

1,262.00

52週レンジ

1,228.00

 - 

1,763.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,261.00
始値
1,261.00
出来高
294,700
3か月平均出来高
8.73
高値
1,262.00
安値
1,236.00
52週高値
1,763.00
52週安値
1,228.00
発行済株式数
132.84
時価総額
171,496.00
予想PER
7.15
配当利回り
4.28

次のエベント

TS Tech Co Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

TS Tech says change of president and chairman

TS TECH plans to recall products

TS TECH announces application of International Financial Reporting Standards

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

テイ・エステック株式会社とは

テイ・エステックグループは、主に二輪車用シート及び内装品等の製造販売等を行う。【事業内容】同社はセグメント別には、日本、米州、中国、アジア・欧州の4地域からなる。日本事業において、同社は、主に二輪車用シート及び樹脂部品等、四輪車用シート及び内装品等の製造販売等を行う。米州事業において、同社は、主に二輪車用シート及び樹脂部品等、四輪車用シート及び内装品等の製造販売等を行う。中国事業において、同社は、主に四輪車用シート及び内装品等の製造販売等を行う。アジア・欧州事業において、同社は、主に二輪車用シート及び樹脂部品等、四輪車用シート及び内装品等の製造販売等を行う。

業種

Auto & Truck Parts

連絡先

3-7-27, Sakae-cho

ASAKA-SHI, STM

351-0012

Japan

+81.48.4621121

http://www.tstech.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Teruyasu Mutaguchi

Chairman of the Board of Directors, Independent Director

Masanari Yasuda

President, Representative Director

Yoshitaka Nakajima

Vice President, Compliance Officer, Representative Director

Kenichi Hasegawa

Senior Managing Director, Risk Management Officer, Representative Director

Yutaka Arai

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of China Region, Chairman of Subsidiary, Director

統計

2.50 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.4K

2021

0.3K

2022

0.3K

2023(E)

0.4K
EPS (JPY)

2020

110.770

2021

152.890

2022

92.560

2023(E)

176.300
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.62
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.49
株価純資産倍率(四半期)
0.56
株価キャッシュフロー倍率
5.75
総負債/総資本(四半期)
2.07
長期負債/資本(四半期)
1.49
投資利益率(過去12カ月)
6.27
自己資本利益率(過去12カ月)
4.66

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線を回復 パラボリックは陽転

   <15:52> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線を回復 パラボリックは陽転 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万6911円20 銭。窓を開けて上昇し、25日移動平均線(2万6730円16銭=18日)を15営業 日ぶりに終値で回復した。同線はわずかながら上向きとなった。パラボリックが陽転した ほか、MACDがシグナルをゴールデンクロスし、上昇サインが増えてきた。心理的節目 2万7000円近くにある日足・一目均衡表の雲上限(2万7025円95銭=同)を明 確に上抜ければ、上昇に弾みが付きそうだ。 <15:...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が反発、BASEやメルカリの上昇が寄与

   <15:05> 新興株はマザーズ総合が反発、BASEやメルカリの上昇が寄与 新興株式市場は、マザーズ総合が反発した。ハイテク株比率の高い米ナスダックが前 日の米国市場で上昇しており、グロース(成長)株が物色された。 マザーズ総合は前営業日比1.69%高の656.37ポイントだった。BASE<4 477.T>やメルカリ、ジーエヌアイグループの上昇が指数押し上げに寄与 した。一方、CYBERDYNEやココナラ、ビジョナルはさ えなかった。 <14:04> 日経平均は小動き、外部環境の不透明感くすぶり上値追い慎重 後場の日経平均は2万6800...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、外部環境の不透明感くすぶり上値追い慎重

   <14:04> 日経平均は小動き、外部環境の不透明感くすぶり上値追い慎重 後場の日経平均は2万6800円台前半を軸にした小動きとなっている。前場の値幅 が300円超だったのに対し、後場は約70円にとどまっている。米株先物や上海株は小 安く推移し、投資家心理の重しとなっている。 米小売売上高といった目先の重要イベントを通過し、朝方には短期的なリバウンドを 期待した買いが一時優勢となったが、長続きしなかった。 米金融引き締めやインフレ、景気の先行きへの警戒感は払拭されておらず、上海市の ロックダウン(都市封鎖)が緩和の方向となってきた...

