for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ

8306.T

現在値

411.90JPY

変化

-7.50(-1.79%)

出来高

54,278,500

本日のレンジ

410.10

 - 

415.50

52週レンジ

380.00

 - 

603.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
419.40
始値
415.10
出来高
54,278,500
3か月平均出来高
1,007.97
高値
415.50
安値
410.10
52週高値
603.00
52週安値
380.00
発行済株式数
12,841.02
時価総額
5,696,289.00
予想PER
--
配当利回り
5.96

次のエベント

Q2 2021 Mitsubishi UFJ Financial Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

Mitsubishi UFJ Financial Group Builds Around 5% Stake In Afterpay - Regulatory Filing

Japan's Mitsubishi Ufj Financial Group Says ~Expects 450 Billion Yen Credit-Related Costs In Current Business Year

MUFG Cuts Full-Year Forecast To 750 Billion Yen Net Profit From 900 Billion Yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループとは

三菱UFJフィナンシャル・グループは、銀行業務、信託銀行業務、証券業務を中心に、クレジットカード・貸金業務、リース業務、資産運用業務及びその他業務を行う。【事業内容】同社は7つの事業セグメントを通じて事業を行う。法人・リテール事業は、国内の個人、中堅・中小企業に対する金融、不動産及び証券代行に関するサービスの提供を行う。コーポレートバンキング事業は、国内外の日系大企業に対する金融、不動産及び証券代行に関するサービスを提供する。グローバルコーポレート&インベストメントバンキング(CIB)事業は、非日系大企業に対する金融サービスの提供を行う。グローバルコマーシャルバンキング事業は、海外の出資先商業銀行における個人、中堅・中小企業に対する金融サービスの提供を行う。受託財産事業は、国内外の投資家、運用会社等に対する資産運用・資産管理サービスを提供する。市場事業は、顧客に対する為替・資金・証券サービスの提供、市場取引及び流動性・資金繰り管理業務を行う。その他事業は、ほかの事業セグメントに属さない管理業務等を行う。

業種

Regional Banks

連絡先

Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ

2-7-1, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-8330

Japan

+81.3.32408111

https://www.mufg.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Nobuyuki Hirano

Chairman of the Executive Board, Director

Hironori Kamezawa

President, Representative Executive Officer, Group CEO, Director

Saburo Araki

Vice Chairman of the Executive Board, Representative Executive Officer, President & Chief Executive Officer of Subsidiaries, Director

Kanetsugu Mike

Vice Chairman of the Executive Board, Representative Executive Officer, Executive President of Subsidiary, Director

Iwao Nagashima

Vice Chairman of the Executive Board, Representative Executive Officer, President of Subsidiary, Director

統計

2.33 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

6.1K

2019

6.7K

2020

7.3K

2021(E)

6.3K
EPS (JPY)

2018

74.550

2019

66.910

2020

40.950

2021(E)

48.961
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.93
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.03
株価純資産倍率(四半期)
0.34
株価キャッシュフロー倍率
5.17
総負債/総資本(四半期)
525.21
長期負債/資本(四半期)
236.27
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.12

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「下影陽線」、25日線上回り下値の堅さ確認

<16:30> 日経平均・日足は「下影陽線」、25日線上回り下値の堅さ確認 日経平均・日足は長い下ヒゲを伴う「下影陽線」。実体部分が上方にある陽線だが、 終値は5日移動平均線(2万3522円09銭=27日現在)を下回り、買い上がるには 強い材料が必要となりそうだ。 一方、終値は25日移動平均線(2万3443円16銭=同)を上回ったことから、 下値の堅さは確認されたようだ。 きょうは前日の米株安を受けて軟調な展開となっていたが、方向感を欠く動きは続き そうだ。25日移動平均線がサポートし基調としては底堅いが、5日移動平均線が上値を 抑える...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、個人投資家の物色意欲強まる

<15:39> 新興株市場は反発、個人投資家の物色意欲強まる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した 。市場からは「日経平均が軟調な展開となる中、個人投資家を中心に中小型銘柄の物色意 欲が強まったようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.27%高。個別では、不二硝子 、シ ーズメン 、ニッポン高度紙工業 などが高い。半面、出前館 、ウ ェッジホールディングス などはさえない。 マザーズ指数は前営業日比1.65%高。個別では、弁護士ドットコム 、ヘ ッドウォータース...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、決算手掛かりに個別物色が下支え

<14:37> 日経平均は小幅安、決算手掛かりに個別物色が下支え 日経平均は小幅安、2万3400円台後半で推移している。前場には一時、前営業日 比200円安となる場面もあったが、下げ幅は縮小。市場からは「好決算を発表した銘柄 の物色が活発になり、相場を下支えしているのではないか」(国内証券)との声が聞かれ た。個別では、ヤマト 、キヤノン 、コクヨ などが高い。 <12:53> 日経平均は軟調、日銀ETF買いの期待薄か 日経平均は軟調、前営業日比90円ほど安い2万3400円前後で推移している。前 場には下げ幅を縮小する場面もあったが、後場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調、日銀ETF買いの期待薄か

