for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社BuySell Technologies

7685.T

現在値

6,290.00JPY

変化

130.00(+2.11%)

出来高

35,300

本日のレンジ

6,190.00

 - 

6,460.00

52週レンジ

2,163.00

 - 

7,150.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
6,160.00
始値
6,460.00
出来高
35,300
3か月平均出来高
1.28
高値
6,460.00
安値
6,190.00
52週高値
7,150.00
52週安値
2,163.00
発行済株式数
14.49
時価総額
89,258.20
予想PER
--
配当利回り
0.23

次のエベント

Q3 2022 BuySell Technologies Co Ltd Earnings Release

株式会社BuySell Technologiesとは

BuySell Technologiesグループは、主にネット型リユース事業を行う。【事業内容】買取事業における主要サービスである「バイセル」及び「買取プレミアム」は、買取・販売の循環を実現する総合リユースサービスを提供し、出張訪問買取を中心に宅配買取、持込買取の3つの方法がある。取扱商品は主に、着物、切手、古銭、貴金属、ジュエリー、ブランド品、時計、骨董品、毛皮及び酒等の販売時に高単価を確保できる製品である。販売事業は、主に古物市場や業者向けオークションによる法人販売を中心に販売を実施し、エンドユーザーである一般消費者に電子商取引(EC)サイト「イセルオンライン」を提供する。また、中古車を売却できるスマートフォンアプリ「CAPPY(キャッピー)」の運営も行う。マーケティングから、コールセンター、真贋鑑定・査定、買取、在庫管理、販売に至る一連のサービスを提供する。

業種

Retail (Specialty)

連絡先

8F, PALT Bldg., 4-28-8, Yotsuya

SHINJUKU-KU, TKY

160-0004

Japan

+81.3.33590830

https://buysell-technologies.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Hideki Yoshimura

Chairman of the Board

Kohei Iwata

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Koji Ono

Chief Financial Officer, Director

Masayuki Imamura

Chief Technology Officer, Director

Yusuke Wada

Senior Executive Officer

統計

2.00 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.0K

2021

0.0K

2022(E)

0.0K
EPS (JPY)

2020

41.120

2021

93.262

2022(E)

143.360
株価売上高倍率(過去12カ月)
57.02
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.17
株価純資産倍率(四半期)
15.92
株価キャッシュフロー倍率
45.40
総負債/総資本(四半期)
74.29
長期負債/資本(四半期)
50.08
投資利益率(過去12カ月)
21.75
自己資本利益率(過去12カ月)
14.62

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表「雲」下限を下回る

<15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表「雲」下限を下回る 日経平均・日足は、実体部分よりも長い下ヒゲと短い上ヒゲを伴う「小陽線」となっ た。終値は2万7153円83銭。支持線を次々に突破し、きょうは一目均衡表の「雲」 領域下限を下回るなど、調整が長期化するとの懸念を大きくしている。 とくに、今回の下げで7月19日高値(2万7043円58銭)と同20日安値(2 万7295円95銭)で空けたマドを埋め、戻り相場が終わったとの印象を与えるなど、 ムードを一気に暗くした。ただ、直近の下げが急で突っ込み警戒感が台頭しそうなほか、...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はマザーズが4日ぶり反発、個人の資金が流入

<15:10> 新興株式市場はマザーズが4日ぶり反発、個人の資金が流入 新興株式市場はしっかり。マザーズ総合が0.32%高の712.50ポイントと、 4日ぶりに反発した。東証グロース市場指数は0.30%高の905.73ポイント。「 地合いが悪化する中でも、個人投資家の資金流入が活発化していることを示した」(国内 証券)という。 きょうグロース市場に新規上場したFPパートナーは公開価格を5.7%上 回る2750円で初値を付けた後も買われ、ストップ高で大引けた。 そのほか、個別ではキャンバスが連日のストップ高となり、ANYCOLO Rが小反発...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線割り込み調整リスク

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、200日線割り込み調整リスク 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万7313円13銭で約2カ月ぶり 安値。支持線とみられた75日移動平均線(2万7514円83銭=21日)や200日 線(2万7395円88銭=同)を終値で下回った。200日線をこのまま割り込んだ場 合、調整が長期化する恐れがあり、7月20日に開けた窓(7月19日高値は2万704 3円58銭)埋めが意識されそうだ。 <15:30> 新興株はマザーズが大幅続落、FOMCへの警戒感が重し 新興株式市場は、マザーズ総合が2.43...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが大幅続落、FOMCへの警戒感が重し

