for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

任天堂株式会社

7974.T

現在値

65,050.00JPY

変化

200.00(+0.31%)

出来高

635,100

本日のレンジ

64,900.00

 - 

65,780.00

52週レンジ

43,100.00

 - 

69,830.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
64,850.00
始値
65,160.00
出来高
635,100
3か月平均出来高
21.52
高値
65,780.00
安値
64,900.00
52週高値
69,830.00
52週安値
43,100.00
発行済株式数
119.12
時価総額
8,565,068.00
予想PER
18.18
配当利回り
2.51

次のエベント

Full Year 2021 Nintendo Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Nintendo President: Strong Switch Sales Continuing In October

Nintendo President: Need To Look At Performance Of Year-End Shopping Season When Asked If Plans To Hike Hardware Sales Forecast

Nintendo Boosts Switch Production By Another 20% - Bloomberg News

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

任天堂株式会社とは

任天堂グループはホームエンターテインメントの分野で娯楽製品の開発、製造及び販売等を事業とする。【事業内容】主な製品は、コンピュータを利用した娯楽機器であるゲーム専用機とトランプ・かるた等に分類される。ゲーム専用機とは、携帯ゲームやホームコンソールゲームのハードウェア及びソフトウェアであり、同社及び関係会社が開発し、主として同社において製造し、国内では主に同社が、海外では主に関係会社が販売する。

業種

Recreational Products

連絡先

11-1, Kamitoba, Hokotate-cho, Minami-ku

KYOTO-SHI, KYT

601-8501

Japan

+81.75.6629600

https://www.nintendo.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Shuntaro Furukawa

President, Representative Director

Shinya Takahashi

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Planning & Production, Director

Satoru Shibata

Senior Executive Officer, Chief Director of Sales, Chief Director of Operation, Director

Ko Shiota

Senior Executive Officer, Chief Director of Technology Development, Director

Yoshiaki Koizumi

Senior Executive Officer, Deputy Chief Director of Planning Production

統計

1.87 mean rating - 23 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

1.1K

2019

1.2K

2020

1.3K

2021(E)

1.7K
EPS (JPY)

2018

1,162.300

2019

1,615.506

2020

2,171.200

2021(E)

3,577.873
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.07
株価純資産倍率(四半期)
4.46
株価キャッシュフロー倍率
19.05
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
26.49
自己資本利益率(過去12カ月)
20.77

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、終値は5日線上回る

<16:03> 日経平均・日足は「小陽線」、終値は5日線上回る 日経平均・日足は、短い下ヒゲと長い上ヒゲを伴う「小陽線」。終値(2万9751円61銭=13日 )は5営業日ぶりに5日移動平均(2万9699円63銭=同)を上抜けた。25日移動平均線上(2万9 503円29銭=同)も上向きとなっており、再び3万円に向けた動きが期待できそうだ。 <15:10> 新興市場は小じっかり、時価総額上位銘柄が軟調 新興株市場は小じっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに小幅に反発した。米国株市 場や東証1部で様子見ムードが広がる中、時価総額上位銘柄...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は小じっかり、時価総額上位銘柄が軟調

<15:10> 株式:新興市場は小じっかり、時価総額上位銘柄が軟調 新興株市場は小じっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに小幅に反発した。米国株市 場や東証1部で様子見ムードが広がる中、時価総額上位銘柄は軟調。中小型への物色が活発化し、QDレー ザ は21.17%高となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.09%高。個別では、NITTOKU 、イメージワン などがしっかり。シキノハイテック 、環境管理センター はストップ高比例配分 となった。サン電子 、出前館 、エッチ・ケー・エス は売られた。 マザーズ指数は前営業日比...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅を縮小、200円高 アジア株と米株先物が軟化

<14:40> 日経平均は上げ幅を縮小、200円高 アジア株と米株先物が軟化 日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比200円超高の2万9700円台半ばでの推移となっている。 時間外取引の米株先物や上海総合指数 などのアジア株が軟化したことなどが嫌気されている。 市場では「国内での新型コロナウイルスの感染者数増加、アジア株のさえない動きなどが重しとなり、 上値を追えるような地合いではない」(国内証券)との声が聞かれた。 <13:13> 日経平均は300円高でもみあい、決算への期待が支え 後場に入り日経平均は前営業日比358円38銭高の2万9897...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は300円高でもみあい、決算への期待が支え

