for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社SCREENホールディングス

7735.T

現在値

6,490.00JPY

変化

-260.00(-3.85%)

出来高

990,500

本日のレンジ

6,440.00

 - 

6,700.00

52週レンジ

3,585.00

 - 

8,360.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
6,750.00
始値
6,690.00
出来高
990,500
3か月平均出来高
16.77
高値
6,700.00
安値
6,440.00
52週高値
8,360.00
52週安値
3,585.00
発行済株式数
46.67
時価総額
342,865.30
予想PER
--
配当利回り
1.44

次のエベント

Dividend For 7735.T - 46.0000 JPY

適時開示

その他

Screen Holdings to issue 2022 due and 2025 due euro-yen denominated convertible bonds with subscription warrants

Sourcenext to merge with unit MIXA

SCREEN Holdings raises consolidated full-year outlook and year-end dividend forecast for FY 2016

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社SCREENホールディングスとは

SCREENホールディングスは、半導体製造装置、印刷関連機器、ディスプレー製造装置、成膜装置及びプリント基板関連機器の製造・販売を主な事業とし、さらにそれらに関連する研究・開発及びサービス等の事業を行う。【事業内容】4つの事業セグメントで構成される。半導体製造装置事業(SE)は、半導体製造装置の開発、製造、販売及び保守サービスを行う。グラフィックアーツ機器事業(GA)は、印刷関連機器の開発、製造、販売及び保守サービスを行う。ディスプレー製造装置及び成膜装置事業(FT)は、ディスプレー製造装置及び成膜装置の開発、製造、販売及び保守サービスを行う。プリント基板関連機器事業(PE)は、プリント基板関連機器の開発、製造、販売及び保守サービスを行う。また、ライフサイエンス分野の機器及び車載用部品検査装置の開発・製造・販売、ソフトウェアの開発、印刷物の企画・制作等の事業も行う。

連絡先

4-1-1, Tenjinkita-machi

Teranouchi-agaru, Horikawa-dori

Kamigyo-ku

+81.75.4147111

https://www.screen.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Akira Ishida

Honorary Chairman of the Board

Eiji Kakiuchi

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Yoichi Kondo

Managing Director, Chief Financial Officer

Soichi Nadahara

Managing Director, Chief Technology Officer

Shin Minamishima

Senior Managing Director, Representative Director

統計

2.61 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

0.3K

2018

0.3K

2019

0.4K

2020(E)

0.3K
EPS (JPY)

2017

511.960

2018

608.620

2019

387.100

2020(E)

269.876
株価売上高倍率(過去12カ月)
27.19
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.01
株価純資産倍率(四半期)
1.74
株価キャッシュフロー倍率
16.32
総負債/総資本(四半期)
42.23
長期負債/資本(四半期)
19.68
投資利益率(過去12カ月)
5.77
自己資本利益率(過去12カ月)
3.31

最新ニュース

最新ニュース

日経平均は反発、WHO宣言で買い戻し 午後は様子見

東京株式市場で日経平均株価は反発した。世界保健機関(WHO)による緊急事態宣言を契機に新型肺炎の収束期待が高まった。外為市場でドル/円が円安方向に振れたことも好感され、買い戻しが活発化。一時上げ幅は400円を超えた。その後、買いは続かなかったものの大きく売られる材料もなく、後場はプラス圏でもみあいが続いた。

ホットストック:スクリンは連日大幅安、東エレク堅調で相対的にも見劣り

SCREENホールディングスは連日大幅安。午前10時20分現在、10%超安で東証1部の値下がり率第7位。「業績を嫌気した売りが続いている。半導体製造装置は現在回復局面にいるはずなので、それに逆行するような下方修正は印象が悪い。また、きょうは好業績だった東京エレクトロンやアドバンテストが堅調。相対的にみても魅力が劣るのだろう」(いちよし証券・銘柄情報課長の及川敬司氏)という。

東京マーケット・サマリー

ドル/円<JPY=> ユーロ/ドル<EUR=> ユーロ/円<EURJPY=>

*TOP NEWS* 日本語トップニュース(30日)

* ロイタートップニュースはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/topnews をクリックしてご覧になれます。 ◎〔クロスマーケット〕FOMC後に進んだ日本株安、逃避マネーが米国に集中 2020年1月30日 17:09:00 東京 30日 ロイター - - 29日までの米連邦公開市場委員会(FOMC)はハト派的だったとの受け止めが多かったにもかかわらず、日本では株安が進んだ。新型肺炎拡大への警戒感が強まる中、金利低下を好感できないでいる。逃避マネーは、経済への影響が小...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、ネックライン割り込む

