for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

任天堂株式会社

7974.T

現在値

51,320.00JPY

変化

120.00(+0.23%)

出来高

688,000

本日のレンジ

51,030.00

 - 

51,480.00

52週レンジ

31,880.00

 - 

51,910.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
51,200.00
始値
51,270.00
出来高
688,000
3か月平均出来高
21.10
高値
51,480.00
安値
51,030.00
52週高値
51,910.00
52週安値
31,880.00
発行済株式数
119.12
時価総額
6,741,453.00
予想PER
21.68
配当利回り
2.13

次のエベント

Dividend For 7974.T - 420.0000 JPY

適時開示

その他

Lexibook Signs New Licensing Agreement With Nintendo

Nintendo CEO Furukawa Says Sees Coronavirus Impact On Hardware Fading Out By Around Summer

Nintendo Has Suspended Shipments Of The Switch Game Console In Japan - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

任天堂株式会社とは

任天堂グループはホームエンターテインメントの分野で娯楽製品の開発、製造及び販売等を事業とする。【事業内容】主な製品は、コンピュータを利用した娯楽機器であるゲーム専用機とトランプ・かるた等に分類される。ゲーム専用機とは、携帯ゲームやホームコンソールゲームのハードウェア及びソフトウェアであり、同社及び関係会社が開発し、主として同社において製造し、国内では主に同社が、海外では主に関係会社が販売する。

業種

Recreational Products

連絡先

11-1, Kamitoba, Hokotate-cho, Minami-ku

KYOTO-SHI, KYT

601-8501

Japan

+81.75.6629600

https://www.nintendo.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Shuntaro Furukawa

President, Representative Director

Shinya Takahashi

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Planning & Production, Director

Satoru Shibata

Senior Executive Officer, Chief Director of Sales, Chief Director of Operation, Director

Ko Shiota

Senior Executive Officer, Chief Director of Technology Development, Director

Yoshiaki Koizumi

Senior Executive Officer, Deputy Chief Director of Planning Production

統計

2.14 mean rating - 22 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

1.1K

2019

1.2K

2020

1.3K

2021(E)

1.4K
EPS (JPY)

2018

1,162.300

2019

1,615.506

2020

2,171.200

2021(E)

2,501.509
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.50
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.51
株価純資産倍率(四半期)
3.93
株価キャッシュフロー倍率
18.82
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
23.49
自己資本利益率(過去12カ月)
19.51

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、失望感と下値抵抗力が共存

日経平均・日足は「小陰線」、ほぼ上ヒゲがない「寄り付き坊主」の形状が投資家の失望感を示唆する一方、下ヒゲは相応に長く、下値抵抗力も感じさせる。

日経平均は3日続落、連休前に手控えムード 個別は決算内容で明暗

東京株式市場で日経平均株価は3日続落となった。日本があすから3連休に入ることや、今晩米国で7月雇用統計が発表されることもあり、手控えムードが強かった。後場、香港株や上海株の軟化をにらんで日経先物に仕掛け的な売りが入り日経平均は下げ幅を一時200円超に広げたが、そこからの勢いは強まらなかった。個別では決算発表の内容で株価の明暗が分かれた。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズ指数が反発、メルカリに買い

新興株市場はまちまちで、日経ジャスダック平均は小幅続落、東証マザーズ指数は反発となった。3連休を控えてポジション調整主体の取引となったが、マザーズ指数は決算内容がポジティブと受け止められたメルカリがけん引する形で上昇した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場軟調、一時200円超安 香港株の軟化にらみ

日経平均は下げ幅を一時200円超に拡大し、2万2200円付近まで下落した。香港ハンセン指数が軟化し、短期筋から日経先物にも仕掛け的な売りが入ったとみられている。

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続落、連休前で模様眺め 決算内容により株価に明暗

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比144円53銭安の2万2273円62銭となり、続落した。前日の米国株式市場が上昇したことが支援材料になったものの、明日からの3連休を前にして模様眺めムードが強く、全体的に利益確定売りが優勢となった。物色面では、決算発表の内容で株価の明暗が分かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は弱もちあい、3連休前にして手控えムードに

日経平均は弱もちあい。明日からの3連休を前にして、手控えムードが強くなっている。そうした中で、発表した決算の内容を受けて好決算銘柄が買われる一方、悪化した銘柄の下げが目立つなど「決算を素直に反映する形になっている」(国内証券)という。時価よりも上値は重い印象で、当面は時価近辺でもみあうとの見方も出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏、買い材料乏しく連休前の手仕舞い売り

日経平均はマイナス圏、前営業日比100円ほど安い2万2300円台前半での推移となっている。市場では「明確な買い材料に乏しいことに加え、連休前なので手仕舞い売りが優勢となりやすい」(国内証券)との声が出ていた。

寄り付きの日経平均は反発スタート、その後終値近辺でもみあい

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比15円63銭高の2万2433円78銭となり、反発スタートとなった。その後は前日終値近辺でのもみあいとなっている。オーバーナイトの米国株式市場は続伸となったものの、日本では3連休を控えていることもあり積極的な売買は手控えられやすい。個別では、前日に発表された企業決算を手掛かりとした売買が引き続き活発となっている。

ホットストック:任天堂が買い気配、大幅増益の好決算を評価

任天堂が買い気配で始まった。午前9時現在、差し引きで約18万株の買い超過となっている。大幅増益の好決算が評価された。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、主力株は売り買い拮抗目立つ 任天堂は買い優勢

<08:43> 寄り前の板状況、主力株は売り買い拮抗目立つ 任天堂は買い優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ホンダ 、 キヤノン 、ソニー 、パナソニック が売り買い拮抗。前日に決算 を発表した資生堂 、SUMCO 、ニコン は売り優勢、任天堂<7 974.T>は買い優勢。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック は売り優 勢。 メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナン シャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ が売り優勢となってい る。 東証第1部出来高上位50...

