for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社フルヤ金属

7826.T

現在値

9,790.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

7,280.00

 - 

13,480.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
9,790.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
1.45
高値
--
安値
--
52週高値
13,480.00
52週安値
7,280.00
発行済株式数
6.98
時価総額
71,925.60
予想PER
8.31
配当利回り
2.58

次のエベント

Dividend For 7826.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Furuya Metal to buy back up to 1 mln shares for up to 5.3 bln yen

FURUYA METAL to issue year-end dividend for FY 2015

FURUYA METAL CO LTD Announces to Discontinue Sendai Sales Center

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社フルヤ金属とは

フルヤ金属は工業用貴金属製品の製造及び販売を行う。【事業内容】同社は、電子、薄膜、センサー及びその他の4つの事業セグメントにより構成される。電子セグメントは電子製品の製造過程に用いられる電子部品の製造販売を行う。薄膜セグメントは、薄膜形成に使用される貴金属ターゲットの製造販売を行う。センサーセグメントは、主に半導体製造装置に用いられる温度センサーの製造販売をおこなう。その他セグメントは、貴金属化合物の製造販売及び貴金属の回収・精製等をそれぞれ行う。

業種

Metal Mining

連絡先

MSB-21 Minami Otsuka Bldg.

2-37-5, Minami Otsuka

TOSHIMA-KU, TKY

170-0005

Japan

+81.3.59773388

http://www.furuyametals.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Takahito Furuya

President, Representative Director

Hiroyuki Sakakida

Chief Director of Administration, Director of Finance, Director

Takuya Nakamura

Chief Director of Global Sales, Director of Overseas Sales, President and Chief Executive Officer in Subsidiary, Director

Yoshihiro Ishiguro

Executive Officer

Soichiro Kishimoto

Executive Officer

統計

1.50 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.0K

2021

0.0K

2022

0.0K

2023(E)

0.0K
EPS (JPY)

2020

435.270

2021

1,026.730

2022

1,310.805

2023(E)

1,283.239
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.58
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.59
株価純資産倍率(四半期)
1.89
株価キャッシュフロー倍率
7.27
総負債/総資本(四半期)
47.21
長期負債/資本(四半期)
17.14
投資利益率(過去12カ月)
23.08
自己資本利益率(過去12カ月)
14.22

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、売り圧力に抑えられる

日経平均・日足は長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「十字線」。終値は2万7821円43銭。実体部分は値幅がわずか11円46銭の「陽」となったものの、売り圧力に上値を抑えられる格好となった。終値は200日移動平均線(2万8255円12銭=31日)、5日移動平均線(2万8038円97銭=同)から下振れており、弱気サインを示している。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は小じっかり、底打ち期待が継続

新興株式市場は小じっかり。東証マザーズ指数がわずかに3日続伸し、日経ジャスダック平均が小幅に反発した。市場では「米ナスダック安が重しとなり大型株中心に売られたが、小型株はしっかり。このところの底打ちムードが継続している」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線手前で足踏み

日経平均・日足は「小陰線」。終値は2万7943円89銭。陰の寄り付き坊主で、売り圧力の持続がうかがわれる。5日線(2万7893円68銭=同)が目先の支持線。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが続落、ジャスダックは10日ぶり反落

新興株市場は、東証マザーズ指数が続落し、日経ジャスダック平均は10営業日ぶりに反落した。これまでの上昇基調を受けて、利益確定売りに押された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、終値は5日線上をキープ

日経平均・日足はわずかな上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「中陰線」となった。終値は2万5162円78銭。始値と高値の差は約8円と、ほぼ「下影陰線」の形状となった。日足は先安感を表しているものの、終値は5日移動平均線(2万5116円61銭=11日)の上を維持している。当面は5日移動平均線が下値抵抗線として意識されそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、メルカリが12%超安

新興株市場は、東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均が反落した。10日の米国株式市場の下落を受け、地合いが再び悪化した。マザーズ市場では大型株が軒並み大幅安となり、指数を押し下げた。メルカリは12%超安と2020年5月以来の安値を付けた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、売られ過ぎ示唆 PERは12倍割れ

