for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社三陽商会

8011.T

現在値

875.00JPY

変化

-3.00(-0.34%)

出来高

44,200

本日のレンジ

862.00

 - 

889.00

52週レンジ

583.00

 - 

1,164.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
878.00
始値
888.00
出来高
44,200
3か月平均出来高
1.32
高値
889.00
安値
862.00
52週高値
1,164.00
52週安値
583.00
発行済株式数
12.13
時価総額
11,045.07
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2023 Sanyo Shokai Ltd Earnings Release

適時開示

その他

RMB Opposes Shareholder Proposals At Sanyo Shokai Regarding Restricted Stocks, Dividend Increase

Sanyo Shokai Says 247 Workers Accepted Voluntary Retirement, To Book Around 2.2 Billion Yen Special Loss

Sanyo Shokai to offer early-retirement program

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社三陽商会とは

三陽商会グループは、衣料品等繊維製品の製造・販売を主な事業内容とする。【事業内容】同社はアパレルを核とするファッション関連事業を運営する。同事業は、衣料品の製造・販売・縫製加工および海外生産支援業務を行う。

業種

Apparel/Accessories

連絡先

6-14, Yotsuyahonshio-cho

SHINJUKU-KU, TKY

160-0003

Japan

+81.3.33574111

https://www.sanyo-shokai.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Shinji Oe

President, Executive President, Chief Operating Officer, Chief Senior Director of Business, Representative Director

Yasutoshi Omura

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Accounting and Finance

Ikuro Kato

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Business, Chief Director of Marketing & Digital Strategy, Director

Tsuyoshi Furukawa

Managing Executive Officer, Chief Director of Human Resources and General Affairs, Director of Human Resources

Shinji Sakaida

Managing Executive Officer, Deputy Chief Director of Business

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
17.54
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.29
株価純資産倍率(四半期)
0.31
株価キャッシュフロー倍率
6.49
総負債/総資本(四半期)
22.97
長期負債/資本(四半期)
5.22
投資利益率(過去12カ月)
1.75
自己資本利益率(過去12カ月)
1.27

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、強い基調を維持

<16:00> 日経平均・日足は「小陽線」、強い基調を維持 日経平均・日足は上ヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万8246円53銭。 長短移動平均線を全て突破し、強い基調を維持している。ただ、25日線(2万6983 円08銭=9日)からの乖離率は4.68%と、買われ過ぎの目安とされる5%に接近し ている。当面は高値に対する警戒感に上値を抑えられやすい。 <15:40> 新興株市場はマザーズが続伸、個人投資家が復帰 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比2.93%高の699.12ポイントと 続伸した。市場では「底打ち期待感で、個人投資家...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが続伸、個人投資家が復帰

<15:40> 新興株市場はマザーズが続伸、個人投資家が復帰 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比2.93%高の699.12ポイントと 続伸した。市場では「底打ち期待感で、個人投資家が新興市場に戻りつつある。米長期金 利は3%を超えているものの、5月ほどの高水準ではないため、警戒感はあまりない」( 国内証券)との声が聞かれる。 個別では、メルカリ、フリー、ウェルスナビがしっかり。 メディネット、アドベンチャーはさえなかった。 ANYCOLORは上場2日目のきょう、公開価格の3.1倍の4810円 で初値を形成し、ストップ高水準の5510...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値追い、3月戻り高値を上回る

<14:10> 日経平均は上値追い、3月戻り高値 を上回る 日経平均は前営業日比150円超高の2万8300円台後半。3月25日の戻り高値 2万8338円81銭を上回った後もじり高の展開となっている。日経平均は前日までに 4日続伸したため、高値警戒感は強いものの、市場では「円安基調や経済再開への期待感 で上値余地はまだある」(国内証券)との声が聞かれる。 午後2時現在の東証プライム市場の売買代金は2兆0979億2500万円。明日は メジャーSQ(特別清算指数)算出のほか、米国で5月の米消費者物価指数(CPI)の 公表を控えているため、手控...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小じっかり、3月戻り高値を巡り攻防

   <13:05> 後場の日経平均は小じっかり、3月戻り高値を巡り攻防 後場の日経平均は小じっかりとなっている。前引け時点より高く始まり、一時98円 65銭高の2万8332円94銭をつけた。 3月25日の戻り高値2万8338円81銭まであと約6円に迫ったが、利益確定や 戻り待ちの売りに上値を抑えられた。市場では短期的な過熱感への警戒がくすぶる一方、 「戻り高値を上回れば、売り方の買い戻しが強まるのではないか」(国内証券)との思惑 も聞かれる。 WTI原油先物が小じっかり推移する中、鉱業や石油・石炭製品が前引け時点に比べ て上げ幅を拡大...

