for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社岩手銀行

8345.T

現在値

2,291.00JPY

変化

113.00(+5.19%)

出来高

126,900

本日のレンジ

2,183.00

 - 

2,302.00

52週レンジ

1,758.00

 - 

2,302.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,178.00
始値
2,183.00
出来高
126,900
3か月平均出来高
2.49
高値
2,302.00
安値
2,183.00
52週高値
2,302.00
52週安値
1,758.00
発行済株式数
17.35
時価総額
40,288.18
予想PER
--
配当利回り
3.90

次のエベント

Dividend For 8345.T - 45.0000 JPY

適時開示

その他

Silchester Lowers Stakes In Japanese Regional Banks Shiga Bank, Bank Of Iwate, Okinawa Financial Group - Regulatory Filings

Bank Of Iwate Ltd - To Buy Back Up To 1.84% Of Own Shares Worth 1 Billion Yen

Bank of Iwate lowers conversion price of 2018 due euro-dollar denominated convertible bonds with warrants

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社岩手銀行とは

岩手銀行グループは、銀行業務を中心に、銀行従属業務、電算機処理受託業務、リース業務、クレジットカード業務、信用保証業務などの金融サービスに係る事業を行う。【事業内容】2つの事業セグメントを通じて運営する。銀行業セグメントは、預金業務、貸出業務、内国為替業務、外国為替業務、商品有価証券売買業務、有価証券投資業務、信託業務、社債受託及び登録業務、その他附帯業務等を行う。また、現金精算・整理業務等を行う。リース業セグメントは、リース業務、電算機による処理受託業務等を行う。また、クレジットカード業務、信用保証業務等を行う。

業種

Money Center Banks

連絡先

1-2-3, Chuo-dori

MORIOKA-SHI, IWT

020-8688

Japan

+81.19.6231111

https://www.iwatebank.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Sachio Taguchi

Chairman of the Board, Representative Director

Toru Iwayama

President, Representative Director

Motomu Sato

Senior Managing Executive Officer, Director

Kensei Ishikawa

Managing Executive Officer, Director

Fumihiko Kikuchi

Managing Executive Officer, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
8.04
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.83
株価純資産倍率(四半期)
0.21
株価キャッシュフロー倍率
9.73
総負債/総資本(四半期)
82.31
長期負債/資本(四半期)
82.30
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.12

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、「雲」からの上方乖離を維持

<15:34> 日経平均・日足は「小陰線」、「雲」からの上方乖離を維持 日経平均・日足は「小陰線」となった。ローソク足は上ヒゲが長めの「上影陰線」に 近い形状で、上値の重さが示唆される。終値は2万7685円47銭。 主要な移動平均線が100日線(2万7219円36銭=7日)以外は上向きとなっ ているほか、ローソク足は一目均衡表の「雲」領域から上方乖離(かいり)を維持してい る。地合いは改善してきており、今後は底堅さを維持できるかが焦点となりそうだ。 <15:22> 新興株はマザーズが反発、自律反発狙いの押し目買いで 新興株式市場は、マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反発、自律反発狙いの押し目買いで

<15:22> 新興株はマザーズが反発、自律反発狙いの押し目買いで 新興株式市場は、マザーズ総合が0.73%高の782.01ポイントと反発した。 東証グロース市場指数は0.76%高の992.84ポイントだった。前日の米ハイテク 株安が重しになった一方、自律反発を意識した買いが入り、指数を押し上げた。 そーせいグループやキャンバスが堅調に推移した。一方、オキサイ ドやJTOWERはそれぞれ軟調だった。 <13:21> 後場の日経平均はマイナス転換、米FRB議長発言に関心 後場に入り、日経平均はマイナス圏に沈み、前営業日比約10円安の2万7600...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均はマイナス転換、米FRB議長発言に関心

