for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イオンフィナンシャルサービス株式会社

8570.T

現在値

1,292.00JPY

変化

-2.00(-0.15%)

出来高

505,600

本日のレンジ

1,283.00

 - 

1,296.00

52週レンジ

1,055.00

 - 

1,521.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,294.00
始値
1,286.00
出来高
505,600
3か月平均出来高
8.17
高値
1,296.00
安値
1,283.00
52週高値
1,521.00
52週安値
1,055.00
発行済株式数
215.85
時価総額
279,517.10
予想PER
9.61
配当利回り
3.79

次のエベント

Dividend For 8570.T - 30.0000 JPY

適時開示

その他

Allianz Announces Life Insurance JV With Japan’s Aeon Financial Service

R&I affirms Aeon Financial Service's rating at "A-" and says stable outlook -R&I

Aeon Financial Service adjusts conversion price for 2017 due euro-yen denominated convertible bonds

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イオンフィナンシャルサービス株式会社とは

イオンフィナンシャルサービスグループは、総合小売業を営む会社を中心とするグループと一体となり、それぞれの地域において包括信用購入あっせん、個別信用購入あっせん、融資、銀行業、業務代行、サービサー(債権管理・回収)等の金融サービス事業を主に行う。【事業内容】その他、銀行代理業、コールセンター等の事業の拡充も行う。5つの事業セグメントを運営する。リテール事業は主に個人顧客向け銀行・保険ビジネスを行う。ソリューション事業は主に加盟店向けに、プロセッシング事業と個品割賦事業等のデータベースを活用した同社グループの金融サービスを提供する。中華圏事業、メコン圏事業、マレー圏事業は各地域における個人顧客・加盟店に対し、クレジットカード、ローンなどの金融サービスを提供する。

業種

Consumer Financial Services

連絡先

Terrace Square, 3-22, Kandanishiki-cho

CHIYODA-KU, TKY

101-0054

Japan

+81.3.52812079

http://www.aeonfinancial.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Masaki Suzuki

Chairman of the Board, Chairman of Subsidiary

Kenji Fujita

President, Chief Executive Officer, President of Subsidiary, Representative Director

Yuro Kisaka

Managing Executive Officer, Director

Masaaki Mangetsu

Managing Executive Officer, Director

Tomoyuki Mitsufuji

Managing Executive Officer, Chairman of Subsidiaries, Director

統計

2.73 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2023(E)

0.5K
EPS (JPY)

2023(E)

134.614
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.23
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.62
株価純資産倍率(四半期)
0.65
株価キャッシュフロー倍率
3.74
総負債/総資本(四半期)
1,281.99
長期負債/資本(四半期)
150.64
投資利益率(過去12カ月)
3.69
自己資本利益率(過去12カ月)
0.66

最新ニュース

最新ニュース

焦点:親子上場、イオンがメリット強調 「経営強化に合理的」

日本で多く見られた親子上場は、規制当局や投資家がコーポレートガバナンス(企業統治)を重視する動きが強まる中で解消が進んできた。しかし、15の上場子会社を抱え、親子上場の是非を議論する際に必ず社名が出てくる流通最大手のイオンは、その流れと一線を画す。野村証券から役員を招き入れ、投資家に対し親子上場の利点を積極的に発信していこうとしている。

MSCI銘柄入れ替え、日本株は伊藤園など9社を新規採用

モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は12日、指数銘柄の定期見直しを発表した。日本銘柄では、日本M&Aセンター <2127.T>、伊藤園 <2593.T>、神戸物産 <3038.T>、GLP投資法人 投資証券 <3281.T>、コスモス薬品 <3349.T>、TIS <3626.T>、三浦工業 <6005.T>、レーザーテック <6920.T>、SCSK <9719.T>が新規採用となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up