<12:53> 日経平均は軟調、日銀ETF買いの期待薄か 日経平均は軟調、前営業日比90円ほど安い2万3400円前後で推移している。前 場には下げ幅を縮小する場面もあったが、後場スタート後は軟調な展開となっている。市 場からは、前場のTOPIXが0.41%安で取引を終えたことで「日銀のETF買いが 入らない可能性が高いとみている投資家が多く、売りにつながった可能性もあるのではな いか」(国内証券)との声が聞かれた。 市場では、午前のTOPIXが前日終値から0.5%ほど下落すると日銀がETFの 買い入れを行うとみられている。 <11:45...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続落、米株安でムード悪化も下げ渋り 

<11:45> 前場の日経平均は続落、米株安でムード悪化も下げ渋り  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比65円64銭安の2万3428円70 銭となり、続落した。前日の米国株式市場が大幅安となったことが嫌気され、市場のムー ドを悪化させたものの、時間外取引で米株先物が底堅く推移したことが安心感を誘い、下 げ渋る動きとなった。 26日の米国株式市場は薄商いの中、大幅安。新型コロナウイルス感染者が急増し、 追加のコロナ経済対策合意を巡る不透明感が増したことを受け、S&P総合500種は4 週間ぶりの大幅な下げ率を記録した。米国、ロシア、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安でもみあい、好決算銘柄が株価を下支え

<11:05> 日経平均は小幅安でもみあい、好決算銘柄が株価を下支え 日経平均は前日比小幅安の水準でもみあい。米国株安を受けて下落して始まったもの の、売り一巡後は下げ渋っている。市場では「予想を上回る好決算銘柄が目立っており、 これらが株価を下支えする要因になっている」(野村証券・エクイティ・マーケットスト ラテジストの澤田麻希氏)との声も聞かれた。 ただ、午前11時05分現在の東証1部売買代金は8000億円台。「前日よりも膨 らんだとは言っても、なお薄商いの状態が続いており、このボリュームでは戻り売りを消 化してプラスに転じるのは難...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅を縮小、薄商いの中で個別物色が活発化

<10:20> 日経平均は下げ幅を縮小、薄商いの中で個別物色が活発化 日経平均は下げ幅を縮小し、前営業日比60円ほど安い2万3400円台前半での推 移となっている。26日の米国株式市場は米国内での新型コロナウイルス感染者数の急増 を受け大幅安となったが、日本国内での感染者数は横ばいでの推移となっているため、米 国株並みの大幅下落には至らない展開となっている。 市場では「為替のドル/円が安定的に推移していることや、米株先物がプラス圏での 値動きとなっていることが下支えとなっている。薄商い相場ではあるが、業績見通しの上 方修正などを手掛かりとした...

寄り付きの日経平均は続落 200円超安、米株大幅安を嫌気

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比117円38銭安の2万3376円96銭となり、続落した。その後も下げ幅を拡大、200円超安の2万3200円台後半での推移となっている。オーバーナイトの米国株式市場が大幅安となったことが嫌気されている。新型コロナウイルス感染者が急増し、経済活動への影響について懸念が広がっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、主力株はほぼ売り買い拮抗

<08:40> 寄り前の板状況、主力株はほぼ売り買い拮抗 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 、ソニー 、 キヤノン 、東京エレクトロン 、ソフトバンクグループ が売り買 い拮抗、ホンダ が売り優勢。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング 、ファナック は売り買 い拮抗。 メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナン シャルグループ 、みずほフィナンシャルグループ が売り買い拮抗となっ ている。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線下回り上値の重さを意識

<16:45> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線下回り上値の重さを意識 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。引き続き実体部分が短い状態が続い ており、方向感が定まっていない。さらに、終値が5日移動平均線(2万3538円34 銭=26日現在)を下回り、同時に上値の重さを意識させている。 一方、25日移動平均線(2万3438円14銭=同)にサポートされた状態が続く など、底堅い印象にも変化がみられない。チャートの煮詰まり具合からいずれかに大きく 振れることが読み取れるものの、目先は目立った材料がない限り狭いレンジで動くことに なりそうだ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、先駆株に見切り売り急ぐ動き

<15:15> 新興株市場は軟調、先駆株に見切り売り急ぐ動き 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落した。市 場からは「完全に調整ムードとなっている。先駆株の中には見切り売りを急ぐ動きが目立 つ」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.09%安。個別では、今村証券 、ま ぐまぐ など直近の人気銘柄が値を消したほか、出前館 もさえない。一方 で、不二硝子 がストップ高となった。 マザーズ指数は前営業日比0.93%安。個別では、BASE 、ジーエヌア イグループ 、メルカリ などが軟調...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は弱もちあい、商い乏しく模様眺めに

