for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イオン株式会社

8267.T

現在値

2,384.00JPY

変化

-26.50(-1.10%)

出来高

1,161,500

本日のレンジ

2,375.00

 - 

2,427.00

52週レンジ

1,794.00

 - 

2,587.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,410.50
始値
2,414.00
出来高
1,161,500
3か月平均出来高
43.34
高値
2,427.00
安値
2,375.00
52週高値
2,587.00
52週安値
1,794.00
発行済株式数
841.76
時価総額
2,209,021.00
予想PER
-240.92
配当利回り
1.34

次のエベント

Dividend For 8267.T - 18.0000 JPY

適時開示

その他

Aeon Plans To Open A Shopping Center In Myanmar As Early As 2023 - Nikkei

Aeon Co VP Akio Yoshida To Become President Effective March 1

Ocado Solutions And Aeon Sign Agreement To Develop Aeon's Online Grocery Business In Japan

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イオン株式会社とは

イオングループは小売事業、総合金融、ディベロッパー、サービス等の各事業を行う。【事業内容】同社は8つの事業を運営する。ゼネラル・マーチャンダイズ・ストア(GMS)(総合スーパー)事業はGMS、スーパーマーケット、コンビニエンスストア及びデパートを運営する。スーパーマーケット(SM)・ディスカウントストア(DS)事業はスーパーマーケット、ディスカウントストアを運営する。小型店事業はコンビニエンスストア、小型スーパーマーケット、弁当惣菜専門店等を運営する。 総合金融事業はクレジットカード事業、フィービジネス及び銀行業を行う。 ディベロッパー事業がショッピングセンターの開発及び賃貸の行う。サービス・専門店事業は総合ファシリティマネジメントサービス業、アミューズメント、外食、婦人服、ファミリーカジュアルファッション、靴等を販売する専門店の運営を行う。国際事業はアセアン地区及び中国における小売事業を行う。同社はまたデジタル事業等を取り扱う。

業種

Retail (Department & Discount)

連絡先

1-5-1, Nakase, Mihama-ku

CHIBA-SHI, CHB

261-8515

Japan

+81.43.2126012

https://www.aeon.info/

エグゼクティブリーダーシップ

Motoya Okada

Executive Chairman Representative Executive Officer, Director

Hiroshi Yokoo

Chairman of the Board of Directors, Director

Akio Yoshida

President, Representative Executive Officer

Yuki Habu

Executive Vice President

Shinya Wako

Executive Vice President

統計

3.50 mean rating - 8 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

8.4K

2019

8.5K

2020

8.6K

2021(E)

8.3K
EPS (JPY)

2018

29.230

2019

28.110

2020

31.880

2021(E)

-10.516
株価売上高倍率(過去12カ月)
80.38
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.26
株価純資産倍率(四半期)
2.00
株価キャッシュフロー倍率
5.78
総負債/総資本(四半期)
280.36
長期負債/資本(四半期)
199.78
投資利益率(過去12カ月)
2.16
自己資本利益率(過去12カ月)
0.71

最新ニュース

最新ニュース

イオン、21年2月期減益予想据え置き 回復基調も先行き不透明

イオンは8日、2021年2月期の連結営業利益が前年比76.8%減―53.6%減の500―1000億円と大幅減益になるとの見通しを据え置いた。世界的に新型コロナウイルスの感染者数が増加し続けており、「治療薬が完成・普及するまでの間、防疫と経済活動の両立が成立するか予断を許さない」としている。

イオン、21年2月期減益予想据え置き 「治療薬の普及まで予断許さず」

イオンは8日、2021年2月期の連結営業利益が前年比76.8%減―53.6%減の500―1000億円と大幅減益になるとの見通しを据え置いた。世界的に新型コロナウイルスの感染者数が増加し続けており、「治療薬が完成・普及するまでの間、防疫と経済活動の両立が成立するか予断を許さない」としている。イオンは通期見通しを4月10日に開示していた。リフィニティブがまとめたアナリスト予想の平均は1392億円。

もみあい、景気期待と新型コロナ懸念の綱引きに=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、もみあいが想定されている。先行きの景気上向き期待は依然として買い材料として強調されているものの、新型コロナウイルスの感染拡大が再び懸念され、これらが綱引き状態となりそうだ。一方、需給面ではETF(上場投資信託)の分配金基準日を週後半に迎えるため、その換金売りが上値を抑えるという。感染者数が拡大している東京都が、知事選後に自粛措置に踏み切ると警戒する関係者も少なくない。

もみあい、景気期待と新型コロナ懸念の綱引きに=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、もみあいが想定されている。先行きの景気上向き期待は依然として買い材料として強調されているものの、新型コロナウイルスの感染拡大が再び懸念され、これらが綱引き状態となりそうだ。一方、需給面ではETF(上場投資信託)の分配金基準日を週後半に迎えるため、その換金売りが上値を抑えるという。感染者数が拡大している東京都が、知事選後に自粛措置に踏み切ると警戒する関係者も少なくない。

イオン、今期は大幅減益予想 消費マインド影響は期末まで継続

イオン <8267.T>は10日、2021年2月期の連結営業利益が500―1000億円(前年比76.8%減―53.6%減)と、大幅減益になるとの見通しを発表した。新型コロナウイルスの日本での感染は上期中にピークアウトするものの、消費マインドへの影響は、今期末まで残り続けるとみている。

