for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

天馬株式会社

7958.T

現在値

2,300.00JPY

変化

-40.00(-1.71%)

出来高

24,400

本日のレンジ

2,290.00

 - 

2,324.00

52週レンジ

2,095.00

 - 

3,100.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,340.00
始値
2,324.00
出来高
24,400
3か月平均出来高
0.50
高値
2,324.00
安値
2,290.00
52週高値
3,100.00
52週安値
2,095.00
発行済株式数
22.19
時価総額
58,675.59
予想PER
--
配当利回り
3.54

次のエベント

Q1 2023 Tenma Corp Earnings Release

適時開示

その他

Tenma completes off-floor distribution of shares at 1,525 yen per share

Tenma to offer off-floor distribution of 319,700 shares

Tenma to offer off-floor distribution of 319,700 shares

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

天馬株式会社とは

天馬グループは、主としてハウスウエア合成樹脂製品(インテリア用品、バス・洗面・トイレタリー用品、キッチン用品、洗濯用品、クリーン用品、ワイヤー用品、レジャー用品、ベビー用品、ディー・アイ・ワイ(DIY)用品等)及び工業品合成樹脂製品(オフィスオートメーション(OA)電子機器部品、家電機器部品、自動車外装・内装部品、自動車機能部品、各種コンテナー、大型容器類、パレット、住設建材等)の製造及び販売に関連した事業を行う。【事業内容】同社は3つの事業を運営する。日本事業においては、同社が主にハウスウエア合成樹脂製品及び工業品合成樹脂製品の製造販売を行う。中国事業においては、ハウスウエア合成樹脂製品及び工業品合成樹脂製品の製造販売、工業品合成樹脂製品の製造販売を行う。東南アジア事業においては、工業品合成樹脂製品の製造販売、自動車関連の合成樹脂製品の開発、設計及び製造販売を行う。

業種

Containers & Packaging

連絡先

1-63-6, Akabane

KITA-KU, TKY

115-0045

Japan

+81.3.35985511

http://www.tenmacorp.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Hirohiko Hirono

President, Chief Director of Sales, President of Subsidiary, Representative Director

Hiroshi Kaneda

Managing Executive Officer, Director of General Affairs, Manager of Digital Strategy Office

Masaru Noritake

Director of General Affairs, Director

Kenichi Hoshi

Chief Director of Overseas Production, Director

Yuichi Nagai

Chief Director of Production, Director of Production Management, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
49.80
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.71
株価純資産倍率(四半期)
0.70
株価キャッシュフロー倍率
11.38
総負債/総資本(四半期)
4.30
長期負債/資本(四半期)
4.30
投資利益率(過去12カ月)
1.35
自己資本利益率(過去12カ月)
1.14

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、プラス2シグマに接近 調整意識も

<16:02> 日経平均・日足は「小陽線」、プラス2シグマに接近 調整意識も 日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万7457円89銭。始値がほぼ安 値となった一方、上ヒゲも短く、買い方の強さが示された。25日移動平均線(2万67 00円41銭=1日)など主要な移動平均線の多くや、日足・一目均衡表の雲(上限:2 万6923円50銭)から上放れた強い基調を継続した。 一方、心理的節目2万7500円の手前で足踏みとなった。ボリンジャーバンドのプ ラス2シグマ(2万7467円17銭=同)に近く、短期的な調整が意識されやすい水準 でもある...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が小幅反発、メルカリの上昇が牽引

<15:05> 新興株はマザーズ総合が小幅反発、メルカリの上昇が牽引 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.61%高の675.33ポイントと 小幅に反発した。値がさのメルカリが大幅高となり、指数を牽引した。 メルカリは31日、上場市場区分を6月7日付でグロースからプライムに変更すると 発表し、TOPIX連動ファンドなどでの組み入れ需要への期待感から買われて7%高と なった。 JIG─SAWやCYBERDYNEも堅調だった一方、ビジョナ ル、ジーエヌアイグループ、アドベンチャーはさえなかった。 東証グロース市場に5月31日に上場した...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、米株安後のプラス推移に「底堅さ」意識も

<13:28> 日経平均は上げ幅縮小、米株安後のプラス推移に「底堅さ」意識も 後場の日経平均は、前引け時点より、上げ幅を縮めている。 市場では「米株市場が下落した後に、これほど強いとは想定外」(国内証券)との声 が聞かれる。後場も上げ幅を縮めているがプラスを維持しており「底堅さを印象付ける」 (同)という。 為替の円安方向の動きや、時間外取引の米株先物の小高い推移が投資家心理の支えに なっている。 業種別では、INPEXを含む鉱業が前引け時点に比べて下げ幅を広げてい る。パルプ・紙や空運業は上げ幅を縮小している。一方、海運業は上げ幅を広...

