for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キヤノン株式会社

7751.T

現在値

2,807.50JPY

変化

-22.50(-0.80%)

出来高

2,794,800

本日のレンジ

2,787.00

 - 

2,813.00

52週レンジ

2,687.50

 - 

3,338.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,830.00
始値
2,803.50
出来高
2,794,800
3か月平均出来高
66.08
高値
2,813.00
安値
2,787.00
52週高値
3,338.00
52週安値
2,687.50
発行済株式数
1,063.83
時価総額
3,774,551.00
予想PER
--
配当利回り
5.65

次のエベント

Canon Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Canon U.S.A. Awarded Naspo Valuepoint Copiers & Managed Services State Contract For All Six Product Categories

Quality Electrodynamics Sells Majority Ownership Interest To Canon Inc

Canon Xephilio Oct-A1 Optical Coherence Tomography Device Receives FDA 510(K) Clearance

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

キヤノン株式会社とは

キヤノングループは、オフィス、イメージングシステム、メディカルシステム、産業機器等の分野において、開発、生産から販売、サービスにわたる事業活動を行う。【事業内容】同社は4つの事業セグメントで構成される。オフィス事業の主要製品はオフィス向け複合機、レーザー複合機、レーザープリンター、デジタル連帳プリンター、デジタルカットシートプランター、ワイドフォーマットプリンター、ドキュメントソリューションなどがある。イメージングシステム事業は、レンズ交換式デジタルカメラ、コンパクトデジタルカメラ、デジタルビデオカメラ、デジタルシネマカメラ、交換レンズ、コンパクトフォトプリンター、インクジェットプリンター、大判インクジェットプリンター、業務用フォトプリンター、イメージスキャナー、マルチメディアプロジェクター、放送機器、電卓等を提供する。産業機器その他事業は、半導体露光装置、フラットパネルディスプレイ(FPD)露光装置、真空薄膜形成装置、有機エレクトロルミネッセンス(EL)ディスプレイ製造装置、ダイボンダー、マイクロモーター、ネットワークカメラ、ハンディターミナル、ドキュメントスキャナー等を提供する。メディカルシステム事業はデジタルラジオグラフィ、X線診断装置、超音波診断装置、検体検査装置、眼科機器を提供する。

連絡先

3-30-2, Shimomaruko

+81.3.37582111

https://canon.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Fujio Mitarai

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Representative Director

Masaya Maeda

President, Chief Operating Officer, Representative Director

Toshizo Tanaka

Chief Financial Officer, Vice President, Chief Director of Accounting, Chief Director of Public Affairs, Chief Director of Facilities Management, Representative Director

Yoroku Adachi

Executive Vice President, Chairman & Chief Executive Officer of Subsidiary

Hideki Ozawa

Executive Vice President, President of Subsidiary

統計

2.89 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

4.1K

2018

4.0K

2019

3.6K

2020(E)

3.7K
EPS (JPY)

2017

222.880

2018

234.090

2019

116.930

2020(E)

154.489
株価売上高倍率(過去12カ月)
24.21
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.05
株価純資産倍率(四半期)
1.12
株価キャッシュフロー倍率
10.02
総負債/総資本(四半期)
14.83
長期負債/資本(四半期)
13.27
投資利益率(過去12カ月)
3.83
自己資本利益率(過去12カ月)
2.89

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、75日移動平均線がサポートし下げ一服の印象

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、75日移動平均線がサポートし下げ一服の印象 日経平均・日足は、短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陽線」。新たにマド(2万3603円48銭─ 2万3561円98銭)を空けて下押したものの、抵抗力を感じさせる動きとなり、下げ一服との印象を与 えている。瞬間的に大きく割り込みながらも、終値で75日移動平均線(2万3445円94銭=17日) を維持したほか、一目均衡表の「雲」より上で引けたことも注目できそうだ。 これまで下値の目安として意識されていた5日と6日に空けたマドの下限値(2万3414円69銭=...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、時価総額上位の銘柄に売り 決算を材料視した個別売買も

<15:15> 新興株市場は軟調、時価総額上位の銘柄に売り 決算を材料視した個別売買も 新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日続落、東証マザーズ指数は続落となった。流動性が高い時 価総額上位の銘柄を中心に売られた。そのほか、決算内容を材料にした個別売買や、直近IPO銘柄の物色 も目立った。新型肺炎に関連する銘柄はきょうは買われ、幅広い銘柄での物色が行われた。 ジャスダック市場では、ワークマン が続落、多摩川ホールディングス は4日続落、イ マジニア は続落した。新型肺炎関連銘柄でマスクの製造などを手掛ける重松製作所 、興研 は一時ストップ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、様子見ムードだが下値では押し目買いも

<14:15> 日経平均は安値もみあい、様子見ムードだが下値では押し目買いも 日経平均は安値もみあい。2万3500円をはさんで推移している。全体的に様子見ムードが強いもの の、下値では押し目買いが入るという。市場では「今晩の米国株式市場が休みであるのにもかかわらず、商 いがそこそこ出来ている。売りが一巡した後に持ち直した背景には、下値で買いが入っていることがありそ うだ」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が出ていた。 <11:45> 前場の日経平均は続落、新型肺炎は重荷 GDPは内需総崩れで5期ぶりマイナス成 長 前場の東京株式市場...

