for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ピーシーデポコーポレーション

7618.T

現在値

289.00JPY

変化

5.00(+1.76%)

出来高

208,900

本日のレンジ

284.00

 - 

290.00

52週レンジ

259.00

 - 

400.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
284.00
始値
285.00
出来高
208,900
3か月平均出来高
4.90
高値
290.00
安値
284.00
52週高値
400.00
52週安値
259.00
発行済株式数
50.67
時価総額
15,207.87
予想PER
19.53
配当利回り
4.84

次のエベント

Q3 2023 PC Depot Corp Earnings Release

適時開示

その他

PC Depot completes share repurchase

PC Depot to repurchase shares

PC Depot says change of corporate auditor

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ピーシーデポコーポレーションとは

ピーシーデポコーポレーショングループは、全てのパソコン、スマートフォン、タブレット等インターネットデバイスのユーザーに情報技術(IT)ソリューションを提供することを主な事業として取り組む。【事業内容】同社は、2つのセグメントを展開する。パソコン等販売事業は、パソコン及びパソコンに関連する商品の販売並びにパソコンに関連するサービスの販売をする。インターネット関連事業は、プロバイダーの運営及びウェブ(WEB)サイトの構築サービスを行う。

業種

Retail (Specialty)

連絡先

7F, Arena Tower

3-1-9, Shin-Yokohama, Kohoku-ku

YOKOHAMA-SHI, KNG

220-0011

Japan

+81.45.5237618

https://www.pcdepot.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Takahisa Nojima

President, Chief Executive Officer, Executive Officer, Chairman of Subsidiaries, Representative Director

Yasuyo Kaneko

Vice President, Executive Officer, Director

Hideki Saitoh

Senior Managing Director, Executive Officer, Chief Director of Operations Production, President of Subsidiary

Takayuki Shimano

Senior Executive Officer, Director of MD Product, Director CL Operations

Kazuyuki Sugiura

Senior Executive Officer, Chief Director of Group DX Strategy

統計

3.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.0K

2021

0.0K

2022

0.0K

2023(E)

0.0K
EPS (JPY)

2020

34.180

2021

36.790

2022

15.150

2023(E)

14.800
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.85
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.48
株価純資産倍率(四半期)
0.55
株価キャッシュフロー倍率
8.36
総負債/総資本(四半期)
23.16
長期負債/資本(四半期)
13.43
投資利益率(過去12カ月)
2.70
自己資本利益率(過去12カ月)
2.27

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、2万8000円やや下回る 底堅さも

<15:35> 日経平均・日足は「小陽線」、2万8000円やや下回る 底堅さも 日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万7990円17銭。心理的節目2 万8000円をやや下回った。一方、日足・一目均衡表の雲(上限:2万7422円37 銭=15日)から上放れた水準にあるほか、5日移動平均線(2万7875円95銭=同 )を終値で維持し、底堅さも継続。上方向では心理的節目2万8500円や、9月13日 高値(2万8659円76銭)が上値めどに意識されそうだ。 <15:12> 新興株はマザーズ3日続伸、IPO2銘柄は終値で初値下回る 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ3日続伸、IPO2銘柄は終値で初値下回る

<15:12> 新興株はマザーズ3日続伸、IPO2銘柄は終値で初値下回る 新興株式市場は、マザーズ総合は0.87%高の780.41ポイントと、3日続伸 した。東証グロース市場指数は前営業日比0.91%高の991.54ポイントだった。 決算を手掛かりにした個別物色がみられた。 新規上場のPOPERの初値は公開価格を58.5%上回る1110円で、 終値は初値を下回る999円だった。ベースフードの初値は公開価格を11.2 %下回る710円で、終値は702円となった。 決算を材料にした個別物色もみられた。ジーエヌアイグループが大幅高。フ ェニックスバイオ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、米PPIに関心 株高継続への思惑も

<13:40> 日経平均は小動き、米PPIに関心 株高継続への思惑も 日経平均は小高い水準での小動きが続いている。アジア株や時間外取引の米株先物が 小高く推移し、投資家心理を支援している。 市場では、米卸売物価指数(PPI)に関心が寄せられている。先週は米消費者物価 指数(CPI)の伸び鈍化を受けて株高となった経緯があり「株価の基調は上向きが意識 される。PPIの伸びも鈍化して株高が継続するといった展開への思惑は根強い」(国内 証券のストラテジスト)との声も聞かれる。 午後に入り、海運業が上げ幅を拡大し証券業がプラス転換している一方、医薬品...

