for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

任天堂株式会社

7974.T

現在値

54,780.00JPY

変化

1,490.00(+2.80%)

出来高

897,200

本日のレンジ

53,340.00

 - 

55,110.00

52週レンジ

47,890.00

 - 

69,830.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
53,290.00
始値
53,420.00
出来高
897,200
3か月平均出来高
14.83
高値
55,110.00
安値
53,340.00
52週高値
69,830.00
52週安値
47,890.00
発行済株式数
117.32
時価総額
6,920,719.00
予想PER
15.67
配当利回り
3.81

次のエベント

Q3 2022 Nintendo Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Nintendo President: We Have Achieved A Solid Hardware Install Base

Forever Entertainment Signs Deal With Nintendo On Financial Support

Nintendo CEO President Says ~The Hybrid Nature Of The Switch Console Means Its Lifecyle Is Longer

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

任天堂株式会社とは

任天堂グループはホームエンターテインメントの分野で娯楽製品の開発、製造及び販売等を事業とする。【事業内容】主な製品は、コンピュータを利用した娯楽機器であるゲーム専用機とトランプ・かるた等に分類される。ゲーム専用機とは、携帯ゲームやホームコンソールゲームのハードウェア及びソフトウェアであり、同社及び関係会社が開発し、主として同社において製造し、国内では主に同社が、海外では主に関係会社が販売する。

業種

Recreational Products

連絡先

11-1, Kamitoba, Hokotate-cho, Minami-ku

KYOTO-SHI, KYT

601-8501

Japan

+81.75.6629600

https://www.nintendo.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Shuntaro Furukawa

President, Representative Director

Shinya Takahashi

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Planning & Production, Director

Satoru Shibata

Senior Executive Officer, Chief Director of Sales, Chief Director of Operation, Director

Ko Shiota

Senior Executive Officer, Chief Director of Technology Development, Director

Yoshiaki Koizumi

Senior Executive Officer, Deputy Chief Director of Planning Production

統計

2.39 mean rating - 18 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

1.2K

2020

1.3K

2021

1.8K

2022(E)

1.7K
EPS (JPY)

2019

1,615.506

2020

2,171.200

2021

4,032.600

2022(E)

3,423.095
株価売上高倍率(過去12カ月)
14.44
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.29
株価純資産倍率(四半期)
3.50
株価キャッシュフロー倍率
15.37
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
24.74
自己資本利益率(過去12カ月)
19.05

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:ゲームソフト株が大幅高、米MSの買収で業界再編の思惑

スクウェア・エニックス・ホールディングスやカプコンなどゲームソフト株が大幅高となっている。スクエニは4%超高、カプコンは6%超高。

ソニーG急落、米MSのソフト会社買収に懸念 ゲーム株は思惑で急伸

19日午前の東京株式市場で、ソニーグループ株が9%超下落した。米マイクロソフト(MS)が前日、人気タイトル「コールオブデューティー」や「キャンディークラッシュ」を手掛けるゲームソフト開発のアクティビジョン・ブリザードを買収すると発表。ゲーム事業の競合激化が懸念されている。

マイクロソフト、「Xbox One」の生産終了 新型機に注力

米マイクロソフトは13日、ゲーム機「Xbox One」の生産を完全に停止したと明らかにした。新型機の生産に注力するためだと説明した。

マイクロソフト、「Xbox One」の生産終了 次世代機に注力=報道

オンラインニュースサイトのVergeは13日、米マイクロソフトがゲーム機「Xbox One」の生産を停止したと伝えた。次世代機の生産に注力するためという。マイクロソフトのゲーム部門の幹部の話として伝えた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「下十字」、引き続き下方硬直性を示す動きに

日経平均・日足は短めの上ヒゲと長いヒゲを伴う「下十字」となった。2万9000円に頭を抑えられたほか、200日移動平均線(2万8829円34銭=30日)を再び割り込んだが、引き続き下方硬直性を示しており、新年相場以降の巻き返しを期待させる動きとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場まちまち、ジャスダックは3日続伸で有終の美