<15:30> 新興株はマザーズが大幅続落、FOMCへの警戒感が重し 新興株式市場は、マザーズ総合が2.43%安の710.26ポイントと、大幅に3 日続落した。東証グロース市場指数は前営業日比2.43%安の903.03ポイント。 米長期金利が上昇基調にある上、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を日本時 間の明日未明に控え、投資家の慎重姿勢が強まった。 フリーが大幅安となり、年初来安値を更新した。JTOWERやビ ジョナル、ANYCOLORも大幅安だった。一方、BuySell  Techは大幅高。インバウンドテックはストップ高で年初来高値...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、雲領域内を継続

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、雲領域内を継続 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万6659円75 銭で、引き続き日足・一目均衡表の雲領域(上限2万7143円49銭、下限2万651 0円28銭=17日)内にとどまった。基準線(2万6634円38銭=同)をわずかに 上回った一方、25日移動平均線(2万6729円25銭=同)に上値を抑えらており、 これを上抜けて上昇に弾みをつけるかが焦点。 <15:06> 新興株式市場はマザーズが反落、メルカリやフリーの下げが重し 新興株式市場は、マザーズ総合が反落した...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はマザーズが反落、メルカリやフリーの下げが重し

<15:06> 新興株式市場はマザーズが反落、メルカリやフリーの下げが重し 新興株式市場は、マザーズ総合が反落した。ハイテク株比率の高い米ナスダック総合 が前日の米国市場で下落し、投資家心理の重しとなった。 マザーズ総合は前営業日比1.88%安の645.46ポイント。値がさのメルカリ やフリー、ビジョナルの下げが指数の重しとなった。 一方、NexToneやジーエヌアイグループ、BuySell  Technologiesはしっかりだった。 <14:16> 日経平均は小じっかり、米小売売上高で「経済の耐性」を確認 日経平均は小じっかりと推移...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、グロース株の値幅取り活発化

<15:15> 新興株市場はしっかり、グロース株の値幅取り活発化 新興株市場はしっかり。マザース指数、日経ジャスダック平均がともに反発した。米 長期金利の低下を受けて米国でハイテク株が堅調となったことで、「グロース株で値幅取 り狙いをする動きが活発化している」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ指数は前営業日比1.30%高。プレミアアンチエイジング 、QD レーザ などが商いを伴って上昇、サイバーセキュリティクラウド も大幅 高となったが、i─plug 、スパイダープラス が軟調となった。 日経ジャスダック平均は0.33ポイント高。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「下影陽線」、「雲」と上値抵抗線など意識

<15:55> 日経平均・日足は「下影陽線」、「雲」と上値抵抗線など意識 日経平均・日足は長い下ヒゲと短い上ヒゲを伴い実体部分が小さい「下影陽線」。5日移動平均線(2 万8924円04銭=4日現在)にサポートされたものの、上位にある一目均衡表の「雲」領域や、2月1 6日に付けた年初来高値3万0714円52銭を起点とした右肩下がりの抵抗線が意識され、上値が重いと の印象を与えた。75日移動平均線(2万9217円89銭=同)も節目として意識されてる。一方、長い 下ヒゲが抵抗力の強さを示しており、下値については底堅いとも感じさせるところだ。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、今後のIPOラッシュを意識

<15:40> 新興株市場はさえない、今後のIPOラッシュを意識 新興株市場はさえない。マザース指数が反落。日経ジャスダック平均も小幅ながら7 日ぶりに反落した。「週末で見送りムードが強かったほか、今後のIPOラッシュも意識 されている。それによる換金売り懸念されそうだ」(国内証券)という。 マザーズ指数は前営業日比1.90%安。プレミアアンチエイジング 、AI  inside が大幅安となったほか、メルカリ なども軟調。一方、B uySell Technologies が大幅上昇、フレアス も高い 。 日経ジャスダック平均はほぼ変わらずの...

ホットストック:BuySellが気配上げる、1対2株式分割を手掛かり

BuySell Technologiesが気配を上げている。午前9時15分現在、差し引き1100株の買い超過。7日に、12月31日現在の株主に対して、2021年1月1日付で、1対2の株式分割を実施すると発表したことが手掛かりになっている。

7日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

7日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ホシデン 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.42%にあたる200 万株、取得総額20億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は12月8日から2 021年1月29日。 ・丸一鋼管 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.05%にあたる170 万株、取得総額38億2500万円を上限とする自社株買いを実施へ。12月8日午前8 時45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付けの委託を行う 。買い付け価格は12月7日終値の2250...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(2万0195円29銭=15日)や一目均衡表の「雲」の上限に上値を抑えられる形となったが、ローソク足の長い下ヒゲは下値抵抗力を感じさせる。再び「雲」を上抜けできれば、利益確定や戻り待ちの売りをこなしながら上昇する展開もあり得るという。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、値動きのいい銘柄に物色 マザーズ指数2%超高