午前の日経平均は小反発、強弱材料混在で方向感乏しい

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比31円21銭高の2万7994円68銭と、小幅に反発した。米株安の流れを引き継ぎ日経平均は小幅に続落してスタートしたが、前引けにかけて買いが優勢となった。ただ、強弱材料が入り混じる中、値動きは小幅にとどまり方向感は乏しかった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は前日終値付近で一進一退、主力銘柄は軟調

<10:40> 日経平均は前日終値付近で一進一退、主力銘柄は軟調 日経平均は前日終値付近で一進一退の展開で、2万7900円台半ばで推移している 。一時はプラス圏に浮上し2万8000円を回復したが、買いの勢いは続かなかった。 市場では「先週末の上昇ピッチが速かったので、きょうは一服感がみられる」(国内 運用会社・ポートフォリオマネージャー)との声が聞かれた。また、先週上昇していた主 力銘柄で売りが広がっているという。個別では、ファーストリテイリングやソニ ーグループの下げが目立っている。 <09:07> 寄り付きの日経平均は小幅続落、値がさ...

寄り付きの日経平均は小幅続落、値がさ株に売り広がる

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比23円21銭安の2万7940円26銭と、小幅に続落してスタートした。前日の米株安を嫌気する形で、値がさ株を中心に売りが広がっている。個別では、ファーストリテイリング、東京エレクトロン、ダイキン工業が軟調。一方、昨日大幅安となったソフトバンクグループは1%超高で推移している。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、SPKは買い優勢 アウトソシングは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、SPKは買い優勢 アウトソシングは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 SPK 22% 1,67 1,67 1,67 1,37 3 3 3 3 2 KPPグループHLDG <9274. 19% 957 957 957 807 T> 3 フォスター電機 12% 939 938 939 839 4 ニチレキ 8% 1,33 1,32 1,33 1,23 0 9 0 0 5...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を終値で維持 25日線は下回る

<15:44> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線を終値で維持 25日線は下回 る 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万6804円60銭。実体部分が小 さく十字線に近い形状で、気迷いを印象付ける。5日移動平均線(2万6677円71銭 =29日)を終値で上回り、下値の堅さがうかがわれる。前日にはパラボリックが陽転し 、MACDもゴールデンクロスした。一方、25日線(2万6989円09銭=同)を再 び下回った。スローストキャスティクスのデッドクロスが観測されており、売りシグナル への警戒も必要になりそうだ。 <15:08> 新興株...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、マイクロアドは公開価格下回る

<15:08> 新興株はマザーズが反落、マイクロアドは公開価格下回る 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.30%安の668.55ポイントと 反落した。前日の米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が大幅安となり、投資 家心理の重しとなった。マザーズは前日まで4連騰しており、利益確定や戻り待ちの売り が上値を抑えた。 グロース指数は同1.04%安の852.88ポイントだった。 値がさのメルカリやフリー、ビジョナルの下げが重しにな った。一方、ライフネット生命保険やGA technologies はしっかり。アドバンスト・メディア...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみ合い継続、株主総会明けの需給改善への期待も

<14:33> 日経平均は安値もみ合い継続、株主総会明けの需給改善への期待も 日経平均は安値もみ合いが継続している。TOPIXの浮動株比率見直しに伴うリバ ランスへの警戒感が重しとなっているほか、心理的節目2万7000円での上値の重さが 確認されたとして「買い上がる材料に乏しい状況」(国内証券)との声が聞かれる。 一方、きょうは株主総会の集中日で「総会を通過すれば、配当再投資で需給が改善し てくるのではないか」(別の国内証券)と期待する声も聞かれる。 東証33業種では、値下がりはゴム製品や海運業、ガラス・土石製品など23業種で 、値上がりは...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみ合い、月末月初を意識し模様眺め

<13:00> 日経平均は安値もみ合い、月末月初を意識し模様眺め 後場に入ってからの日経平均は安値もみ合いで、2万6700円台で推移している。 前場終盤の地合いを引き継ぎ上下いずれにも大きく振れる様子はなく、前引けをやや下回 る水準で一進一退となっている。 市場では「きょうから実質今年後半の相場がスタートしたが、月末事情に加え、月初 に経済指標の発表を多数控えていることなどが意識されており、全般的に模様眺めとなっ ている」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は反落、米株安を嫌気 値がさ株中心に軟調 前場の東京株式市場...

