for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社新生銀行

8303.T

現在値

1,399.00JPY

変化

-29.00(-2.03%)

出来高

935,600

本日のレンジ

1,398.00

 - 

1,427.00

52週レンジ

1,120.00

 - 

1,993.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,428.00
始値
1,426.00
出来高
935,600
3か月平均出来高
27.44
高値
1,427.00
安値
1,398.00
52週高値
1,993.00
52週安値
1,120.00
発行済株式数
215.34
時価総額
369,901.50
予想PER
7.39
配当利回り
0.84

次のエベント

Q2 2022 Shinsei Bank Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Shinsei Bank - Applying For The Tender Offer Bid For Jih Sun Financial In Taiwan

Shinsei Bank Ltd - Plan To Propose Partnership Deal With Monex At Board Meeting Wednesday

ANZ Completes Sale Of Udc Finance To Shinsei Bank

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社新生銀行とは

新生銀行グループは金融商品・サービスを提供する日本銀行である。【事業内容】同社は4つの事業を運営する。法人事業は事業法人、公共法人、金融法人向けの金融商品・サービス及びアドバイザリー業務、ノンリコースローン等の不動産金融業務、建設・不動産業を営む事業法人向けの金融商品・サービス、スペシャルティファイナンス(企業買収ファイナンス等)に関する金融商品・サービス及び信託業務等を行う。金融市場事業は外国為替、デリバティブ、株式関連、その他のキャピタルマーケッツ業務、新生証券による証券業務、アセットマネジメント業務及びウェルスマネジメント業務等を提供する。個人事業は個人向けの金融取引・サービス、個人向け無担保カードローン事業「新生銀行カードローンレイク」による消費者金融業務、個別信用購入斡旋、クレジットカード、信用保証、融資及び集金代行サービスを提供する。経営勘定とその他の事業は、アセット・ライアビリティ・マネジメント(ALM)業務、資本性の資金調達業務を行う。

業種

Regional Banks

連絡先

Nihonbashi Muromachi Nomura Bldg.

2-4-3, Nihonbashi Muro-machi

CHUO-KU, TKY

103-8303

Japan

+81.3.68807000

https://www.shinseibank.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Hideyuki Kudo

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Takako Hayashi

Managing Executive Officer, Chief Officer of Group Human Resource

Toichiro Shiomi

Chief Risk Officer, Managing Executive Officer

Akira Hirasawa

Senior Managing Executive Officer, Chief Officer Group Legal & Compliance, Director

Sanjeev Gupta

Senior Managing Executive Officer

統計

2.71 mean rating - 7 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.4K

2020

0.4K

2021

0.3K

2022(E)

0.3K
EPS (JPY)

2019

211.240

2020

190.590

2021

202.161

2022(E)

195.184
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.14
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.00
株価純資産倍率(四半期)
0.33
株価キャッシュフロー倍率
7.23
総負債/総資本(四半期)
223.87
長期負債/資本(四半期)
146.28
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.48

最新ニュース

最新ニュース

13日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

13日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・文化シャッター 、自己保有株を除く発行済株式総数の9.06%にあたる 650万株、取得総額50億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月14日 から2022年4月28日。 ・オリックス 、自己保有株を除く発行済株式総数の4.1%にあたる500 0万株、取得総額500億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月17日か ら2022年3月31日。 ・大日本印刷 、自己保有株を除く発行済株式総数の6.05%にあたる17 00万株、取得総額...

BRIEF-新生銀、発行済み株式の9.29%・200億円を上限に自社株買いを決議

* 新生銀、発行済み株式の9.29%・200億円を上限に自社株買いを決議 * 取得期間は5月14日から2022年3月31日まで

MSCI銘柄入れ替え、新規採用はゼロ・除外は29銘柄

モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は11日、指数銘柄の定期見直しを発表した。日本銘柄では新規採用がゼロ、除外が29銘柄となった。昨年11月には21銘柄が除外(採用は5銘柄)されており、市場では「日本株式の存在感が後退している」(国内証券)との声が出ている。

新生銀、台湾の日盛金控株の売却益75億円を計上へ TOBに応募

新生銀行は24日、連結子会社を通じて保有する日盛金控(Jih Sun Financial Holding)の株式について、富邦金控(Fubon Financial Holding)が実施する公開買い付け(TOB)に応募し、2021年3月期の連結決算で約75億円(税金費用控除後)の売却益を特別利益として計上する見込みだと発表した。

新生銀とマネックス、包括的業務提携へ 22年1月めどに運営開始

新生銀行とマネックス証券、新生証券は27日、金融商品仲介業務での包括的業務提携で基本合意書を締結したと発表した。3月中をめどに最終契約を締結し、2022年1月ごろから新体制での運営を開始する予定。

