for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社クレディセゾン

8253.T

現在値

1,690.00JPY

変化

19.00(+1.14%)

出来高

547,700

本日のレンジ

1,671.00

 - 

1,697.00

52週レンジ

1,203.00

 - 

1,841.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,671.00
始値
1,675.00
出来高
547,700
3か月平均出来高
12.03
高値
1,697.00
安値
1,671.00
52週高値
1,841.00
52週安値
1,203.00
発行済株式数
156.33
時価総額
309,878.20
予想PER
6.60
配当利回り
3.29

次のエベント

Q3 2023 Credit Saison Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Credit Saison: Plans To Buy 1,000,000 Shares In Broad-Minded Co, Or 18.98% Of The Company's Outstanding Stock On Aug 31

Murakami-Linked Fund City Index Eleventh Takes 5% Stake In Credit Saison - Filing

Japan's Daiwa Securities Says Taking 5% Stake In Credit Saison

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社クレディセゾンとは

クレディセゾングループは、主にクレジットサービスの提供を行う日本を拠点とする会社である。【事業内容】5つのセグメントを通じて運営する。ペイメントセグメントはクレジットカード事業及びサービサー(債権回収)事業等を行う。リースセグメントはリース事業を行う。ファイナンスセグメントは、信用保証事業及びファイナンス関連事業を行う。不動産関連セグメントは、不動産事業、不動産賃貸事業及びサービサー(債権回収)事業等を行う。エンタテインメントセグメントは、アミューズメント事業等を行う。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

52F, Sunshine 60 Bldg.

3-1-1, Higashi-Ikebukuro

TOSHIMA-KU, TKY

170-6073

Japan

+81.3.39882111

https://www.saisoncard.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hiroshi Rinno

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Representative Director

Katsumi Mizuno

Executive President, Chief Operating Officer, Representative Director

Shingo Baba

Chief Financial Officer, Managing Executive Officer

Naoki Takahashi

Executive Vice President, CHO, Representative Director

Kazutoshi Ono

Chief Technology Officer, Chief Information Officer, Senior Managing Executive Officer, Director of CSDX Promotion, Manager of Technology Center, Director

統計

3.20 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.3K

2021

0.3K

2022

0.3K

2023(E)

0.3K
EPS (JPY)

2020

143.430

2021

231.240

2022

226.350

2023(E)

253.155
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.33
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.86
株価純資産倍率(四半期)
0.44
株価キャッシュフロー倍率
4.29
総負債/総資本(四半期)
450.28
長期負債/資本(四半期)
450.28
投資利益率(過去12カ月)
1.24
自己資本利益率(過去12カ月)
1.16

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、地合い悪化 反発力の蓄積も

<16:02> 日経平均・日足は「中陰線」、地合い悪化 反発力の蓄積も 日経平均・日足は「中陰線」となった。終値は2万7527円12銭。75日移動平 均線(2万7529円07銭=16日)や26週線(2万7512円43銭=同)を下回 った。パラボリックは陰転し、地合いは悪化した。 13週線(2万7395円83銭=同)や52週線(2万7361円52銭=同)を 割り込むようなら200日線(2万7240円91銭=同)付近への下げも視野に入る。 一方、ボリンジャーバンドのマイナス2シグマ(2万7563円88銭=同)を下回り、 反発力の蓄積も見込まれる...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが続落、新規上場のオープンワークはストップ高

<15:40> 新興株はマザーズが続落、新規上場のオープンワークはストップ高 新興株式市場は、マザーズ総合は1.48%安の774.83ポイントと、続落した 。東証グロース市場指数は前営業日比1.43%安の983.14ポイントだった。欧米 の株安が投資家心理の重しになった。一方、材料の出た銘柄の物色は活発だった。 グロース市場に新規上場した新規上場のオープンワークの初値は公開価格を 11.1%上回る3500円となった。その後、初値を上回る4200円のストップ高水 準となった。フーディソンの初値は公開価格と同額の2300円となり、初値を 下回...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、ファーストリテが後場一段安

<13:50> 日経平均は下げ幅拡大、ファーストリテが後場一段安 日経平均は午後に入り、下げ幅を拡大している。一時537円安に下落した。市場で は「薄商いの中、値がさ株が売られ指数の重しになっている」(国内証券のストラテジス ト)との声が出ている。 ファーストリテイリングが午後一段安となっており、1銘柄で指数を120 円程度、押し下げている。セクター別では、銀行業や不動産がマイナスに転じたほか、非 鉄金属、鉄鋼などの後場一段安が目立つ。 <11:55> 前場の日経平均は大幅続落、米景気懸念が重し 半導体株安い 前場の東京株式市場で日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は大幅続落、米景気懸念が重し 半導体株安い

