for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ゴールドウイン

8111.T

現在値

8,050.00JPY

変化

-80.00(-0.98%)

出来高

123,100

本日のレンジ

8,020.00

 - 

8,190.00

52週レンジ

5,610.00

 - 

8,620.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8,130.00
始値
8,160.00
出来高
123,100
3か月平均出来高
2.46
高値
8,190.00
安値
8,020.00
52週高値
8,620.00
52週安値
5,610.00
発行済株式数
45.00
時価総額
385,753.60
予想PER
22.76
配当利回り
1.05

次のエベント

Dividend For 8111.T - 25.0000 JPY

適時開示

その他

Goldwin completes share repurchase

Goldwin updates share repurchase status

Goldwin buys back 71,900 shares for 546 mln yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ゴールドウインとは

ゴールドウイングループは、主に繊維製品を中心に各種スポーツ用品関連事業を行う。【事業内容】登山用ウエア、マリンウエア及びアウトドア用品等のアウトドア関連ブランド商品、トレーニングウエア、テニスウエア、フィットネスウエア、スイムウエア、ラグビーウエア及びゴルフウエア等のアスレチック関連ブランド商品、スキーウエア及びスノーボードウエア等のウインター関連ブランド商品、並びに機能アンダーウエア、ハイテックウエア(防塵服)及び相手先ブランド名製造(OEM)製品等を提供する。また、ゴルフ場の運営、旅行代理店業務、損害保険代理店業務及び不動産関連事業等も行う。

業種

Apparel/Accessories

連絡先

2-20-6, Shoto

SHIBUYA-KU, TKY

150-8517

Japan

+81.3.34817201

http://www.goldwin.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Akio Nishida

Chairman of the Board, President of Subsidiary, Representative Director

Takao Watanabe

President, Representative Director

Kunihiko Ishii

Director of Finance in Main Administration Unit

Eiichiro Homma

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Global, President of Subsidiary, Director

Yoshiteru Nishida

Senior Managing Executive Officer, Director

統計

1.50 mean rating - 6 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.1K

2021

0.1K

2022

0.1K

2023(E)

0.1K
EPS (JPY)

2020

237.890

2021

236.640

2022

316.300

2023(E)

360.920
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.44
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.77
株価純資産倍率(四半期)
5.91
株価キャッシュフロー倍率
26.81
総負債/総資本(四半期)
5.93
長期負債/資本(四半期)
4.02
投資利益率(過去12カ月)
25.34
自己資本利益率(過去12カ月)
17.47

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線を終値で回復

   <15:44> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線を終値で回復 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万6812円30銭。25日移動平 均線(2万6679円04銭=11日)を6月28日以来、9営業日ぶりに終値で回復し 、強い基調を維持。75日線(2万6948円78銭=同)や、心理的節目2万7000 円、日足・一目均衡表の雲上限(2万7056円31銭=同)をこなして、上昇に弾みを つけるかが目先の焦点となる。 <15:08> 新興株はマザーズが反落、米ナスダック先物の軟調推移が重し 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、米ナスダック先物の軟調推移が重し

   <15:08> 新興株はマザーズが反落、米ナスダック先物の軟調推移が重し 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.43%安の679.55ポイントと 反落した。グロース市場指数は0.29%安の862.51ポイントだった。時間外取引 で、ハイテク株比率の高いナスダック先物が軟調に推移して投資家心理の重しになった。 値がさのメルカリや、フリー、そーせいグループの下げが 影響した。一方、フリークアウトホールディングスはしっかり。キャンバス<457 5.T>やFRONTEOはストップ高となった。 <14:20> 日経平均はもみ合い、安定政権...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみ合い、安定政権への期待が支援 米景気懸念と綱引き

   <14:20> 日経平均はもみ合い、安定政権への期待が支援 米景気懸念と綱引 き 日経平均は300円高程度となる2万6800円台前半でのもみ合いとなっている。 プライム市場では9割近い銘柄が上昇し、全面高に近い商状が継続。参議院選挙が与党勝 利となったことで「政権の安定面から、日本株への評価の高まりが期待できる」(国内証 券)との見方が聞かれる。 一方、米景気への懸念は根強く、米消費者物価指数(CPI)の発表を13日に控え て、上値も重い。時間外取引の米株先物や、上海株は軟調に推移している。 午前中には一時、心理的節目2万7000...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は高値もみあい、円安で輸出関連が堅調

