for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

SBIホールディングス株式会社

8473.T

現在値

2,996.00JPY

変化

68.00(+2.32%)

出来高

1,275,500

本日のレンジ

2,933.00

 - 

2,999.00

52週レンジ

2,375.00

 - 

3,350.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,928.00
始値
2,950.00
出来高
1,275,500
3か月平均出来高
30.68
高値
2,999.00
安値
2,933.00
52週高値
3,350.00
52週安値
2,375.00
発行済株式数
244.74
時価総額
733,298.80
予想PER
8.30
配当利回り
4.01

次のエベント

Q2 2022 SBI Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Shinsei Bank No Facts Bank Is Close To Reaching A Decision On Its Opinion To Oppose To The Tob By SBI

SBI Holdings Inc - Application For Listing Of SBI Sumishin Net Bank

Japan's Shinsei Bank To Officially Object To SBI's TOB -Kyodo

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

SBIホールディングス株式会社とは

SBIホールディングスは主に金融関連事業を行う。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。金融サービス事業は、証券・銀行・保険を中心に金融商品や関連するサービスの提供等を行う。アセットマネジメント事業は、投資事業、海外金融サービス事業、資産運用サービス事業を行う。バイオ関連事業は、医薬品、健康食品及び化粧品等の開発・販売、メディカルインフォマティクス事業を行う。その他には、デジタルアセット関連事業、不動産事業及び再生可能エネルギー事業、統合型非代替性トークン(NFT)売買プラットフォーム事業を含む。

業種

Investment Services

連絡先

19F, Izumi Garden Tower, 1-6-1, Roppongi

MINATO-KU, TKY

106-6019

Japan

+81.3.62290100

http://www.sbigroup.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Yoshitaka Kitao

President, Chief Executive Officer, Chairman & Chairman the Executive Board & Executive President of Subsidiaries, Representative Director

Katsuya Kawashima

Chief Operating Officer, Vice President, President & Executive President of Subsidiaries, Representative Director

Takashi Nakagawa

Vice President, Representative Director

Masato Takamura

Vice President, President of Subsidiaries, Representative Director

Shumpe Morita

Senior Managing Director

統計

2.00 mean rating - 6 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.4K

2020

0.4K

2021

0.5K

2022(E)

0.5K
EPS (JPY)

2019

231.430

2020

163.180

2021

339.780

2022(E)

361.153
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.97
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.29
株価純資産倍率(四半期)
1.29
株価キャッシュフロー倍率
5.45
総負債/総資本(四半期)
341.54
長期負債/資本(四半期)
341.54
投資利益率(過去12カ月)
4.15
自己資本利益率(過去12カ月)
1.68

最新ニュース

最新ニュース

野村と大和、SBI主導の私設取引所に参画

野村ホールディングスと大和証券グループ本社は15日、SBIホールディングスが主導する私設取引所(PTS)の運営会社に5%ずつ出資すると発表した。

暗号資産解析の英新興企業、ソフトバンクなどから6000万ドル調達

暗号資産(仮想通貨)の解析を手掛ける新興企業の英エリプティックは11日、ソフトバンクグループの「ソフトバンク・ビジョン・ファンド2」やウェルズ・ファーゴのベンチャーキャピタル部門を含む大手投資家から6000万ドルを調達したと発表した。

住信SBIネット銀行が東証に上場申請

SBIホールディングスは8日、持分法適用会社である住信SBIネット銀行が同日、東京証券取引所へ上場申請を行ったと発表した。

新生銀が独立社外取締役協議会を設置、TOB意見表明で

新生銀行は6日、SBIホールディングスによる株式公開買い付け(TOB)への意見表明に向け、独立社外取締役協議会を設置したと発表した。

新生銀、SBIによるTOBへの反対表明報道「そうした事実ない」

新生銀行は5日、SBIホールディングスが実施している株式公開買い付け(TOB)に反対を表明し、買収防衛策の発動を諮る臨時株主総会を11月に開く調整に入ったとする共同通信の報道について、そうした事実は一切ないとのコメントを発表した。

新生銀、買収防衛の新株予約権割当を見送り SBI「質問に回答を」

新生銀行は1日、今月13日を基準日とする新株予約権の無償割り当ては実施しないと発表した。SBIホールディングスによる株式公開買い付け(TOB)に対抗するための買収防衛策上の暫定措置として基準日を設定していたが、SBIが前日12月8日までのTOB期間延長に応じたため、取り下げた。13日を基準日とする臨時株主総会は引き続き開催する可能性があるとしている。

新生銀、13日を基準日とする新株予約権の無償割り当ては実施せず

新生銀行は1日、13日を基準日とする新株予約権の無償割り当ては実施しないと発表した。SBIホールディングスによる株式公開買い付け(TOB)に対抗するための買収防衛策上の暫定措置としての予約権割り当てに向け、基準日を設定していた。

