for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社千葉興業銀行

8337.T

現在値

260.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

243.00

 - 

307.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
260.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
3.35
高値
--
安値
--
52週高値
307.00
52週安値
243.00
発行済株式数
59.24
時価総額
16,053.29
予想PER
--
配当利回り
1.94

次のエベント

Chiba Kogyo Bank Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Chiba Kogyo Bank Ltd - To Buy Back Up To 8.04% Of Own Shares Worth 1 Billion Yen Through March 31

Chiba Kogyo Bank to issue new shares through private placement

Chiba Kogyo Bank announces details of new shares issue

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社千葉興業銀行とは

千葉興業銀行グループは、銀行業務を中心に信用保証業務、クレジットカード業務及びリース業務等の金融サービスに関する事業を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。銀行業は、預金業務、貸出業務、内国為替業務、外国為替業務等の総合的に銀行業務を行う。リース業は、リース業務を行う。信用保証・クレジットカード業は、信用保証業務、クレジットカード業務、一般貸金業務を行う。また、事務代行業務、コンピューターシステムの開発・販売・保守管理業務も行う。

業種

Regional Banks

連絡先

2-1-2, Saiwai-cho, Mihama-ku

CHIBA-SHI, CHB

261-0001

Japan

+81.43.2432111

https://www.chibakogyo-bank.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Shunichi Aoyanagi

Chairman of the Board, Representative Director

Hitoshi Umeda

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Ryuichi Matsumaru

Chief Operating Officer, Vice President, Representative Director

Yoshiaki Tateno

Senior Managing Director, Senior Managing Executive Officer

Yasumitsu Kanda

Managing Director, Managing Executive Officer

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
19.24
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.32
株価純資産倍率(四半期)
0.14
株価キャッシュフロー倍率
2.12
総負債/総資本(四半期)
247.52
長期負債/資本(四半期)
246.70
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.19

最新ニュース

最新ニュース

24日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

24日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ポート 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.46%にあたる28万5 000株、取得総額2億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月25日から 4月29日。 ・オークマ 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.58%にあたる50万 株、取得総額20億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月25日から5月 31日。 ・NexTone 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.03%にあたる 10万株、取得総額3億5000万円を上限とする...

地銀向け特別付利、政府と協調の「強い意思表示」=20年11月の日銀議事録

日銀が昨年11月、地域金融機関向けの特別当座預金制度導入を決定した際、雨宮正佳副総裁が政府との連携の重要性を強調していたことが判明した。若田部昌澄副総裁は、特別付利の適用条件を数値化することで、かえって金融機関の経営改善に向けた努力が強まりにくくなることに懸念を示した。若田部副総裁は、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて導入した特別オペでの付利に続き、新制度でも付利を行うことが「金融機関の経営支援だ」との批判が出てくると想定し、丁寧なコミュニケーションが重要だとも述べた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、TOPIXは最強の買いサイン「並び赤」に

<16:25> 日経平均・日足は「小陰線」、TOPIXは最強の買いサイン「並び赤」に 日経平均・日足は上に上下に長いヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(2万9922円24銭=1 9日)、 25日移動平均線(2万9654円15銭=同)をいずれも下回って弱気ムードに傾斜し、前日 に引いた長い上ヒゲが浮き立つ格好で戻り相場に強い一服感が生じている。ただ、今回の長い下ヒゲが下方 硬直性を示していることから、当面は3万円を戻りの壁と意識しつつ、時価水準の近辺でもみあうことにな りそうだ。 一方、9連騰で連日のバブル後最高値を更新となったTOPIX...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均が11日続伸

<16:10> 新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均が11日続伸 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は11日続伸、東証マザーズ指数は反落した。市場では 「引き続き個別物色の動きが活発化している。IPOが好調なことも投資家に安心感を与えているようだ」 (国内証券)との声が聞かれる。 きょう、マザーズ市場に新規上場したココナラ は公開価格を91.66%上回る2300円で 、同じくマザースに新規上場のT.S.I は公開価格の2倍となる4000円で、それぞれ初値を 付ける好スタートとなった。 一方、前日に初値がつかなかった上場2日目...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋る、切り返したTOPIXはバブル後最高値更新

<14:00> 日経平均は下げ渋る、切り返したTOPIXはバブル後最高値更新 日経平均は下げ渋っている。指数寄与度が大きいファーストリテイリング が、日銀の上場投資 信託(ETF)の買い入れの対象がTOPIX連動型のみになることが嫌気され、前日比5000円を超す 下げとなり、同社1社だけで日経平均を約180円押し下げる要因となった。一方「決定会合の内容全体を 見ると、株式市場にとって好材料と言える」(大和証券・チーフテクニカルアナリストの木野内栄治)との 声も聞かれ、TOPIXは急速に切り返し、バブル後最高値を更新した。 <13:05>...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は500円安、日銀は政策決定会合の結果を発表

<13:05> 後場の日経平均は500円安、日銀は政策決定会合の結果を発表 後場の日経平均は下げ幅を拡大。前営業日比500円ほど安い2万9700円台前半での推移となって いる。日銀の金融政策決定会合の結果発表を受け、一時166円98銭安の3万0049円77銭まで下げ 幅を縮小する場面が見られたが、その後急速に軟化した。 日銀は金融政策の点検で、長期金利の変動幅がプラスマイナス0.25%程度であることを明確化させ た。指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れの方針も見直し、原則6兆円の目標を削除したほか、今 後はトピックス連動もののみ購入...

