for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社西松屋チェーン

7545.T

現在値

--

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

--

 - 

--

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
--
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
7.47
高値
--
安値
--
52週高値
--
52週安値
--
発行済株式数
60.12
時価総額
108,210.70
予想PER
12.28
配当利回り
1.67

次のエベント

Dividend For 7545.T - 13.0000 JPY

適時開示

その他

Nishimatsuya Chain Co Ltd - Bought Back 372,400 Own Shares Worth 499 Million Yen Between Sept 30 And Oct 6

Nishimatsuya Chain Co: To Buy Back Up To 0.68% Of Shares Worth 500 Million Yen

Nishimatsuya Chain Completes Share Buyback

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社西松屋チェーンとは

西松屋チェーンは、ベビー・子供の生活関連用品の販売をチェーンストア展開により行い、ドミナントエリアづくりにより、ナショナルチェーンとしての店舗網の拡充を進める。【事業内容】商品は、各店舗にて直接一般顧客に主に現金で販売。主要な品目は、子供衣料が、ベビーアウトウエア・肌着・パジャマ等、ボーイズアウトウエア・肌着・パジャマ等、ガールズアウトウエア・肌着・パジャマ等がある。育児・服飾雑貨は、調乳・離乳用品、衛生・雑貨用品、寝装・寝具、ベビーカー・カーシート等のおでかけ用品、室内用マット・チェア・ラック・歩行器等の室内用品、帽子・シューズ等の服飾雑貨、玩具、ギフトセットがある。ベビー・マタニティー衣料は、新生児衣料、マタニティ用品、和装用品がある。その他は、自動販売機商品がある。

業種

Retail (Apparel)

連絡先

266-1, Sho, Shikito-cho

HIMEJI-SHI, HYG

671-0218

Japan

+81.79.2523300

http://www.24028.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yoshifumi Ohmura

Chairman of the Board, Representative Director

Koichi Ohmura

President, Representative Director

Kazunori Sakamoto

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Store Operation, Director

Sadayuki Abe

Executive Officer, Director of Internet Marketing, Director of Business System Reform Business in Main Store Management Unit

Kazunori Tomita

Executive Officer, Director of International Marketing Business

統計

2.00 mean rating - 3 analysts
Sell
Hold
Buy
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.59
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.64
株価純資産倍率(四半期)
1.22
株価キャッシュフロー倍率
11.39
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
10.47
自己資本利益率(過去12カ月)
6.26

最新ニュース

最新ニュース

日経平均は3日続落、1カ月半ぶり安値 米景気懸念が重し

東京株式市場で日経平均は、前営業日比289円48銭安の2万7237円64銭と、3日続落して取引を終えた。前週末の米株安が重しとなって軟調に推移し、約1カ月半ぶりの安値に下落した。米金融引き締めの長期化による景気後退懸念から値がさ株や外需株の一角が売られ、相場の重しとなった。

ホットストック:西松屋チェが反発、決算手掛かりに買い先行 円安一服も支え

西松屋チェーンが反発し、6%高で推移している。午前9時54分現在、東証プライム市場の値上がり率第2位に入っている。同社は16日、2022年3月―11月期の単独決算で純利益が前年同期比4.9%減の70億円だったと発表し、手掛かり材料となっている。純利益は前年比でマイナスとなったものの、「業績が大きく悪化しているわけではない」(国内証券・アナリスト)として、買いが入っているとの指摘があった。

ホットストック:西松屋が続落、今期予想を下方修正 円安や原価高騰響く

西松屋チェーンが大幅に続落している。2023年2月期の営業利益予想を113億5000万円に引き下げると28日に発表し、手掛かりになった。従来の136億円に比べ、16.5%の下方修正となる。中間配当を従来予想の1株当たり12円から13円への増額や自社株買いも発表したが、売りが先行する形となり8%超安に下落した。

28日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

28日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・西松屋チェーン 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.68%にあたる 41万2000株、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は9月3 0日から10月21日。  *午後3時以降に発表した企業を対象にしています。

西松屋チェ、今期業績予想を下方修正 円安や仕入れ原価高騰響く

西松屋チェーンは28日、2023年2月期の営業利益予想を113億5000万円に引き下げると発表した。従来の136億円に比べて、16.5%の下方修正となる。売り上げは堅調で従来の予想を据え置いたものの、急速な円安進行や仕入れ原価の高騰などで売上総利益が低下する。前年同期比での増益予想も一転、減益となる見通しとなった。

ホットストック:西松屋チェが続伸、増益見通し・自社株買いを発表

西松屋チェーンが続伸している。2023年2月期の営業利益が前年比10.9%増の136億円になりそうだと30日に発表し、手がかりとなっている。IBESがまとめたアナリスト4人のコンセンサスによると、通期営業利益の平均値は128億円で、会社予想はこれを上回った。

30日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

30日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・LAホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.64%に あたる25万株、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は4月11 日から6月30日。 ・西松屋チェーン 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.73%にあたる 44万2000株、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は4月1 日から4月21日。 ・アルテック 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.37%にあたる20 万株、取得総額5000万円を上限...

