for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ワークマン

7564.T

現在値

9,470.00JPY

変化

80.00(+0.85%)

出来高

414,200

本日のレンジ

9,300.00

 - 

9,470.00

52週レンジ

3,540.00

 - 

10,570.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
9,390.00
始値
9,310.00
出来高
414,200
3か月平均出来高
18.49
高値
9,470.00
安値
9,300.00
52週高値
10,570.00
52週安値
3,540.00
発行済株式数
81.61
時価総額
768,541.60
予想PER
57.49
配当利回り
0.39

次のエベント

Q3 2020 Workman Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

WORKMAN'S OPERATING REV LIKELY REACHED ABOUT 41 BLN YEN IN APRIL-SEPT. HALF - NIKKEI

Workman Co Ltd - Hideyuki Kohama To Become President On April 1

WORKMAN completes off-floor distribution

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ワークマンとは

ワークマングループは、主にフランチャイズシステムで作業服及び作業関連用品を販売する専門店をチェーン展開する。【事業内容】同社の主要商品には、肌着、靴下、軍足、帽子、タオル、エプロンを含むファミリー衣料、ポロシャツ、Tシャツ、ハイネックシャツ、ブルゾンを含むカジュアルウエア、作業ジャンパー、作業ズボン、つなぎ服、鳶衣料を含むワーキングウエア、安全靴、安全スニーカー、地下足袋、長靴、布靴を含む履物、軍手、革手袋、加工手袋、合羽、ヘルメット、ベルトを含む作業用品、並びに食品用白衣、医療用白衣、オフィスユニフォーム、介護衣料を含むその他の商品がある。同社はまた、取引先に代って商品小分け作業や供給等の流通業務受託等も行う。

業種

Retail (Apparel)

連絡先

1732, Shiba-machi

+81.3.38477730

https://www.workman.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kiyoharu Kuriyama

President, Representative Director

Yukitaka Iizuka

Director of Finance, Director

Tetsuo Tsuchiya

Senior Managing Director

Masaji Hattori

Chief Director of Development, Director

Hideyuki Kohama

Director of Supervise, Director

統計

1.33 mean rating - 3 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)
EPS (JPY)
株価売上高倍率(過去12カ月)
65.00
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.61
株価純資産倍率(四半期)
10.99
株価キャッシュフロー倍率
59.20
総負債/総資本(四半期)
1.94
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
17.25
自己資本利益率(過去12カ月)
14.52

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陰線」、気迷い生じ引き続き正念場に

<15:45> 日経平均・日足は「短陰線」、気迷い生じ引き続き正念場に 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「短陰線」。下値を切り上げたものの、前日 の昨年来高値(2万4115円95銭)をわずかながら捉えることができず、時価近辺は 重いと感じさせている。ほぼ「十字線」の形状だけに、気迷いを感じさせるところでもあ り、正念場であるとの印象に変わりはない。   今回は、前日の値幅内に収まる「はらみ寄せ」。はらんだ足が決定的な売りサインと なる「陽線」ではなく「陰線」であるため、不安を感じさせるものではないが、ここで止 まると「ダブルトップ」...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、決算を中心に個別物色 薄商い

<15:15> 新興株市場は堅調、決算を中心に個別物色 薄商い 新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は反発となった。市 場からは「決算を材料視した物色が目立っていた。最近では新興株式市場にも海外勢が参 入しており、今夜の米国株式市場休場を受け、新興株市場でも薄商いだった」(いちよし 証券・投資情報部の及川敬司氏)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、小倉クラッチ 、フューチャーベンチャーキャピタル 、イワブチ が上昇。ワークマン 、多摩川ホールディングス<683 8.T>、東洋合成工業 などは下落した。 マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズは4日続落、決算銘柄を物色 小型株に利益確定売り

<15:25> マザーズは4日続落、決算銘柄を 物色 小型株に利益確定売り 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は4日続落 となった。「今週決算を発表した銘柄の物色が中心。ただ、きのう小型株が物色された反 動もあり、利益確定売りも目立っていた」(あかつき証券・投資情報部部長の藤井知明氏 )との声が出ていた。 ジャスダック市場では、大和コンピューター 、ナガオカ 、小倉クラ ッチ が上昇。ワークマン 、日本パレットプール 、テクノホライ ゾン・ホールディングス は下落した。 マザーズ市場では、ログリー 、マネーフォワード...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、利食い売り後は上昇の可能性も

<15:45> 日経平均・日足は「十字線」、利食い売り後は上昇 の可能性も 日経平均・日足は「十字線」。厳密にいえば実体部分は「陰」ながら、値幅はわずか6円90銭、投資 家の気迷いを示している。米国と中国による「第1段階」通商合意の署名を15日に控え、様子見ムードが 市場を支配している。前日に5日移動平均線が25日移動平均線を上抜け、短期的な上昇相場への転換シグ ナルが点灯しており、利食い売りをこなした後は再び上昇に向かう可能性もある。 <15:15> 新興株市場はまちまち、決算を中心に個別物色 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、決算を中心に個別物色

