for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社紀陽銀行

8370.T

現在値

1,380.00JPY

変化

14.00(+1.02%)

出来高

96,600

本日のレンジ

1,371.00

 - 

1,388.00

52週レンジ

1,328.00

 - 

1,651.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,366.00
始値
1,387.00
出来高
96,600
3か月平均出来高
2.33
高値
1,388.00
安値
1,371.00
52週高値
1,651.00
52週安値
1,328.00
発行済株式数
66.28
時価総額
91,729.90
予想PER
--
配当利回り
2.93

次のエベント

Kiyo Bank Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Kiyo Bank Ltd - To Buy Back Up To 1.01% Of Own Shares Worth 1 Billion Yen Through Sept. 20

Kiyo Bank to fully buy two credit card units via stock swap

R&I affirms Kiyo Bank's rating at "A-" and says stable outlook -R&I

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社紀陽銀行とは

紀陽銀行グループは、銀行業を中心とした金融サービスに係る事業を行う。【事業内容】銀行業について、預金業務、貸出業務、内国為替業務及び外国為替業務等を行う。その他について、銀行業以外の金融サービスに係る事業を行う。他の関係会社を通じて、事務代行業務、信用保証業務、リース業務・ベンチャーキャピタル業務、クレジットカード業務、電子計算機関連業務を行う。

業種

Regional Banks

連絡先

1-35, Hon-machi

WAKAYAMA-SHI, WKM

640-8656

Japan

+81.73.4239111

http://www.kiyobank.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Yasuyuki Matsuoka

Chairman of the Board, Representative Director

Hiroyuki Haraguchi

President, Executive President, Representative Director

Yasuhiko Akira

Senior Managing Executive Officer, Director of Wakayama Business

Kazuhiro Yasuyuki

Managing Executive Officer, Director of Main Office Sales

Kazuhiko Shikayama

Managing Executive Officer, Chief Director of Administration, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
5.93
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.14
株価純資産倍率(四半期)
0.37
株価キャッシュフロー倍率
5.03
総負債/総資本(四半期)
413.56
長期負債/資本(四半期)
329.77
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
0.27

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線を意識

<16:00> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線を意識 日経平均・日足は長い下ヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万6985円09 銭。25日移動平均線(2万7224円94銭=19日)に上値を抑えられる一方、5日 線(2万6978円70銭=同)をわずかに上回った。当面は25日移動平均線を意識し た値動きとなりそうだ。 <15:45> 新興株はマザーズ総合が4日続落、大型株に売り 新興株は東証マザーズ総合が4日続落し、0.96%安の744.39ポイントだっ た。グロース市場の時価総額上位銘柄の下落が指数を押し下げた。市場では「為替の...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が4日続落、大型株に売り

<15:45> 新興株はマザーズ総合が4日続落、 大型株に売り 新興株は東証マザーズ総合が4日続落し、0.96%安の744.39ポイントだっ た。グロース市場の時価総額上位銘柄の下落が指数を押し下げた。市場では「為替の変動 は一般的には新興株に与える影響は少ないものの、海外投資家が好む大型株にはマイナス のようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、メルカリ、フリー、ビジョナルが軟調となった 一方、オキサイド、ティーケーピーが買われた。 スタンダード市場では、メディアリンクス、大正製薬ホールディングス<458 1.T>が買われ、出前館...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均はプラス圏で小動き、為替の変動で上値重い

<13:20> 後場の日経平均はプラス圏で小動き、為替の変動で上値重い 後場の日経平均は前営業日比150円超高の2万6900円台半ばを推移している。 値動きに乏しく、後場に入ってからの値幅は上下約54円。市場では、外為市場でのドル 高/円安進行が株価の上値を重くしているとの見方がある。「急速な円安局面では、イン フレ加速懸念で株安になりやすい。必ずしも輸出関連株が買われるという構図にはならな い」(国内証券)という。 ドルは一時127.96円まで上昇し、約20年ぶりの高値を更新した。 午後1時15分現在の東証プライム市場の売買代金は1兆...

午前の日経平均は小反発、決算前に上値追い慎重 一時マイナス圏

19日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比31円11銭高の2万6830円82銭と、小幅に反発して午前の取引を終えた。朝方は高く始まったがマイナス圏に沈む場面もあり、方向感を欠いた。企業決算シーズンを控え、上値追いに慎重となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時マイナス、ファーストリテやソフトバンクGの下げが重し

   <10:20> 日経平均は一時マイナス、ファーストリテやソフトバンクGの下げ が重し 日経平均は上げ幅を徐々に縮小し、一時マイナス圏に沈んだ。市場では「企業決算や 連邦公開市場委員会(FOMC)を前に、投資家は上値追いに慎重」(国内証券)との声 が出ている。その後は小高い水準に戻し、下げ渋っている。 指数寄与度の大きいファーストリテイリングやソフトバンクグループ<9984. T>が朝方に比べ下げ幅を拡大したりマイナスに転じ、指数の重しになっている。2銘柄で 指数を約75円押し下げている。市場では「商いが薄い中、短期資金の動きに振らされや...

寄り付きの日経平均は反発スタート、自律反発期待の買いが先行 ハイテクしっかり

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比296円78銭高の2万7096円49銭と、反発してスタートした。前日の下落からの自律反発を期待する買いが先行した形となっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、福山通運が買い優勢 ジャパンベストレスキューは売り優勢 

<08:24> 寄り前の板状況、福山通運が買い優勢 ジャパンベストレスキュー は売り優勢  東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID気 買気配 売気 終値 率 配 配 1 福山通運 13% 3,798 3,795 3,800 3,350 2 キトー 11% 1,835 1,835 1,835 1,650 3 チャーム・ケア 9% 1,310 1,309 1,310 1,196 4 ブルドックソース 9% 2,098 2,098 2,098 1,921 5...

12日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

12日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・T&Dホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の9.44% にあたる5500万株、取得総額400億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間 は11月15日から2022年5月12日。 ・山口フィナンシャルグループ< 8418.T>、自己保有株を除く発行済株式総数の5. 25%にあたる1300万株、取得総額65億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得 期間は11月15日から2022年3月24日。 ・めぶきフィナンシャルグループ 、自己保有株...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up