for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社リコー

7752.T

現在値

738.00JPY

変化

-2.00(-0.27%)

出来高

2,085,400

本日のレンジ

728.00

 - 

740.00

52週レンジ

667.00

 - 

1,289.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
740.00
始値
733.00
出来高
2,085,400
3か月平均出来高
80.82
高値
740.00
安値
728.00
52週高値
1,289.00
52週安値
667.00
発行済株式数
724.43
時価総額
551,234.90
予想PER
13.38
配当利回り
3.51

次のエベント

Dividend For 7752.T - 13.0000 JPY

適時開示

その他

Ricoh To Buy Germany-Based Contents Service Platform Developer DocuWare

Ricoh Announces Strategic Business Partnership with Elixirgen Scientific

Nxt Robotics announces service partnership with Ricoh USA Inc

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社リコーとは

リコーグループは、同社及び子会社218社、関連会社8社で構成され、画像&ソリューション、産業及びその他分野において、開発、生産、販売、サービス等の活動を展開する。【事業内容】開発については、主として同社が担当する。また、生産については、同社及び同社の生産体制と一体となっている国内外の生産関係会社が行う。また、販売・サービス体制は、国内、米州、欧州・中東・アフリカ、中華圏・アジア等のその他地域の4極の統括会社が世界約200の国と地域で事業を展開する。画像&ソリューション事業部門においては、顧客のオフィス生産性の向上を目的とした製品等の提供を行う。その主たるものはマルチ・ファンクション・プリンター(MFP)、複写機、プリンター、プロダクションプリンター及びパソコンやサーバーを中心とした情報技術(IT)技術を利用したソリューション商品であります。また、上記機器類の保守サービス及び関連消耗品に加え、IT環境の構築からネットワーク環境の運用、ユーザーサポート等のサポート・サービスの提供も行う。産業事業分野においては、サーマルメディア、光学機器、半導体、電装ユニット及びインクジェットヘッドの製造・販売の事業等を行う。その他事業分野においては、デジタルカメラの提供、リース子会社による金融事業及び物流子会社による物流事業等を行う。

業種

Office Equipment

連絡先

1-3-6, Nakamagome

OTA-KU, TKY

143-8555

Japan

+81.3.37778111

https://www.ricoh.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Nobuo Inaba

Chairman of Board of Directors, Director

Yoshinori Yamashita

Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Hidetaka Matsuishi

Senior Managing Executive Officer, Chief Financial Officer, Chief Director of Business Planning, Director

Seiji Sakata

Chief Technology Officer, Senior Managing Executive Officer, Director

Akira Ohyama

Senior Managing Executive Officer, Chief Marketing Officer, Chief Director of Marketing

統計

2.50 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

2.1K

2019

2.0K

2020

2.0K

2021(E)

1.8K
EPS (JPY)

2018

-186.750

2019

68.320

2020

54.580

2021(E)

51.219
株価売上高倍率(過去12カ月)
101.94
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.29
株価純資産倍率(四半期)
0.60
株価キャッシュフロー倍率
4.39
総負債/総資本(四半期)
32.47
長期負債/資本(四半期)
24.40
投資利益率(過去12カ月)
0.54
自己資本利益率(過去12カ月)
0.37

最新ニュース

最新ニュース

石炭に偏る日本、「7つの業界」が政策に大きく関与 英団体が調査

英国の非営利組織インフルエンスマップはこのほど、国内総生産(GDP)の1割に満たないごく一部の業界が、日本の気候変動・エネルギー政策に大きな影響を与えているとする調査をまとめた。

ホットストック:リコーがしっかり、リコーリースの保有株譲渡を材料視

リコーがしっかり。日経平均が1万9000円台を割り込む総悲観の局面においても買いを誘っていたが、市場ではリコーリースの保有株譲渡が材料視されている。

リコー、リコーリース株20%をみずほリースに譲渡

リコー<7752.T>は9日、リコーリース<8566.T>の保有株616万株(議決権比率20.00%)をみずほリース(東京都港区)に譲渡すると発表した。リコーの議決権比率は33.70%に低下し、リコーリースは連結子会社から持ち分法適用会社に変更となる。筆頭株主の立場は変わらず、譲渡は4月下旬を予定している。譲渡価額は367億円。

