for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

任天堂株式会社

7974.T

現在値

53,800.00JPY

変化

560.00(+1.05%)

出来高

800,700

本日のレンジ

53,620.00

 - 

54,500.00

52週レンジ

50,530.00

 - 

69,830.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
53,240.00
始値
54,000.00
出来高
800,700
3か月平均出来高
18.40
高値
54,500.00
安値
53,620.00
52週高値
69,830.00
52週安値
50,530.00
発行済株式数
117.32
時価総額
6,914,226.00
予想PER
14.56
配当利回り
4.17

次のエベント

Dividend For 7974.T - 715.0000 JPY

適時開示

その他

Forever Entertainment Signs Deal With Nintendo On Financial Support

Nintendo CEO President Says ~The Hybrid Nature Of The Switch Console Means Its Lifecyle Is Longer

Nintendo President: Strong Switch Sales Continuing In October

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

任天堂株式会社とは

任天堂グループはホームエンターテインメントの分野で娯楽製品の開発、製造及び販売等を事業とする。【事業内容】主な製品は、コンピュータを利用した娯楽機器であるゲーム専用機とトランプ・かるた等に分類される。ゲーム専用機とは、携帯ゲームやホームコンソールゲームのハードウェア及びソフトウェアであり、同社及び関係会社が開発し、主として同社において製造し、国内では主に同社が、海外では主に関係会社が販売する。

業種

Recreational Products

連絡先

11-1, Kamitoba, Hokotate-cho, Minami-ku

KYOTO-SHI, KYT

601-8501

Japan

+81.75.6629600

https://www.nintendo.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Shuntaro Furukawa

President, Representative Director

Shinya Takahashi

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Planning & Production, Director

Satoru Shibata

Senior Executive Officer, Chief Director of Sales, Chief Director of Operation, Director

Ko Shiota

Senior Executive Officer, Chief Director of Technology Development, Director

Yoshiaki Koizumi

Senior Executive Officer, Deputy Chief Director of Planning Production

統計

2.22 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

1.2K

2020

1.3K

2021

1.8K

2022(E)

1.7K
EPS (JPY)

2019

1,615.506

2020

2,171.200

2021

4,032.600

2022(E)

3,657.019
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.59
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.01
株価純資産倍率(四半期)
3.52
株価キャッシュフロー倍率
14.48
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
27.10
自己資本利益率(過去12カ月)
21.84

最新ニュース

最新ニュース

底上げ相場、投資家心理の改善で3万円台定着=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、底上げの展開が想定されている。米連邦公開市場委員会(FOMC)を無事通過したほか、中国の不動産開発大手、中国恒大集団の債務問題を巡る不安が後退したことで、日本株は上値追いに拍車がかかるとみられている。国内では29日が自民党総裁選開票日となるが、波乱要因になるとみる市場関係者は少ない。日本株は日経平均・TOPIXともに年初来高値を更新する局面となりそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、地合い強いが過熱感も

<16:10> 日経平均・日足は「小陽線」、地合い強いが過熱感も 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。25日移動平均線(2万8 499円66銭=14日)が、75日線(2万8480円94銭=同)、200日線(2 万8480円22銭=同)とゴールデンクロスし、地合いの強さがうかがえる。 一方、25日線からの乖離率が7.62%と前日(7.25%)を上回ったほか、東 証1部の騰落レシオが149.06%と高水準を継続。過熱感も示されており、目先は調 整リスクもくすぶる。 <15:34> 新興市場はマザーズが続伸、ジャスダックは反発...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はマザーズが続伸、ジャスダックは反発

<15:34> 新興市場はマザーズが続伸、ジャスダックは反発   新興株市場は、東証マザーズ指数が3日続伸し、日経ジャスダック平均が反発した。 マザーズ総合は前営業日比0.51%高。好決算を手がかりにビジョナル が 買われたほか、セルソース が上場来高値となった。メルカリ もしっかり 。一方、前日まで連騰していたキャリア はストップ安。BASE も軟調 だった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.38%高。増資を発表した出前館 が 買われたほか、東映アニメーション が反発した。半面、日本マクドナルドホール ディングス やシンバイオ製薬...

