for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ

8306.T

現在値

651.50JPY

変化

-17.80(-2.66%)

出来高

74,146,500

本日のレンジ

647.70

 - 

666.70

52週レンジ

601.40

 - 

828.30

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
669.30
始値
662.20
出来高
74,146,500
3か月平均出来高
1,011.86
高値
666.70
安値
647.70
52週高値
828.30
52週安値
601.40
発行済株式数
12,509.42
時価総額
8,653,220.00
予想PER
7.61
配当利回り
4.30

次のエベント

Q2 2023 Mitsubishi UFJ Financial Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

U.S. Bancorp And Mitsubishi UFJ Financial Group Extend Purchase Agreement

Mitsubishi UFJ Financial's Long Position In H-Shares Of Minth Group Falls To 6.96% - Filing

Mitsubishi Ufj Financial Group Inc - Bought Back 83,244,200 Own Shares In August

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループとは

三菱UFJフィナンシャル・グループは、銀行業務、信託銀行業務、証券業務を中心に、クレジットカード・貸金業務、リース業務、資産運用業務及びその他業務を行う。【事業内容】同社は7つの事業セグメントを通じて事業を行う。法人・リテール事業は、国内の個人、中堅・中小企業に対する金融、不動産及び証券代行に関するサービスの提供を行う。コーポレートバンキング事業は、国内外の日系大企業に対する金融、不動産及び証券代行に関するサービスを提供する。グローバルコーポレート&インベストメントバンキング(CIB)事業は、非日系大企業に対する金融サービスの提供を行う。グローバルコマーシャルバンキング事業は、海外の出資先商業銀行における個人、中堅・中小企業に対する金融サービスの提供を行う。受託財産事業は、国内外の投資家、運用会社等に対する資産運用・資産管理サービスを提供する。市場事業は、顧客に対する為替・資金・証券サービスの提供、市場取引及び流動性・資金繰り管理業務を行う。その他事業は、ほかの事業セグメントに属さない管理業務等を行う。

業種

Money Center Banks

連絡先

Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ

2-7-1, Marunouchi

CHIYODA-KU, TKY

100-8330

Japan

+81.3.32408111

https://www.mufg.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kanetsugu Mike

Executive Chairman of the Board, Director

Hironori Kamezawa

President, Representative Executive Officer, Group CEO, Director

Tetsuya Yonehana

Group Chief Financial Officer, Senior Managing Executive Officer, Representative Executive Officer

Yasushi Ishikawa

Managing Executive Officer, Group Deputy Chief Strategy Officer, Group Deputy Chief Finance Officer

Saburo Araki

Director

統計

2.27 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

7.3K

2021

6.0K

2022

6.1K

2023(E)

5.1K
EPS (JPY)

2020

40.950

2021

60.500

2022

88.450

2023(E)

84.376
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.76
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.39
株価純資産倍率(四半期)
0.49
株価キャッシュフロー倍率
6.71
総負債/総資本(四半期)
581.16
長期負債/資本(四半期)
261.90
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.25

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、売られ過ぎの修正との印象

日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万6422円05銭。前日の長い下ヒゲが底入れのサインになることを追随、自律反発に対する期待を膨らませている。25日移動平均線(2万7681円70銭=29日)とのかい離率は約4.5%と広がっているため、売られ過ぎの修正との印象が強い。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は反発、米ハイテク株堅調を好感

新興株式市場は反発。マザーズ総合が前営業日比2.38%高の704.84ポイントと、700ポイントをすかさず回復した。東証グロース市場指数は同2.38%高の895.85ポイントで取引を終えた。「米国株式市場でハイテク株が堅調に推移したことが好感された」(国内調査機関ストラテジスト)という。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみ合い、需給思惑強く上値に対して慎重

日経平均は高値もみ合い。2万6400円台ときょうの高値圏で推移している。しっかりした足取りだが、月末月初の需給思惑が強いことから上値に対しては慎重な様子だ。配当金再投資の買い需要、日経平均入れ替えに伴う売り需要と「売り買いそれぞれ思惑材料があるため、慎重にならざるを得ない」(国内証券・ストラテジスト)という。

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は底堅い、米株先物が下げ幅を縮小

後場に入り、日経平均は前引け水準より上げ幅を広げ、前営業日比約150円高の2万6300円台前半で推移している。米株先物が下げ幅を縮め、支援材料になっている。

午前の日経平均は反発、値がさ株中心に買い戻し

29日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比64円34銭高の2万6238円32銭と反発した。米長期金利の低下を受けて、値がさのハイテク株やグロース(成長)株が買い戻され、日経平均は底堅く推移した。ただ、前引けにかけては上昇の勢いが弱まり、上値の重さも意識された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、2万6500円を前に上値の重さ意識

日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比約160円高の2万6300円前半で推移。東証プライム市場では値上がり銘柄数が6割以上と、全体的にしっかりとなっている一方、値がさ株の上昇が一巡している。市場では「節目の2万6500円を前に上値の重さも意識されている」(国内証券ストラテジスト)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は買い一巡後に伸び悩み、世界景気懸念くすぶる

日経平均は伸び悩んでいる。高く寄り付いた後、一時270円超高に上値を伸ばしたが、利益確定や戻り待ちの売りに上値を抑えられ、足元では220円高の2万6400円代付近での推移となっている。

寄り付きの日経平均は反発、米株高を好感 配当落ち分埋める

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比106円52銭高の2万6280円50銭と、反発してスタートした。前日の米国市場で長期金利低下を受けて株高となったことを好感する形となり、買いが先行した。寄り付き後も200円超高に上値を伸ばし、短時間で配当権利落ち分(市場推計約224円)を埋めた。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、トヨタやソニーGが買い優勢