リコー、リコーリース株20%をみずほリースに譲渡

リコーは9日、リコーリースの保有株616万株(議決権比率20.00%)をみずほリース(東京都港区)に譲渡すると発表した。リコーの議決権比率は33.70%に低下し、リコーリースは連結子会社から持ち分法適用会社に変更となる。筆頭株主の立場は変わらず、譲渡は4月下旬を予定している。譲渡価額は367億円。

オランダで手紙爆弾、リコーの郵便室など2カ所で爆発 負傷者なし

オランダ警察などによると、同国で12日、手紙爆弾が爆発する事件が2件起きた。1件はアムステルダムのABNアムロ銀行<ABNd.AS>の郵便物仕分け室で、もう1件は南東部ケルクラーデにある日本の事務機大手リコー<7752.T>の郵便室だった。負傷者はいなかった。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=8日

0.57%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 SOMPO HLDG 25.16 02 ガンホー・オンライン 27.75 03 ワッツ 28.20 04 バロックジャパンリミテッド 28.56 05 東天紅 28.75 06 ダイヤモンドエレクトリックH 28.94 D 07 リコー 29.40 08 ディーブイエックス 29.41 09 大東建託 29.73 10 ハマキョウレックス 29.84 11 小津産業 29.92 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

焦点:米中対立、日本企業が危惧する「対中ビジネス縮小」圧力

日本企業のグローバルビジネスが、米中という二大覇権国の対立で、大きな別れ道に直面しつつある。「巨大市場」中国の需要取り込みを優先させてきた企業が、日米同盟の必要性によって、対中ビジネス縮小を迫られかねない事態となっている。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=28日

2.74%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ダイドーグループHLDG 21.83 02 北日本銀行 22.79 03 大幸薬品 23.12 04 森永製菓 23.56 05 ロック・フィールド 23.90 06 宮崎銀行 25.03 07 長野銀行 25.14 08 伊藤園 優 25.86 09 東和銀行 25.96 10 沖縄銀行 26.25 11 ハマキョウレックス 26.56 12 テレビ朝日HLDG 26.62 13 極東証券 26.72 14 第一屋製パン 26.75 15 富士通ゼネラル 26.81 (*):RSIが70...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=15日

RIC 銘柄名 01 五洋建設 02 ヤクルト本社 03 あすか製薬 04 テルモ 05 タカラバイオ 06 日本カーボン 07 平河ヒューテック 08 ユニオンツール 09 加藤製作所 10 ミマキエンジニアリング 11 名村造船所 12 トップカルチャー 13 リコー 14 三井物産 15 新生銀行 16 SBI HLDG 17 ベルク  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=29日

6.83%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ミルボン 15.66 02 イフジ産業 16.81 03 プロシップ 17.22 04 システナ 17.64 05 小林産業 19.43 06 カナレ電気 19.62 07 コーセーアールイー 20.01 08 ハブ 20.75 09 沢井製薬 21.40 10 リコー 21.45 11 サノヤスHLDG 21.66 12 システムインテグレータ 22.05 13 アルゴグラフィックス 22.95 14 ルネサンス 22.98 15 マツオカコーポレーション 23.05 (*):RSIが70...

JPX日経400銘柄に任天堂採用、スルガ銀除外 定期入れ替えで

東京証券取引所と日本経済新聞社は7日、JPX日経400構成銘柄の定期入れ替えの概要を発表した。任天堂や出光興産、電通など26銘柄を追加。スルガ銀行や高島屋、大王製紙など25銘柄を除外する。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=3日

RIC 銘柄名 01 日本駐車場開発 02 ユニカフェ 03 シー・ヴイ・エス・ベイエリア 04 味の素 05 フジッコ 06 ダイワボウHLDG 07 ティーライフ 08 クリエイト・レストランツHLD 09 ジャパンミート 10 コメダHLDG 11 マークラインズ 12 ロート製薬 13 電通国際情報サービス 14 WOWOW 15 小林製薬 16 MARUWA 17 丸一鋼管 18 宮越HLDG 19 大日本印刷 20 日本紙パルプ商事 21 佐藤商事 22 サガミチェーン  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=30日

