for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社バルカー

7995.T

現在値

3,160.00JPY

変化

-50.00(-1.56%)

出来高

31,700

本日のレンジ

3,160.00

 - 

3,195.00

52週レンジ

2,430.00

 - 

3,320.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,210.00
始値
3,190.00
出来高
31,700
3か月平均出来高
1.22
高値
3,195.00
安値
3,160.00
52週高値
3,320.00
52週安値
2,430.00
発行済株式数
17.72
時価総額
59,336.73
予想PER
9.07
配当利回り
4.25

次のエベント

Dividend For 7995.T - 90.0000 JPY

適時開示

その他

Valqua Ltd - To Buy Back Up To 1.24% Of Shares Worth 500 Million Yen

Shenzhen Wote Advanced Materials To Buy Stake In Valqua's Shanghai Subsidiary

Valqua President And CEO Toshikazu Takisawa To Become Chairman While Retaining CEO Role

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社バルカーとは

バルカーグループ(旧名:日本バルカー工業グループ)はシール製品事業、機能樹脂製品事業およびその他関連事業の製造・販売を主な事業としているほか、これらに附帯するサービス業務等を営む。【事業内容】シール製品事業の主要構成製品には、プラント・機器 関連製品、エラストマー製品、自動車部品、その他シール製品がある。機能樹脂製品事業は樹脂製品を提供。その他関連事業事業はその他の関連製品を提供する。

業種

Misc. Fabricated Products

連絡先

24F, ThinkPark Tower, 2-1-1, Osaki

SHINAGAWA-KU, TKY

141-6024

Japan

+81.3.54347370

http://www.valqua.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Toshikazu Takisawa

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Representative Director

Yoshihiro Hombo

President, Chief Operating Officer, Representative Director

Satoshi Ueki

Executive Officer, Director of Finance

Mutsuo Aoki

Senior Managing Executive Officer, Chief Technology Officer, Chief Quality Officer, Director

Mamiko Yatabe

Chief Compliance Officer, Managing Executive Officer

統計

1.50 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.0K

2021

0.0K

2022

0.1K

2023(E)

0.1K
EPS (JPY)

2020

165.850

2021

175.270

2022

273.980

2023(E)

349.950
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.04
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.99
株価純資産倍率(四半期)
1.27
株価キャッシュフロー倍率
5.81
総負債/総資本(四半期)
11.51
長期負債/資本(四半期)
7.96
投資利益率(過去12カ月)
16.02
自己資本利益率(過去12カ月)
12.01

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を下回る 200日線が支持線に

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線を下回る 200日線が支持線に 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万7327円11 銭。5日移動平均線(2万7380円17銭=31日)を10営業日ぶりに終値で下回っ たほか、厚みはないものの日足・一目均衡表の雲に再びつかまった。 節目の2万7500円での上値の重さが続いている一方、下方向では200日移動平 均線(2万7218円28銭=同)や75日線(2万7210円88銭=同)が通る2万 7200円が目先の支持線になりそうだ。 <15:30> 新興株はマザーズが小幅続伸...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが小幅続伸、好業績銘柄の物色も

<15:30> 新興株はマザーズが小幅続伸、好業績銘柄の物色も 新興株式市場は、マザーズ総合が0.28%高の775.93ポイントと、小幅に続 伸した。前日の米ナスダック総合の下落が投資家心理の重しになった一方、好業績を手掛 かりにした物色がみられた。東証グロース市場指数は0.26%高の983.4ポイント だった。 M&A総合研究所がストップ高となり、昨年来高値を更新した。キャンバス も高値を更新、そーせいグループは堅調だった。一方、ビジョナル<419 4.T>やウェルスナビは軟調。アクシージアはさえなかった。 <13:35> 日経平均は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場に下げ幅拡大、目先はレンジ推移の見方

<13:35> 日経平均は後場に下げ幅拡大、目先はレンジ推移の見方 日経平均は後場に下げ幅を拡大し、一時70円安に下落した。もっとも、現時点で下 げ幅は限定的だとして「基本的には米連邦公開市場委員会(FOMC)を前にした模様眺 めが続いている」(国内証券のストラテジスト)との声が聞かれる。 市場では、目先の手掛けにくさが意識されており、イベント通過までレンジでの値動 きとの見方が出ている。「心理的節目2万7500円の上値の重さが意識される一方、下 方向は(2万7200円付近を通る)200日線が支えになりそうだ」(国内証券のスト ラテジスト...