〔マーケットアイ〕株式:後場入りの日経平均は高値もみあい、手掛かり乏しく一進一退に

  <12:35> 後場入りの日経平均は高値もみあい、手掛かり乏しく一進一退に 後場に入ってからの日経平均は高値もみあい。2万6700円台で推移している。市 場では「手掛かり材料に乏しく、徐々に模様眺めとなってきており、一進一退となってい る」(国内証券)との声が聞かれた。 テクニカル面での好転が目立ってきたものの、時間外取引で米株先物が軟調に推移し ているため、上値に対して慎重になっている。   <11:40> 前場の日経平均は続伸、米株高を好感し一時2万7000円を回復 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比191円40銭高の2...

午前の日経平均は続伸、米株高を好感し一時2万7000円を回復

18日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比191円40銭高の2万6851円15銭と続伸した。前日の米国株式市場が高かったことを好感して幅広く買われ、一時、2万7000円台を回復した。25日移動平均線を上回り、テクニカル面の改善も注目されている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は急速に伸び悩み、上海市場安や米株先物軟化で

<10:50> 日経平均は急速に伸び悩み、上海市場安や米株先物軟化で 日経平均が急速に伸び悩んだ。新たな買い材料が見当たらない中で、上値に対して慎 重な動きとなっている。上海株式市場が安く始まったほか、時間外取引で米株先物が軟化 したことなどが嫌気された。 市場では「新たな材料がない中で、上海市場の動きに左右されそうだ」(国内証券) との声も聞かれただけに、中国株安が水を差した格好となっている。 <09:55> 日経平均は2万7000円回復後上値重い、達成感から利益確定売り 日経平均は5月6日以来、8営業日ぶりに心理的節目の2万7000...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は2万7000円回復後上値重い、達成感から利益確定売り

<09:55> 日経平均は2万7000円回復後上値重 い、達成感から利益確定売り 日経平均は5月6日以来、8営業日ぶりに心理的節目の2万7000円を回復し、前 営業日比393円43銭高の2万7053円18銭で高値を付ける場面があった。ただ、 その後は上げ幅を縮小し、足元の株価は300円ほど高い2万6900円台後半を推移し ている。市場では「達成感と過熱感で、2万7000円からは上値が重い」(国内証券) との声が聞かれる。 内閣府が寄り付き前に発表した実質国内総生産(GDP)1次速報によると、202 2年1―3月期の成長率は前期比0.2%...

寄り付きの日経平均は続伸、米株高の流れ引き継ぐ

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比167円07銭高の2万6826円82銭と4日続伸した。その後は250円超高の2万6900円台前半を推移している。17日の米国株式市場の堅調な流れを引き継いだ。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、日医工が買い優勢 燦HLDGは売り優勢 

<08:20> 寄り前の板状況、日医工が買い優勢 燦HLDGは売り優勢  東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気 売気 終値 率 配 配 配 1 日医工 24% 408 407 408 328 2 キトー 24% 2,580 2,580 2,580 2,080 3 テイ・エス テック 24% 1,558 1,558 1,558 1,258 4 四国化成工業 21% 1,500 1,499 1,500 1,235 5 フェイス 21% 872 872...

28日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

28日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・富山銀行 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.55%にあたる3万株 、取得総額7000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月7日から3月 24日。 ・テイ・エステック 、自己保有株を除く発行済株式総数の7.43%にあた る1000万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は1月 31日から12月30日。 ・協栄産業 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.3%にあたる4万株、 取得総額1億円を上限とする自社株買...

29日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

29日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・NSD 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.31%にあたる25万株 、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月1日から3月5日。 ・日本通運 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.14%にあたる200 万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月1日から3 月24日。 ・平和不動産 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.07%にあたる40 万株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間...

TSテック、今仙電機にTOB 第三者割当増資も引き受け

テイ・エス テック<7313.T>は9日、今仙電機製作所<7266.T>株を1株930円で公開買い付け(TOB)すると発表した。同価格で第三者割当増資も引き受け、持ち分法適用会社にする。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=28日

RIC 銘柄名 01 日本アクア 02 巴コーポレーション 03 関電工 04 東洋水産 05 セック 06 PCI HLDG 07 エア・ウォーター 08 電通国際情報サービス 09 虹技 10 大紀アルミニウム工業所 11 大阪チタニウムテクノロジーズ 12 昭和電線HLDG 13 アーレスティ 14 イワキポンプ 15 ワイエイシイHLDG 16 トレックス・セミコンダクター 17 日本信号 18 日本電波工業 19 スタンレー電気 20 KYB 21 テイ・エス テック 22 コロワイド 23 共同印刷 24 菱電商事 25 タカキュー...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=1日

0.10%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 日本フエルト 27.89 02 ラクト・ジャパン 29.09 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up