SBI、新生銀へのTOB期間を12月8日まで延長

SBIホールディングスは29日、新生銀行に対して行っている株式公開買い付け(TOB)の期間を12月8日まで延長すると発表した。SBIは、新生銀の株主をはじめとするステークホルダーに無用な混乱を生じさせないため、やむを得ず新生銀の要請に応じると説明している。

SBI、新生銀へのTOB期間を12月8日まで延長

SBIホールディングスは29日、新生銀行に対して行っている株式公開買い付け(TOB)の期間を12月8日まで延長すると発表した。SBIは、新生銀の株主をはじめとするステークホルダーに無用な混乱を生じさせないため、やむを得ず新生銀の要請に応じる、と説明している。

SBI、新生銀のTOB期間延長要請には追って回答 「4条件の順守を」

SBIホールディングスは28日、新生銀行に対し、株式公開買い付け(TOB)の期間延長の要請に応じるかは追って回答するとし、SBIが提示した4つの条件を順守するよう再度求めた。時間稼ぎを目的とした重要性の低い追加質問なども控えるよう要請した。

BRIEF-TOB期間の延長要請に応じるかは追って回答、新生銀に4条件順守を要請=SBI

* SBI、新生銀に対して時間稼ぎ目的と した重要性の低い追加質問など控えるよう要求 * TOB期間の延長要請に応じるかは追って回答、4条件の順守を要請=SBI * 新生銀は4項目の順守と3つの質問に回答していない、10月1日正午までの回答を要請=SBI *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

新生銀、「60営業日まで延長」を引き続き要請 SBIによるTOB

新生銀行は27日、SBIホールディングスに求めていた株式公開買い付け(TOB)期間の延長を改めて要請した。SBIは一定の条件付きで50営業日に延長することを認めるとしていたが、新生銀はもともと求めていた60営業日への延長要請を堅持した。

新生銀、「60営業日まで延長」を引き続き要請 SBIによるTOB

新生銀行は27日、SBIホールディングスに求めていた株式公開買い付け(TOB)期間の延長を改めて要請した。SBIは一定の条件付きで50営業日に延長することを認めるとしていたが、新生銀はもともと求めていた60営業日への延長を堅持した。

新生銀、自社株買いを中断 SBIのTOB受け

新生銀行は24日、来年3月末まで予定していた自社株買いを中断すると発表した。SBIホールディングスが開始した株式公開買い付け(TOB)が、同行の株価に影響を与えていることなどを勘案した。TOB終了あるいは撤回後に再開を検討するとしている。

SBIが新生銀に回答書、4項目条件にTOB期間を11月24日まで延長

SBIホールディングスは24日、株式公開買い付け(TOB)期間の延長などを求めていた新生銀行に対し、「いたずらに検討の期間を延ばさないこと」など4つの条件を守る場合は11月24日までTOBを延長すると発表した。9月28日までに、4条件を順守する旨の報道発表をすることを求めている。

UPDATE 1-SBIが新生銀に回答書、4項目条件にTOB期間を11月24日まで延長

SBIホールディングスは24日、株式公開買い付け(TOB)期間の延長などを求めていた新生銀行に対し、「いたずらに検討の期間を延ばさないこと」など4つの条件を守る場合は11月24日までTOBを延長すると発表した。9月28日までに、4条件を順守する旨の報道発表をすることを求めている。

新生銀、新株予約権の無償割当で発行登録 最大2.2億円

新生銀行は22日、17日に決定した買収防衛策の導入に伴い、22日付で新株予約権の無償割り当てに係る発行登録を行ったと発表した。

新生銀が防衛策、SBIは即座にけん制 激化する買収の攻防

新生銀行は17日の取締役会で、SBIホールディングスが進める同行への株式公開買い付け(TOB)に対抗する買収防衛策の導入を決議した。一方、SBIは防衛策の差し止めを求める仮処分の申し立てを検討すると即座に発表。「第4のメガバンク構想」の実現を目指すSBIと、名門・日本長期信用銀行を前身とする新生銀の対立は激しさを増してきた。

WRAPUP 1-新生銀が防衛策、SBIは即座にけん制 激化する買収の攻防

新生銀行は17日の取締役会で、SBIホールディングスが進める同行への株式公開買い付け(TOB)に対抗する買収防衛策の導入を決議した。一方、SBIは防衛策の差し止めを求める仮処分の申し立てを検討すると即座に発表。「第4のメガバンク構想」の実現を目指すSBIと、名門・日本長期信用銀行を前身とする新生銀の対立は激しさを増してきた。

新生銀の買収防衛策、差し止め仮処分の申し立て検討=SBIHD

SBIホールディングスは17日、新生銀行が同社の株式公開買い付け(TOB)への対抗策として買収防衛策導入を決定したことについて、新株予約権の無償割り当ての差し止めを求める仮処分申し立てや取締役の善管注意義務違反を問う法的措置を検討すると発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up