<13:21> 後場の日経平均はマイナス転換、米FRB議長発言に関心 後場に入り、日経平均はマイナス圏に沈み、前営業日比約10円安の2万7600円 台後半で推移している。値がさ株の一角が小幅ながら下落し、指数の重しとなっている。 今晩はパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言機会を控えており、「タカ派的な コメントが確認されれば米金利高、株安となる可能性があり、警戒感がくすぶっている」 (国内証券・マーケットストラテジスト)との声が聞かれる。日銀の次期総裁人事が明ら かになるタイミングが近付いていることから、手掛けにくさもあるという...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、TOPIXは最強の買いサイン「並び赤」に

<16:25> 日経平均・日足は「小陰線」、TOPIXは最強の買いサイン「並び赤」に 日経平均・日足は上に上下に長いヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(2万9922円24銭=1 9日)、 25日移動平均線(2万9654円15銭=同)をいずれも下回って弱気ムードに傾斜し、前日 に引いた長い上ヒゲが浮き立つ格好で戻り相場に強い一服感が生じている。ただ、今回の長い下ヒゲが下方 硬直性を示していることから、当面は3万円を戻りの壁と意識しつつ、時価水準の近辺でもみあうことにな りそうだ。 一方、9連騰で連日のバブル後最高値を更新となったTOPIX...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均が11日続伸

<16:10> 新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均が11日続伸 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は11日続伸、東証マザーズ指数は反落した。市場では 「引き続き個別物色の動きが活発化している。IPOが好調なことも投資家に安心感を与えているようだ」 (国内証券)との声が聞かれる。 きょう、マザーズ市場に新規上場したココナラ は公開価格を91.66%上回る2300円で 、同じくマザースに新規上場のT.S.I は公開価格の2倍となる4000円で、それぞれ初値を 付ける好スタートとなった。 一方、前日に初値がつかなかった上場2日目...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋る、切り返したTOPIXはバブル後最高値更新

<14:00> 日経平均は下げ渋る、切り返したTOPIXはバブル後最高値更新 日経平均は下げ渋っている。指数寄与度が大きいファーストリテイリング が、日銀の上場投資 信託(ETF)の買い入れの対象がTOPIX連動型のみになることが嫌気され、前日比5000円を超す 下げとなり、同社1社だけで日経平均を約180円押し下げる要因となった。一方「決定会合の内容全体を 見ると、株式市場にとって好材料と言える」(大和証券・チーフテクニカルアナリストの木野内栄治)との 声も聞かれ、TOPIXは急速に切り返し、バブル後最高値を更新した。 <13:05>...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は500円安、日銀は政策決定会合の結果を発表

<13:05> 後場の日経平均は500円安、日銀は政策決定会合の結果を発表 後場の日経平均は下げ幅を拡大。前営業日比500円ほど安い2万9700円台前半での推移となって いる。日銀の金融政策決定会合の結果発表を受け、一時166円98銭安の3万0049円77銭まで下げ 幅を縮小する場面が見られたが、その後急速に軟化した。 日銀は金融政策の点検で、長期金利の変動幅がプラスマイナス0.25%程度であることを明確化させ た。指数連動型上場投資信託(ETF)の買い入れの方針も見直し、原則6兆円の目標を削除したほか、今 後はトピックス連動もののみ購入...

前場の日経平均は反落し261円安、米株安を嫌気 日銀会合控え様子見ムード

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比261円95銭安の2万9954円80銭となり反落した。オーバーナイトの米国株式市場で、米長期金利の上昇を嫌気して主要3指数がそろって下落した流れを引き継ぎ、寄り付きで312円18銭安の2万9904円57銭で安値を付けた。その後は日銀の金融政策決定会合の結果発表を控えて様子見ムードが強まり、日経平均は3万円近辺でのもみあいが継続した。

ホットストック:銀行株がしっかり、米長期金利上昇で 中長期的な収益増に期待 

銀行株がしっかり。米長期金利の上昇を好感し、大手銀行株や地銀株の物色が活発になっている。岩手銀行は4.1%高、福島銀行は4.8%高、福井銀行は3.9%高となり、それぞれ東証1部の値下がり率上位に入っているほか、みずほフィナンシャルグループは1%高で、東証1部の売買代金上位に入っている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up