for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社テイツー

7610.T

現在値

90.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

26.00

 - 

152.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
90.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
36.62
高値
--
安値
--
52週高値
152.00
52週安値
26.00
発行済株式数
68.66
時価総額
6,179.79
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2021 Tay Two Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Tay Two completes new share issuance through private placement

Tay Two to issue new shares through private placement

Tay Two announces business and capital alliance with A-too

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社テイツーとは

テイツーグループは主にマルチパッケージ販売事業主な事業として営む。【事業内容】「古本市場」直営店運営及びフランチャイズ(FC)本部運営、並びに「トレカパーク」、「ブック・スクウェア」、「TSUTAYA」、「モ・ジール」等の店舗を運営。また、関連会社を通じて「古本市場」店舗をフランチャイジーとして運営する。

業種

Retail (Specialty)

連絡先

650-111, Imamura, Kita-ku

OKAYAMA-SHI, OKY

700-0974

Japan

+81.86.2438600

https://www.tay2.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Katsuji Fujiwara

President, Representative Director

Katsuharu Fujiwara

Chief Compliance Officer, Director of Accounting & Finance, Director

Tomohiro Aono

Director of Administration, Chief Compliance Officer, Director

Koji Iga

Director of Product, Director

Yasuyoshi Mitsumoto

Director of Store Operation, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
6.59
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.26
株価純資産倍率(四半期)
1.69
株価キャッシュフロー倍率
5.98
総負債/総資本(四半期)
69.94
長期負債/資本(四半期)
37.73
投資利益率(過去12カ月)
16.70
自己資本利益率(過去12カ月)
10.91

最新ニュース

最新ニュース

25日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

25日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・トーセイ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.5%にあたる70万株 、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月1日から7月31日 。 ・日本電産 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.68%にあたる400 万株、取得総額500億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は1月26日から 2022年1月25日。 ・テイツー 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.46%にあたる100 万株、取得総額1億円を上限とする自社株買いを...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、「カブセ線」出現で警戒感生じる

日経平均・日足は、短めの下ヒゲを伴う寄り付きが「坊主」に近い「小陰線」。上値を切り上げたものの、すかさず下押しするなど、時価水準では戻り売り圧力を感じさせる動きとなっている。今回、描いた足は典型的な「カブセ線」で売りサインとなるため、高値警戒感が生じるところだ。直近1か月半のトレンド上で、高値をわずかずつ切り上げてきたことから、前日の戻り高値更新後の動きとしては定石通りと言えるかもしれない。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、デジタル関連銘柄人気が続く

新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日続伸した。マザーズ指数は連日の年初来高値更新となっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値支持線として機能

<16:20> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値支持線として機能 日経平均・日足は上下にわずかなヒゲを伴う「小陰線」。投資家の気迷い心理を表しているが、5日移 動平均線(2万2675円68銭=16日)は下値支持線として機能した。日経平均は2万3000円前後 での上値の重さが意識されており「決算時でもあるため買い上がるのは難しく、当面は横ばい相場となる可 能性が高い」(運用会社)という。 <16:07> 新興株は反落、時価総額上位銘柄が軟調 決算材料に個別物色も 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は反落、時価総額上位銘柄が軟調 決算材料に個別物色も

<16:07> 新興株は反落、時価総額上位銘柄が軟調 決算材料 に個別物色も 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。日経平均が軟調に推移し たことを受け、新興株も連れ安となった。時価総額上位銘柄は売られたものの、前日発表された決算を材料 視した個別物色は継続した。 ジャスダック平均は0.23%安で取引を終了した。個別では、テイツー 、ワークマン<7564. T>、セリア は下落。不二精機 、プロルート丸光 、テラ は上昇した。 マザーズ指数は1.59%安で取引を終了した。個別ではAiming 、アンジェス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線と200日線レンジ内での横ばい相場

<16:43> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線と200日線レンジ内での横ばい相場 日経平均・日足は「小陽線」。5日移動平均線(2万2171円47銭=3日)が下値支持線として機 能した。6月29日以降、25日移動平均線(2万2451円47銭=同)と200日移動平均線(2万1 800円81銭=同)の間での推移となっている。 市場からは「当面はこのレンジ内を推移し、横ばい相場となるだろう」(国内証券テクニカルアナリス ト)との声が出ていた。「7月に入ってから東証1部の一日平均売買代金は2兆円を下回っているほか、T OPIXの日足は5日営業日連続...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はしっかり、マザーズは7日ぶり反発 IPO銘柄も買われる

