for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ノーリツ鋼機株式会社

7744.T

現在値

2,690.00JPY

変化

13.00(+0.49%)

出来高

245,300

本日のレンジ

2,679.00

 - 

2,711.00

52週レンジ

1,725.00

 - 

2,812.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,677.00
始値
2,689.00
出来高
245,300
3か月平均出来高
2.89
高値
2,711.00
安値
2,679.00
52週高値
2,812.00
52週安値
1,725.00
発行済株式数
35.66
時価総額
97,208.68
予想PER
0.92
配当利回り
1.68

次のエベント

Dividend For 7744.T - 21.0000 JPY

適時開示

その他

Gene Techno Science signs collaborative research agreement with chromocenter

Noritsu Koki to merge with wholly owned securities unit

Noritsu Koki says change of president

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ノーリツ鋼機株式会社とは

ノーリツ鋼機グループはものづくり事業、ヘルスケア事業及び創薬事業等を運営する。【事業内容】同社は6つの事業を運営する。ものづくり事業は素材開発技術を用いたペン先部材・コスメ部材等の研究開発・生産を行う。ヘルスケア事業はヘルスケア分野における遠隔画像診断による放射線科業務支援サービスの研究開発・販売、レセプト・データの分析・調査データの提供、歯科材料・医療材料の通信販売、予防医療における研究開発・販売、医療機関向けのコンサルテーション事業、遺伝子検査サービス並びに保険薬局向けレセプト処理システム等及び医薬品データベースの開発・販売等を行う。創薬事業はバイオ関連分野における新製品開発及び事業推進を行う。シニア・ライフ事業はシニア向け出版・通信販売における事業を行う。アグリ・フード事業はアグリ・フード分野における生鮮野菜の生産・販売事業を行う。その他事業は新成長領域進出に関する調査・投資等を行う。

業種

Office Supplies

連絡先

5F, Joule A, 1-10-10, Azabu Juban

MINATO-KU, TKY

106-0045

Japan

+81.3.35055053

https://www.noritsu.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Ryukichi Iwakiri

Chief Executive Officer, Representative Director

Ryosuke Yokobari

Chief Financial Officer, Director

Yukiko Katabe

Executive Officer, Director of Business Administration, Director of Human Resources and General Affairs

Megumi Iwamoto

Executive Officer, Manager of Business Promotion Office

Motoaki Ibano

Independent Director

統計

2.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.1K

2020

0.0K

2021

0.1K

2022(E)

0.1K
EPS (JPY)

2019

82.920

2020

277.960

2021

148.730

2022(E)

2,896.550
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.32
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.33
株価純資産倍率(四半期)
0.47
株価キャッシュフロー倍率
7.50
総負債/総資本(四半期)
26.99
長期負債/資本(四半期)
16.52
投資利益率(過去12カ月)
2.96
自己資本利益率(過去12カ月)
2.33

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線がサポートに

<16:05> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線がサポートに 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。2万8479円01銭で取 引を終えた。ローソク足はコマの形状で、気迷いが示唆される。過熱感は和らいできたが 、5日移動平均線(2万8594円01銭=25日)を回復できず力強さを欠いている。 下方向では、25日線(2万8213円37銭=同)が目先のサポートに意識されそうだ 。一方、スローストキャスティクスでは売られ過ぎ圏にあり、短期的な反発に期待をつな ぐ。 <15:40> 新興株はマザーズが続伸、米株先物の堅調推移が支援...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続伸、米株先物の堅調推移が支援

<15:40> 新興株はマザーズが続伸、米株先物の堅調推移が支援 新興株式市場は、マザーズ総合は1.16%高の743.68ポイントと、続伸した 。東証グロース市場指数は前営業日比1.15%高の945.64ポイントだった。 ジャクソンホール会合への警戒感がくすぶった一方、ハイテク株比率の高いナスダッ ク総合の先物が時間外取引で堅調に推移し、投資家心理を支援した。 そーせいグループやプレイド、ポートが大幅高だった一方 、JTOWER、M&A総合研究所は軟調。アクリートは一時 、年初来高値を更新したが、その後に大幅安となった。 <14:20>...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は200円超高、半導体関連の一角が上げ幅拡大