新興株市場で、日経ジャスダック平均は小反発、東証マザーズ指数も反発した。週末前であることや決算シーズンということもあり、動きづらいという。市場からは「日替わりで勢いのある銘柄が物色される展開」(ネット系証券)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、目先的に下げ止まりの兆候

<15:30> 日経平均・日足は「小陽線」、目先的に下げ止まりの兆候 日経平均・日足は下ヒゲを伴う大引けがほぼ「坊主」となる「小陽線」。前日に空け たマド(2万3243円36銭─2万3317円32銭)を埋め切ったほか、75日移動 平均線(2万3269円95銭=29日現在)から下方カイ離を広げることなく再び上回 ったことで、目先的に下げ止まりの兆候が出ている。このまま上値を追えば、前日の安値 (2万3115円15銭)が1月8日のザラ場安値(2万2951円18銭=同)に対す る二番底として意識されることになりそうだ。 オシレーター系指標から...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、新型肺炎関連銘柄が物色される

<15:05> 新興株市場は軟調、新型肺炎関連銘柄が物色される  新興株市場では、日経ジャスダック平均が5日続落、東証マザーズ指数は6日続落と なった。市場では「全体的に見送り気分が強いが、そうした中でも新型肺炎関連銘柄など 勢いがある銘柄に値幅取り狙いの資金が向かっている」(国内証券)との声が出ている。 マザーズ市場では、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ が一時スト ップ高となったほか、弁護士ドットコム が急反発。半面、BuySell Te chnologies が大幅安となった。 ジャスダック市場では、興研 、重松製作所 、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線を小幅に上回る

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、25 日線を小幅に上回る 日経平均・日足は「小陰線」。上下のヒゲは下ヒゲがやや長く、下値抵抗力の強さも 感じさせる。終値(2万3827円18銭)が25日移動平均線(2万3823円29銭 =24日)を小幅に上回ったことも、いったんの安心材料となりそうだ。ただ、5日移動 平均線(2万3920円41銭)は下向きで、来週以降、25日線とのデッドクロスの形 成が警戒されている。 市場からは「25日線の水準でもちこたえたものの、きょうは週末であったことに加 え、新型コロナウイルスへの警戒で売買は手控えられていた...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、新型肺炎への懸念が投資家心理圧迫

<15:07> 新興株市場は軟調、新型肺炎への懸念が投資家心理圧迫 新興株市場で、日経ジャスダック平均は続落、東証マザーズ指数は3日続落した。市場からは「新規上 場を巡る資金循環も一巡してきた。新興市場は個人投資家も多く、東証1部以上に心理的な影響を受けやす い。新型肺炎の拡大が懸念される中、投資は手控えられやすい」(国内証券)との声が出ていた。 マザーズ市場は、メルカリ 、Sansan 、ラクス など時価総額ランキング 上位が軟調。アドベンチャー はストップ安比例配分、オンコセラピー・サイエンス が続落 した。半面、BuySell Technologies...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日移動平均線を割り込み調整局面

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、25日移動平均線を割り込み調整局面 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。上ヒゲがやや長く、投資家の失望感 を表している。 終値は下値サポートとして意識されていた25日移動平均線(2万3831円12銭 =23日)を下回り、短期的な調整局面に入ったとの印象を与えている。上値を伸ばしき れず、引き続き2万4000円の壁の重さが意識されている。 一方で、75日移動平均線(2万3171円25銭=23日)や200日移動平均線 (2万2024円74銭=23日)は依然として上向きで、中長期の上昇トレンド...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、新型肺炎関連に物色 利益確定売りも

<15:15> 新興株市場は軟調、新型肺炎関連 に物色 利益確定売りも 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は5日ぶり反落、東証マザーズ指数は続落 した。「引き続き新型肺炎関連に物色がみられたが、きのう買われてきょう利益確定売り で大幅安になった銘柄もある。SARS(重症急性呼吸器症候群)が発生したときも似た 現象が起きた。企業業績に関わりなく物色されているため、上昇は一過性」(国内証券) との声が出ていた。 ジャスダック市場では、小倉クラッチ 、KYCOMホールディングス<9685. T>、興研 は下落。ドーン 、多摩川ホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、25日移動平均線がサポート

<15:30> 日経平均・日足は「中陽線」、25日移動平均線がサポート 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」。25日移動平均線(2万3816円30銭)が下 値支持線として働いている。昨日下回った5日線(2万3990円76銭=22日)はきょう再び上回り、 短期的な底入れ機運が強まった。ただ、商いは薄く、上昇に向けての勢いは感じられない。引き続き2万4 100円の壁が意識されている。 <15:15> 新興株市場はまちまち、直近IPOや新型肺炎関連銘柄に物色 新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日続伸、東証マザーズ指数は反落した。...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up