for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

SBIホールディングス株式会社

8473.T

現在値

2,610.00JPY

変化

14.00(+0.54%)

出来高

1,306,300

本日のレンジ

2,598.00

 - 

2,629.00

52週レンジ

2,173.00

 - 

3,350.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,596.00
始値
2,612.00
出来高
1,306,300
3か月平均出来高
28.82
高値
2,629.00
安値
2,598.00
52週高値
3,350.00
52週安値
2,173.00
発行済株式数
244.66
時価総額
635,170.10
予想PER
8.40
配当利回り
4.62

次のエベント

Q1 2022 SBI Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Japan's SBI Holdings, Towa Bank Say To Form Strategic Tie-Up

SBI Holdings To Buy Up To 3% Of Shimizu Bank From Existing Shareholders As Part Of Capital And Business Alliance

Konka Group Signs Strategic Framework Agreement With Partners To Set Up Investment Fund

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

SBIホールディングス株式会社とは

SBIホールディングスは主に金融関連事業を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。金融サービス事業は、証券・銀行・保険を中心に金融商品や関連するサービスの提供等を行う。アセットマネジメント事業は、投資事業、海外金融サービス事業、資産運用サービス事業を行う。バイオ関連事業は、医薬品、健康食品及び化粧品等の開発・販売を行う。

業種

Investment Services

連絡先

19F, Izumi Garden Tower, 1-6-1, Roppongi

MINATO-KU, TKY

106-6019

Japan

+81.3.62290100

http://www.sbigroup.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Yoshitaka Kitao

President, Chief Executive Officer, Chairman & Chairman the Executive Board & Executive President of Subsidiaries, Representative Director

Katsuya Kawashima

Chief Operating Officer, Vice President, President & Executive President of Subsidiaries, Representative Director

Takashi Nakagawa

Vice President, Representative Director

Masato Takamura

Vice President, President of Subsidiaries, Representative Director

Shunpei Morita

Senior Managing Director

統計

1.71 mean rating - 7 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.4K

2020

0.4K

2021

0.5K

2022(E)

0.5K
EPS (JPY)

2019

231.430

2020

163.180

2021

339.780

2022(E)

308.887
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.78
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.17
株価純資産倍率(四半期)
1.13
株価キャッシュフロー倍率
5.21
総負債/総資本(四半期)
355.28
長期負債/資本(四半期)
198.00
投資利益率(過去12カ月)
5.59
自己資本利益率(過去12カ月)
1.53

最新ニュース

最新ニュース

印フリップカート、ソフトバンクGなどから36億ドル調達

米ウォルマート傘下のインドの電子商取引大手フリップカートは12日、ソフトバンクグループなどから総額36億ドルを調達したことを明らかにした。

ホットストック:ALBERTが急反発、SBIHDと資本・業務提携

ALBERTが急反発している。SBIホールディングスと資本・業務提携することで基本合意したと9日に発表したことを好感する動きが先行した。SBIHDはALBERTの既存株主から発行済み株式総数の31.29%の株式を譲り受け持ち分法適用会社とする。

SBIHD、ALBERTと資本業務提携

SBIホールディングスは9日、ALBERTと資本業務提携することで基本合意したと発表した。ALBERTの発行株式の31.29%を既存株主から譲り受け、持ち分法適用会社とする。

SBI子会社、ソーシャルレンディング事業から撤退

SBIホールディングスは24日、子会社がソーシャルレンディング事業から撤退することを決めたと発表した。国内メディアの報道によると、同子会社を巡っては投資勧誘の違反行為があったとして金融庁が業務停止命令を出す方向で最終調整している。

SBIと筑波銀行が資本業務提携、1億円ずつ相互出資

SBIホールディングスと筑波銀行は14日、資本業務提携を強化すると発表した。相互出資し、地域のベンチャー企業に出資するファンドの立ち上げなどで協力する。

福田元財務次官、SBIの社外取締役に 「金融分野で豊富な経験」

SBIホールディングスは28日、福田淳一元財務次官(SBI大学院大学委託講師)が6月29日付で独立社外取締役に就任する人事を発表した。同日の株主総会での選任決議で正式に決定する予定。

SBI、21年3月期税引前利益は2.1倍の1403億円

SBIホールディングスが28日発表した2021年3月期の連結決算(国際会計基準)は、税引き前利益が前年比2.1倍の1403億円となった。好調な市場環境で証券事業が増収増益だったほか、アセットマネジメント事業は税引き前利益が約2.3倍となった。