<17:45> 日経平均・日足は「大陰線」、ネックライン割り込む 日経平均・日足は「大陰線」、先安見込みを暗示するとされる。12月17日の高値 (2万4091円12銭)と1月17日(2万4115円95銭)でダブルトップを形成 、ネックラインとして機能していた1月8日のザラ場安値(2万2951円18銭)を割 り込んだ。 市場では「下げ圧力は徐々に増している。200日移動平均線(2万2075円68 銭=30日)が新たな下値水準になり得るため、覚悟が必要」(国内証券)との声が出て いる。 <15:30> 新興株市場は全面安、新型肺炎関連銘柄の...

*TOP NEWS* 日本語トップニュース(30日)

* ロイタートップニュースはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/topnews をクリックしてご覧になれます。

*TOP NEWS* 日本語トップニュース(30日)

* ロイタートップニュースはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/topnews をクリックしてご覧になれます。 ◎新型肺炎、中国での死者170人に 各国政府も対応に追われる 2020年1月30日 03:58:00 午後MOST READ 上海/ソウル 30日 ロイター - をご覧ください) ◎野村:19年12月第3四半期連結(SEC) 黒字転換2514.73億円(前年△101,286の赤字) 2020年1月30日 03:00:00 午後 東京 30日 ロイター ◎再送...

FOMC後に進んだ日本株安、逃避マネーが米国に集中

29日までの米連邦公開市場委員会(FOMC)はハト派的だったとの受け止めが多かったにもかかわらず、日本では株安が進んだ。新型肺炎拡大への警戒感が強まる中、金利低下を好感できないでいる。逃避マネーは、経済への影響が小さいとみられている米国に集中。日本株は企業業績悪化への懸念も強く、パフォーマンスが一段と悪化している。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は全面安、新型肺炎関連銘柄の物色続く

<15:30> 新興株市場は全面安、新型肺炎関 連銘柄の物色続く 新興株市場では、日経ジャスダック平均が1.99%安で6日続落、東証マザーズ指 数が3.10%安で7日続落となった。市場では「新型肺炎の感染拡大への懸念で、全体 的に売られた。その一方で、新型肺炎関連銘柄には引き続き勢いがあった」(国内証券) との声が出ている。 ジャスダック市場では、ワークマン 、Nuts 、カイノス が下落。マスクの製造などを手掛ける重松製作所 、興研 、中京医薬品 < 4558.T>は上昇した。 マザーズ市場では、そーせいグループ 、JTOWER 、JMDC...

日経平均は大幅反落、2万3000円割れ 新型肺炎への懸念広がる

東京株式市場で日経平均は大幅反落。引き続き新型肺炎に対する警戒感が強いほか、円高に振れた為替相場も嫌気された。さらに、SCREENホールディングス<7735.T>の下方修正によって、企業業績に対する不安感も台頭。全体的に売り優勢の展開となり、日経平均は心理的節目の2万3000円を割り込んだ。

訂正-〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時2万2800円台に、香港ハンセンをにらみ

(下げ幅が500円を超えていなかったため、見出しを「一時2万2800円台」に修正し、 本文の「一時513円55銭安」を「486円45銭安」に訂正しました。) [東京 30日 ロイター] - <14:40> 日経平均は一時2万2800円台に、香港ハンセンをにらみ 日経平均は安値圏で一進一退、450円ほど安い2万2900円台前半で推移してい る。ランチタイム明けの香港ハンセン指数 が下げ幅を拡大したことに伴い、日経平 均は一時486円45銭安(訂正)の2万2892円95銭まで下落した。その後はハン センが下げ渋ったこともあり、日経平均も2万...

