for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社髙島屋

8233.T

現在値

1,300.00JPY

変化

-25.00(-1.89%)

出来高

1,567,200

本日のレンジ

1,285.00

 - 

1,325.00

52週レンジ

977.00

 - 

1,379.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,325.00
始値
1,325.00
出来高
1,567,200
3か月平均出来高
23.82
高値
1,325.00
安値
1,285.00
52週高値
1,379.00
52週安値
977.00
発行済株式数
166.73
時価総額
231,087.30
予想PER
19.81
配当利回り
1.85

次のエベント

Q1 2023 Takashimaya Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Takashimaya Investing 1.3 Bln Yen In Construction, Operation Of K-12 School In Hanoi - Nikkei

Takashimaya trims full-year outlook on slower tourist spending

Takashimaya Co Ltd - Yoshio Murata To Become President Effective March 1

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社髙島屋とは

髙島屋グループは主に百貨店業を主要業務として、不動産業、金融業及び建装業等に従事する日本の会社である。【事業内容】同社は4つの事業を運営する。百貨店業は商品の供給、商品券等の共通取扱を行う。不動産業は同社グループの不動産管理とショッピングセンター等の運営を行う。金融業はクレジットカードの発行及びグループ各社の金融業を行う。建装事業は内装工事の受注・施工を行う。同社はまたグループ各社へ商品の供給、通信販売事業その他を行う。

業種

Retail (Department & Discount)

連絡先

5-1-5, Namba, Chuo-ku

OSAKA-SHI, OSK

542-8510

Japan

+81.6.66311101

https://www.takashimaya.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Koji Suzuki

Chairman of the Board, Representative Director

Yoshio Murata

President, Representative Director

Kazuhisa Yokoyama

Senior Executive Officer, Deputy Chief Director of Main Planning Unit, Director of Finance

Shinsuke Kuramoto

President of Subsidiary, Director

Tsunetaka Kameoka

Senior Managing Director, Chief Director of Sales, Manager of Life Design Office, Representative Director

統計

3.25 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.9K

2021

0.7K

2022

0.8K

2023(E)

0.4K
EPS (JPY)

2020

93.290

2021

-203.740

2022

32.140

2023(E)

65.628
株価売上高倍率(過去12カ月)
124.65
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.30
株価純資産倍率(四半期)
0.54
株価キャッシュフロー倍率
6.13
総負債/総資本(四半期)
75.83
長期負債/資本(四半期)
69.02
投資利益率(過去12カ月)
0.81
自己資本利益率(過去12カ月)
0.53

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:高島屋が年初来高値更新、訪日外国人観光客の受け入れ再開で

高島屋が上昇し、24日に付けた年初来高値1279円を更新した。来月10日に訪日外国人観光客の受け入れが再開されることになり、先行きインバウンド需要が高まるとの期待から物色されている。

ホットストック:百貨店株が堅調、インバウンド再開による爆買いを先取り

高島屋が連日の新高値更新となったほか、三越伊勢丹ホールディングス、丸井グループなども年初来高値近辺で推移するなど百貨店株が堅調となっている。コロナ禍の落ち着きとともに、国内消費の回復が期待されるとともに、インバウンド再開が読まれるなど、アフターコロナの側面が強調されている。

ホットストック:イオンなどしっかり、3月のSC既存店売上プラスを受け

イオン、セブン&アイ・ホールディングスなど消費関連の一角がしっかり。日本ショッピングセンター(SC)協会が25日発表した3月のSC既存店売上高が前年比2.3%増となったことを受け、買い優勢となっている。

ホットストック:高島屋が年初来高値を更新、通期見通しや構造改革を好感

高島屋が大幅に続伸し年初来高値を更新した。足元の株価は4%超高で東証プライム市場の値上がり率第7位。11日に発表した2023年2月期通期の連結業績見通しが市場予想を上回ったことや、髙島屋立川店の営業終了を発表したことなどが好感されている。

不安定、米引き締め警戒くすぶる 企業決算にも関心=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、不安定な展開が想定されている。ウクライナ情勢や中国での新型コロナウイルスの感染動向など外部環境に不透明要因が多い中、米金融引き締めへの警戒感もあらためて浮上している。米連邦準備理事会(FRB)の政策判断で重要となる物価指標の発表前後には、相場が振れることもありそうだ。安川電機の良好な決算が、製造業の株価を支援するかも注目される。

今日の株式見通し=弱含み、米長期金利上昇を警戒 安川電の好決算は支えに

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、弱含みの展開が想定されている。米長期金利が上昇しており、値がさのハイテク株や高PER(株価収益率)株の重しになりそうだ。安川電機の良好な決算は、製造業株価の支えになるとみられている。