新生銀行とマネックス証券、金融商品仲介業務で包括的業務提携

新生銀行とマネックス証券、新生証券は27日、金融商品仲介業務での包括的業務提携で基本合意書を締結すると発表した。

ホットストック:マネックスが6%超高、新生銀との提携を検討

マネックスグループは反発し、6%超高での推移となっている。27日付日本経済新聞が、新生銀行とマネックス証券が証券分野で提携し、コンピューターシステムを連結して新生銀の全ての投信口座をマネックス証券に移すと伝えたことなどが材料視されている。

新生銀とマネックス証が提携を検討、27日の取締役会に付議

新生銀行は27日、マネックス証券と証券分野で包括提携するとの一部報道について「業務提携を検討していることは事実。本日開催の取締役会に付議する予定で、開示すべき事実を決定した場合には速やかに開示する」とのコメントを発表した。マネックスグループも「検討していることは事実で、きょうマネックス証券の取締役会で決議する予定」と公表した。

新生銀、アプラスFを完全子会社化へ 株式売り渡しを請求

新生銀行<8303.T>は30日、グループ会社のアプラスフィナンシャル<8589.T>の株主に対し、同社の普通株式を1株85円で新生銀に売り渡すよう請求することを決めたと発表した。アプラスFの完全子会社化を目指しており、同社株は11月27日に上場廃止になる見込み。

新生銀、ANZの小口ファイナンス事業の全株式取得へ

新生銀行<8303.T>は2日、オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行<ANZ.AX>の小口ファイナンス部門「UDCファイナンス」の全株式を取得する契約を締結したと発表した。

SBI、29日に大東銀株17.14%を取得 純投資目的で

SBIホールディングス<8473.T>は29日、福島県を地盤とする第二地銀、大東銀行(郡山市)<8563.T>の株式215万9300株(17.14%)を同日に取得すると発表した。既存株主から譲渡を受けるもので、SBI証券を通じて純投資の目的で取得するという。

13日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

13日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・グッドスピード 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.94%にあたる 9万株、取得総額7000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月14日 から8月13日。 ・アイコム 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.39%にあたる50万 株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は5月14日から9月 30日。 ・新日本製薬 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.39%にあたる30 万株、取得総額3億円を上限とする自社株買いを...

BRIEF-新生銀、発行済み株式の8.88%・205億円上限に自社株買い

* 新生銀、発行済み株式の8.88%・205億円上限に自社株買いを決議 * 取得期間は2020年5月14日から21年3月31日まで

SBIが新生銀の主要株主に浮上、保有目的は「純投資」

新生銀行<8303.T>は7日、SBIホールディングス<8473.T>が議決権比率で10%の株式を保有する主要株主になったと発表した。6日付の大量保有報告書で確認したもので、比率は従来(3月26日)の8.93%から10.02%に上昇した。引き続き第2位の大株主となる。

新生銀、売出価格は1株1387円

新生銀行<8303.T>は20日、普通株式の売出価格が1株1387円に決まったと発表した。同行は8日、主要株主の意向を踏まえて普通株式を最大で4353万5000株売り出すと発表していた。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=20日

RIC 銘柄名 01 日本甜菜製糖 02 キーコーヒー 03 カナミックネットワーク 04 サイバネットシステム 05 科研製薬 06 TDCソフト 07 アジュバンコスメジャパ ン 08 大成ラミック 09 富士興産 10 TOYO TIRE 11 日本特殊陶業 12 タツタ電線 13 三洋工業 14 イオン北海道 15 丸文 16 キヤノン電子 17 SHO―BI 18 三井物産 19 スターゼン 20 新生銀行 21 オリックス 22 ジャフコ 23 福山通運 24 NSユナイテッド海運 25 中央倉庫  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=9日

2.78%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ネクソン 7.37 02 ガンホー・オンライン 11.56 03 アステリア 13.64 04 新生銀行 14.41 05 日本マイクロニクス 16.93 06 ケンコーマヨネーズ 17.86 07 シチズン時計 17.87 08 ゲオHLDG 20.28 09 CIJ 20.48 10 カナミックネットワーク 23.27 11 サツドラHLDG 23.43 12 エスライン 23.73 13 安永 23.76 14 コンドーテック 25.18 15 クボタ 25.30 (*):RSIが70...

新生銀、最大約4350万株の売出を決議

新生銀行<8303.T>は8日、普通株式を計4353万5000株売り出すと発表した。国内と海外で同時に売り出す。主要株主の意向を踏まえた。

インタビュー:スルガ銀はM&A対象でない、再生支援で出資も=新生銀社長

新生銀行<8303.T>の工藤英之社長は、ロイターとのインタビューで、業務提携したスルガ銀行<8358.T>に再生支援の目的で出資する可能性はあるものの、M&A(企業の合併・買収)の対象ではないと述べ、将来的な経営統合を否定した。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=10日

RIC 銘柄名 01 伊藤園 02 アルコニックス 03 大光 04 ウイルプラスHLDG 05 テクマトリックス 06 オロ 07 堺化学工業 08 ニイタカ 09 東洋ビジネスエンジニアリング 10 アグロ カネショウ 11 文化シヤッター 12 岡部 13 マルマエ 14 ワイエイシイHLDG 15 ユーシン精機  

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up