*TOP NEWS* 日本語トップニュース(30日)

* ロイタートップニュースはreuters://screen/verb=Open/URL=cpurl://apps.cp./Apps/topnews をクリックしてご覧になれます。 ◎武漢から29日帰国の3人が感染、第2便は13人が体調不良 2020年1月30日 11:51:00 東京 30日 ロイター - - 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて29日に中国・武漢市から第1便で帰国し、検査を受けた日本人204人のうち、3人からウイルスが検出された。厚生労働省によると、日本で確認された感染者はこれで11人。うち2人は症状が出ていないという...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、香港ハンセン指数を意識か

<13:50> 日経平均は下げ渋り、香港ハンセン指数を意識か 日経平均は2万2900円台半ば。一時2万2906円04銭まで下落した後は、下 げ渋っている。リバウンド狙いの買いや、日銀ETF(上場投資信託)の買い入れが影響 しているという。 そのほか「前場の日経平均の動きと似ていた香港ハンセン指数 は今ランチタイ ム。ハンセンがとりあえず止まったため、日経平均も下げ止まっているのではないか。日 本時間の午後2時に取引が再開するが、状況によっては日経平均にも影響が出る可能性が ある」(みずほ証券・シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との指摘...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅を拡大、2万2900円台 海外勢が先物売り

<12:55> 日経平均は下げ幅を拡大、2万2900円台 海外勢が先物売り 日経平均は下げ幅を拡大、400円超安の2万2900円台半ばで推移している。市 場からは「海外勢が先物を売っているのだろう。前場からの下落トレンドが止まらなかっ たが、2万2900円前半まで下がると、リバウンド狙いの買いが入る」(国内証券)と の声が出ていた。 <11:45> 前場の日経平均は急落、業績への警戒加わり2万3000円攻防に 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比365円80銭安の2万3013円6 0銭となり、急落。引き続き新型肺炎に対する警戒感が...

前場の日経平均は急落、業績への警戒加わり2万3000円攻防に

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比365円80銭安の2万3013円60銭となり、急落。引き続き新型肺炎に対する警戒感が強いほか、円高に振れた為替相場も気にされている。さらに、SCREENホールディングス<7735.T>の下方修正によって、企業業績に対する不安感も台頭。全体的に売り優勢の展開となった。日経平均は2万3000円割れ寸前まで下落、大台攻防戦の様相を呈している。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ止まらず、2万3000円攻防を意識

<11:15> 日経平均は下げ止まらず、2万3000円攻防を意識 日経平均は下げ止まらず、28日の直近安値2万3115円15銭を下回り、2万3 000円の攻防が意識されるようになっている。新型肺炎感染に加え「企業業績に対して 不安感が台頭し、利益確定売りを急ぐ動きがみられる」(国内証券)という。 <10:15> 日経平均は下げ幅拡大、円高も警戒され下値模索に 日経平均は下げ幅拡大。前日比200円を超す下げとなっている。ドル/円が108 円台後半まで円高に振れたことが警戒され、下値を模索する展開に変わった。 市場では「SCREENホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、円高も警戒され下値模索に

<10:15> 日経平均は下げ幅拡大、円高も警戒され下値模索に 日経平均は下げ幅拡大。前日比200円を超す下げとなっている。ドル/円が108 円台後半まで円高に振れたことが警戒され、下値を模索する展開に変わった。 市場では「SCREENホールディングス の下方修正により、業績が向上す ると思われた景気敏感セクターに対して疑念が生じたことが、下げの要因として大きい。 円高に振れ気味なことも不安視されている」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との 声が出ている。 <09:05> 日経平均は反落、買い材料が見当たらず見送りムード 寄り付きの...

ホットストック:スクリンがストップ安、通期業績下方修正を嫌気

SCREENホールディングスは急落しストップ安。29日に発表した2020年3月期の通期業績予想の下方修正が嫌気されている。市場からは「半導体装置が持ち直すのは来期から。今期の業績がよくないことはわかっていたものの、下方修正はさすがに株主にとって印象がよくない」(国内証券)との声が出ていた。

日経平均はしっかり、新型肺炎の警戒感残る中で自律反発

東京株式市場で日経平均株価はしっかり。新型肺炎の感染拡大が依然として警戒されているが、ドル/円が円安方向に振れたほか、前日の米国株式市場が上昇したことなどが好感され、終始堅調な地合いを持続。ただ、警戒感が後退したわけではないため、上値を積極的に取る動きがみられなかったことで、きょうの切り返しは自律反発との見方も出ている。

今日の株式見通し=反発、新型肺炎への懸念で上値は重い

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反発が想定されている。前日の米国株式市場は主要株価3指数が上昇、為替も109円台で取引されており、東京株式市場も小高い水準での推移が見込まれる。ただ、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大への警戒が依然として相場を支配しているため、上値は重い展開となりそうだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up