<16:00> 新興株はしっかり、マザーズは7日ぶり反発 IPO銘柄も買われる 新興株市場はしっかり。日経平均が続伸したことを受け、新興株も連れ高となった。直近の下落の反動 買いもあり、日経ジャスダック平均は3日ぶり反発、東証マザーズ指数は7日ぶり反発し3%超高となった 。市場では「商いは伴っていないものの、個人投資家を中心に幅広い銘柄が物色された。先週上場したIP O銘柄も買いが集まり、しっかりとした動きとなった」(国内証券)との声が出ていた。 日経ジャスダック平均は0.51%高。テラ 、ワークマン 、エブレン などが 上昇。テイツー...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線と25日線を下回り不安感も

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線と25日線を下回り不安感も 日経平均・日足は上ヒゲを伴う「小陰線」。前日に下回った25日移動平均線(2万2397円04銭 =30日現在)を捉えながら、終値で上回ることができなかったほか、5日移動平均線(2万2317円8 7銭=同)もサポートし切れず、先行きに対して不安を感じさせる形となっている。 きょうの足は、大引けがほぼ「坊主」となった「トンカチ」のパターンで、これは相場の転換を暗示す る。振幅幅は大きくないため気迷いを示すとも言え、上下いずれか大きく振れた方向にトレンドが傾く可能 性...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は高安まちまち、引き続きIPO銘柄に人気が集中

<15:15> 新興株市場は高安まちまち、引き続きIPO銘柄に人気が集中  新興株市場は高安まちまち。日経ジャスダック平均は4日ぶりに反発したが、東証マザーズ指数はとも に3日続落した。引き続きIPO銘柄に人気が集中。新規銘柄だけではなく、直近上場銘柄の中にも買いを 集める銘柄が目立った。 きょうマザーズに新規上場したグッドパッチ は、公募価格690円から大幅に気配を切り上げ 1587円買い気配で終了。一方、上場2日目となるジャスダック市場のエブレン は、公募価格1 350円い対して3.7倍の5000円で初値を付け、そのまま上値を追った...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、パラボリックは陽転 上値追いには慎重な声も

日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陰線」。前場ではナバロ米大統領補佐官の発言や、サウジアラビアに向けて発射された弾道ミサイルのニュースが嫌気され急落したが、その後急速に切り返したたため強さを感じさせる値動きとなった。パラボリックが陽転したことも、もみあい相場から抜け出すとの期待を抱かせている。

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は6日ぶり反落、新規上場再開に向けて現金化の動きか

新興株市場は、日経ジャスダック平均は小幅に6日続伸、東証マザーズ指数は6日ぶりに反落した。「あす3社、26日に1社がマザーズ市場に新規上場する予定となっており、個人に購入資金捻出のための現金化の動きが出ているようだ」(ネット系証券)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線がサポート 調整含みとの声も

<16:45> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線がサポート 調 整含みとの声も 日経平均・日足は、短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(2万2269円46 銭=17日)が支持線として機能した。市場では「メジャーSQ以降景色が変わっており、アイランド・リ バーサルが出現している。当面は調整含みとなり、2万3000円近辺では戻り売りが強まる可能性がある 」(国内証券)との声が出ていた。 <16:00> 新興株市場はしっかり、マザーズは2%超高 バイオ関連買われる 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、マザーズは2%超高 バイオ関連買われる

<16:00> 新興株市場はしっかり、マザーズは2%超高 バイオ関連買われる 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した。市場では「バイオ関連が 引き続き買われたほか、個別物色の動きも強かった。個人投資家が中心」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.75%高。個別では、ワークマン 、テイツー 、チエル が上昇。一方、テラ 、レカム 、ハーモニック・ドライブ・システムズ<6 324.T>は下落した。 東証マザーズ指数は前営業日比2.13%高。個別では、アンジェス 、オンコリスバイオファ...

23日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

23日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・クボタ 、自己保有株を除く発行済み株式総数の1.3%に当たる1600 万株、取得総額200億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は4月24日から 12月19日。 ・東京製鉄 、自己保有株を除く発行済み株式総数の0.84%に当たる11 5万株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は4月24日から 12月31日。 ・テイツー 、自己保有株を除く発行済み株式総数の0.90%に当たる50 万株、取得総額2100万円を上限とする...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up