午前の日経平均は反落、米株安を嫌気 値がさ株中心に軟調

29日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比289円48銭安の2万6759円99銭と反落した。前日の米国株式市場の下落を嫌気し値がさ株を中心に軟調な展開で、中盤から下げ渋ったものの、6月末の配当権利落ち分約33円も加わり終始さえない動きとなった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋る、時間外取引で米先物が底堅く推移

<11:15> 日経平均は下げ渋る、時間外取引で米先物が底堅く推移 日経平均は下げ渋る展開となっている。上値の重さが引き続き気にされているが、時 間外取引で米株先物が底堅く推移しているため、米国株式市場の反発を読んだ場合、これ 以上は売り込みにくいという。 市場では「世界的に物価に対してナーバスになっているが、国内要因としても注目度 が高まってきた。そうした中、月末月初で経済統計が多数発表されるため、身動きが取れ なくなる」(国内証券)との声が聞かれる。 <10:11> 日経平均は下げ幅拡大、330円安 値がさ株の一段安が重し 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、330円安 値がさ株の一段安が重し

<10:11> 日経平均は下げ幅拡大、330円安 値がさ株の一段安が重し 日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比約330円安の2万6700円台前半で推移 している。値がさ株の下げが加速しており、相場の重しとなっている。ファーストリテイ リング、ソフトバンクグループの2銘柄で日経平均を約50円押し下げ ている。 市場では、ここ数日は材料に乏しく、米国をはじめとする経済指標に一喜一憂する展 開が続いている。一方で「マーケット参加者の間では、トヨタやダイキンなどは政策保有 株が多く、売り需要が発生しているのではないかとの観測がある」(国内証券)...

寄り付きの日経平均は反落、値がさ株や半導体関連株が軟調

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比235円24銭安の2万6814円23銭と、反落してスタートした。前日の米株安の流れを引き継ぎ、幅広い業種で売りが先行。ソフトバンクグループなどの値がさ株や、東京エレクトロン、アドバンテストなど半導体関連株も軟調に推移し、日経平均を押し下げている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、オエノンHDは買い優勢 メイテックは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、オエノンHDは買い優勢 メイテックは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 オエノンHLDG 26% 389 388 389 309 2 リログループ 21% 2,68 2,68 2,68 2,21 0 0 0 2 3 日伝 19% 2,28 2,28 2,28 1,91 6 5 6 7 4 ユアテック 18% 850 849 850 717 5 アイダエンジニアリング...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値は75日線を下回る

<16:00> 日経平均・日足は「小陰線」、終値は75日線を下回る 日経平均・日足はわずかな上ヒゲと長めの下ヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は 前営業日比437円68銭安の2万7350円30銭。75日移動平均線(2万7425 円04銭=6日)を下回ったほか、一目均衡表の雲上限(2万7581円90銭=同)も 下抜けており、下値リスクを大きくしている。 <15:45> 新興株はマザーズ指数が7日ぶりに反落、メルカリなど軟調 新興株市場では、東証マザーズ指数が7日ぶりに反落した。プライム市場の軟調な流 れに連れ安した。市場では「新興株はこのところ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ指数が7日ぶりに反落、メルカリなど軟調

<15:45> 新興株はマザーズ指数が7日ぶりに反落、メルカリなど軟調 新興株市場では、東証マザーズ指数が7日ぶりに反落した。プライム市場の軟調な流 れに連れ安した。市場では「新興株はこのところ急速に回復基調が続いていたため、いっ たん利益確定売りが広がったようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比2.10%安。個別では、メルカリ、ビジョナル 、そーせいグループ、フリーが総じて軟調。ウェルスナビ <73 42.T>、JTOWERは買われた。 <13:35> 後場の日経平均は値幅83円、海外要因に警戒強く上値追えず...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は値幅83円、海外要因に警戒強く上値追えず

<13:35> 後場の日経平均は値幅83円、海外要因に警戒強く上値追えず 後場の日経平均は前場レンジ(2万7214円─2万7549円)内で小動きで、上 下の値幅は約83円にとどまっている。時間外取引での米株先物がマイナス圏を推移する 中、休日明けのアジア株もさえない動きで、日経平均の重しとなっている。 市場では「押し目買いで指数は下げ止まっているが、米金融引き締め懸念やウクライ ナ情勢に対する警戒感が再び高まっており、上値は追えない」(国内証券)との声が聞か れる。 午後1時30分現在の東証プライム市場の売買代金は1兆6605億4900...

午前の日経平均は急反落、米国株安を嫌気 下値の目安下回る

6日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比525円93銭安の2万7262円05銭と、急反落した。米国株式市場の下落を受けたほか、ロシアへの追加制裁に対する懸念などから市場センチメントが悪化した。日経平均は、下値の目安として意識されていた3月22日と同23日に空けたマドの下限値(2万7284円47銭)を下回り、テクニカル面でも下値リスクを大きくしている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up