午前の日経平均は反発、景気敏感株がしっかり トヨタは3%超高

1日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比192円69銭高の2万7472円49銭と、反発した。連休明けの米国株式市場は反落したものの、日本株は時間外取引での米株先物のしっかりとした動きや外為市場での円安基調が支援した。景気敏感株を中心に買いが先行し、TOPIXは1.30%高。個別ではトヨタが3%超高となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス圏でもみあい、引き続き円安などを好感

<10:59> 日経平均はプラス圏でもみあい、引き続き円安などを好感 日経平均はプラス圏でもみあいとなっている。足元の株価は前営業日比180円ほど 高の2万7400円台半ば。時間外取引での米株先物の底堅い動きや、外為市場での円安 基調が支えとなっている。ドル/円は現在129.10円付近。 市場では「中国でのロックダウン(都市封鎖)解除など外部環境が改善しつつあるが 、ISM製造業景況指数の公表を控え(株価は)上値が重い」(国内証券)との声が聞か れる。 午前10時45分現在の東証プライム市場の売買代金は1兆1763億1500万円 。東証...

寄り付きの日経平均は小幅反発、為替の円安や米株先物が支え

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比15円83銭高の2万7295円63銭と小幅に反発した。その後は80円ほど高い2万7300円台半ばを推移している。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、コニシが買い優勢 NSWは売り優勢

   <08:28> 寄り前の板状況、コニシが買い優勢 NSWは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気 売気 終値 率 配 配 配 1 コニシ 25% 1,982 1,982 1,982 1,582 2 ニッコンHLDG 25% 2,533 2,533 2,533 2,033 3 天馬 16% 2,599 2,599 2,599 2,239 4 鴻池運輸 15% 1,300 1,299 1,300 1,130 5 ファーマライズホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、小休止 強い基調維持

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、小休止 強い基調維持 日経平均・日足は長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万7 279円80銭。前日は基調転換を感じさせる強い動きだった後だけに、利益確定売りに 押されて小休止を入れた格好となっている。引き続き5日移動平均線(2万6942円7 1銭=31日)、25日移動平均線(2万6704円21銭=同)などから上方乖離した 状態にあり、強い基調には変化はみられない。 ただ、4月21日の戻り高値2万7580円64銭を捉え切れずに、伸び悩んだこと は気になるところ。同高値を更新...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が反落、トリプルアイズの初値持ち越し

<15:05> 新興株はマザーズ総合が反落、トリプルアイズの初値持ち越し 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.89%安の671.25ポイントと 反落した。「小型のグロース株にも買いの手が伸びるようになったが、全体的に本格反騰 とは言えない」(国内証券)との声が聞かれる。 きょう東証グロース市場に新規上場したトリプルアイズは、買い人気のまま 値が付かず、公開価格880円に対して2.3倍の2024円買い気配で終了。引け後の 板状況は、売りが35万9400株、買いが77万1000株、差し引きで41万160 0株の買い超過で終了し、初値形成...

〔マーケットアイ〕株式:弱もちあい、後場の振れ幅は96円 石油株が活況呈する

<14:20> 弱もちあい、後場の振れ幅は96円 石油株が活況呈する 日経平均は弱もちあい。新たな手掛かり材料が見当たらず、相場全般は動きに乏しい 状況。後場に入ってからの振れ幅は、午後2時20分までに上下に96円25銭と100 円に満たず、模様眺めムードとなっている。 個別では、原油価格の上昇を受け、石油関連株が活況を呈し、INPEX、 石油資源開発がいずれも年初来高値を更新した。 市場では「価格帯別出来高からみて、短期間での突破は難しいとみられた2万700 0円前後の水準をクリアし、基調転換は確認されたが、連休明けとなる米株の動きをみた...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は一進一退、連休明けの米株市場控え様子見

<13:05> 後場の日経平均は一進一退、連休明けの米株市場控え様子見 後場の日経平均は前日終値(2万7369円43銭)付近で一進一退の値動きとなっ ている。値動きに乏しく、午後の日経平均の値幅は約33円。市場では「3連休明けの米 株市場を見極めたいとの思惑が広がっている」(国内証券)との声が聞かれる。 午後1時現在の東証プライム市場の売買代金は1兆6712億5200万円。東証3 3業種では、海運業、不動産業、空運業、陸運業などの23業種が値下がり。鉱業、保険 業、石油・石炭製品などの10業種は値上がりとなっている。TOPIXはマイナス...