市場関係者によると、寄り前の板状況は、トヨタ自動車、ソニーグループが買い優勢。キーエンス、リクルートホールディングス、NTT、信越化学工業も買い優勢となっている

脱炭素移行時の資金支援で指針、10の技術リストも公開=国際会議

経済産業省主催で「アジアグリーン成長パートナーシップ閣僚会合(AGGPM)」の第2回会合が開かれ、アジア各国のカーボンニュートラル実現に向けた移行(トランジション)を資金面で支援する際のガイドラインを世界の主要金融機関が参加するグループが取りまとめた。ガイドラインを示すことで、様々な技術を使いながらカーボンニュートラルを目指すアジアでの取り組みを進めることが狙い。

日経平均は大幅続落、米株安受け全面安 いいところなく下値模索に

東京株式市場で日経平均は大幅続落。前営業日比722円28銭安の2万6431円55銭で大引けた。前週末の米国株式市場の下げを嫌気して売り優勢となり、全面安商状。まったくいいところがなく、下値を模索する動きとなって、日経平均は7月19日以来の終値での2万7000円割れとなり、テクニカル的には底抜けと印象付ける動きとなった。

キリン、インド・ビラへの出資比率引き上げに向け交渉=関係筋

[ニューデリー/東京 20日 ロイター] - キリンホールディングスはインドのクラフトビールメーカー、ビラに7000万ドルを投資する方向で交渉していると4人の関係者がロイターに明らかにした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、パラボリック陰転 200日線の攻防視野

<16:05> 日経平均・日足は「小陰線」、パラボリック陰転 200日線の攻防 視野 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万7567円65銭円。75日移動 平均線(2万7517円15銭=16日)がサポートとして機能した。一方、パラボリッ クが6営業日ぶりに陰転し、売りシグナルが点灯。日足・一目均衡表では雲の中に入った 。下押しが警戒され、200日移動平均線(2万7412円12銭=同)を巡る攻防も視 野に入ってきた。 <15:50> 新興株はマザーズが反落、新規上場のeWeLLは値付かず 新興株式市場は、マザーズ総合は1.9%安の...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、新規上場のeWeLLは値付かず

<15:50> 新興株はマザーズが反落、新規上場のeWeLLは値付かず 新興株式市場は、マザーズ総合は1.9%安の736.78ポイントと反落した。東 証グロース市場指数は前営業日比1.91%安の936.74ポイントだった。前日の米 国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が下落したほか、時間外取引の米株先物が 軟調に推移し、投資家心理の重しになった。 ビジョナルやフリーが大幅安だったほか、Appier Grou pも軟調だった。一方、ANYCOLORが年初来高値を更新。サンバ イオやM&A総合研究所は大幅高だった。 新規上場のeWeLL...

日経平均は反落、米株安が重し 連休前に見送りムード

東京株式市場で日経平均は、前営業日比308円26銭安の2万7567円65銭と、反落して取引を終えた。前日の米国市場での株安を嫌気し、売りが優勢となった。明日からの3連休を控える中、午後にかけて徐々に見送りムードが広がった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、連休前の手控えムード強く

<13:45> 日経平均は小動き、連休前の手控えムード強く 日経平均は前日比で300円程度安い水準での小動きを続けている。後場の値幅は5 0円程度にとどまり「3連休を控えた手控えムードが強まっている」(国内証券)という 。 時間外取引の米株先物やアジア株の軟調な値動きは投資家心理の重しになっている。 日経平均は、東京エレクトロン<8035.Tやファーストリテイリング、アドバンテ ストなどの下げが重しとなり、3銘柄で指数を115円ほど押し下げている。 TOPIXグロース指数は0.9%安、同バリュー指数は0.3%安で、グロース株 の下げが目立...

午前の日経平均は反落、米株安受け高PER銘柄中心に売り優勢

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比301円銭安の2万7574円58銭と、反落した。前日の米国株式市場が安かったことを受け、高PER銘柄を中心に売り優勢となった。明日からの3連休控えで徐々に見送りムードが広がっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下値模索、じり安歩調 米ナスダック安を警戒

<10:30> 日経平均は下値模索、じり安歩調 米ナスダック安を警戒 日経平均は下値を模索する展開。2万7500円台で推移し、一気に下げる雰囲気は 感じられないものの、徐々に下値を切り下げじり安歩調となっている。市場では「時間外 取引で米ナスダック先物が下落し、このままだと原指数が直近安値を割り込む可能性が高 くなる」(国内証券)との声が聞かれ、ナスダック安を警戒するムードが強い。 物色面では、半導体関連をはじめハイテク株が総じて軟調。高PER銘柄の苦戦が続 いているという。一方、米国の金融引き締め懸念を逆手に取って、銀行株は買い優勢で...

寄り付きの日経平均は反落、米国株式の下げを受け売り優勢

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比244円52銭安の2万7631円39銭と、反落してスタート。前日に米国株式市場が下落したことを受けて、売り優勢となっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、強い基調と調整リスクが混在

<15:46> 日経平均・日足は「小陽線」、強い基調と調整リスクが混在 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万8542円11 銭円。抵抗線と見られた25日移動平均線(2万8284円38銭=12日)や、8月1 7日高値から9月7日安値の半値戻し(2万8245円74銭)を上回ったほか、陽線が 3本連なる買いサイン「赤三兵」が出現した。一方、窓を3つ連ねて上昇し、天井を示唆 する「三空踏み上げ」に準じる形とみることも可能で、調整リスクに注意が必要になりそ うだ。 <15:03> 新興株はマザーズが3日続伸、米ナスダック...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up