<14:20> 日経平均は200円超高、半導体関連の一角が上げ幅拡大 日経平均は後場に上げ幅を拡大し、200円超高に上昇した。値がさの半導体関連株 の一角が前引け時点に比べて上げ幅を広げたりプラス転換し、指数の上昇に寄与した。 セクター別では、東証33業種のうち32業種がプラス。ジャクソンホール会合を控 えて「投資家のポジション調整的な動きが多いようだ」(国内証券)という。電気機器、 精密機器、機械、海運、保険が後場に上げ幅を拡大。鉱業や証券がプラス転換した。一方 、電気・ガス業は下げ幅を拡げている。 ジャクソンホール会合を巡っては「警戒感...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値追い、値幅調整に一巡感 底堅さ増す

<13:15> 日経平均は上値追い、値幅調整に一巡感 底堅さ増す 日経平均は強もち合い。2万8400円台後半で推移している。短期的な値幅調整に 一巡感が出てきており、一段と底堅さが増してきた。後場に入り、きょうの高値を更新し ている。ただ、重要イベントを控えて積極的に上値を追う雰囲気にはなっていない。 市場では「ジャクソンホール会合におけるパウエル議長の講演が終了するまで、動き づらいというのが参加者の見方だ。商いも薄い状態が続いている。ただ、目先的な売りが 途切れた様子で、短期的な底入れとなったのではないか」(国内証券)との声が聞かれた...

午前の日経平均は6日ぶりに反発、値ごろ感から押し目買い

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比158円14銭高の2万8771円61銭と、6日ぶりに反発。イベント前で模様眺めムードが強いものの、値ごろ感から押し目買いが流入している。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もち合い、イベント通過待ちで様子見 25日線を意識

<10:55> 日経平均は強もち合い、イベント通過待ちで様子見 25日線を意識 日経平均は強もち合い。週末の米経済シンポジウム(ジャクソンホール会合)におけ るパウエルFRB議長の講演を控え、動きに乏しい展開。このイベント通過を待つ形で、 様子見ムードが広がっている。 一方、値ごろ感に加えて、テクニカル面における過熱感の後退で値幅調整が一巡した との見方が出てきた。市場では「一時は5%近くまで広がっていた日経平均と25日移動 平均線の乖離率は縮小するどころか接近。同線が下値の目安として意識され、維持できれ ば再び上値を追う期待が膨らみそうだ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調、主力株がしっかり 値ごろ感で買い優勢

<10:12> 日経平均は堅調、主力株がしっかり 値ごろ感で買い優勢 日経平均は堅調な展開で、前営業日比約130円高の2万8400円台半ばで推移し ている。主力株がしっかりで、相場を押し上げている。東京エレクトロンが上昇 に転じ1%高としっかり。第一三共、エムスリーも堅調に推移している 。 日経平均は前日まで下落しており、「値ごろ感から買いが優勢になっているようだ」 (国内証券)という。一方、米国で開かれる経済シンポジウム(ジャクソンホール会合) を前に、大幅上昇は見込みにくいとの指摘も多い。 ジャクソンホール会合では、今後の利上げペース...