<14:25> 日経平均は弱もちあい、商い乏しく模様眺めに 日経平均は弱もちあい。2万3500円を挟んで推移しているが、後場に入ってから の上下振れ幅は、午後2時25分現在で34円38銭にすぎず、動きが止まっている状態 。市場関係者によると、「米大統領選挙が終わるまで投資家は身動きが取れない。そのた め商いが乏しくなり、模様眺めとなっている」(国内証券)という。 <13:00> 日経平均は薄商い続くなかマイナス圏、決算絡みの個別物色が中心 後場の日経平均はマイナス圏での推移となっており、前営業日比30円ほど安い2万 3400円台後半。時間外取引...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は薄商い続くなかマイナス圏、決算絡みの個別物色が中心

<13:00> 日経平均は薄商い続くなかマイナス圏、決算絡みの個別物色が中心 後場の日経平均はマイナス圏での推移となっており、前営業日比30円ほど安い2万 3400円台後半。時間外取引での米株先物が下げ幅を拡大したことが重しとなっている 。市場では「個別では企業決算を控えている銘柄が期待先行で買われているが、全体では 材料に乏しく、閑散としている」(国内証券)との声が出ていた。 午後1時現在での東証1部の売買代金は9066億1800万円と薄商い。東証33 業種ではサービス業、鉄鋼、証券業、情報・通信業などの27業種が値下がり。倉庫・運...

午前の日経平均は小幅反落、決算前の様子見ムード強まる

26日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比2円18銭安の2万3514円41銭となり、小幅に反落した。前週末23日の米国株式市場はまちまち。きょうの東京株式市場は、今週本格化する4─9月期の企業決算や米国の新型コロナウイルス追加経済対策の取りまとめの行方を見極めたいとして、様子見ムードが強まった。前場の上下の値幅は約73円にとどまり、狭いレンジでもみあう展開となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、決算や臨時国会控え慎重姿勢強まる

<10:28> 日経平均は小動き、決算や臨時国会控え慎重姿勢強まる 日経平均は小動き、前営業日から小幅プラスの2万3500円台半ばでもみあう展開 となっている。きょうは臨時国会が召集され菅義偉首相が所信表明演説を行う予定で、市 場からは「既に政策は打ち出されているので、何か目新しい発言があれば注目だ」(国内 証券)との声が聞かれた。 また、日本電産 、日東電工 などの決算発表を引け後に控え「投資家 の慎重な姿勢が強まるだろう」(同)とみられている。 <09:10> 寄り付きの日経平均は小幅続伸、決算控え様子見姿勢強く 寄り付きの東京株式市場...

寄り付きの日経平均は小幅続伸、決算控え様子見姿勢強く

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比4円19銭高の2万3520円78銭となり、小幅続伸した。企業決算発表の本格化や米大統領選を控え、きょうは様子見姿勢が強まるとの見方が多く、狭いレンジでもみあう展開が想定されている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、トヨタやファーストリテは売り買い拮抗

<08:23> 寄り前の板状況、トヨタやファーストリテは売り買い拮抗 市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車 は売り買い拮抗、ホ ンダ は売り優勢。 キヤノン は買い優勢、ソニー 、パナソニック は売り買い拮 抗。 指数寄与度の大きいファーストリテイリング は売り買い拮抗、ファナック<6 954.T>は売り優勢。 メガバンクでは、三菱UFJフィナンシャル・グループ 、三井住友フィナン シャルグループ は売り買い拮抗、みずほフィナンシャルグループ は売り 優勢。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線がサポートも方向性見いだせず

日経平均は時間外取引での米株先物の軟化を受け、朝方は上値の重い展開となった。その後、前場の立 会時間中に米大統領前の最後のテレビ討論会が開催されたものの、米株先物や日経平均に目立った動きはみ られなかった。 みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏は「テレビ討論会が行われている時間帯に候補者 の評価をするのは難しく、いまは消化不良となっている。マーケットはテレビ討論会後の世論調査や、23 日の米国株式市場の反応を見極めてから、織り込むのではないか。第1回目のテレビ討論会前後では株価が 乱高下する経緯があったこともあり、きょうの日本時間...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、週末で見送り気分広がる

日経平均は時間外取引での米株先物の軟化を受け、朝方は上値の重い展開となった。その後、前場の立 会時間中に米大統領前の最後のテレビ討論会が開催されたものの、米株先物や日経平均に目立った動きはみ られなかった。 みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏は「テレビ討論会が行われている時間帯に候補者 の評価をするのは難しく、いまは消化不良となっている。マーケットはテレビ討論会後の世論調査や、23 日の米国株式市場の反応を見極めてから、織り込むのではないか。第1回目のテレビ討論会前後では株価が 乱高下する経緯があったこともあり、きょうの日本時間...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もちあい、模様眺めで後場の上下振れ幅は43円68銭

日経平均は時間外取引での米株先物の軟化を受け、朝方は上値の重い展開となった。その後、前場の立 会時間中に米大統領前の最後のテレビ討論会が開催されたものの、米株先物や日経平均に目立った動きはみ られなかった。 みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏は「テレビ討論会が行われている時間帯に候補者 の評価をするのは難しく、いまは消化不良となっている。マーケットはテレビ討論会後の世論調査や、23 日の米国株式市場の反応を見極めてから、織り込むのではないか。第1回目のテレビ討論会前後では株価が 乱高下する経緯があったこともあり、きょうの日本時間...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up