前場の日経平均は反落し261円安、米株安を嫌気 日銀会合控え様子見ムード

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比261円95銭安の2万9954円80銭となり反落した。オーバーナイトの米国株式市場で、米長期金利の上昇を嫌気して主要3指数がそろって下落した流れを引き継ぎ、寄り付きで312円18銭安の2万9904円57銭で安値を付けた。その後は日銀の金融政策決定会合の結果発表を控えて様子見ムードが強まり、日経平均は3万円近辺でのもみあいが継続した。

日経平均は米株安受け反落、260円安 イベント控えて薄商い

東京株式市場で日経平均は反落した。前日の米国株急落が嫌気されて広範囲で売られたが、売り一巡後は下げ渋り、取引時間中を通じて2万3000円台をキープした。

ホットストック:地銀は連日の大幅高、菅官房長官の地銀再編発言で

地銀株は連日の大幅高。相場全体が下落する中で逆行高となっており、筑波銀行、栃木銀行、千葉興業銀行、島根銀行、じもとホールディングスが東証1部の値上がり率上位に並んでいる。菅義偉官房長官が3日の記者会見で、地銀のあり方について再編も1つの選択肢と述べたことなどが材料視されている。

ホットストック:地銀株がしっかり、SBIによる資本提携拡大への思惑で

地銀株はしっかり。福島銀行、筑波銀行、島根銀行、大東銀行、千葉興業銀行、富山第一銀行などの銀行株が東証1部の値上がり率上位を占める格好となっている。2日、SBIホールディングスの北尾吉孝社長が時事通信社の金融懇話会で、地銀連合構想の対象を10行に拡大する見通しを示したことが材料視されているという。

27日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

27日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・滋賀銀行 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.82%にあたる93万 4800株株、取得総額22億8371万6400円を上限とする自社株買いを実施へ。 2月28日午前8時45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い 付けの委託を行う。買い付け価格は2月27日終値の2443円。  <自社株取得枠の変更> ・千葉興業銀行 、現行の自社株取得を中止。これは、昨年6月4日から始め た自社株取得で、自己保有株を除く発行済株式総数の8.04...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=24日

RIC 銘柄名 01 ヒノキヤグループ 02 ニチレイ 03 ダイト 04 資生堂 05 京阪HLDG  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=23日

0.41%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 オービックビジネスコンサルタン 24.23 02 小野測器 25.13 03 中広 28.05 04 オープンドア 28.29 05 四電工 28.35 06 ビーロット 29.64 07 川田テクノロジーズ 29.81 08 サイバーコム 29.99 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=3日

18.23%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 帝人 17.95 02 FIG 19.24 03 マネーパートナーズグループ 19.34 04 大和証券グループ本社 19.72 05 ミツウロコグループHLDG 19.98 06 ファーストブラザーズ 20.07 07 ビューティガレージ 20.14 08 パンチ工業 20.20 09 大同メタル工業 20.40 10 FPG 20.43 11 MORESCO 20.54 12 原田工業 20.71 13 JMS 20.76 14 イーグランド 21.11 15 ビックカメラ 21.18...

30日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

30日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・千葉興業銀行 、自己保有株を除く発行済株式総数の8.04%にあたる5 00万株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は6月4日から 2020年3月31日。 ・日本セラミック 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.37%にあたる 10万株、取得総額3億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は6月3日から7 月31日。 ・小野薬品工業 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.92%にあたる1 500万株、取得総額300億円を上限...

〔テクニカルデータ〕東証1部・75日線かい離ランキング=24日

均線かい離率(下位) 70.92%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 山陽特殊製鋼 -33.10 02 メガチップス -32.21 03 ブイ・テクノロジー -32.13 04 サンデンHLDG -30.55 05 ジャパンディスプレイ -29.52 06 すてきナイスグループ -28.48 07 オプテックスグループ -27.80 08 ユー・エム・シー・エレクトロニ -27.72 09 オリジン -27.35 10 チェンジ -27.25 11 日本金属 -26.73 12 日本鋳鉄管 -26.65 13 ダイトロン -26.18...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up