29日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

29日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・日本電気硝子 、自己保有株を除く発行済株式総数の5.17%にあたる5 00万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は10月1日 から12月30日。 ・西松屋チェーン 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.71%にあたる 43万6000株、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は10月 1日から10月22日。 ・日本アイ・エス・ケイ 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.17%に あたる3000株、取得総額...

西松屋チェ、パレモHD株を取得へ 議決権の17.67%

西松屋チェーンは30日、パレモ・ホールディングスの筆頭株主であるエンデバー・ユナイテッド・パートナーズ・スリー投資事業組合から、保有するパレモHD株を全株取得すると発表した。

西松屋チェは大幅反発、今期最高益見通しで買い戻し

西松屋チェーンは大幅反発し8%超高。午前10時00分現在、東証1部の値上がり率第5位となっている。30日、2022年2月期通期の業績予想で、当期純利益が前年比10.5%増の91億4300万円と最高益を見込むと発表したことが好感されている。2021年2月期通期の当期純利益はでは同7.7倍の82億7600万円。

30日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

30日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・西松屋チェーン 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.65%にあたる 164万6000株、取得総額20億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は4 月1日から6月30日。 ・片倉工業 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.0%にあたる70万株 、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は4月1日から12月3 1日。 ・アルテック 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.32%にあたる20 万株、取得総額5000万円を上限とする...

21日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

21日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・西松屋チェーン 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.67%にあたる 41万7000株、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は12月 22日から2021年2月4日。 ・バルニバービ 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.93%にあたる8 万株、取得総額8408万円を上限とする自社株買いを実施へ。12月22日午前8時4 5分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う。買 い付け価格は12月21日終値...

ホットストック:西松屋チェは3日続落、75日線で下げ止まるかがポイント

西松屋チェーンは3日続落し6%超安での推移となっている。午前10時40分現在、東証1部の値下がり率第3位。24日発表した速報で11月度の既存店売上高は前年同月比7.4%増と、13カ月連続のプラスとなったものの、伸び率は鈍化していることもあり、株価は発表以降下落歩調となっている。

ホットストック:西松屋チェは一時8%超高、12カ月連続で売上高が前年上回る

西松屋チェーンは大幅反発し、一時8.17%高となり、2007年8月以来の高値圏での推移となっている。21日発表した10月度の既存店売上高が、前年同期比23.7%増となったことが好感されている。同社の既存店売上高は12カ月連続で前年実績を上回っており、堅調な業績を維持している。

ホットストック:西松屋チェは一時7%超高、増配を好感 当期利益3倍

西松屋チェーンは大幅反発し一時7.91%高となった。その後は5%超高での推移となっている。30日発表した2021年2月期第2・四半期(2020年3─8月期)決算で、当期利益が前年同期比3.22倍の44億円、年間配当は中間配当の11円(1円増)と合わせて22円の見込みと発表したことが好感されている。

ホットストック:西松屋チェは買い気配、今期業績予想を上方修正

西松屋チェーンは買い気配。20日、2021年2月期の個別業績予想を上方修正すると発表し、好感されている。売上高予想は従来の1520億円から1560億円(前年比9.1%増)に、営業利益予想は67億1600万円から85億円(同4.5倍)に引き上げた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、5日移動平均線が下値支持

日経平均・日足は長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「十字線」。投資家の気迷い心理と買い勢力の弱体化を表している。5日移動平均線(2万2470円98銭=24日)が下値支持線として働いた。75日移動平均線(2万0183円19銭=同)や200日移動平均線(2万1822円64銭=同)はいずれも上向きで、中長期の上昇トレンドの維持を示唆している。

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は連日の年初来高値更新、IPO銘柄が人気化

新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅に7日続伸、東証マザーズ指数は反発した。マザーズ指数は一時1065.68ポイントまで上昇し、連日の年初来高値更新となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、手掛かり乏しく方向感出ず

日経平均は2万2500円台を一進一退、プラス圏とマイナス圏を行き交う方向感に欠ける値動きとなっている。TOPIXはマイナス圏。東証33業種では海運業、空運業、電気・ガス業などの30業種が値下がり、輸送用機器、ゴム製品、精密機器の3業種は値上がりとなっている。午後2時半時点での東証1部の売買代金は1兆5124億9000万円と低水準。市場では「手掛かり材料に乏しく、上がれるような雰囲気ではない。薄商いで、手控えムードが強まっている」(国内証券)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、短期筋の利益確定売りか

日経平均は小幅安。2万2500円台前半で推移している。市場からは「上値が重いとみた短期筋が利益確定売りを出しているのではないか」(国内証券)との声が出ていた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up