<11:55> 前場の日経平均は大幅続落、米景気懸念が重し 半導体株安い 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比431円04銭安の2万7620円6 6銭と、大幅続落となった。前日の米国市場で金融引き締めの長期化懸念とそれに伴う景 気懸念から株安となったことが嫌気され、日本株も大幅安となった。特に、半導体関連の 下落が目立ち、指数を押し下げた。 前日の米国市場で主要3指数がそろって下落したことを嫌気し、日本株は寄り付きで 前日比345円安と売り先行でスタート。その後も下げ幅を拡大し、一時469円安の2 万7582円37銭に下落した。  ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、米景気減速懸念が重し 

<10:14> 日経平均は下げ幅拡大、米景気減速懸念が重し  日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比約410円安の2万7600円台半ばで推移 している。下げ幅は一時460円を超えた。米景気の減速懸念が重しとなり、ハイテク銘 柄や機械関連などを中心に売り圧力が強まっている。前日に公表された11月の米小売売 上高は市場予想を下回り、「景気が悪化しつつあるということが改めて示された」(国内 証券・アナリスト)との声が出ている。 日経平均は軟調な一方、米株の下落に比べると「底堅さもみられる」(別の国内証券 ・ストラテジスト)との指摘もある。ドル/...

寄り付きの日経平均は続落、米株安を嫌気 値がさ株軟調

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比345円00銭安の2万7706円70銭と、続落してスタートした。寄り付き後も下げ幅を広げ、400円超安となっている。前日の米株安を嫌気する形で幅広い業種で売りが先行し、特に値がさのハイテク銘柄が軟調に推移。個別では、東京エレクトロンが2.8%安、ソフトバンクグループが3.8%安、アドバンテストが2.8%安となっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、鴻池運輸は買い優勢 ニッコンHDは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、鴻池運輸は買い優勢 ニッコンHDは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 鴻池運輸 25% 1,99 1,99 1,99 1,59 7 7 7 7 2 三浦工業 20% 3,84 3,84 3,84 3,19 3 0 5 5 3 矢作建設工業 19% 930 930 930 780 4 ネクシィーズグループ 15% 769 769 769 669 5 理研計器 14% 5,67...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、10日線・75日線が下向きに

<15:51> 日経平均・日足は「大陽線」、10日線・75日線が下向きに 日経平均・日足は、上に短いヒゲを伴う「上影陽線」の形に近い「大陽線」となった 。やや弱気な相場を暗示している。終値は2万7901円01銭だった。 10日移動平均線(2万7903円18銭=9日)や75日線(2万7571円06 銭=同)が緩やかに下向きになっており、短期的には売り圧力に押されるリスクも警戒さ れる。 市場では「当面は200日線が位置する2万7200円近辺から、10日線の位置す る2万7900円の間で、横ばい圏の推移となりそうだ」(国内証券・ストラテジスト...

訂正-〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反発、新規の買いは乏しいとの声

(午前9時12分配信の寄り付き(9時08分現在)以前の記事を差し替えます。) [東京 9日 ロイター] - <15:10> 新興株はマザーズが反発、新規の買いは乏しいとの声 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.59%高の787.03ポイントと 反発した。東証グロース市場指数は同1.49%高の998.00ポイントだった。前日 の米株高を好感して新興株市場もしっかりの展開となったが、市場では「新規の買いが入 っているわけではなく、上昇の勢いは乏しい」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞 かれた。 個別では、Aimingが一時ストップ...

寄り付きの日経平均は反発スタート、米株高が支援 主力株や値がさ株しっかり

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比59円53銭高の2万7633円96銭と、小幅に反発してスタートした。株価はその後、200円超高に上値を伸ばしている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、JK HLDGが買い優勢 日清製粉グループ本社は売り優勢

<08:23> 寄り前の板状況、JK HLDGが買い優勢 日清製粉グループ本 社は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 JK HLDG 28% 1,28 1,28 1,28 1,01 8 8 8 0 2 能美防災 26% 1,94 1,94 1,94 1,54 7 7 7 7 3 長瀬産業 25% 2,51 2,51 2,51 2,01 3 3 3 3 4 ニッコンHLDG 21% 2,88 2,88...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線回復ならず 底堅さも継続