1.91%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 東光高岳 11.22 02 ガンホー・オンライン 18.44 03 アマノ 22.09 04 イントラスト 22.17 05 ショーケース・ティービー 23.01 06 カルビー 23.09 07 安藤・間 23.52 08 シーアールイー 23.74 09 山洋電気 24.12 10 さくらインターネット 24.49 11 JCRファーマ 24.69 12 テレビ東京HLDG 25.15 13 エステー 25.36 14 ダイドーグループHLDG 25.54 15 光通信 25.69 (...

ホットストック:リコーは急反発、4-6月期営業益が4.1%増

リコーは急反発。一時10%超上昇し、東証1部で値上がり率上位となっている。同社は27日、2018年4─6月期の連結営業利益(IFRS)が前年同期比4.1%増の197億円になったと発表した。足元の堅調な業績が好感されている。オフィスサービス分野が堅調に推移しているという。

ホットストック:SBSHDが大幅高、リコーロジスティクス株式の一部取得を材料視

SBSホールディングスが大幅高。同社は18日、リコーの子会社であるリコーロジスティクスの株式の一部を取得し、連結子会社にすることを決めたと発表した。取得額は約180億円。あわせて、リコーは新たに共同持ち株会社を設立し、リコーロジスティクス残りの保有株をすべて持ち株会社に譲渡する。持ち株会社の株式の一部はリコーの重要取引先の大塚商会に譲渡する予定という。SBSHDに対しては、収益拡大を期待した買いが入っている。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=5日

RIC 銘柄名 01 ホクト 02 関電工 03 ピエトロ 04 エバラ食品工業 05 日本調剤 06 東海染工 07 CE HLDG 08 アジュバンコスメジャパン 09 高田機工 10 新川 11 ユーシン精機 12 鈴木 13 日本トリム 14 スズデン 15 シークス 16 オーバル 17 リコー 18 青山商事  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=26日

4.14%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 三菱製紙 21.70 02 アイフィスジャパン 21.99 03 みちのく銀行 23.59 04 ファースト住建 24.48 05 ベステラ 25.27 06 ヤマウラ 25.38 07 稲葉製作所 25.61 08 リコー 25.76 09 ダイドーリミテッド 25.84 10 萩原工業 26.06 11 大庄 26.06 12 ヨロズ 26.39 13 橋本総業HLDG 26.48 14 日本通信 26.61 15 東急不動産HLDG 26.64 (*):RSIが70以上、または30以下...

日経平均は反発、円高一服や米株先物高で値を戻す 先行きは慎重

東京株式市場で日経平均は反発した。米中貿易戦争への懸念がくすぶる中、前週末の米国株が大幅に続落したことを嫌気した売りが先行したが、円高一服や米株先物の上昇を眺めて後場にはプラス圏を回復し、高値引けとなった。

ホットストック:リコーが売り気配、18年3月期は1700億円の最終赤字の見通し

リコーが売り気配。同社は23日、これまでトントンとしていた2018年3月期の連結純損益予想を見直し、1700億円の赤字となる見通しを発表した。前期実績は34億8900万円の黒字だった。08年と14年に買収した米国企業を巡り、のれんなどの固定資産の減損損失を計上する。巨額の最終赤字の見通しを嫌気した売りが優勢となっている。

日経平均は大幅反落、金利上昇に伴う米株安に警戒感

東京株式市場で日経平均は大幅反落した。前日の米国市場では、金利の上昇を背景にダウ<.DJI>が引けにかけて下げ足を速めた。米国株安に伴い相場の先行きへの警戒感が強まり、日本株でも幅広く売りが優勢の展開となった。日経平均の下げ幅は一時300円を超えた。後場は日銀によるETF(上場投信)買いの思惑などで下げ渋る動きをみせたものの、変動率の大きさが嫌気され買い向かう投資家は少なかった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up