for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社小田原機器

7314.T

現在値

488.00JPY

変化

-5.00(-1.01%)

出来高

10,000

本日のレンジ

485.00

 - 

499.00

52週レンジ

302.00

 - 

845.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
493.00
始値
492.00
出来高
10,000
3か月平均出来高
0.68
高値
499.00
安値
485.00
52週高値
845.00
52週安値
302.00
発行済株式数
3.11
時価総額
1,561.27
予想PER
--
配当利回り
3.78

次のエベント

Dividend For 7314.T - 15.0000 JPY

適時開示

その他

Odawara Auto-Machine Mfg fully acquires SOTA SYSTEMS

Odawara Auto-Machine Mfg to change fiscal year end date to Dec. 31 each year

Odawara Auto-Machine Mfg to acquire 92.2 pct stake in SOTA SYSTEMS

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社小田原機器とは

小田原機器グループは、製品の企画及び開発、販売、生産管理並びに品質管理等を担当する同社と製製品品の製造及びメンテナンスサービスを担当する連結子会社のオーバルテックにより構成される。【事業内容】同社グループは、路線バス、鉄道関連のワンマン機器の専門メーカーとして、運賃箱、カード関連機器等の製造販売を行う。同社は、バス運賃箱メーカーとして、本社内営業所を含む国内5箇所の営業所のほか、代理店契約を締結している地域の有力な販売代理店を通じて、バス機器市場で全国的に事業を展開する。運賃箱や運賃箱用金庫等の運賃箱関連製品、非接触型集積回路(IC)カード等の電子マネーによる運賃精算に対応するためのカード機器関連製品といった「車載機器分野」の製品が主な製品となる。「バス機器」と呼ばれる製品には「地上機器分野」の製品もあり、バス事業者の営業所等において、運賃箱用金庫から現金やカードの運賃精算データを集計する精算機等が、同分野における同社の主力製品となる。同社は、即時計数式運賃箱、汎用型運賃箱、運賃箱用金庫、運賃箱用ソフトウエアなどの運賃箱関連製品、および磁気カード機器、非接触ICカード機器、カード機器用ソフトウエアなどのカード機器関連製品のほか、整理券発行機、精算装置、データ管理サーバー、ソフトウエアなどその他のバス用機器、アフターサービスとして製品の修理や仕様変更などの現地対応、保守用部品の販売、ならびに発光ダイオード(LED)式運賃表示器及び行先表示器などの表示器関連製品及び整理券発行機のロール紙などの消耗品を販売する。

業種

Scientific & Technical Instr.

連絡先

1-11-3, Naka-cho

ODAWARA-SHI, KNG

250-0005

Japan

+81.465.230121

https://www.odawarakiki.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Keiji Iriyama

Chairman of the Board

Yoshio Tsugawa

Honorary Chairman of the Board

Akiyoshi Maruyama

President, Representative Director

Yoshihiro Kaneko

Executive Officer, Director of Sales

Teruki Inaba

Executive Officer, Director of Manufacturing

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
9.41
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.24
株価純資産倍率(四半期)
0.41
株価キャッシュフロー倍率
5.75
総負債/総資本(四半期)
5.79
長期負債/資本(四半期)
2.06
投資利益率(過去12カ月)
3.19
自己資本利益率(過去12カ月)
2.51

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕新興株式市場は堅調、決算発表など個別材料に反応

<15:50> 新興株式市場は堅調、決算発表など個別材料に反応 新興株式市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに4日続伸し た。市場からは「きょうは決算発表やIR(投資家向け広報)などが材料視され、個別要 因による売買が目立った」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、ジェイテック 、栄電子 が急騰しストップ高 比例配分。プロパスト は反落した。 マザーズ市場ではそーせいグループ が6日続伸、チームスピリット が3日続伸。霞ヶ関キャピタル は7日ぶり反落、エディア は3日続落し た。 <15:07> 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、マド埋め完了

<16:18> 日経平均・日足は「小陰線」、マド埋め完了 日経平均・日足は「小陰線」。終値は2万1000円の大台を維持できなかったが、 12―13日に空けたマド(2万0885円88銭―2万0992円88銭)を埋め切り 、短期的な調整一巡とみることもできる。5日移動平均線(2万0876円44銭=15 日)も下値をサポートしている。再び上値を試し75日移動平均線(2万1163円83 銭=同)を明確に上回れば本格反騰への期待が高まる。一方、ここで跳ね返されると節目 の2万1000円が改めて抵抗線として意識されることになる。 <15:18> 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、ジャスダック・マザーズとも続落