   <16:00> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線回復ならず 底堅さも継続 日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万8027円84銭。5日移動平均 線(2万8194円51銭=29日)を終値で回復できなかったが、ローソク足の下ヒゲ は長めで、買い方の抵抗もうかがえる。主要な移動平均線の多くが上向きを維持し、底堅 さへの期待をつなぐ。 下押しする場合、25日線(2万7751円70銭=同)や75日線(2万7655 円87銭=同)のほか、週足の13、26、52週線が集まる2万7400―2万750 0円が目先の下値めどになりそうだ。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが4日続伸、米長期金利上昇一服で「資金流入」

   <15:35> 新興株はマザーズが4日続伸、米長期金利上昇一服で「資金流入」 新興株式市場は、マザーズ総合は0.26%高の803.32ポイントと、4日続伸 した。東証グロース市場指数は前営業日比0.25%高の1021.10ポイントだった 。米長期金利の上昇が一服する中、「中小型株に資金が入ってきているようだ」(国内証 券のストラテジスト)との声が聞かれた。 そーせいグループが大幅高のほか、ビジョナルが堅調だった。Bu ySell Techは取引時間中の年初来高値を更新した。一方、ケアネット やウェルスナビが大幅安。FRONTEOはさえなかった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は前引けから下げ縮小、中国コロナ規制緩和への思惑も

   <13:35> 日経平均は前引けから下げ縮小、中国コロナ規制緩和への思惑も 日経平均は午後もマイナス圏での推移となっているが、前引け時点により徐々に下げ 幅を縮小している。 中国当局がコロナ防疫措置についての記者会見を開く予定で、「ゼロコロナ規制の緩 和への思惑もありそうだ」(国内証券のストラテジスト)との声が聞かれる。 値がさの半導体関連や電子部品の下落が重しの一方、ANAホールディングス<9202. T>など空運やJR東海などの陸運、百貨店などインバウンド関連がしっかりとな っている。 <11:47> 前場の日経平均は3日続落...

午前の日経平均は3日続落、ハイテク銘柄の下落が重し

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比163円01銭安の2万7999円82銭と、3日続落した。前日の米株安を嫌気する形で日経平均は軟調な展開が続いた。特に半導体関連や電子部品関連などハイテク銘柄の下落が目立ち、重しとなった。一方、内需株は底堅さもみられ、相場を下支えした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅縮小、内需株が下支え 空運など底堅い

<10:38> 日経平均は下げ幅縮小、内需株が下支え 空運など底堅い 日経平均は下げ幅を縮小し、前営業日比約130円安の2万8000円付近で推移し ている。空運業、陸運業、保険業など内需株の一角が上昇に転じ、相場を下支えしている 。グローバル景気に敏感な銘柄が売られる一方で、「長期的にみたインバウンドの回復期 待から、内需株は底堅い」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれる。 テクニカル面では「25日移動平均線(2万7750円93銭=現在)が下値を支え るとみられ、同水準を割り込む可能性は低い」(同)という。 <09:06> 寄り付...

寄り付きの日経平均は続落、米株安を嫌気 ハイテク銘柄軟調

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比171円33銭安の2万7991円50銭と、続落してスタートした。その後も下げ幅を広げ、200円超安となっている。前日の米株安の流れを引き継いで幅広い業種で売りが先行し、特に半導体関連株や電子部品関連銘柄の売り圧力が強まっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、日医工は買い優勢 スター・マイカ・HDは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、日医工は買い優勢 スター・マイカ・HDは売り 優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 日医工 27% 134 133 134 105 2 ファーマライズホールディング 15% 760 760 760 660 ス 3 アイシン 11% 4,22 4,22 4,23 3,79 8 5 0 5 4 ストライク 10% 5,01 5,01 5,02 4,55 5 0 0 5 5 SB...

ホットストック:クレディセゾン値下がり率1位、旧村上ファンドが所有株を一部売却

クレディセゾンが大幅安となっている。午前9時20分現在、東証プライム市場で値下がり率第1位。旧村上ファンドが所有株の一部を売却していたことが明らかになり、それを受けて売り優勢となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線と25日線がデッドクロスに

<15:35> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線と25日線がデッドクロスに 日経平均・日足は、上下にごく短いヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万8円 銭。下値に対する粘りを感じさせたものの、上値については25日移動平均線(2万82 82円78銭=30日)が抵抗線になりそうとの印象を与えている。しかも、5日移動平 均線(2万8257円29銭=同)とデッドクロスとなり、先行きに対する不安を感じさ せるところだ。 下値としては、引き続き29日の安値2万7788円12銭や200日移動平均線( 2万7511円09銭=同)などがサポートライン...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up