新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数は反落、日経ジャスダック平均は3日続伸した。市場では「マザーズがなかなか心理的節目の1000ポイントを上回らない。12月に新規上場した銘柄が指数に加わるまでは、上値の重い展開が続きそうだ」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均はマイナス圏でもみあい、後場の振れ幅はわずか63円

後場の日経平均はマイナス圏でのもみあいとなっている。現在、前営業日比80円ほど安い2万8800円台前半。値動きに乏しく、後場の日経平均の値幅は上下約63円。国内では明日から4連休となるため、徐々に見送りムードが強まる展開となっている。

前場の日経平均は小幅続落、年末で見送り 米株高にも反応薄

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比20円79銭安の2万8886円09銭と、小幅続落。今年の最終売買日にあたり、明日から4連休を控え見送りムードが強くなっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、5日線回復 戻り基調に期待つなぐ

<15:45> 日経平均・日足は「中陽線」、5日線回復 戻り基調に期待つなぐ 日経平均・日足は上下にひげを伴う「中陽線」となった。25日移動平均線(2万8 720円00銭=21日)や200日線(2万8839円25銭=同)からの下方乖離は 依然として残るが、ひとまず5日線(2万8505円42銭=同)を回復した。MACD は、前日までにデッドクロスが危ぶまれたが、直前で回避し、かろうじてシグナルからの 上方乖離を維持。戻り基調への期待をつなぐ。 <15:32> 新興株市場は反発、自律反発狙いの買い 下落基調の中で小休止 新興株市場は、東証マザーズ...

日経平均は急反発、大幅安後の買い戻し優勢 米株先物高が支援

東京株式市場で日経平均は急反発した。前日までの大幅下落の反動もあって、自律反発狙いの買いが先行した。米株価指数先物が堅調に推移し投資家心理を支援、日経平均は2万8000円以下の水準での底堅さが意識された。一方、クリスマスを前に市場参加者は少なく、薄商いの中でボラティリティーの高まりへの警戒感も残っている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、自律反発狙いの買い 下落基調の中で小休止

<15:32> 新興株市場は反発、自律反発狙いの買い 下落基調の中で小休止 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が3日ぶりに反発した。前 日までの下落を受けて自律反発狙いの買いが活発化し、下落基調の中で小休止となった。 ただ、市場では「マザーズの需給は依然として悪く、下方リスクがつきまとう」(国内証 券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比1.77%高。メルカリ やそーせいグループ<456 5.T>の上昇が牽引した一方、プレミアアンチエイジング は軟調だった。 新規上場のラバブルマーケティンググループ は買いが膨...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場もしっかり、米株先の堅調な推移が支援

<13:26> 日経平均は後場も高値もみあい、米株先の堅調な推移が支援 日経平均は後場も高値圏でのもみあいを続けている。米主要3株価指数の先物がプラ ス推移を続けており、投資家心理を支援。中国株や香港株もしっかりとなっている。 前日の米国株は下落したが、引けにかけて持ち直す動きもみられ「今晩の米国市場で も持ち直しが続くとの期待もありそうだ」(国内証券)との声が聞かれる。 <11:35> 前場の日経平均は急反発、大幅安の反動などで買い戻し活発に 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比559円02銭高の2万8496円8 3銭と急反発した...