<13:13> 日経平均は300円高でもみあい、決算への期待が支え 後場に入り日経平均は前営業日比358円38銭高の2万9897円11銭で高値を付けた後はもみあ い。現在300円ほど高い2万9800円台前半での推移となっている。 市場では「全体的には材料に欠けるものの、企業決算などを材料視した個別物色は活発化している。業 績への期待が支えとなっている」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、引け後に決算を控えているJ.フロント リテイリング が4%超高、ファーストリ テイリング 、ソフトバンクグループ もしっかり。TDK 、太陽誘電...

前場の日経平均は反発、前日に売られ過ぎた反動との見方も

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比309円68銭高の2万9848円41銭となり、反発した。とりわけ買い材料が見当たらない中で、幅広く物色されている。前日に売られ過ぎた反動との見方も出ていた。

米アップル、ゲーム市場の競争状況を強調 フォートナイト訴訟控え

米アップルは8日、人気ゲーム「フォートナイト」の開発元であるエピック・ゲームズに「反競争的」な慣行で訴えられた問題で、来月始まる裁判所の審理ではゲームアプリ販売市場で多くの競争に直面していると主張して事業手法の正当性を訴える考えを示した。

6日の日経平均は急反落、高値警戒感などで利益確定売り

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

ホットストック:超値がさグロース株が堅調、名実新年度入りで新規資金流入に期待

任天堂、キーエンス、SMCなど株価が5万円を超す超値がさのグロース株の堅調が目立つ。110円台までドル高/円安が進んだにもかかわらず、期末事情に伴う売りが株価を抑えていたが、名実ともに新年度入りしたことによって新規資金流入への期待感が高まっている。

日経平均は続伸、446円高 米株高好感で買い戻し活発化

東京株式市場で日経平均は続伸した。25日の米国株式市場で景気回復への楽観的な見方から主要3指数が上昇した流れを引き継いだほか、年度末の最終売買日を控え、配当権利取りの動きが活発化。24日までの4日営業日で日経平均が1800円以上下落した反動も継続し、幅広い業種で買い優勢となった。時間外取引での米株先物やアジア株が上げ幅を拡大する動きも支えとなり、日経平均は一日を通して底堅い動きをみせた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、5日線と25日線は下向き

<15:56> 日経平均・日足は「大陰線」、5日線と25日線は下向き 日経平均・日足は「大陰線」、上にヒゲを伴う「陰の大引け坊主」となった。心理的節目の2万900 0円を下回って引け、売り圧力が優勢となっている。 5日移動平均線(2万9618円64銭=23日)は角度を付けて下向きとなっているほか、25日線 (2万9596円79銭=同)も緩やかに下を向きはじめ、目先はしばらく調整の動きが続きそうだ。 <15:25> 新興株市場はさえない、利益確定優勢 米長期金利への警戒で 新興株市場はさえない動きで、日経ジャスダック平均は小反落、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、利益確定優勢 米長期金利への警戒で

<15:25> 新興株市場はさえない、利益確定優勢 米長期金利への警戒で 新興株市場はさえない動きで、日経ジャスダック平均は小反落、東証マザーズ指数は3日続落した。米 長期金利の動きなど外部環境をにらみ警戒が広がり、利益確定売りが優勢となった。ただ、マザーズ指数は 1200ポイントの大台を維持しており、市場では「来週29日の権利付き最終日に向けて個人投資家を中 心とした権利取りの動きも活発になっているのではないか」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.25%安。個別では、シンバイオ製薬 がストップ高で 取引...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、アジア株下落で 外部環境の不透明感続く