前場の日経平均は小幅続伸、米株先物が支援 上値は重い

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比34円71銭高の2万7404円14銭と、小幅に3日続伸した。前日の米国市場が休場で手掛かりに乏しい中、時間外取引での米株先物や為替の円安が支援した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、積極的な買い材料に欠けるとの声

   <11:10> 日経平均は小動き、積極的な買い材料に欠けるとの声 日経平均はマイナス圏で小動き。足元の株価は前営業日比30円ほど安い2万730 0円台半ばを推移している。市場では「昨日の大幅高で下値不安はやや解消されたものの 、上値を突き上げていく材料はない。米国市場の休場もあり動きづらい」(国内証券)よ の声が聞かれる。 中国国家統計局が31日発表した5月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は49 .6と、前月の47.4から上昇し、景況悪化のペースが鈍化した。新型コロナウイルス による規制が一部工場で緩和されたことを受けた。製造業...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、手掛かり難の中で循環物色

   <10:12> 日経平均は一進一退、手掛かり難の中で循環物色 日経平均は前日終値を挟んだ一進一退で、再びマイナス圏に沈んでいる。約100円 安へと徐々に下げを広げているが、市場では「前日の大幅高を踏まえると底堅い」(国内 証券)との見方もある。 前日の米国市場が休場で手掛かりに乏しい中、前日に買われたハイテク株や高PER (株価収益率)の銘柄、経済再開(リオープン)期待の銘柄の一角が下げており、「循環 物色の様相」(別の国内証券)との声が聞かれる。 東京エレクトロンやエイチ・アイ・エス、ANAホールディングス が軟調。キーエンス、...

寄り付きの日経平均は小幅反落でスタート、前日終値挟んだ値動きに

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比51円34銭安の2万7318円09銭と、小幅に反落してスタートした。前日に大幅高となっており、利益確定売りが先行した。その後は短時間で切り返してプラスに浮上、前日終値を挟んだ値動きとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、コニシが買い優勢 日本システムウエアは売り優勢

<08:25> 寄り前の板状況、コニシが買い優勢 日本システムウエアは売り優 勢  東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 コニシ 25% 1,98 1,98 1,98 1,58 2 2 2 2 2 ニッコンHLDG 25% 2,53 2,53 2,53 2,03 3 3 3 3 3 天馬 16% 2,59 2,59 2,59 2,23 9 9 9 9 4 鴻池運輸 15% 1,30 1,29 1,30 1,13...

12日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

12日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・丸井グループ 、自己保有株を除く発行済株式総数の6.99%にあたる1 400万株、取得総額240億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は8月1日 から2023年3月31日。 ・アグロ カネショウ 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.60%にあ たる45万株、取得総額7億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月16日 から2023年3月23日。 ・グローリー 、自己保有株を除く発行済株式総数の8.2%にあたる500 万株、取得総額...

8日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

8日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・チヨダ 、自己保有株を除く発行済み株式総数の1.68%に当たる60万 株、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は10月11日から20 22年2月18日。  <自己株消却> ・天馬 、発行済み株式総数の5.59%に相当する150万株を10月29 日に消却へ。 ・サカイオーベックス 、発行済み株式総数の4.26%に相当する27万4 312株を12月13日に消却へ。  <株式分割> ・Sansan 、11月30日現在の株主に対し、12...

6日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

6日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・日本電信電話 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.76%にあたる1 億株、取得総額2500億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は8月10日か ら2022年3月31日。 ・三愛石油 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.72%にあたる50万 株、取得総額7億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は8月10日から202 2年3月31日。 ・天馬 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.27%にあたる75万株、 取得総額20億円を上限とする...

ホットストック:天馬がしっかり、自社株買いを材料視

天馬がしっかり。27日に自己保有株を除く発行済株式総数の5.8%にあたる140万株、取得総額23億8420万円を上限とする自社株買いを実施すると発表したことが材料視されている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up