福田元財務次官、SBIの社外取締役に

SBIホールディングスは28日、福田淳一元財務次官(SBI大学院大学委託講師)が6月29日付で独立社外取締役に就任する人事を発表した。同日の株主総会での選任決議で正式に決定する予定。

SBI証、25歳以下の株売買手数料を実質無料に 今後も拡大

ネット証券大手のSBI証券は20日から、20─25歳の顧客を対象に国内株式の現物売買手数料をキャッシュバックで実質無料にすると発表した。未成年口座も月間1万円を上限に実質無料とする。SBIグループは2019年に3カ年計画で「手数料の完全無料化」を目指す方針を打ち出しており、取り組みを加速する。

SBI、融資仲介事業関連で最大150億円の損失計上へ

SBIホールディングスは2日、投資家からインターネットで資金を募って貸し付けるソーシャルレンディング事業で、2021年3月期の個別決算に最大150億円の特別損失を計上すると発表した。投資家の勧誘に当たり、金融商品取引法違反に該当する行為があった可能性が高いとみている。

前金融庁長官の遠藤氏、暗号資産業者ディーカレットの特別顧問に

インターネットイニシアティブのグループ会社で暗号資産事業などを手掛けるディーカレット(東京都千代田区)は23日、前金融庁長官の遠藤俊英氏が特別顧問に就任すると発表した。デジタル通貨事業や暗号資産事業の戦略などについて、金融庁で金融行政や監督に携わってきた遠藤氏の知見を活かしたいとしている。就任日は4月1日。

SBIHD、暗号資産分野で合弁設立を検討 海外企業と協議

SBIホールディングス(HD)の北尾吉孝社長は、暗号資産分野で海外企業と合弁会社設立に向けた協議を進めていると明らかにした。暗号資産事業を収益の柱に成長させるため、今後は少額出資ではなく大型の買収案件を視野に入れる考えも併せて示した。ロイターとのインタビューで述べた。

SBI、4―12月期純利益は62%増の608億円 金融サービス事業好調

SBIホールディングスが29日発表した2020年4月―12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比62.3%増の608億円だった。証券関連などを取り扱う金融サービス事業が好調だった。

SBIと三井住友FGがデジタルの証券取引所、株など取り扱い

SBIホールディングスと三井住友フィナンシャルグループは29日、デジタル証券取引システムを運営する合弁会社の設立で基本合意したと発表した。

SBIと三井住友FGが株の私設取引所を開設=関係者

SBIホールディングスと三井住友フィナンシャルグループ(FG)が共同で、株式などを取引する私設取引所を大阪に開設することが分かった。複数の関係者が28日、明らかにした。

新生銀とマネックス、包括的業務提携へ 22年1月めどに運営開始

新生銀行とマネックス証券、新生証券は27日、金融商品仲介業務での包括的業務提携で基本合意書を締結したと発表した。3月中をめどに最終契約を締結し、2022年1月ごろから新体制での運営を開始する予定。

新生銀行とマネックス証券、金融商品仲介業務で包括的業務提携

新生銀行とマネックス証券、新生証券は27日、金融商品仲介業務での包括的業務提携で基本合意書を締結すると発表した。

ホットストック:マネックスが6%超高、新生銀との提携を検討

マネックスグループは反発し、6%超高での推移となっている。27日付日本経済新聞が、新生銀行とマネックス証券が証券分野で提携し、コンピューターシステムを連結して新生銀の全ての投信口座をマネックス証券に移すと伝えたことなどが材料視されている。

新生銀とマネックス証が提携を検討、27日の取締役会に付議

新生銀行は27日、マネックス証券と証券分野で包括提携するとの一部報道について「業務提携を検討していることは事実。本日開催の取締役会に付議する予定で、開示すべき事実を決定した場合には速やかに開示する」とのコメントを発表した。マネックスグループも「検討していることは事実で、きょうマネックス証券の取締役会で決議する予定」と公表した。

SBIファイナンシャル、英仮想通貨サービスのB2C2買収

SBIホールディングスの子会社、SBIファイナンシャルサービシーズが、暗号資産(仮想通貨)のマーケットメーカー事業を行う英B2C2を買収したと、両社が15日発表した。これにより、暗号資産のディーリングデスクを運営する大手金融グループが初めて誕生する。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up