<15:15> 新興株市場はまちまち、決算を中心に個別物色 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は4日続伸、東証マザーズ指数は続落となった。市場か らは「強弱が明確に出ているわけではなく、小型の一部の物色が目立っていた。決算を材料視したもよう。 直近IPOの一角も買われていた」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック市場ではファンドクリエーショングループ 、ドーン 、フューチャーベン チャーキャピタル が上昇。ワークマン 、多摩川ホールディングス 、倉元製作所<5 216.T>は下落した。 マザーズ市場では、メルカリ 、UUUM...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線・25日線がゴールデンクロス

<15:30> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線・25日線がゴー ルデンクロス 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。昨年来高値(2万4091円12銭)で上値が抑えら れるなど、投資家の気迷い心理が表れている。 一方、5日移動平均線(2万1960円39銭=14日)が25日移動平均線(2万1327円86銭 =同)を上抜け、ゴールデンクロスを達成。短期的な相場転換のシグナルとして意識される。75日線も右 肩上がりで中・長期的な上昇トレンドの維持を示唆している。強い買い材料が重なり、昨年来高値を上抜け れば、18年10月2日につけたバブル...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、ジャスダックは3日続伸

<15:15> 新興株市場はまちまち、ジャスダックは3日続伸 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は反落した。市場からは 「10日に決算を発表した銘柄を中心に物色された。今後業績が期待できる銘柄は買われた」(国内証券) との声が出ていた。 ジャスダック市場では、ワークマン 、ソレキア 、倉元製作所 などが値上がり 。ニューテック 、両毛システムズ は値下がりした。 マザーズ市場では、マクアケ 、AI inside 、JTOWER が値下が り。10日に決算を発表したフィードフォース やエルテス は買われた...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陽線」、抵抗線で止まり2万4000円の重さを再確認

<15:35> 日経平均・日足は「短陽線」、抵抗線で止まり2万4000円の重さを再確認 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「短陽線」。前日までの勢いを持続して上値を追ったが、今回 引いた足は実体、ヒゲともに短い「コマ」となり気迷いを示している。昨年12月17日の高値(2万40 91円12銭)と同27日の高値(2万3967円18銭)を結んだ上値抵抗線付近で止まったことから、 戻りの正念場にきたと言えよう。強い基調には変わりがないものの、2万4000円は重いと再確認する格 好となった。 12月17日高値まで一気にトライすることになれば、一段...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、個人投資家の買いが継続

<15:14> 新興株市場は堅調、個人投資家の買いが継続  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した。個人投資家による値動き のいい小型株への物色が続いている。一部で機関投資家の買いが入っているという観測も出ていた。 マザーズ市場では、フィードフォース 、メタップス がストップ高比例配分。セルソ ース 、ヘリオス 、バルテス なども続伸した。半面、フロンティア・マネジメント 、サイバー・バズ 、エヌ・ピー・シー などは売られた。 ジャスダック市場では、ドーン やニューテック がストップ高比例配分だった。ソレキ...

〔マーケットアイ〕株式:強もちあい、後場は3連休を控えて模様眺めムード

<14:05> 強もちあい、後場は3連休を控えて模様眺めムード 日経平均は強もちあい。堅調な地合いを維持しているものの、連休を控えて模様眺めムードが強い。午 後2時05分まで後場の日経平均の上下振れ幅は、62円89銭にとどまっている。 市場では「年末のもたついた水準まで戻したが、日経平均で2万4000円レベルでは重いとの印象が あり、3連休控えも手伝い、上値を積極的に買う様子はない」(岡三オンライン証券・チーフストラテジス トの伊藤嘉洋氏)との声が聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は小幅続伸、ファーストリテが大幅安 前場の東京株式市場...

前場の日経平均は小幅続伸、ファーストリテが大幅安

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比36円22銭高の2万3776円09銭となり、小幅に続伸した。前日の米国株高を好感し続伸スタートとなったものの、指数寄与度の高いファーストリテイリング<9983.T>が大幅安になり上値を重くした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏でもみあい、3連休前に利食い売りも

<10:05> 日経平均は高値圏でもみあい、3連休前に利食い売りも 日経平均は高値圏でもみあい。2万3800円台前半で推移している。前日の米国株高や為替の円安基 調が支援材料となり一時2万3903円29銭まで上昇、昨年12月27日以来の高値をつけたが、その後 は上げ幅を縮小した。 市場では「5Gへの期待から半導体や電子部品株が買われている。ただ、日本は3連休前ということも あり利益確定やポジション調整の売りも出やすく、2万4000円を前に上値の重さも意識される」(国内 証券)との声が出ていたという。 <09:06> 寄り付きの日経平均は...