午前の日経平均は小反落、FOMCを控え一進一退 個別物色が活発化

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比3円81銭安の2万7429円59銭と、小幅に反落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表や米連邦準備理事会(FRB)議長会見を日本時間の明後日未明に控える中、前日終値を挟み一進一退となった。一方、決算を手掛かりにした個別物色は活発だった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、FOMC控え模様眺めに

<10:35> 日経平均は一進一退、FOMC控え模様眺めに 日経平均は前日終値を挟んだ一進一退が続いている。足元では40円安の2万740 0円付近となっている。 米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果公表や米連邦準備理事会(FRB)議長会 見を控える中、模様眺めとなってきており、市場では「上値は重そうだが下げも限られて おり、大きく崩れそうにない」(国内証券のアナリスト)との見方が聞かれる。 決算などを材料にした個別物色が活発化している。好決算の中部電力やオリ エンタルランドが買われた一方、見通しが市場予想を下回ったキヤノン は弱く、「...

寄り付きの日経平均は小幅続伸、一進一退で方向感乏しく

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比25円16銭高の2万7458円56銭と小幅に続伸して始まった。その後、マイナスとプラスを往来する一進一退の値動きとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ニッコンHLDGが買い優勢 M&Aキャピタルパートナーズは売り優勢

<08:23> 寄り前の板状況、ニッコンHLDGが買い優勢 M&Aキャピタル パートナーズは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気 売気 終値 率 配 配 配 1 ニッコンHLDG 20% 2,951 2,951 2,951 2,451 2 バルカー 18% 3,275 3,275 3,275 2,771 3 日本M&AセンターHLDG 16% 1,568 1,567 1,568 1,353 4 兼松エレクトロニクス 15% 6,185...

30日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

30日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> 社名 RIC 株数 自己株除く株式総数に対す 金額(上限) 取得期間 る% スタンレー電気 500万株 2.98 100億円 2/8─5/31 沖縄セルラー電 160万株(140万株) 3(2.6) 40億円(30億円 2022/5/10─2023/4/21 話 ) 日本バルカー工 22万株 1.24 5億円 1/31─4/28 業 *発行済み株式数に対する割合:発行済み株式数は、自己株を除く株式数 *1株当たり取得価格:立会外取引の場合は、特段...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を終値で維持 25日線は下回る

<15:44> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線を終値で維持 25日線は下回 る 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万6804円60銭。実体部分が小 さく十字線に近い形状で、気迷いを印象付ける。5日移動平均線(2万6677円71銭 =29日)を終値で上回り、下値の堅さがうかがわれる。前日にはパラボリックが陽転し 、MACDもゴールデンクロスした。一方、25日線(2万6989円09銭=同)を再 び下回った。スローストキャスティクスのデッドクロスが観測されており、売りシグナル への警戒も必要になりそうだ。 <15:08> 新興株...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、マイクロアドは公開価格下回る

<15:08> 新興株はマザーズが反落、マイクロアドは公開価格下回る 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.30%安の668.55ポイントと 反落した。前日の米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が大幅安となり、投資 家心理の重しとなった。マザーズは前日まで4連騰しており、利益確定や戻り待ちの売り が上値を抑えた。 グロース指数は同1.04%安の852.88ポイントだった。 値がさのメルカリやフリー、ビジョナルの下げが重しにな った。一方、ライフネット生命保険やGA technologies はしっかり。アドバンスト・メディア...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみ合い継続、株主総会明けの需給改善への期待も