日経平均は3日続伸、年初来高値を更新 31年ぶり水準に

東京株式市場で日経平均は、3日続伸した。2月16日につけた終値ベースでの年初来高値(3万0467円75銭)を上回った。東証株価指数(TOPIX)は2100ポイント台に乗せ、こちらも年初来高値を更新した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、終値ベースの高値更新するかに関心

<14:14> 日経平均はもみあい、終値ベースの高値更新するかに関心 日経平均はきょうの高値圏でのもみあいが続いている。高値警戒感から上値追いに慎 重な一方、先高観も根強く下値の硬さも意識されている。 きょうは取引時間中の年初来高値を更新しており、2月16日につけた終値ベースで の高値(3万0467円75銭)を更新するかに関心が寄せられている。足元では3万0 600円付近での動きで「十分に強い」(国内証券)との見方が出ている。 <12:55> 高値もみあい、過熱感から上値に対して慎重な動き 日経平均は高値もみあいとなっている。後場寄り後...

〔マーケットアイ〕株式:高値もみあい、過熱感から上値に対して慎重な動き

<12:55> 高値もみあい、過熱感から上値に対して慎重な動き 日経平均は高値もみあいとなっている。後場寄り後は、前引けに比べて戻り歩調とな ったものの、過熱感が生じていることから上値に対して慎重な動きとなっている。市場で は「日経平均の年初来高値更新から目標達成感が生じやすい。ただ、押した場面ではすか さず買いが入るため、底堅く推移している」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:40> 前場の日経平均は続伸、TOPIXとともに31年ぶり高値水準 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比115円05銭高の3万0562円4 2銭となり...

前場の日経平均は続伸、TOPIXとともに31年ぶり高値水準

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比115円05銭高の3万0562円42銭となり、続伸した。引き続き物色意欲が強い中で上値追いに弾みを加え、2月16日の取引時間中に付けた年初来高値3万0714円52銭を更新、TOPIXは2100ポイント台に乗せた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、25日線との乖離率広げ過熱感

<15:55> 日経平均・日足は「中陽線」、25日線との乖離率広げ過熱感 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」となった。前日の「小陽線」を包 む「抱き線」の形状となり強い基調にあることを印象付けたが、終値と25日移動平均線 (2万8028円17銭=8日現在)との乖離率は7.48%と前日よりもさらに拡大す るなど、過熱感が強いことを示している。 終値で3万円を回復したことで、2月16日に付けた年初来高値3万0714円52 銭の更新が現実味を帯びてきた。きょうの上昇で4月6日の戻り高値3万0208円89 銭を抜いたため、残すチャート...

日経平均は8日続伸、終値で3万円回復 循環物色の底上げ続く

東京株式市場で、日経平均株価は8日続伸した。前日までの好地合いを引き継ぎ利益確定売りを消化する一方、循環物色による底上げも継続し、4月5日以来、5カ月ぶりに終値で3万円台を回復した。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は堅調、日経ジャスダック平均は連日の年初来高値

<15:10> 新興株式市場は堅調、日経ジャスダック平均は連日の年初来高値 新興株式市場は堅調。東証マザーズ指数は続伸し、日経ジャスダック平均は連日の年 初来高値更新となった。市場では「1部市場のソフトバンクグループ に短期回転 を狙った資金がシフトしたようだが、それでも値幅取りの動きが活発化した状態には変化 はない」(国内証券)との声も聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比0.78%高。メルカリ が商いを伴い続伸したほ か、直近上場のモビルス も最高値を更新した。すららネット も上昇した が、グローバルウェイ 、Enjin などは反落した...

〔マーケットアイ〕株式:強もちあい、物色人気はSBGからレーザーテックにシフト

<14:10> 強もちあい、物色人気はSBGからレーザーテックにシフト 日経平均は強もちあい。3万円を超えた水準で推移している。物色面では人気の中心 がソフトバンクグループ(SBG) からレーザーテック にシフト。ソフ トバンクGが日経平均への寄与度が大きい一方、レーザーテックは非採用銘柄であること から、これが日経平均の伸びに影響しているとの指摘もあった。レーザーテックは6日の 上場来高値2万8000円を更新し、3万円に迫っている。 市場では「大幅上昇後もマーケットから資金が逃げる様子がなく、循環物色が行われ ている。こうした状況が続...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、高値警戒感から利益確定売り

<13:05> 日経平均は伸び悩み、高値警戒感から利益確定売り 後場に入ってからの日経平均は伸び悩み。3万円の大台は維持しているものの、上値 が重くなってきた。市場では「テクニカル面で過熱した状況を示す指標が増え、高値警戒 感が生じている。そのため、利益確定売りを急ぐ動きも出ているようだ」(国内証券)と の声も聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は続伸、ソフトバンクGの大幅上昇が寄与 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比245円71銭高の3万0161円8 5銭となり、続伸した。朝方に安く始まった後、プラス圏に切り返し、上げ幅...