   <13:05> 後場の日経平均は高値もみあい、円安で輸出関連が堅調 後場の日経平均は高値もみあい。前引けの水準を上回り、2万6800円台の後半で 推移している。外為市場でドル高/円安が進行しており、それを受けて輸出関連株が堅調 を持続、株価を支えている状況だ。 市場では「円安が輸出株に追い風となっており、今月下旬の決算発表シーズンに向け て上方修正期待が高まることが想定されている。その点から当面は底堅く推移しているの ではないか」(国内証券)との声が聞かれる。 <11:40> 前場の日経平均は続伸、参院選与党勝利受け一時2万7000...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続伸、参院選与党勝利受け一時2万7000円回復

   <11:40> 前場の日経平均は続伸、参院選与党勝利受け一時2万7000円回復 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比269円81銭高の2万6787円0 0銭と、続伸した。参議院選挙で与党勝利の結果が買い安心感をもたらしたほか、ドル高 /円安の進行が輸出関連株を支える要因となり、一時、6月28日以来の2万7000円 回復となった。ただ、その水準は戻りの節目として強く意識され、中盤からは伸び悩む展 開。高値圏でのもみあいとなっている。 前週末8日米国株式市場は不安定な値動きの後、前日比ほぼ横ばいで取引を終了。注 目された6月米雇用統計...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅を縮小、円安意識し輸出株が堅調持続

<10:55> 日経平均は上げ幅を縮小、円安意識し輸出株が堅調持続 日経平均は上げ幅を縮小している。2万7000円を回復した後は、利益確定売りに ジリジリと値を消す展開となり、午前10時50分現在では始値を下回る現在安。テクニ カル的には6月28日の戻り高値2万7062円31銭とほぼ並んで止まり、この高値が 節目として強く意識された格好だ。 一方、物色面では「ドル/円が137円台まで円安に振れたことが意識された」(国 内証券)ことによって、輸出関連株が堅調を持続している。 <09:50> 日経平均は上げ幅拡大、2万7000円回復 岸田政権長期化...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、2万7000円回復 岸田政権長期化に期待感

<09:50> 日経平均は上げ幅拡大、2万7000円回復 岸田政権長期化に期待感 日経平均は上げ幅を拡大して、前営業日比約480円高の2万7000円近辺で推移 し、6月28日以来の高水準となっている。一時、2万7062円17銭まで上昇する場 面もあった。参院選の結果を受けて、「岸田政権が長期安定政権になるのではないかとの 期待が高まり、日本株にとってプラスの材料となっている」(国内証券)との声が聞かれ る。 ただ、今週は6月分の米消費者物価指数(CPI)の公表を控えており、結果を見極 めたいとの思惑から「日経平均は2万7000円近辺まで...

寄り付きの日経平均は3日続伸、参院選受け幅広い業種で買い

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比375円54銭高の2万6892円73銭と、3日続伸してスタートした。寄り付き後も上値を伸ばし、400円超高となっている。10日に投開票を終えた参議院選挙では、連立与党の自民・公明が改選124の過半数獲得を確実にし、これを好感する形で幅広い業種で買いが先行している。東証33業種では、繊維業以外の32業種が値上がりしている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ジェイテクトは買い優勢 ブラザー工業は売り優勢

<08:23> 寄り前の板状況、ジェイテクトは買い優勢 ブラザー工業は売り優 勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 ジェイテクト 30% 1,30 1,30 1,30 1,00 9 9 9 9 2 ワキタ 25% 1,48 1,48 1,48 1,18 7 6 7 7 3 マックス 25% 2,03 2,03 2,03 1,63 1 1 1 1 4 ツムラ 22% 3,86 3,86 3,86 3,16 0...