寄り付きの日経平均は反発、米株高を好感 幅広い業種に買い

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比101円64銭高の2万8415円11銭と、反発してスタートした。前日の米株高を好感し、幅広い業種で買いが先行している。東証33業種では、医薬品、精密機器、鉄鋼などの上昇が目立つ一方、証券業、陸運業は軟調に推移している。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、レアジョブは買い優勢 東亜道路は売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、レアジョブは買い優勢 東亜道路は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気配 終値 率 配 1 レアジョブ 16% 900 899 900 775 2 サトーHLDG 16% 2,278 2,277 2,278 1,963 3 プレステージ・インターナショナ <429 15% 767 766 767 667 0.T> 4 ケーズHLDG 13% 1,480 1,479 1,480 1,305 5 ニチアス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、マイナス3シグマで反発力の蓄積も

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」となった。終値は2万5970円82銭と、心理的節目2万6000円を割り込んでおり、地合いは良くない。一方、取引時間中には、ボリンジャーバンドのマイナス3シグマ(2万5816円21銭=24日)を超えて下落した後、やや持ち直した。短期的な反発力が蓄えられる水準でもある。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は5日続落、安値を更新 地政学リスクが重し

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに5日続落した。マザーズは2020年4月以来、ジャスダックは20年8月以来の安値を更新した。ロシアのウクライナ攻撃開始が伝わる中、投資家のリスク回避姿勢が強まった。

日経平均は5日続落、ロシアのウクライナ攻撃開始でリスクオフ

東京株式市場で、日経平均は前営業日比478円79銭安の2万5970円82銭と、5日続落した。ロシアによるウクライナ東部への攻撃開始が報じられるなど、ウクライナを巡る情勢が一段と緊迫化した。日経平均は一時600円超安となり、2020年11月以来、1年3カ月ぶりの低水準に下落した。 日経平均は朝方に続落で寄り付いた後も、下げ幅を拡大した。午前中は「ロシアが夜明けまでにウクライナに侵攻すると確信」とブリンケン米国務長官が語ったと報じられ、米株価主要3指数の先物がマイナス圏で下げ幅を拡大する中、日本株は軟調に推移した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、防衛関連や資源株は後場に一段高

日経平均は2万5800円台の安値付近で推移している。ロシアによる軍事行動の情報が伝わる中、下げ幅を広げて一時、前営業日比673円97銭安の2万5775円64銭の安値をつけた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は心理的節目2万6000円下回る、ロシアの軍事活動を警戒

日経平均は後場に入って心理的節目の2万6000円を割り込んだ。昼休み時間中に先物が下げ幅を拡大し、先に割り込んでいた。ロシアのプーチン大統領が、ウクライナ東部のドンバス地域での特別軍事活動を容認と発表したことなどが警戒されている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均先物2万6000円割れ、ロシア軍ウクライナ東部へ侵攻か

<12:15> 日経平均先物が2万6000円割れ、プーチン大統領がウクライナ東部での特別軍事活動を容認

午前の日経平均は続落、ウクライナ情勢に左右される展開

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比288円15銭安の2万6161円46銭と、5日続落した。日本の休日中にウクライナ情勢が一段と緊迫化し、連日の米株安となった流れを引き継いだ。日経平均は300円超安となる場面があった。

ホットストック:ノーリツ鋼機がストップ高、JMDC株売却で財務改善期待

ノーリツ鋼機がストップ高。22日にオムロンが子会社のJMDCと資本業務提携を行うと発表したことを受け、財務改善に期待する買いが先行している。オムロンは5日続落し2%超安、JMDCは続伸し4%超高の5900円近辺。朝方は7%高となる場面もあった。

オムロン、JMDC株を33%取得 ノーリツ鋼機から1118億円で

オムロンは22日、医療統計のデータサービスを提供するJMDCと資本業務提携を行うと発表した。JMDCの大株主であるノーリツ鋼機が保有する株式約1864万株(発行済株式総数の33.0%)を1118億円で取得する。

オムロン、JMDCと資本業務提携 ノーリツから株式33%取得

オムロンは22日、医療統計のデータサービスを提供するJMDCと資本業務提携を行うと発表した。JMDCの大株主であるノーリツ鋼機が保有する株式約1864万株(発行済株式総数の33.0%)を1118億円で取得する。

UPDATE 1-ノーリツ鋼機、DJ・クラブ機器会社を買収

アルファシータは今年1月1日付でパイオニアDJから社名を変更。2015年、投資ファンドのKKRの下、パイオニアから分離独立した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up