任天堂、巣ごもり需要で営業利益5倍超 市場予想も大幅に上回る

任天堂<7974.T>は6日、2020年4―6月期の連結営業利益が前年同期比5倍超の1447億円だったと発表した。前期に発売したゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」の人気が継続、今期発売のタイトルも好調で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う「巣ごもり」需要を捉えた。

任天堂、4―6月期営業利益は前年同期の5倍超 巣ごもり需要捉える

任天堂は6日、2020年4―6月期の連結営業利益が前年同期比5倍超の1447億円だったと発表した。前期に発売したゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」の人気が継続したほか、今期発売のタイトルも好調で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う「巣ごもり」需要を捉えた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陽線」、調整局面の様相強める

<16:40> 日経平均・日足は「短陽線」、調整局面の様相強める   日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「短陽線」、気迷いを示す「コマ」の形状となった。終値は5日移 動平均線(2万2266円62銭=5日)を大きく上抜けているものの、25日移動平均線(2万2507 円64銭=同)には抑えられる格好となっている。決算発表の本格化に伴い、当面は5日移動平均線と25 日移動平均線の間で膠着する調整局面が長引くとみられる。 <15:50> ジャスダック、マザーズともに3日続伸 巣ごもり関連に買い 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:ジャスダック、マザーズともに3日続伸 巣ごもり関連に買い

<15:50> ジャスダック、マザーズともに3日続伸 巣ごもり関連 に買い 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに3日続伸となった。決算を材料視し た個別の売買が継続したほか、国内での新型コロナウイルス感染者数の増加に伴い、巣ごもりや在宅勤務に 関連する銘柄への買いも目立った。 ジャスダック指数は0.38%高。CAICA 、出前館 、ワークマン は上昇 。プロルート丸光 、アクモス 、テラ は下落した。 マザーズ指数は2.15%高で取引を終了。ベガコーポレーション 、マネーフォワード <3994 .T>、アンジェス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅縮小、30円安 日銀がETF買いの可能性

<13:15> 日経平均は下げ幅縮小、30円安 日銀がETF買いの 可能性 日経平均は後場下げ幅を縮小し、前営業日比30円ほど安い2万2500円台前半での推移となってい る。前場のTOPIXが0.58%安となったことを受け、日銀がETF(上場投資信託)の買い入れを行 ったのではないかとの観測が出ている。市場ではTOPIXの前引け時の下落率が0.5%以上となった場 合に日銀がETF買い入れに動くとみる向きが多い。 市場では「日銀のETF買い入れ観測に加え、ランチタイム中に香港ハンセン指数、上海総合指数など のアジア株がプラス圏へ浮上したことも...

日経平均は反落、急速な戻り警戒 決算手掛かりに個別物色

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比142円52銭安の2万2431円14銭となり、反落した。前日までの2営業日で850円以上の上昇となり、急速な戻りに警戒感が出ている。朝方から利益確定売りが先行した。下げ幅を一時200円超に拡大したが、午後に日銀のETF(上場投資信託)買いが入るとの思惑もあり、下げ渋った。

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反落、急速な戻り警戒 決算手掛かりに個別物色

<11:46> 前場の日経平均は反落、急速な戻り警戒 決算手掛かりに個別物色 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比142円52銭安の2万2431円14銭となり、反落 した。前日までの2営業日で850円以上の上昇となり、急速な戻りに警戒感が出ている。朝方から利益確 定売りが先行した。下げ幅を一時200円超に拡大したが、午後に日銀のETF(上場投資信託)買いが入 るとの思惑もあり、下げ渋った。 市場からは「不透明要因がある中で2万3000円を超えていくのは難しいが、下値も日銀のETF買 いや各国の過剰流動性が安心感となって下げにくい」...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は反落、戻りのスピードに警戒感生じ利益確定売り

<09:05> 日経平均は反落、戻りのスピードに警戒感生じ利益確定売り 寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比93円94銭安の2万2479円 72銭となり、反落してスタート。前日までに2日間で800円以上の上昇となるなど、 戻りのスピードが急なことで警戒感が生じ、利益確定売りが先行している。為替相場がや や円高に振れたことで、輸出関連株が下げて始まった。 <08:45> 寄り前の板状況、前日決算発表のソニーが売り買い交錯に 市場関係者によると、寄り前の板状況は、前日に決算発表をしたソニー が売 り買い交錯。東京エレクトロン も売...

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、前日決算発表のソニーは売り買い交錯

<08:45> 寄り前の板状況、前日決算発表のソニーが売り買い交錯に 市場関係者によると、寄り前の板状況は、前日に決算発表をしたソニー が売 り買い交錯。東京エレクトロン も売り買い交錯で、任天堂 が買い優勢と なっている。一方、トヨタ自動車 、ホンダ は売り優勢、指数寄与度の大 きいファーストリテイリング も売り優勢となっている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経225先物 SGX日経225先物 TOPIX先物 日経225オプション 株式関連指標の索引ページ 関連アプリ...

今週の日本株は上値重い、決算でセンチメント悪化 コロナも懸念

今週の東京株式市場は上値が重い展開が予想されている。国内企業からさえない決算発表が続き、投資家心理が悪化してきた。米中関係の悪化や新型コロナウイルスの感染拡大による経済停滞なども懸念される。31日まで6日続落したこともあり、ショートカバーが入る可能性もあるが、おおむね戻りに慎重な姿勢になりそうだという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up