前場の日経平均は続落、新型肺炎への懸念 GDPマイナス成長

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比150円56銭安の2万3537円03銭となり、続落した。引き続き新型コロナウイルスの感染者増加による実体経済への影響が懸念されているほか、朝方に発表された実質国内総生産(GDP)が5四半期ぶりのマイナス成長となるなど、買い材料に乏しい相場となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はやや下げ幅縮小、GDPに「設備投資弱い」との指摘

<10:29> 日経平均は下げ幅縮小、GDPに「設備投資弱い」との指摘 日経平均は下げ幅を縮小し、2万3400円台後半で推移している。朝方は短期筋の売り仕掛けが観測 されたが、売りが一巡し買い戻しが入っているもよう。 内閣府が発表した2019年10─12月期実質国内総生産(GDP)は前期比マイナス1.6%、年 率換算でマイナス6.3%だった。5四半期ぶりのマイナス成長で、ロイターがまとめた事前予測の年率マ イナス3.7%も上回る落ち込みとなった。 市場からは「設備投資が思ったより弱かった。7─9月期の設備投資も下方修正されるなど製造業の...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、一時300円超安 短期筋の売り仕掛けか

<09:29> 日経平均は下げ幅拡大、一時300円超安 短期筋の売り仕掛けか 日経平均は下げ幅を一時300円超に拡大し、2万3335円99銭まで下落した。市場からは「日本 国内の新型肺炎の感染拡大への警戒感が強まっている。これを材料にヘッジファンドなど短期筋から先物に 売り仕掛けが出ているようだ」(国内証券)との声が出ていた。 <09:03> 寄り付きの日経平均は続落、新型肺炎の国内拡大を警戒 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比197円81銭安の2万3489円78銭とな り、続落した。その後、下げ幅を200円超に拡大している...

寄り付きの日経平均は続落、新型肺炎の国内拡大を警戒

寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比197円81銭安の2万3489円78銭となり、続落した。その後、下げ幅を200円超に拡大している。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ファーストリテとファナックは売り優勢

<08:36> 寄り前の板状況、ファーストリテとファナックは売り優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ が売り優勢。キヤノ ン 、ソニー 、パナソニック は売り買い拮抗。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック は売り優勢。 三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナンシャルグループ 、みずほフ ィナンシャルグループ などメガバンクは売り買い拮抗となっている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経225先物 SGX日経...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値は5日線を上回る

<15:54> 日経平均・日足は「小陰線」、終値は5日線を上回る 日経平均・日足は「小陰線」。上下のヒゲが長く実体が短い「陰のコマ」のような形となっており、失 望感の中、気迷う投資家心理を表している。 終値が5日移動平均線(2万3815円30銭=13日)を上回ったことは好感されるが、2万400 0円を前に上値の重さが意識される。下値の堅さと上値の重さが共存し、2万3500円から2万4000 円のレンジ内でのもみあい相場を形成している。 <15:40> 新興株市場はまちまち、決算材料に個別物色  新興株市場はまちまちで、日経ジャスダック平均...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、決算材料に個別物色

<15:40> 新興株市場はまちまち、決算材料に個別物色  新興株市場はまちまちで、日経ジャスダック平均は続落、東証マザーズ指数は続伸となった。前日に今 期の業績予想を上方修正したAI inside がストップ高比例配分になるなど、決算発表を材 料にした個別物色が目立った。 このほかマザーズ市場では、HENNGE が一時ストップ高。時価総額ランキング上位のメル カリ も買われた。半面、Aiming はストップ安比例配分となった。 ジャスダック市場では、京写 がストップ高比例配分。共同ピーアール 、野村マイクロ ・サイエンス 、ビジョナリーホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏で一進一退、ソフトバンクGは売られる

<14:20> 日経平均はマイナス圏で一進一退、ソフトバンクGは売られる 日経平均はマイナス圏で一進一退。上海総合指数、香港ハンセン指数、米株先物など の下落が上値を重くしており、一時、前場に付けたきょうの安値を下回った。 個別では、ソフトバンクグループ が売られている。前日は同社傘下の米携帯 通信会社の合併案件が前進する動きとなったことで大きく買われたが、孫正義会長が計画 している「ビジョン・ファンド2」に大口投資家が出資を拒否と伝わり 、嫌 気されているもよう。 <11:50> 前場の日経平均は小幅続伸、新型肺炎の感染者急増に懸念...