前場の日経平均は続伸、円安と過熱警戒の綱引きで一進一退に

前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比44円16銭高の2万8278円45銭と続伸した。小安く寄り付いた後は、前日終値を挟んだ一進一退となった。円安進行による輸出企業などの業績改善期待と、連日の株高を受けた短期的な過熱感への警戒とが綱引きになった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、メジャーSQ前に短期的動きも

   <11:00> 日経平均は一進一退、メジャーSQ前に短期的動きも 日経平均は、前日終値を挟んだ一進一退となっている。3月25日の戻り高値2万8 338円81銭を前に利益確定売りが上値を抑えているほか、市場では「明日のメジャー SQ(特別清算指数)算出を控えて短期的な動きもありそうだ」(国内証券)との見方が 出ていた。 円安による輸出企業の業績改善期待を背景に、トヨタ自動車などの自動車株 がしっかり。原油高を受けてINPEXを含む鉱業も高い。一方、米フィラデル フィア半導体指数(SOX指数)の下落を受けて、東京エレクトロンなど半導体...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高で推移、3月戻り高値を意識し伸び悩む

<10:05> 日経平均は小幅高で推移、3月戻り高値を意識し伸び悩む 日経平均は小幅高で推移している。米株安にもかかわらずしっかりとなるなど、強い 基調を維持しているものの、買い一巡後は足踏み状態。3月25日の戻り高値2万833 8円81銭が上値の節目として強く意識されていることも伸び悩む要因という。 市場では「3月高値は、これをクリアするとチャートの逆三尊のパターンが確定する ため、売り方にとっては最後のよりどころ。最後の強力な節目とも言える」(国内証券) との声が聞かれた。 一方「直近で約800円上昇したため、テクニカル面では過熱感...

寄り付きの日経平均は小反落、シカゴ先物にサヤ寄せ 円安で輸出関連株物色

  寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比44円94銭安の2万8189円35銭と、小反落のスタートとなった。シカゴ日経平均先物にサヤ寄せする形で安く始まったものの、すかさず切り返し、一時プラスに転じた。ドル高/円安の進行で輸出関連株が広範囲に買われている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、Orchestra買い優勢 アイ・アールは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、Orchestraは買い優勢 アイ・アールは 売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況は、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群は 以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気配 終値 率 配 1 Orchestra HLDG <6533. 7% 2,800 2,799 2,800 2,621 T> 2 トレジャー・ファクトリー 7% 1,166 1,165 1,166 1,094 3 グルメ杵屋 6% 1,108 1,107 1,108 1,043 4 宮地エンジニアリンググループ <...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、底堅く推移すれば値固めに

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、底堅く推移すれば値固めに 日経平均・日足は比較的長めの上ヒゲを伴う、ほぼ大引けが「坊主」の「小陰線」と なった。終値は2万6604円84銭。終値が25日移動平均線(2万6687円08銭 =26日)を引き続き下回ったほか、長い上ヒゲが示すように2万7000円近辺は重い との印象を強くしている。 下値をわずかながら切り上げ、ずるずると下げなかったことは注目点だが、当面は時 価で踏み止まれるかどうかがポイント。翌日も抵抗感なく下げるようであれば、下値模索 となるとみられる一方、ここで底堅さを増せば、...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はマザーズ総合が反発、米株落ち着きを好感

<15:05> 新興株式市場はマザーズ総合が反発、米株落ち着きを好感 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.63%高の647.25ポイントと なり、反発した。前日の米国株式市場が落ち着きを取り戻したことが好感され、全般は切 り返しに転じた。 前日まで下値を模索していたメルカリが反発したほか、QDレーザ がストップ高。FRONTEO、ウェルスナビなどもしっかり。半面、 ストレージ王が大幅安となった。   <14:35> 日経平均は弱もちあい、方向感を欠き模様眺めムードが支配 日経平均は弱もちあい。再び前日比マイナスに沈んだものの、前場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は弱もちあい、方向感を欠き模様眺めムードが支配

   <14:35> 日経平均は弱もちあい、方向感を欠き模様眺めムードが支配 日経平均は弱もちあい。再び前日比マイナスに沈んだものの、前場の安値を割り込ま ずに下値では底堅く推移している。 市場では「新たな材料が見当たらずに、全般的に方向感を欠いている。模様眺めムー ドが支配している状況だ」(国内証券)との声が聞かれた。 テクニカル面で、日経平均は25日移動平均線に収れんした格好となっており、同線 近辺での動きが続くとの見方も出ていた。 <13:20> 後場入り後はもみあい、上値の重さを引き続き意識 後場の日経平均はもみあいの動きとなり...