午前の日経平均は急反発、大幅安の反動などで買い戻し活発に

21日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比559円02銭高の2万8496円83銭と急反発した。前日までの大幅下落の反動もあって買い戻しが活発になり、全般は急速に引き戻した。テクニカル面では売られ過ぎを示唆する指標が目立つ一方、2万8000円以下の水準はチャート上で底堅くなるとの見方も出ている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみあい、買い戻し一巡後は一進一退

<10:25> 日経平均は高値もみあい、買い戻し一巡後は一進一退 日経平均は高値もみあい。寄り付き後はほぼ全面高商状だったが、買い戻しが一巡し た後は一進一退となっている。午前10時25分現在、東証1部の売買代金は7982億 0500万円と薄商い。 市場では「欧米でのオミクロン株への警戒感は高まっている上、海外勢のクリスマス 休暇を踏まえると、上値は積極的に買いにくい。テクニカル面から下げ過ぎのサインも出 ていたので、きょうのところは自律的な切り返しとみるべきだ」(国内証券)との声が聞 かれた。 <09:05> 日経平均は急反発、下げの...

寄り付きの日経平均は急反発、下げの反動で買い戻し 主力株中心に全面高

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比371円79銭高の2万8309円60銭と急反発してスタート。前日までの下げが急だった反動もあって買い戻す動きが活発化し、主力銘柄を中心にほぼ全面高商状となっている。

日経平均は大幅続落、中国利下げなど嫌気 2週間ぶりに終値2万8000円割れ

東京株式市場で日経平均は大幅続落した。米株安や中国の利下げなどが嫌気され、ほぼ全面安商状となった。全体的に薄商いとなる中、短期筋による先物の売り仕掛けが目立ったという。日経平均は終値で6日以来となる2万8000円割れとなった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、2万8000円を割り込む

<16:10> 日経平均・日足は「大陰線」、2万8000円を割り込む 日経平均・日足は上下に短めのひげを伴う「大陰線」となった。心理的な下値サポー トラインになるとみられた2万8000円を割り込むとともに、長短移動平均線との下方 かい離率が拡大し、弱気に傾斜する動きとなっている。 ただ、短期的には下げ過ぎとの印象が強いうえに、時価水準より下値の2万7000 円前半は支持線として強く意識されており、目先は自律反発のタイミングを計る場面と言 えそうだ。 <15:15> 新興株市場は続落、マザーズ指数が連日の年初来安値 新興株市場は、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、マザーズ指数が連日の年初来安値

<15:15> 新興株市場は続落、マザーズ指数が連日の年初来安値 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続落した。マザー ズ指数は連日の年初来安値更新。市場では「個人投資家が追い証発生で投げさせらる例が 目立っている」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場したHYUGA PRIMARY C は公開 価格を40%上回る3640円で初値を付けた後、ストップ高に買われた一方、グローバ ルセキュリティエキスパ は公開価格を43.57%上回る4020円で初値を付 けた後、ストップ安に沈むなど、高値発進の...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、2万8000円割れの水準で下げ渋る

<14:20> 日経平均は安値もみあい、2万8000円割れの水準で下げ渋る 日経平均は安値もみあい。下値の目安として意識されていた2万8000円を割り込 んだ後は下げ渋っている。これまでに2万7000円台では買いが入り下げ止まった経緯 があるため、短期筋の売りもこの水準ではいったん止まるとの指摘もあった。 市場では「個人投資家は追い証発生で懐が痛んでおり、押し目を積極的に買う動きと はならない一方、年末の損益通算に伴う売りも出やすいため、需給面はかなり厳しい状態 にある」(国内証券)との声が聞かれる。 <13:04> 日経平均は2万8000...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は2万8000円下回る、短期筋の売り仕掛けへの警戒感も

<13:04> 日経平均は2万8000円下回る、短期筋の売り仕掛けへの警戒感も 日経平均は後場に入って、戻りの鈍い動きを続けている。一時2万8000円を下回 り、12月7日以来の低水準に下落した。中国が利下げに動いたことで、中国景気への懸 念が出ているとの見方がある一方、市場では「市場参加者が少ないところ、短期筋の仕掛 け的な売りに振らされている印象」(国内証券)との指摘も根強い。 2万8000円割れの水準では押し目買いが支えになると期待する声がある一方、前 場の東証株価指数(TOPIX)は1.61%安で、市場で日銀の上場投資信託(ETF...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up