for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ピープル株式会社

7865.T

現在値

1,171.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

970.00

 - 

1,465.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,171.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
0.27
高値
--
安値
--
52週高値
1,465.00
52週安値
970.00
発行済株式数
4.37
時価総額
5,356.06
予想PER
--
配当利回り
2.70

次のエベント

Full Year 2020 People Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Good People to dispose treasury shares for 7.78 bln won

People Co Ltd to set up unit People Toy Company, Inc. in New York

People to issue year-end dividend for FY 2016

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ピープル株式会社とは

ピープルは、幼児玩具・自転車の企画・開発及び販売を主要業務とする。商品の製造についてはすべて委託生産を行い、閑散期の稼働率の低下によるロスを回避する。商品カテゴリとしては、女児玩具、幼児・知育玩具、遊具・乗り物、その他がある。

業種

Recreational Products

連絡先

VORT Higashi Nihombashi

2-15-5, Higashi-Nihombashi

+81.3.38622768

https://www.people-kk.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Junko Fujita

Executive Officer, Chief Director of Administration

Masato Kiribuchi

Representative Executive Officer, Director

Masashi Ichikawa

Independent Director

Taku Ito

Independent Director

Yoshinari Morimoto

Independent Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
18.64
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.32
株価純資産倍率(四半期)
2.66
株価キャッシュフロー倍率
15.44
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
14.34
自己資本利益率(過去12カ月)
11.76

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は「小陰線」、2万3000円のレジスタンスラインを再度確認

日経平均・日足は下ヒゲのない「小陰線」。安値引けとなり、先安観を醸成した。同時に2万3000円の上値抵抗力を再度、印象付けた1日となった。25日移動平均線(2万2471円79銭=28日)と75日移動平均線(2万2466円63銭=同)がゴールデンクロスを形成したが、中長期の移動平均線が収れんする中での一時的な事象ととらえることも可能だ。6連騰となり短期的な過熱感も漂う。拡散の兆しをみせるボリンジャーバンドのプラス1シグマ(2万2697円48銭=同)で押し目買いの動きがみられるか注視される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株は軟調、ジャスダック小幅安 一時1%超安のマザーズは下げ渋り

新興株式市場は軟調。日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は5日ぶりに反落した。マザーズ指数は後場寄り後に一時1%を超す下げとなったが、やがて下げ幅を縮小。ジャスダック終値は小幅安にとどまった。「不安定感はあるが、これまでにも同じような動きをみせていた」(中堅証券)との声が聞かれ、動揺は広がらず好業績銘柄の押し目を拾う姿勢がみられたという。マザーズの売買代金は1000億円を上回った。

ホットストック:ピープルが大幅続伸、18年2―7月期予想を上方修正

ピープルが大幅続伸。27日に発表した2018年2―7月期業績予想の上方修正を好感した。連結純利益は4900万円から6100万円に引き上げた。女児玩具や育児用品等が想定を超えて追加受注されたことなどが寄与する。

ホットストック:ピープルが軟調、第1四半期の減益決算を嫌気

ピープルが軟調。1日に発表した2018年1月期第1・四半期(2017年1月21日―4月20日)決算で、営業利益が前年同期比39.9%減の1億1100万円と低調だったことが嫌気された。国内販売の自転車・乗り物部門売上が前年を大きく下回ったことなどが響く。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up