情報BOX:緊急事態宣言を受けて休業を発表した主な企業

顧客と従業員の安全を最大限に配慮の上、一部店舗を除き営業を継続。臨時休業となる一部店舗は東京都、神奈川県などのニトリ31店、デコホーム36店。

アングル:日本株に底入れ期待、政策期待と需給改善 波乱の芽も

市場では日本株は先週で底入れしたとの期待が生まれている。時間外取引で米株先物が下落する中、粘り腰を発揮しているためだ。政府の大型経済対策への期待から、内需関連株を買う動きが目立つ一方で、個人投資家の買い出動も相場を下支えする要因として注目されている。ただ、新型コロナウイルスの影響はとどまるところを知らず、感染拡大の中心になった欧米が落ち着くまで波乱の芽が残りそうな状況だ。

ホットストック:内需関連株が高い、政府の大規模経済対策に期待

内需関連株に高い銘柄が目立っている。鹿島、イオン、三菱地所、東急、東京電力ホールディングスなど幅広い業種でしっかりとなった。現金給付も含めた政府の大規模な経済対策に対する期待の大きさから、買いが向かっている。

ホットストック:ツヴァイは買い気配、IBJのTOB価格にサヤ寄せする動き

結婚相手紹介サービスのツヴァイは買い気配。婚活事業などを展開するIBJが同社に対してTOB(株式公開買い付け)を実施すると発表したことが材料視されている。ツヴァイは同日に賛同を表明。TOBが成立すれば、東証2部に上場する同社は上場廃止となる。

IBJ、ツヴァイに1株884円でTOB 完全子会社化目指す

IBJ<6071.T>は11日、結婚相手紹介サービスのツヴァイ<2417.T>に対する株式公開買い付け(TOB)を行い、完全子会社化を目指すと発表した。1株884円で、買い付け期間は3月12日から4月24日まで。ツヴァイの親会社で、約64%の株式を保有するイオン<8267.T>は全株を応募する契約を締結している。

アングル:東京五輪で「ハラル」売り込め、マレーシアが準備着々

マレーシアの首都クアラルンプールにある小さな工場で、チャーハンやチキンビリヤニ(まぜご飯)などの即席食品を何千食も生産する準備が進んでいる。今年最大のスポーツイベント、東京五輪・パラリンピック「東京2020」に向けて出荷する予定だ。

中国で新型肺炎、対応進める日本企業 ユニクロは100店休業

中国の武漢市で確認された新型コロナウイルスによる肺炎感染の広がりを受けて、現地に進出する日本企業も対応を進めている。

28日にも全日空機を派遣、武漢など滞在の日本人帰国へ=関係筋

新型コロナウイルスの感染が深刻な中国・武漢市などに滞在する日本人を帰国させる方向で調整中の日本政府が、28日にも現地にチャーター便を派遣することが分かった。

中国で新型肺炎、対応に動く日本企業 小売りは休業も

中国の武漢市で確認された新型コロナウイルスによる感染の広がりを受けて、現地に進出する日本企業も対応に動き始めている。ただ、感染規模はまだ小さいとして、ビジネス継続とのバランスを慎重に見極めようとしている。

ホットストック:イオンは強含み、23年ぶり社長交代を材料視

イオンは強含み。23年ぶりの社長交代を発表したことが材料視されているもよう。市場からは「岡田社長は社長を退任するとはいえ代表権のある会長として会社に残る。完全に退くわけではない。小売業界の環境が厳しい中、新社長が具体的な経営戦略を出すまでは評価が難しい」(国内証券)との声も出ていた。

イオン、23年ぶりに社長交代 岡田氏は会長・吉田副社長が昇格

イオン<8267.T>は10日、3月1日付で岡田元也社長(68)が退任し、後任に吉田昭夫副社長(59・イオンモール社長)が昇格する人事を発表した。岡田社長は代表権のある会長に就任する。吉田氏を社長に昇格させ、同氏が手掛けてきた海外事業やデジタル事業などの強化を図ることになる。イオンの社長交代は23年ぶり。

イオン、岡田社長が退任・吉田副社長が昇格 3月1日付

イオンは10日、3月1日付で岡田元也社長が退任し、後任に吉田昭夫副社長が昇格する人事を発表した。岡田社長は会長に就任する。

今日の株式見通し=上値重い、3連休前で利益確定売り優勢か

きょうの東京株式市場で、日経平均株価は上値が重い展開が予想される。外部環境は悪くないものの、国内は3連休を控えている上、米雇用統計の発表を控えているということもあり、最終的に利益確定売りが優勢になるとみられている。きょうは1月限の日経平均先物ミニ・オプションのSQ(特別清算指数)算出日で、寄与度の高い銘柄の決算発表後のため、寄り付き時点での思惑的な売買で指数が乱高下する可能性もある。

上値重い、中東緊迫化や米国株安への懸念=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、上値が重い展開が想定される。米国のイラク空爆により、中東の緊張が高まっているほか、高値圏にある米国株の調整リスクが警戒される。年末年始の休み明けの東京市場は売り先行で始まるとみられている。

イオン、MV東北を完全子会社化へ 20年3月1日付

イオン<8267.T>は10日、マックスバリュ東北<2655.T>を株式交換により完全子会社化すると発表した。2020年3月1日付。MV東北株1株に対してイオン株0.65株を割り当て交付する。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up