<14:16> 日経平均は下げ幅拡大、アジア株下落で 外部環境の不透明感続く 日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比80円ほど安い2万9000円台後半で推移している。中国や 香港などアジア株の下落が重しとなり、一時160円超安まで下げ幅を広げた。 市場からは「日経平均は心理的節目の2万9000円台を維持していることから、自律調整の範囲での 下げとみている。ただ、依然として米長期金利の動きには警戒感が広がっており、外部環境が不透明な中、 日本株はしばらく不安定な動きが続きそうだ」(国内証券)との声が聞かれた。 <12:57> 日経平均はマイナス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス転化、米株先物やアジア株軟調が重し

<12:57> 日経平均はマイナス転化、米株先物やアジア株軟調が重し 後場に入り、日経平均はマイナス転化。前営業日比40円ほど安い2万9100円台前半で推移してい る。米株先物やアジア株が軟調に推移しており、相場の重しとなっている。また、ファーストリテイリング など指数寄与度の高い銘柄群が小幅安となり、日経平均を押し下げている。 市場からは「特段、目新しい材料はないものの、米長期金利を巡り市場には依然として警戒感が広がっ ているようだ。特にハイテク株は不安定な動きが続きそうだ」(国内証券)との声が聞かれた。また今晩、 パウエル米連邦準備理事会...

前場の日経平均は小反発、米長期金利の上昇一服で打診買い

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比69円29銭高の2万9243円44銭となり、反発した。朝方は米長期金利の上昇一服を好感してグロース株中心に切り返したものの、上値を買う材料に乏しく、中ごろから徐々に伸び悩んだ。

16日の日経平均は続伸、TOPIXはバブル後最高値

終値 前日比 寄り付き    安値/高値  

アングル:グロース安・バリュー高の二極化、デフレ脱却織り込みの見方も

昨年来の上昇相場をリードしてきた値がさグロース株の厳しい下げが止まらない。米国株式市場で大型ハイテク株が下落したことを受けた動きだが、一方ではワクチン接種に伴う経済正常化期待からバリュー株物色が活発化するなど物色面での二極化が鮮明になってきた。こうした一連の動きについて、金融相場から業績相場への移行を象徴するとともに、その先にあるデフレ脱却を織り込み始めたとの指摘もある。

再送-ホットストック:値がさグロース株がさえない、全体が底堅い動きの中で重しに

値がさグロース株が引き続きさえない。バリュー株のかさ上げで相場全体が底堅く推移する中で、グロース株が相場の重しになっている。

ホットストック:バリュー株が一服、米金利の落ち着きで物色面は前日から裏返し

バリュー株が一服。日本製鉄といった景気敏感株、三井不動産をはじめとする不動産株、三菱UFJフィナンシャル・グループを中心とする銀行株など、今週に入って株価を支えていた銘柄群が沈む一方、キーエンス、任天堂など最近の相場の悪役だった値がさグロース株が軒並みしっかりとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、終値が5日移動平均線を上回る

<15:55> 日経平均・日足は「中陽線」、終値が5日移動平均線を上回る 日経平均・日足は短いヒゲを伴う大引けが「坊主」に近い「中陽線」となった。前日の安値を若干下回 ったものの、「陽」の実体部分が長めの足を引いたて引き戻したことで下値硬直性を示している。わずかな がらではあるが、終値が5日移動平均線(2万9024円94銭=9日現在)を上回ったことも安心感を与 える材料だ。 ただ、買いに転じるだけのサインは出そろっていない。目先的には、これまで上値抵抗線となっていた 5日線がサポートラインに転じるかどうかが注目されそうだ。 <15:40...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、先駆したグロース株に利益確定売り続く

<15:40> 新興株市場は小じっかり、先駆したグロース株に利益確定売り続く 新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は5日ぶりに反発した。市場 では「先駆したグロース株を中心に利益確定売りが続いている。米ナスダック安が心理的にムードを悪化さ せているようだ」(国内証券)との声が聞かれる。 日経ジャスダック平均は0.40%高。個別では、室町ケミカル<4885.Tが堅調となったほか、ニッポ ン高度紙工業 、メイコー なども高いが、シンバイオ製薬 、アピリッツ な どが軟調に推移した。 マザーズ指数は0.54%高。...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up