午前の日経平均は続伸、ソフトバンクGの大幅上昇が寄与

8日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比245円71銭高の3万0161円85銭となり、続伸した。朝方に安く始まった後、プラス圏に切り返し、上げ幅を拡大した。次期政権による経済対策への期待感が継続したほか、ソフトバンクグループ株に買いが集まり、指数が押し上げられた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線との乖離率は6.9%に

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線との乖離率は6.9%に 日経平均・日足は「小陽線」となった。前日に続いてマドを空けて上値を追い、基調 の強さを印象付けたが、上ヒゲが長い「上影陽線」が高値圏で出現したため、スピード調 整の懸念が生じている。終値と25日移動平均線(2万7978円60銭=7日現在)と の乖離率は6.9%となっており、過熱感が台頭するところだ。 心理的な上値の目安として意識されていた3万円を回復したため、2月16日に付け た年初来高値3万0714円52銭の回復が目標となってくる。ただ、急速な上昇に対し て警戒感...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、投資家のマインド回復が顕著に

<15:10> 新興株式市場はまちまち、投資家のマインド回復が顕著に 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数は続伸したものの、日経ジャスダック平 均は朝方に連日の年初来高値更新となった後は値を消す展開となった。市場では「投資家 のマインド回復が顕著となり、値幅取りの動きが活発化している」(国内証券)との声も 聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比1.14%高。メルカリ が商いを伴い上値を追う 展開となったほか、グローバルウェイ が連日の年初来高値更新となった。すらら ネット 、Enjin も堅調だが、メディア総研 は安い。 日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は再び強含み、ソフトバンクGが9%超の上昇

<14:48> 日経平均は再び強含み、ソフトバンクGが9%超の上昇 日経平均は再び強含みの展開。利益確定売りに押さえられていたが、ソフトバンクグ ループ 株が9%超の上昇となり、120円強の押し上げ要因となっている。 ソフトバンクグループは7日、保有するTモバイル 株式4500万株と引 き換えに新たに2億2500万株のドイツテレコム 株式を取得すると発表した 。ソフトバンクGはドイツテレコム株4.5%を保有する第2位株主となり、取締役会の 議席も取得する予定。 日本株にはこれまでの急な上昇に対する警戒感から利益確定売りが出ているが、「政...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅を縮小しもみあい、3万円台回復の達成感で上値重い

<13:05> 日経平均は上げ幅を縮小しもみあい 、3万円台回復の達成感で上値重い 後場の日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比200円ほど高い2万9800円台後 半でのもみあいとなっている。市場では「5カ月ぶりの3万円回復で、達成感からさらに 上値を追うのは難しい。とりあえず期待先行で上昇したが、これからは選挙の行方の細か い部分が注目されている」(国内証券)との声が聞かれた。 午後1時現在での東証1部の売買代金は2兆0611億5700万円と膨らんでいる 。個別ではソフトバンクグループ は6%超高となっているほか、東京エレクトロ ン 、...

午前の日経平均は続伸、政治の変化に期待 欧州株高も支え

7日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比235円03銭高の2万9894円92銭となり、7日続伸した。一時4月9日以来の3万円台の大台を回復した。前日の欧米株高の流れを好感したほか、政治面での変化への期待が引き続き支えとなった。TOPIXは連日の年初来高値更新となり、約31年ぶりの高値水準となっている。

ホットストック:任天堂やキーエンスがしっかり、日経平均の入れ替えで

任天堂とキーエンス、村田製作所がしっかりとなっている。日本経済新聞社が6日、10月1日の算出から日経平均株価の構成銘柄として採用すると発表しており、好感する動きが先行した。

今日の株式見通し=強もちあい、3万円の大台試す 利益確定売りが重しにも

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、強もちあいが想定される。前日の欧州株高の流れを引き継いで上昇して始まり、3万円の大台を試すとみられる。3万円付近では、利益確定売りが出やすいともみられている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up