<14:33> 日経平均は安値もみ合い継続、株主総会明けの需給改善への期待も 日経平均は安値もみ合いが継続している。TOPIXの浮動株比率見直しに伴うリバ ランスへの警戒感が重しとなっているほか、心理的節目2万7000円での上値の重さが 確認されたとして「買い上がる材料に乏しい状況」(国内証券)との声が聞かれる。 一方、きょうは株主総会の集中日で「総会を通過すれば、配当再投資で需給が改善し てくるのではないか」(別の国内証券)と期待する声も聞かれる。 東証33業種では、値下がりはゴム製品や海運業、ガラス・土石製品など23業種で 、値上がりは...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみ合い、月末月初を意識し模様眺め

<13:00> 日経平均は安値もみ合い、月末月初を意識し模様眺め 後場に入ってからの日経平均は安値もみ合いで、2万6700円台で推移している。 前場終盤の地合いを引き継ぎ上下いずれにも大きく振れる様子はなく、前引けをやや下回 る水準で一進一退となっている。 市場では「きょうから実質今年後半の相場がスタートしたが、月末事情に加え、月初 に経済指標の発表を多数控えていることなどが意識されており、全般的に模様眺めとなっ ている」(国内証券)との声が聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は反落、米株安を嫌気 値がさ株中心に軟調 前場の東京株式市場...

午前の日経平均は反落、米株安を嫌気 値がさ株中心に軟調

29日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比289円48銭安の2万6759円99銭と反落した。前日の米国株式市場の下落を嫌気し値がさ株を中心に軟調な展開で、中盤から下げ渋ったものの、6月末の配当権利落ち分約33円も加わり終始さえない動きとなった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋る、時間外取引で米先物が底堅く推移

<11:15> 日経平均は下げ渋る、時間外取引で米先物が底堅く推移 日経平均は下げ渋る展開となっている。上値の重さが引き続き気にされているが、時 間外取引で米株先物が底堅く推移しているため、米国株式市場の反発を読んだ場合、これ 以上は売り込みにくいという。 市場では「世界的に物価に対してナーバスになっているが、国内要因としても注目度 が高まってきた。そうした中、月末月初で経済統計が多数発表されるため、身動きが取れ なくなる」(国内証券)との声が聞かれる。 <10:11> 日経平均は下げ幅拡大、330円安 値がさ株の一段安が重し 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、330円安 値がさ株の一段安が重し

<10:11> 日経平均は下げ幅拡大、330円安 値がさ株の一段安が重し 日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比約330円安の2万6700円台前半で推移 している。値がさ株の下げが加速しており、相場の重しとなっている。ファーストリテイ リング、ソフトバンクグループの2銘柄で日経平均を約50円押し下げ ている。 市場では、ここ数日は材料に乏しく、米国をはじめとする経済指標に一喜一憂する展 開が続いている。一方で「マーケット参加者の間では、トヨタやダイキンなどは政策保有 株が多く、売り需要が発生しているのではないかとの観測がある」(国内証券)...

寄り付きの日経平均は反落、値がさ株や半導体関連株が軟調

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比235円24銭安の2万6814円23銭と、反落してスタートした。前日の米株安の流れを引き継ぎ、幅広い業種で売りが先行。ソフトバンクグループなどの値がさ株や、東京エレクトロン、アドバンテストなど半導体関連株も軟調に推移し、日経平均を押し下げている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、オエノンHDは買い優勢 メイテックは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、オエノンHDは買い優勢 メイテックは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 オエノンHLDG 26% 389 388 389 309 2 リログループ 21% 2,68 2,68 2,68 2,21 0 0 0 2 3 日伝 19% 2,28 2,28 2,28 1,91 6 5 6 7 4 ユアテック 18% 850 849 850 717 5 アイダエンジニアリング...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up