〔マーケットアイ〕株式:後場入り後はもみあい、上値の重さを引き続き意識

<13:20> 後場入り後はもみあい、上値の重さを引き続き意識 後場の日経平均はもみあいの動きとなり、2万6600円台で推移している。引き続 き手掛かり材料難となる中、上値の重さが意識される状況。市場では「2万7000円が 心理的な壁として注目されている。これを突破するには新たな材料が必要だ」(国内証券 )との声が聞かれた。    <11:50> 前場の日経平均は小反発で7円高、ハイテク株安が上値抑える 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比7円91銭高の2万6685円71銭 と、小幅に反発した。朝方は200円超高と堅調に推移したが...

午前の日経平均は小反発で7円高、ハイテク株安が上値抑える

26日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比7円91銭高の2万6685円71銭と、小幅に反発した。朝方は200円超高と堅調に推移したが、その後値を消し、前日終値(2万6677円80銭=25日)近辺でのもみあいが続いた。外為市場でのドル/円の動向や値がさハイテク株の値動きに左右される展開となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏、円高やハイテク株安が重し

<11:00> 日経平均はマイナス圏、円高やハ イテク株安が重し 日経平均は上げ幅を縮小し、マイナス圏に転落した。足元の株価は前営業日比50円 ほど安い2万6600円台半ばでのもみあいとなっている。外為市場での円高基調やハイ テク株の下落が嫌気されているという。ドル/円は現在1ドル=127.30円近辺。 個別では、東京エレクトロン、アドバンテストなどの半導体製造関 連が下げ幅を拡大し、日経平均を約70円押し下げている。米半導体設計大手のエヌビデ ィアの第2・四半期の売上高見通しが市場予想を下回ったことを受け、利益確定 売りが先行している...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏、リオープン関連が高い インバウンド再開への思惑

<10:08> 日経平均は高値圏、リオープン関連が高い インバウンド再開への 思惑 日経平均はきょうの高値圏でもみあっている。一時200円超高に上昇した。 業種別では、空運業や不動産業が上昇率で上位となっており、市場では「インバウン ド再開への期待でリオープン(経済再開)銘柄が物色されている」(国内証券)との声が 聞かれる。 外食や百貨店、電鉄、レジャー関連なども堅調な銘柄が目立つ。ANAホールディン グスやJR東日本、三菱地所、エイチ・アイ・エスな どが高い。 <09:08> 日経平均は小幅反発スタート、米株高を好感 半導体の一角は安...

寄り付きの日経平均は小幅反発スタート、米株高を好感 半導体の一角は安い

  寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比7円22銭高の2万6685円02銭と、小幅に反発してスタートした。前日の米株高を好感する形となっている。足元では100円超高に上げ幅を拡大している。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、C&FロジHLDGが買い優勢 グリムスは売り優勢

<08:28> 寄り前の板状況、C&FロジHLDGが買い優勢 グリムスは売り 優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 C&FロジHLDG 23% 1,30 1,30 1,30 1,05 0 0 0 4 2 ODKソリューションズ <3839. 18% 643 642 643 543 T> 3 博報堂DY HLDG 15% 1,45 1,44 1,45 1,26 0 9 0 0 4 ペプチドリーム 13% 1,83...

三陽商会、通期の売上高見通し下方修正 コロナの影響続くと想定

三陽商会は7日、2022年2月期の売上高見通しを従来の440億円から415億円に下方修正した。新型コロナウイルスの感染者は減少傾向にあるものの、アパレル業界の消費環境への影響が今年度中は続くとみている。

三陽商会の希望退職、募集人員上回る180人が応募

三陽商会は21日、1月に募集した希望退職(募集人員150人程度)に180人の応募があったと発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up