8日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

8日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ゴールドウイン 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.98%にあたる 46万株、取得総額30億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月1日から 6月30日。 ・インタースペース 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.9%にあたる 6万株、取得総額5000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月9日か ら6月30日。 ・アイケイ 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.18%にあたる25万 株、取得総額1億円を上限とする自社株買いを...

26日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

26日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。 <自社株買い> ・ほくやく・竹山ホールディングス 、自己保有株を除く発行済み株式総数の1.7%に当た る40万株、取得総額3億2000万円を上限とする自社株買いを実施へ。8月27日午前8時30分から 8時50分までの申し込み分の札幌証券取引所立会外自己株式取得取引で買い付けの委託を行う。買い付け 価格は8月26日終値の745円。 ・ヤマト 、自己保有株を除く発行済み株式総数の0.62%に当たる15万9000株、取得 総額9985万2000円を上限とする自社株買いを...

14日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

14日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・じげん 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.7%にあたる300万株 、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月15日から202 1年5月14日。 ・ゴールドウイン 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.85%にあたる 40万株、取得総額26億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は6月開催予定 の定時株主総会終了後から9月30日まで。 ・Lib Work 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.9%にあた る5万株、取得総額...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=21日

0.31%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ブレインパッド 22.08 02 Olympicグループ 27.48 03 フジ・コーポレーション 27.96 04 朝日ネット 27.97 05 ゴールドウイン 28.05 06 デリカフーズHLDG 29.47 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の 割合  

ホットストック:ゴルドウインやハブが軟調、ラグビーW杯の日本敗退で

ゴールドウインは続落。ラグビーワールドカップ(W杯)で日本が南アフリカに敗れ、材料出尽くし感が出ているという。「ブランドの販売が好調だが、ここ最近の上昇はワールドカップを意識したところが強く、にわかファンの増加を背景に思惑的な買いも入りやすかった」(国内証券)との声が出ていた。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=5日

0.21%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ブイキューブ 22.39 02 アズワン 26.18 03 フリュー 29.25 04 アイティフォー 29.95 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割 合  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=20日

RIC 銘柄名 01 日本甜菜製糖 02 キーコーヒー 03 カナミックネットワーク 04 サイバネットシステム 05 科研製薬 06 TDCソフト 07 アジュバンコスメジャパ ン 08 大成ラミック 09 富士興産 10 TOYO TIRE 11 日本特殊陶業 12 タツタ電線 13 三洋工業 14 イオン北海道 15 丸文 16 キヤノン電子 17 SHO―BI 18 三井物産 19 スターゼン 20 新生銀行 21 オリックス 22 ジャフコ 23 福山通運 24 NSユナイテッド海運 25 中央倉庫  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=5日

20.42%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ヤフー 13.42 02 ヘリオス テクノ HLDG 15.27 03 わかもと製薬 15.86 04 福井コンピュータHLDG 15.90 05 GSIクレオス 16.52 06 JVCケンウッド 18.11 07 ミタチ産業 18.27 08 ナカノフドー建設 18.61 09 田淵電機 18.85 10 東邦アセチレン 18.85 11 東テク 18.93 12 サムコ 19.12 13 エスペック 19.14 14 日本水産 19.30 15 名古屋銀行 20.01 (*):RSI...

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=5日

86.58%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ユー・エム・シー・エレクト -26.67 ロニ 02 コニカミノルタ -23.18 03 トピー工業 -19.67 04 イーブックイニシアティブ -19.61 05 古河電気工業 -19.54 06 神戸製鋼所 -19.43 07 エスケイジャパン -18.51 08 ダブル・スコープ -18.26 09 富士興産 -18.06 10 ディー・エル・イー -17.40 11 東洋製罐グループHLDG -17.14 12 島精機製作所 -17.04 13 トクヤマ -16.80 14...

2日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

2日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・アシックス 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.76%にあたる90 0万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は8月5日から 12月31日。 ・あらた 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.5%にあたる80万株、 取得総額30億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は8月5日から2020年 1月31日。 ・日本セラミック 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.74%にあたる 20万株、取得総額6億円を上限とする自社株買...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up