<15:18> 新興株市場は軟調、ジャスダック・マザーズとも続落 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも続落した。 「戻りの勢いが鈍ってきたことで短期投資家の換金売りが優勢になった」(国内証券)と いう。エリアリンク 、Aiming が安く、大塚家具 、小田原 機器 もさえない。半面、ズーム が高く、オークファン 、ベルト ラ も買われた。 <14:28> 日経平均は安値もみあい、押し目買い乏しい 日経平均は安値もみあい、2万0800円台後半の狭いレンジで推移している。市場 では「後場は日銀ETF(上場投信)...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陰線」、75日線が上値圧迫

<15:43> 日経平均・日足は「短陰線」、75日線が上値圧迫 日経平均・日足は「短陰線」。下降中の75日移動平均線(2万1178円63銭= 14日)が上値を圧迫した。前日まで2営業日で800円超上げたことを考えれば、騰勢 一服となっても違和感はない。ストキャスティクスやRSIなどのオシレーター系指標に 過熱感があり、目先は上値の重い展開も予想される。下値は前日空けたマド下限値(2万 0885円88銭)がめどになる。一方、上値は75日移動平均線の攻防が注目される。 同平均線を明確に上回らないと本格反騰への期待が高まりにくい。 <15:16...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小安い、決算に反応した個別売買

<15:16> 新興株市場は小安い、決算に反応した個別売買 新興株市場は売り優勢。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも小反落 となった。「明確な材料がなく気迷いムードが広がる中、決算発表に反応した個別銘柄の 売買が中心になった」(国内証券)という。小田原機器 がストップ安、シンクレ イヤ 、MTG も軟調だった。半面、Amazia がストップ高 、エンバイオ・ホールディングス 、AKIBAホールディングス も買わ れた。 <14:11> 日経平均は小動き、利益確定売りをこなす 日経平均は小動き。2万1100円台後半での値動きが...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、75日線が上値圧迫

<15:58> 日経平均・日足は「小陰線」、75日線が上値圧迫 日経平均・日足は「小陰線」となった。上値を試したものの伸び切れず、終値は下降 中の75日移動平均線(2万2227円64銭=19日)に抑え込まれた。ネックライン となっている2月27日高値(2万2502円05銭)を明確に抜けないとチャート上の 底入れは確認できない。ここで跳ね返されてしまうと安値圏でのもち合い相場に入る可能 性もある。当面の下値は、2万2000円の心理的節目と一目均衡表の転換線(2万19 39円21銭=同)がめどになる。 <15:20> 新興株市場は反落、戻りの...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、戻りの鈍さを嫌気

<15:20> 新興株市場は反落、戻りの鈍さを嫌気 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数がともに反落した。マ ザーズ市場の売買代金は764億円と低調だった。市場では「戻りの鈍さが嫌気され、個 人や海外短期筋などの売りが優勢だった」(国内証券)という。フィル・カンパニー<326 7.T>、MRT が安く、サカイホールディングス 、IGポート も さえない。半面、小田原機器 、テンポイノベーション が高く、ソウルド アウト も買われた。 <14:22> 日経平均は上げ幅縮小、非鉄・鉄鋼などは堅調持続 日経平均は上げ幅縮小...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「陽線」、一目均衡表の雲に突入

<15:43> 日経平均・日足は「陽線」、一目均衡表の雲に突入 日経平均・日足は「陽線」となった。日足・一目均衡表の雲(2万1586円93銭 ─2万2533円30銭=18日)に入った。雲の上限は2月27日高値(2万2502 円05銭)に近く、上抜ければ1月23日の年初来高値(2万4129円34銭)が視野 に入ってくる。一方、雲上限を早めに抜けられなければ、下押し圧力となりやすい。75 日移動平均線(2万2237円24銭=18日)が目先の抵抗線となる。 <15:21> 新興株市場は堅調、ジャスダックとマザーズは3日ぶり反発 新興株市場は、...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、ジャスダックとマザーズは3日ぶり反発

<15:21> 新興株市場は堅調、ジャスダックとマザーズは3日ぶり反発 新興株市場は、日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数が、いずれも3日ぶりに反 発した。市場では「過去2日間に大きく売られただけに、大型株の上昇を眺めて買い戻し が優勢となったが、ショートカバーの域を出ていない印象」(国内証券)との声が聞かれ た。 個別銘柄では、ネクスグループ 、小田原機器 、パルマ など がストップ高となった一方、伊豆シャボテンリゾート 、ルーデン・ホールディン グス 、ユナイテッド などがさえなかった。 <14:45> 日経平均はきょうの高値圏、...

ホットストック:小田原機器がストップ高、LINE活用のバスロケシステム販売開始

小田原機器がストップ高。スマートフォンの無料通話アプリ「LINE」を活用したバスロケーションシステム、「モークル」の販売を開始したと17日に発表し、材料視された。LINEのトーク画面上のやりとりで、バスの現在位置や速度、進行方向などの情報が得られるという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up