前場の日経平均は小幅続伸、新型肺炎の感染者急増に懸念

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比14円54銭高の2万3875円75銭となり、小幅に続伸した。前日の米国株式市場は最高値を更新し、為替のドル/円も110円台を付け、朝方から好材料がそろったものの、寄り付き前に中国で新型コロナウイルスによる肺炎の死者と感染者急増が発表され、楽観ムードが後退した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス転換、香港・ハンセンのプラス圏を好感か

<10:54> 日経平均はプラス転換、香港・ハンセンのプラス圏を好感か 日経平均は終値近辺でもみあった後にプラス転換し上げ幅拡大、前日比40円ほど高 い2万3900円近辺を推移している。香港ハンセン指数 、上海総合指数 はプラス圏での推移となっており、新型肺炎の感染者数の急増は、香港・上海市場ではさ ほど嫌気されていないという。 中国湖北省の衛生当局は13日、新型コロナウイルスによる肺炎の死者が12日時点 で1310人、感染者数が4万8206人となったと発表した。死者の増加数は、新型ウ イルスが特定されて以降で最悪で、新たな感染者数も湖北省内...

〔マーケットアイ〕株式:弱もちあい、感染者の急増で見送り気分が広がる

<10:05> 弱もちあい、感染者の急増で見送り気分が広がる 日経平均は弱もちあい。寄り付き直前まで漂っていた楽観ムードが、安定するかにみ えた新型コロナウイルスの感染者数が急増したことで後退。一時プラスになる場面があっ たものの、買い見送り気分が広がり、小幅安の水準で一進一退となっている。 市場では「再び新型コロナウイルスで水を差された格好だ。これから開く中国株式市 場の動向を見極めたい」(国内証券)との声が聞かれた。 <09:05> 日経平均は反落、新型肺炎患者数の急増で楽観ムード後退 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比...

寄り付きの日経平均は反落、新型肺炎患者数の急増で楽観ムード後退

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比11円45銭安の2万3849円76銭となり、反落してスタート。中国湖北省は新型肺炎の新たな感染者は12日時点で1万4840人増加したと発表。いったん落ち着くかにみえた感染者数が急増したことが嫌気され、米株高などによる楽観ムードを後退させた。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ソフトバンクグループが売り優勢

<08:50> 寄り前の板状況、ソフトバンクグループが売り優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ が 売り優勢となる一方、キヤノン 、ソニー などは買い優勢で、主力の輸出 関連株は売り買いまちまち。ソフトバンクグループ は売り優勢となっている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経225先物 SGX日経225先物 TOPIX先物 日経225オプション 株式関連指標の索引ページ 関連アプリ:インデックスムーバー(リフィニティブEIKON検索ボックス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、2万4000円台回復には材料不足

<16:35> 日経平均・日足は「小陽線」、2万4000円台回復には材料不足 日経平均の日足は「小陽線」。25日移動平均線(2万3625円42銭=12日) が引き続き下値サポートとして意識されている。一目均衡表では再び雲領域を抜けたもの の、転換線(2万3385円64銭=12日)と基準線(2万3445円94銭=同)は 横ばいを継続。方向性に欠けるもみ合い相場を示唆しており、転換線が基準線を下から上 に突き抜ける「好転」への期待が高まっている。 ただ、上値の重さは依然として意識されており「2万4000円台を回復し、さらに 上値を追うには、...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はまちまち、直近IPO銘柄や新型肺炎関連の物色が中心

<15:30> 新興株はまちまち、直近IPO銘柄や新型肺炎関連の物色が中心 新興株市場で、日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は反発となった。直近IPO銘柄や新 型肺炎銘柄を中心に物色された。 ジャスダック市場ではワークマン が反落、エスケーエレクトロニクス が大幅続落、先 週新規上場したコーユーレンティア は反落し8.01%安となった。新型肺炎関連銘柄の中京医薬 品 は3日続伸、ハーモニック・ドライブ・システムズ は反発、ホロン は6日続伸 した。 マザーズ市場ではAiming が4日続伸、あんしん保証 が続伸。先週新規上場した...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、上値重い 東エレクとアドバンテスは後場もしっかり

<13:50> 日経平均は一進一退、上値重い 東エレクとアドバ ンテスは後場もしっかり 日経平均は後場2万3800円台前半で一進一退。東京エレクトロン やアドバンテスト<6857. T>などの半導体関連は後場も3%超高でしっかりと推移している。ソフトバンクグループ を加える と、3銘柄で約180円日経平均を押し上げる格好となっている。TOPIXはマイナス圏での推移となっ ており、東証33業種では24業種が値下がり、9業種が値上がりと、値下がり業種の方が多い。 市場からは「ソフトバンクGの上昇の効果もあり日経平均は堅調だが、上値は重い。米国株...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反発、買い一巡後は材料不足で模様眺めに

<11:40> 前場の日経平均は反発、買い一巡後は材料不足で模様眺めに 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比127円54銭高の2万3813円52銭となり、反発 した。前日の米国株式市場が堅調だったことが好感されたほか、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大 の影響に対する懸念が後退し、地合いは落ち着いた。ただ、不安を完全には拭い切れておらず、上値を買い 進むには材料不足との声も聞かれ、買い一巡後は模様眺めとなり伸び悩んだ。 11日の米国株市場は、ダウ工業平均がほぼ横ばい。S&P総合500種が0.17%高、ナスダック 総合が0.11...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up