寄り付きの日経平均は続伸、米株高や円安基調を好感

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比73円41銭高の2万3813円28銭となり、続伸した。オーバーナイトの米国株市場で主要3指数が最高値を更新して取引を終え、ドル/円も109円半ばと円安方向に進むなど、センチメントは好転している。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、新興主要銘柄はメルカリが買い優勢

<08:27> 寄り前の板状況、新興主要銘柄はメルカリが買い優勢 市場関係者によると、新興株式市場の寄り前の板状況は、マザーズ上場のメルカリ が買い優勢 。Sansan は売り優勢。ラクス 、サンバイオ 、そーせいグループ は 売り買い拮抗。 ジャスダック上場のワークマン 、日本マクドナルドホールディングス 、ハーモニック ・ドライブ・システムズ は売り買い拮抗となっている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経225先物 SGX日経225先物 TOPIX先物 日経225...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線下回り弱気に傾斜

<16:30> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線下回り弱気に傾斜   日経平均・日足は、ごく短い上ヒゲを伴う大引けが「坊主」の「小陰線」。チャート は下放れを鮮明にしたほか、5日移動平均線(2万3806円54銭=30日)を下回る など、弱気に傾斜する格好となっている。「アイランド・リバーサル」に準じるパターン となったことが不安を抱かせるところ。12日と13日に空けたマドの下限(2万346 8円15銭)が当面の下値メドとして意識されそうだ。 <15:55> 新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均が5日続伸 新興株市場はまちまち...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均が5日続伸

<15:55> 新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均が5日続伸 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均が5日続伸、東証マザーズが反落した 。マザーズを中心に、直近IPO銘柄の物色が目立った。 ジャスダック市場ではソレキア がストップ高比例配分、ラクオリア創薬<457 9.T>、テクノホライゾンHLDG が上昇。ワークマン 、ハーモニック・ ドライブ・システムズ は下落した。 マザーズ市場では、JTOWER 、ランサーズ 、スポーツフィール ド が上昇。マクアケ 、AI inside 、ナノキャリア<45 71.T>は下落した。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均日足は「小陰線」、5日移動平均が抵抗線

<15:30> 日経平均日足は「小陰線」、5日移動平均が抵抗 線 日経平均・日足は、寄り付き引け値とも「坊主」に近い「小陰線」 となった。引き続き5日移動平均線(2万3900円63銭=23日現 在)が上値抵抗線となったものの、前日比プラスを維持し底堅い印象も 与えている。  当面は、前日の安値(2万3746円63銭)を維持できるか否かが ポイント。6日連続の「陰線」で上値の重さが感じられる中、同安値を 割り込むと、下げトレンドが鮮明になるため、注意が必要になってきた 。 <15:15> 新興株は軟調、引き続きIPO銘柄を中心に物色 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は軟調、引き続きIPO銘柄を中心に物色

<15:15> 新興株は軟調、 引き続きIPO銘柄を中心に物色 新興株市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がとも に反落した。市場からは「日経平均がさえなかった分、引き続き値動き の良い直近IPO銘柄の物色が目立った。マザーズ市場では、売買代金 上位のほとんどが直近IPOの銘柄だった」(国内証券)との声が出て いた。 ジャスダック市場ではワークマン 、カルナバイオサイエン ス 、医学生物学研究所 が下落。AKIBAホールディ ングス 、ナガオカ は上昇した。 マザーズ市場ではJTOWER 、ウィルズ 、IN CLUSIVE...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はしっかり、値動きのいいIPO銘柄の物色継続

<15:45> 新興株はしっか り、値動きのいいIPO銘柄の物色継続 新興株市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がしっ かり。市場からは「きょうもIPO銘柄を中心に物色された。特にマザ ーズ市場では、値動きのいい銘柄を売買する動きが目立った」(国内証 券)との声が出ていた。 ジャスダック市場ではワークマン 、日本マクドナルドホー ルディングス 、岡本硝子 が買われる一方、ニューフレ アテクノロジー 、ビジョナリーHLDG などが売ら れた。 マザーズ市場ではJTOWER 、Sansan 、 SREホールディングス が買われる...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線下回り調整色深める

<16:10> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線下回り調整色深める 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(2万3968円17銭=19日 現在)を下回り、調整色を深めた格好となっている。より上値が重いとの印象を与えたが、次の下値の目安 となる12日と13日に空けたマドの上限値(2万3775円73銭)を割り込んだ場合、調整が長引く可 能性も生じそうだ。 今回は安寄りしたため「ツタイ線」のパターン。翌日も安寄りして「陰線」を引いた場合、決定的な売 りサインである「三羽烏」となり、警戒色をより強めることになる...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up