日経平均・日足は長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「小陰線」となり、売り勢力の強さが示された。終値は2万4717円53銭。25日移動平均線(2万6709円11銭=9日)からの乖離率はマイナス7%を超えており、売られ過ぎも示唆される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、ジャスダックは小反発

新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数が6日続落、日経ジャスダック平均が6日ぶりに反発した。ウクライナ情勢の不透明感が引き続き重しとなっているが、ジャスダック市場では割安感に着目した買い戻しの動きがみられた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を上回る

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万6577円27銭となり、心理的節目2万6500円、5日移動平均線(2万6563円67銭=3日)をともに上回った。MACD(短期12日、長期26日の平滑移動平均線のかい離幅、マイナス323.54=同)は9日移動平均線であるシグナル(マイナス316.46=同)に接近しゴールデンクロス形成間近となっており、短期的な強気シグナルへの転換を示唆している。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、マザーズ1%超安 ショートカバーが一巡

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続落した。直近で買い戻されていた大型株を中心に、利益確定売りの動きがみられた。市場では「個人投資家を中心としたショートカバーが一巡し、再び下げに転じたようだ」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、半値戻しが視界に

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万7579円87銭。5日移動平均線(2万7358円91銭=9日)を上放れた。25日線(2万7691円23銭=同)に接近しており、年明け後の下落局面の半値戻しとなる2万7716円34銭(終値ベースでは2万7751円23銭)も視界に入る。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、米グロース株高で投資家心理を支援

新興株市場は、東証マザーズ指数が5日ぶりに反発した。日経ジャスダック平均も3日ぶりに反発した。前日の米国市場でグロース(成長)株が上昇し、投資家心理を支援した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、短期的な強気シグナル

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万7001円98銭とわずかながら心理的節目である2万7000円を上回ったほか、5日移動平均線(2万6806円46銭=31日)を13営業日ぶりに上抜けた。短期的な強気シグナルを示唆する格好となった。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、マザーズは3%超高で底打ち期待

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均ともに続伸した。前週末の米国株式市場でハイテク株の比重が高いナスダック総合指数が3%超高となった流れを好感し、マザーズ市場の時価総額上位銘柄が総じて買われた。市場では「底打ちのへの期待感が高まっている」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、根強い下値不安

日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「大陰線」となった。一時、心理的節目である2万7000円を下回り、昨年来安値(2万6954円81銭=2021年8月20日)を更新する場面があったが、終値は2万7131円34銭で引けた。日足は主要移動平均線を全て下回っているほか、一目均衡表の雲下限(2万8578円38銭=25日)からの下方乖離も広がっており、当面は下値模索の展開が続きそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は大幅安、東証1部市場に連れ安 マザーズ4%超安

新興株市場は軟調。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均がともに大幅に3日続落した。東証1部市場が軟調に推移する中、新興株市場も連れ安となった。マザーズは4%超安の772ポイント台と2020年4月以来の水準まで下落し、市場では「ほぼ買い手がいない状態。1部市場がここまで売られてしまうと、連れ安とならざるを得ない」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、5日線が抵抗線

日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴う「十字線」。実体部分は値幅がわずか80銭の「陽」となり、気迷いを示す足となった。終値(2万8333円52銭=17日)は5日移動平均線(2万8387円01銭=同日)を下回っており、当面は同線が意識される可能性がある。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は3日続落、マザーズは連日の昨年来安値

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに3日続落した。朝方はプラス圏での推移となっていたが、徐々に値を消す展開となり、マザーズは連日の昨年来安値更新となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、調整局面入り

日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陰線」となった。日足は25日移動平均線(2万8669円79銭=13日)を再び下回ったほか、日足・一目均衡表の雲の下限(2万8724円05銭=同)を下抜け、調整局面入りを示唆している。国内での新型コロナウイルスの急拡大など売り材料が多い中、積極的に上値を追うのは難しい。当面は25日移動平均線を意識した値動きとなりそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ3%超安 やれやれ売り

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。市場では「マザーズは前日の反動で、やれやれの売りが出た。底打ちとみるのは時期尚早」(国内証券)との声が聞かれる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up