不安定、米引き締め警戒くすぶる 企業決算にも関心=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、不安定な展開が想定されている。ウクライナ情勢や中国での新型コロナウイルスの感染動向など外部環境に不透明要因が多い中、米金融引き締めへの警戒感もあらためて浮上している。米連邦準備理事会(FRB)の政策判断で重要となる物価指標の発表前後では、相場が振らされることもありそうだ。安川電機の決算内容が、製造業企業への投資家センチメントに影響するかも注目される。

ホットストック:HISなどリオープン関連の物色広がる、まん延防止解除が手がかり

エイチ・アイ・エスなど旅行関連やANAホールディングスなど空運といった経済再開(リオープン)関連の物色が広がっている。HISは4%超高、ANAHDは2%超高。

ホットストック:HISなどリオープン関連が堅調、国内感染ピークアウトの思惑も

エイチ・アイ・エスが6%超高のほかANAホールディングスが5%超高となるなどリオープン(経済再開)関連で大幅高の銘柄が目立っている。市場では「国内でのオミクロン株による感染拡大でピークアウトの思惑がありそうだ」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、終値は5日移動平均を上回る

日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴う「小陽線」となった。下値の抵抗力の強さを感じさせる形状となっている。終値は2万6526円82銭と、5日移動平均線(2万6466円92銭=28日)を7営業日ぶりに上回り、短期的な強気シグナルを示唆している。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、マザーズ3%超高 底打ちの兆し

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続伸した。前週末の米国株式市場でナスダック総合のしっかりとした値動きが支援材料となり、マザーズ銘柄を買い戻す動きがみられた。市場では「底打ち感が意識されはじめている」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均はレンジ内でもみあい、小型株などがしっかり

後場の日経平均は前営業日比50円ほど安い2万6400円台前半と前場レンジ内(2万6262円─2万6644円)でのもみあいとなっている。時間外取引での米株先物の下げ幅縮小を受け、日経平均も前場引けの水準からじわじわとプラス圏に接近する展開となっている。

前場の日経平均は反落、対ロ制裁影響を警戒 協議進展に期待

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比83円08銭安の2万6393円42銭と、反落して午前の取引を終えた。対ロ制裁が世界経済に与える影響が警戒され相場の重しになった。一方、ウクライナとロシアによる協議進展への期待感が支えとなり、前週末の終値を挟んだ一進一退の不安定な値動きとなった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は再びマイナス圏、米株先物の軟調な推移が重し

日経平均は一時プラスに転換したが、足元では再びマイナスに沈んでいる。米株先物が軟調な推移を続けており、相場の重しになっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス転換、ウクライナとロシアの協議進展への期待感が支援

日経平均はプラスに転換し、上げ幅を広げている。東証1部の値上がり銘柄は68%、東証33業種では32業種がプラスとなっている。市場では「ウクライナとロシアの協議進展への期待感が支援している」(国内証券)との声が聞かれた。

ホットストック:リオープン銘柄がしっかり、コロナ感染ピーク越えに期待感

リオープン(経済活動の再開)関連銘柄がしっかり。個別では、西日本旅客鉄道、名古屋鉄道、西武ホールディングスなどの電鉄株が大幅高となっているほか、三越伊勢丹ホールディングス、高島屋などの百貨店株やANAホールディングス、日本航空も1%超高での値動きとなっている。

日経平均は小反発、割安感に着目の買いが支え

東京株式市場で日経平均は小幅に反発した。米金融引き締めへの警戒感は引き続きくすぶるものの、日本株は割安感が意識され、自律反発を期待した買いが相場を支援した。決算などを手掛かりとする個別物色も活発だった。

ホットストック:Jフロントなど百貨店は堅調目立つ、初売り3―5割増報道を好感

J.フロント リテイリングや高島屋などの百貨店株では堅調な銘柄が目立っている。大手百貨店4社の初売りの売上高が前年比3─5割増だったと報じられ、手掛かりとなっている。

高島屋、3─8月期は44億円の純損失に修正 コロナでの休業要請響く

高島屋は12日、2022年2月期第2四半期(3─8月期)の連結最終損益見通しを44億円の赤字に修正したと発表した。従来予想は35億円の黒字だった。

再送-ホットストック:旅行や空運などリオープン銘柄が大幅上昇、宣言解除の思惑で

レジャー・旅行関連や空運、陸運のほか、外食や百貨店といった新型コロナウイルスの感染拡大の影響が大きかったリオープン(経済再開)関連銘柄が軒並み大幅に上昇している。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up